FROMやまも@Barcelona τ_日本漫遊記編

FROMやまも@Barcelona

@BARCELONAな役に立つこと立たない事、面白い事、面白くない事をお届けいたします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月の3日から両親の郷里である山口県に行ってきました。
山口県と言えば本州の南端。
やまもの住むK県K市からは新幹線で約5時間半ほどの道のりです。
今回はお墓参りと物見遊山の旅でしたので、途中の岡山で寄り道をすることにしました。

071003003.jpg  JR吉備線備前一宮駅で下車。
  レンタサイクルを借りました。
  2時間400円。1日1,000円。
  2時間コースだと、吉備津神社、
  吉備津彦神社辺りまで散策可能。
  1日コースは総社で乗り捨てOK。
  五重塔で有名な国分寺まで行く
  ことが出来ます。
  ・・・かなり頑張らないとダメ
  なんですが。

  自転車なんて久しぶり!!
  あまりに長い事乗ってないので、
  乗れるか心配でしたが・・・
  大丈夫でした♪(よかった!)

自転車の乗り方って何で忘れないんだろ??

071003004.jpg天気も良くていい気持ちでした♪
サイクリングコースになているので、
車も来ないので快適・快適
途中に坂ではゼーゼーいいながら
立ちこぎで登ったり、下りるときには
ノーブレーキで駆け下りたり・・・
童心に返りますね~。
久しぶりに長時間自転車こいだんで
オシリが痛くなりました。

田んぼの稲も黄金色。
もう直ぐ狩り時です。

用水路には彼岸花が咲いていたり、
大きな水鳥がいたり、のどかな感じ♪

訪れた先は・・・吉備津彦神社

071003001.jpgお腰につけた吉備団子♪で有名な
桃太郎伝説で有名な大吉備津彦命
を主祭神としています。

桃太郎さんと言えば私の中では
ちょん髷結って額には鉢巻、
襟に「日本一」とか書いた陣羽織を
着ているイメージなんですが・・・。

この神社の起源は太古の時代。
社伝では推古天皇の時代創建
だってぇ言うんだから、あんた!
ちょん髷じゃなくって、ミズラを
結っている時代な訳です。

071003002.jpg  桃太郎の話自体は吉備津彦命の
  ユラ(鬼)退治伝説を基にもっと
  後になってから出来たんだから、
  ギャップがあるのは仕方が無い
  んですが・・・。
  例の犬・猿・キジを連れている
  姿が強烈(?)過ぎて、太古の
  伝説の地と結びつかずちょっと
  混乱しちゃいます。
  
  ここでは干支の素焼きの小さな
  お人形に入ったおみくじを
  引きました。  

私は卯年生まれなので、ウサギの物を見るとつい欲しくなります。
ちなみに蛇年の従姉妹に同じように自分の干支の物が欲しくなるか聞いたところ、
「全くならない」そうです。
ものすご~くかわいかったので、是非ブログに載せよう!と思っていたんですが、
写真を撮る前に、スペイン行きの荷物のついでがあったので、入れて送っちゃいました(爆)。


次は・・・吉備津神社

先の吉備津彦神社と一字しか違わないので、どっちがどっちか紛らわしい!
それもそのはず(?)元々は同じ神社(と言うか元々あった地域信仰?)が、
大化改新の後吉備国が備前・備中・備後に分割された後にそれぞれに分かれたらしいです。
で、こちらは備前国一宮、吉備津彦神社は備中国一宮。

大体が退治されている鬼=ユラというのは昔々、朝廷以前に吉備の国を治めていた豪族。
大陸からの渡来人とも言われ、色々な有益な技術を教え指導・統治していたので、
この辺りはかなり富んでいたらしい。
それを、「退治」とか言っちゃって・・・。
大きい和朝廷の作為を感じる・・・。プププ・・・。面白いですねぇ。

071003005.jpg吉備津神社はなが~い回廊で有名です。
社殿も国宝なんだそうですが、残念ながら修復
作業中で全く見えず・・・。残念。

わたくし、自慢じゃないですが霊感的なものは
全くありません。
ないんですが、この神社ではなにやら神秘的な
ものを感じました。
何か感じた、と言うのも何かの縁。
私と相性のいい神様なのかも知れません。

実はワタクシ、厄年なんでございます。
昨年、今年とちょっとついていないのも、
そのせいかしら?
今年本厄で、来年も後厄が続く・・・。

そんな訳で、お払いをしてもらいました。
スペイン移住と結婚の事をお願いしました。

お払いスペース(?)でお払いをしてもらい、吉備津神社名物“なる釜神事”に挑戦すべく
回廊を通って釜のところへ。
この釜の下には昔吉備津彦命に退治されたユラの首が埋まっていて、
上で神様にお願いした事の吉凶を教えてくれるんだそうです。
釜が鳴れば、吉兆なんだそうですが、担当のおばさんが「鳴らない事もあるんですよ」と
何十回も念を押をおすので、かなりドキドキしました。
ビビリながらも神妙に控えていると・・・。
神主さんが祝詞を読み上げ、おばさんが釜の中でおコメを振ります。

フォ~~~~~~ン・フォ~~~~~~ン・フォ~~~~~~ン

鳴りました!
釜が鳴るって言うから、「カ~ン!」とか言うのかと思ったら、釜が共鳴してうなるのです。
良かった良かった。鳴らなかったらどうしようかと思いましたよ~。(それはそれでオイシイか?)

ところで、この祝詞、私が何処のダレベエかも読み上げるんですが、名前、生年月日はともかく
住所を番地まで言うんですよ。なんか、そこまで特定するのか?と可笑しかったです。

世の中に願をかける神様は数あれどかけた願が叶か否か、答えを聞けるのはここだけだそうです。
ちなみに、この釜は基本的にはなるように出来ているそうです。
(ヤラセと言う意味ではなく、暖めて中でコメを振ることでなるように構造上なっている)
でも、本当にウンともスンとも鳴らない事があるそうです。
でも、ここで気を落とすことは有りません。
事前に神様が注意を促すように凶兆を教えてくれている、と考えるんだそうですよ。

釜もなったし、安心安心。今度のスペイン行きは問題なく進むに違いない!
と思いきや、家が火事になるは、出発は遅れるは・・・どうなんでしょ??!!



071003006.jpg岡山の駅で見つけた妖怪汁。
ナカミはジュースでした。汁は果汁の汁?
美味しかったですよ。
小さい缶な割にお値段150円。
しかし!水木しげる先生は島根県ですよね?。
なぜ、岡山で売っているのか??!!

今回の途中下車で分かったこと・・・
岡山辺りで途中下車すると結構割高(母談)。
距離的にも岡山までで十分遠いので、
長い道中を緩和する意味合いも弱い。
う~~~ん。やっぱり、京都辺りで下りるのが
一番いいんでしょうかね?
スポンサーサイト
0708240101.jpg  またもやちょっと日にちが前後するのですが・・・。
  夏休み満喫編その②です。
  例の従姉妹親子と行ってまいりました!
 
  横浜動物園

  別名・・・ズーラシア!!

  日本ではここでしか見ることの出来ない珍オカピで
  有名な動物園です。
  (でも、オカピは上野動物園にもいるらしい。)
  
  そう!!実はず~っと 行ってみたかったんです。

  私が!

070824002.jpg当日は金曜日。
まだお盆前だし、平日だし・・・
でも、混んでいると嫌なので、ここでもTDLで
成功した“開園前に並べ!”作戦です。

皆で頑張って早起き(?)して駐車場の開く
8:30に間に合うように家を出発。
幸い交通渋滞に巻き込まれることもなく、
無事に一時間ほどで到着。

そして・・・

早く行った甲斐があって・・・駐車場がら空きでした\( ̄゜ ̄)

なんと!3番目に到着。かなり張り切っている人達です・・・(汗)。

でも、夏休みとはいえ平日な為か、それとも皆もっと遠くで遊んでいるのか・・・
その後も車はその後も増えることなく、この日は半分も埋まってなかったです。
こんなことならもう少しゆっくり来れば良かったよ・・・(_´ω`)
※駐車場は1,500台入りますが、土日は並ぶようですよ~。ご注意あれ。

よこはま動物園ズーラシアは「生命の共生・自然との調和」をメインテーマに、
世界の気候帯・地域別に、動物、植物、人の文化を織り交ぜながら、
世界の環境を演出し、地域特有の雰囲気を体感できます。
現在の面積は40.2ヘクタール、全面開園すると約53.3ヘクタールの広大な動物園です。

070824003.jpg  「種の保存」を行っていくことを一つの目標として
  いるので珍しい動物が多いことでも有名です。

  今流行り(?)の動物達を身近に見られる展示と、
  動物の飼育スペースだけでなく、園全体が各
  ゾーンごとのテーマに有った造りになっています。
  ちょっとした建物や置物が雰囲気を出していて
  面白かったです。
  小さい子が遊べる遊具やポニーに乗ったり出来る
  場所があるので、子連れには最高!




  ←定番のぞう。
  私たちが立ち去った直ぐ後に飼育員さんとの
  パフォーマンスがあった・・・見逃した!!


070824004.jpgマレーバク。
今までちゃんと見たことなかったけど、
意外とでかい。意外とかわいい。
暑いらしくずっとプールにもぐって
いました。
ぶくぶく・・・ともぐって、時々息継ぎに
出てきます。
かばじゃないんですよ?
ちょっとハバカリに出てきたところを
パチリ。
ホントに見事なツートンカラーなんで
驚きました。

070824005.jpg  トラ。
  なんとかトラ。(忘れた。)
  近くまで来ると迫力。顔でかい・・・。
  この写真、ズームは使用していません。
  このトラはウロウロしてたけど、もう一種類いた
  トラはダレて伸びてました。


070824006.jpg














レッサーパンダ。
かわいい。かわいすぎてヤラセっぽいくらい。
パンダの端くれ(?)なので、やっぱり笹を食べるん
ですねぇ~。

泳いでいるの何だか分かりますか?

070824007.jpg  070824008.jpg  070824009.jpg

かわうそで~す。今回私が一番かわいいと思ったのはやつらです。
川をすいすい泳いだり、仲間とじゃれたり喧嘩したり、淵にもぐったり・・・楽しそう♪
生まれ変わるならかわうそがいいな~・・・。(夏場限定。)


070824010.jpg070824011.jpg ペンギン。
 涼しそう。
 
 泳ぐの早い! 


070824012.jpg  この白いもの・・・白熊です。

  相当だれていますね~。
  でかいし、毛むくじゃらだし・・・。
  あんた、そりゃ暑いって!

  この後は人目に付かない所に
  隠れて(?)心置きなく
  さらにグウタラしてました。

  折角だから、泳いでいるところ
  が見たかったな~。


0708240161.jpg07082401s31.jpg 園内はベビーブーム???
 赤ちゃんが一杯いました。

 タマタマ出てきたカンガルー
 の赤ちゃんと遭遇!!
 うわ~~。かわいい!!
 まだ小さいので、触ること
 は出来ませんが、
 一緒に写真を撮ることが
 出来ました♪

0708240141.jpg0708240153s.jpg 日本に居ながらにして
  カンガルーの赤ちゃんと
  写真が撮れるなんて!


  アカイノシシ・ヤブイヌ・
  キンシコウの親子も。
  元気に大きくおなり。


070824017.jpg  いや~、この日は本当に暑かったです。
  もうヘロヘロになりました。
  その時の私の様子を表すと←こんな感じ?
  
  暑さでぐったりの私を尻目に子供達はあちらでも
  こちらでもはしゃぎまわっておりました。
  世のお父さん・お母さんって大変ですね~。
  しまもその後運転して帰るんですから・・・。
  死ぬかと思いました。
  その時の私の様子を表すと←こんな感じ?


070824018.jpg






ちなみにコレがオカピです。→

オカピ:偶蹄目 キリン科
学名:Okapia johnstoni
分布地:コンゴ民主共和国東部
大きさ:体長2m 体重210~250kg
生息数:12,000~13,000頭

1901年にイギリスの探検家ハリー・ジョンストン卿
によって発見された。
雌のほうが雄よりもやや体が大きく、雄には皮膚で
覆われた2本の短い角がある。

ちょっと日にちが前後するんですが・・・。

先週、夏休みを利用して従姉妹が子供連れでやってきました。
滞在期間約1週間、思い切り遊んで夏を満喫して帰って行きました。
私は仕事の都合であまり参加出来なかったのですが、それでも一緒に夏を満喫しちゃいました。
毎年夏休みはしっかり休んで遊んでますが、ソレとはちょっと違うんですよね~。
上手く言えませんが。
海だとか山だとか遊園地だとか動物園だとか・・・って、大人同士ではあんまり行かないけれど、
そういう所ほど“夏休み”って感じがすると思いませんか?
遊びまわって真っ黒になって・・・夏を満喫したな~っと数年ぶりに感じました。

で、行ってまいりました! 東京ディズニーランド!!!

070818001.jpg



















  最近はシンデレラ城、
  中に入れないんですね。
  実は私は昔、ミステリーツアーに
  参加して勇者のメダルを貰った
  ことがあります。

子供の行きたいところと言えば必ず上位に名前の挙がるこの超人気観光スポットTDL。
でも、正直って「行きたい!」「連れて行け!」とか言ってる張本人の子供って意外と
どんな所だか分かってないですよねぇ~。
「なんかよく分からないけど、お友達とかが楽しいって言うから私も行きたい!」みたいな感じ?
この間会った3歳くらいの子は「行きたい!行きたい!今から行く!!」と夕方4時ごろ言い出し、
「遠いんだよ?」と言われると、「遠いって生協くらい?」とか言ってるし・・・。
子供って遠い近い、大きい小さいの感覚も大人と違うみたいですね(笑)。

で、従姉妹の娘ちゃんも案の定よく分かってない様子。
「何がみたいの?」「どれに乗りたい?」と聞いても・・・ ????? って感じ。
それでも、「“リロ&スティッチのランチショー”が観たい」と言うのでそれに焦点を絞ることに。

ところで今を去ることカレコレ1年前、やまもは友達に連れられて“愛地球博”へ行ったのですが、
そこで学んだ教訓が一つ。

どうせ並ばなければならないのなら開園前に並ぶべし

昔、同じ従姉妹とゴールデンウィークにノコノコ11時ごろ行ったら、並ぶどころの騒ぎじゃなくて
入れなかったと言う嫌な二の鉄を踏まないためにも早起きして開園前に並ぶべし!
リロ&スティッチのショーも人気が有るらしく、ネットで情報収集したところ
1時間前には並ぶように書いてあったので・・・。
ショーは開園と同時に予約開始。
土地勘もなく、なんだか状況も理解していない様子の他の人達は捨て置いて、
私一人でレストランまで走ると言う作戦を立て・・・準備は万端???
数限りある鑑賞権を得るためにやまも頑張ります!

070818002.jpgで、走りましたよ~。
会社に遅刻しそうでもこんなには走れません。
普段の運動不足は何処へやら?
私、意外とやるじゃん!!

見事鑑賞権を獲得しました!!

やりたい事の希望がこのショーのみだった
ので、実は意外に小心者なやまもは、
予約が出来るかどうか心配で心配で
前日は緊張で寝られず・・・。
よ・よ・良かった~・・・。

1時間前に並んでかなり早い方だと思っていたのですが、敵もさるもの(柿食うもの?)

ギリギリでした。

3回のショーのうち2回は満員。かろうじて滑り込みでセーフ!
私の後ろにも沢山並んでいたのですが・・・。気の毒に。

でもねえ、このショー・・・ すごく良かったです~!!

お値段¥2,900(大人料金。でも、9歳以上はもう大人)と入場料に加えてこの追加料金は
ちょっときつい気がするのですが、このお値段、出す価値あります!有って余りあります。
リロ&スティッチに加えてミッキーたちも参加するハワイアンショーなのですが、
このくそ暑い中、冷房の効いたスペースで後ろに待っている人を気にせずに
ゆっくり食事をしてのんびり飲み物飲んで・・・。(飲み物は飲み放題♪)

しかも!!ミッキーたちが席まで来てくれる!!!

本来なら見つけることも難しく、炎天下の中待ちに待ってのミッキーとの撮影も

座っていれば、 向こうの方から来てくれる!!

070818003.jpg  実はショー自体はあんまり長くなくて、
  ほとんどがミッキーたちとのふれ合いTIME。
  各席を余さず回ってくれるのです。
  小さい子供はステージの上でキャストたちと
  一緒に踊れます。

  どうせ何処で食べても飯代はかかるんだし、
  予約に並ぶと言っても予約するだけなので、
  そんなに時間もかからない。
  食事もまあまあ美味しかったですし・・・。

  おすすめで~~す。

早起きして朝から走って並んでかなりのヒットポイントを消耗しましたが、
先にメインイベントを確保したおかげで後はラクラク
ファストパス(コレも皆は留守番させて私が走りました!)の利用+すいてる所を選んで
アトラクションも満喫し、お土産もしこたま買いました!
昼のパレードもタマタマすごくいい位置で見学することが出来・・・。
頑張った(?)甲斐があって、今まで行った中でもかなりの充実した内容でした♪

070818004.jpgところで・・・実は私、ミニーマウスの良さが今まで全然
分からなかったのですが・・・。
実物を見てすっかり虜になっちゃいました。
だって、絵で見るとただのケバいねずみなんだもん。

しぐさがかわいい~。

一つ一つの動作が女の子らしくて可愛らしいんです。
立ち姿一つおろそかにはされていない!!
いや~、中に入っている人只者じゃないねぇ!

流石は世界のねずみ王国のドン、ミッキーマウスが
惚れた女なだけは有るのう。
iwate005.jpg三陸の旅、続きです。
今回初めて東北にやって来たのですが、いや~~。

海が綺麗でしたね~。

コバルトブルーの海を見るには南国リゾートにでも
行かないといけないのか、と思ってましたが、
そんなことないんですね~。
実は台風が抜けたばかりでその影響もあって
天気が悪く、曇りがちだったのですが、
時々出た晴れ間の下で見る海は
さんご礁こそないですが、海が本当に綺麗でした。

それに、リアス式海岸。
社会科でその存在は習いましたが、ホントにこんなに
ギザギザしてるんだ~、と感動!!
海からのやませ(コレも社会で習ったが今回初目撃)
が岸壁に上っていく様子とか、実際に見るとこれか!
と納得です。課外学習の重要性を感じましたね。
(私にはもう必要ない気もしますが。)

海と言えば、南国!又は日本海!!と思っていましたが、すっかり東北ファンになっちゃいました。
荒れ気味なのにやや無理やり出してもらったサッパ船で荒波にもまれ、海の怖さを思い知り、
泣きそうになったりしましたが(苦笑)。

iwate004.jpg  くまさんも乗せてやりたかったなぁ~。
  怖がりだから。キヒヒヒ(`∇´)σσσσ)

  綺麗な海を見て、美味しい魚介を食べて・・・。
  日本人に生まれてよかったねぇ~。

  魚介も3食続くと「肉が食べたい・・・」とか言っちゃう、
  やまも+やまも父のことはほおっておいてください。

なんだか色々勉強したな~と思いつつ、三陸海岸を後にして日本物語の里、遠野へ。

時間的にあんまり余裕がなかったので、河童に会うことはかないませんでしたが、
ちょっぴり不思議の里を体験し最後に向かったのは・・・

でんでら野。別名:姥捨て山です。

iwate006.jpgなんいも無いと言えば何にもない
山間の原っぱなのですが・・・。

その昔、貧しい山間の村では老人は
60歳になると食い扶持を減らすため
にでんでら野へ捨てられました。
昼間は農作業を手伝い、夜は少しの
食料を貰い粗末な山小屋で暮らした
そうです。

す・捨てた癖に昼間はちゃっかり
働かせるって・・・・。
ひどい・・・。

でも、前回をお読みのカタはお気づきかもしれませんが、今回の旅行は 還暦のお祝い

コレが最後の地って・・・私たちもひどくない??!!

(でも、行き先を選んだのはお祝いされる本人でした。)
iwate003.jpgなんだかずいぶん前の話なのですが、7月に三陸に行ってきました。

親の還暦のお祝い、と言うことでタマタマ(?)日本に戻って来ていた
私も含めての家族旅行となった訳です。
私もスペインに行っちゃうし、コレが最後の家族旅行ですかね~。
な~んて、一年ほど前にも、「コレが最後の家族旅行」とか同じような
事を言って家族で旅行した覚えがあるのですが・・・(汗)。
そう、やまも一家は旅行好きなのです。
何かにかこつけて旅行に行きたいだけなのですよ~。ふふふ。

ワタクシ、仙台よりも北に行くのは初めて。
東北とは一体どんな所なのかしら~。楽しみ~♪

iwate001.jpg  まずは八戸の蕪島神社。
  ウミネコの繁殖地として有名です。
  国指定天然記念物。
  ウミネコの繁殖地は断崖絶壁など、人を寄せ付けない
  場所にある事が多く、こんなに間近に繁殖を観察が
  できる場所は珍しいそうです。

  ・・・と、聞くと見るとでは大違い。

コレが結構恐ろしい場所だったのです・・・。

iwate002.jpgよ~く見ると、茶色いのと白いのがいますが、
茶色いのは子供なんだそうです。
親のように白くなるためには3年はかかるそうです。
そう言われてみれば、まだ幼い感じの茶色と、
もうすでにかなりフテブテしい奴らが・・・。

まずは車の中から覗いてみるだけなんですが・・・

な、なんかさ、こんだけいるとさ・・・・

こ・こ・怖くないかい??

そして、案の定・・・・・・・・・・・・ ドカ~~~ン!!

ぎょ??!!なになに??!! もしかして・・・・狙撃された?!!私たち?!

って、そんな訳ありますかいな。要人でもあるまいし。

そう、 鳥の糞でした。

いきなり車の後部に糞が落ちてきたのです★ 
鳥の糞と一口に言っても、デカイ鳥の糞はデカイのです。
こんな物が頭に直撃したら骨が折れるかもしれない・・・って位の威力がありました。
流石は国の天然記念物・・・。侮れん。
敵(?)の早速の先制パンチに恐れをなし、ここで母と姉は戦線を離脱。
残る精鋭部隊(??)で設置された傘を片手に神社参拝に参拝しました。

階段も境内も・・・鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥

鳥だらけ、糞だらけ。
こいつら結構目つきが悪いから怖いんですよ~。こっち見ないで・・・!!!
しかも、相手は天然記念物様。私たち=下々の物が手出しを出来るお方ではないのでした・・・。

「数が多すぎて怖くないですか?糞もすごいし・・・。」と失礼を承知で神主さんに直撃してみると、
神 主:「いや、ウミネコ有っての神社ですから。ウミネコのおかげで沢山参拝に来てくれるんだし。
     それに一時の事ですからね。糞も雨で流されますし。」
年中じゃないんだ・・・。(人事ながら)良かった・・・。
しかし、先週台風が来て大雨降ったばっかりなのに、このすごい糞なんだ・・・。

やまも:「でも、泣き声もすごいですよね・・・。夜は静かになるんですか?」
神 主:「夜もうるさいですよ~。でも、ウミネコあっての神社ですから。」

流石に神職を与る身・・・。心が広いです。

でもね、神主さん。
そのウミネコに恐れをなして車を下りずに帰った人たちを3組ほど私は見ましたよ?

共存するって難しいことだな、って感じた旅でした。
ちなみにやまも家では「自然(特に鳥)は遠くで見守ろう」と言う結論に達したのでした。

・・・・・つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。