FROMやまも@Barcelona 2006年05月

FROMやまも@Barcelona

@BARCELONAな役に立つこと立たない事、面白い事、面白くない事をお届けいたします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のお題は 「くまさんは理想の結婚相手か?」です。

先日、結婚の条件に関して記事に書いてみて、あの内容だけでは
自分の中で何かしっくり来ないものがありました。
単なる天邪鬼?な感じもしますが、あえて蒸し返してみる事にしました。

だって、質問の答えは、「NO」だからです。

くまさんに不満があるとか、気に入らないとかそんなんではなくて、
理想の相手かと言えわれれば「違う」と言わざるを得ないんですよね。

人生の大真理「理想と現実は違う」って言うやつです。

結婚って、最初から条件にも挙がらないような「前提」が有ると思うんです。
私の場合は、その① 日本に住んでいる その② 日本語をしゃべる
その③ 初婚で その④ モチロン子供なんていない
その⑤ それなりの年回りの その⑥ サラリーマンの  その⑦ 日本人 でした。
別に偏見とかそんなんじゃなくて、自分の生活環境を考えれば、当然の「前提」でした。
私の家族もそんな風に思っていたと思います。

でも、くまさん、ヒトツも合ってないし・・・。
「結婚条件」には合っているが、根本的に何かが違う・・・。
 
「犬を買いに行く」と言ってペットショップに出かけた娘が、なかなか帰ってこない上に、
帰って来たかと思ったら買って帰ってきたのは”プレーリードック”だったみたいな・・・?

柴犬かな?レトリバーかな?いい子だといいわね~。

なんって言って心待ちにしていたら、プレーリードックゥ~?

犬じゃないじゃん!!!

だって希望に合う子はこの子しか居なかったの!

お店で自分の希望をアレコレ述べて相談したら、店員さんが店の奥から連れてきたのは
プレーリードック・・・。  dogchan.jpeg かわいいけどさ。

「私だって、驚いたわよ~!!!」ですよね?

hoshi_chichi.jpg  家族にしてみたら

  「どうやって飼うんじゃ~!!

  こんなもん!!!」


  ですよ?

しかも、そのプレーリードック日本で飼えないから外国に行くとか言うし・・・。

家族の中にあった「結婚」に関する何かを裏切ったような気がします。

結婚の「大前提」は 家族に喜んでもらえる事 だと思うんです。

私たちの場合、反対こそされませんでしたが、母親は親戚とかにも言いたくない様子だったし、
正直なところ家族の誰も喜んでくれてはいないと思います。

心のどこかに「申し訳ない」みたいな気持ちがあります。
渡西の準備=結婚準備をしていてもイマイチ楽しくない。
人生の最大吉事ともいえる結婚なのに、こんな気持ちがあること自体
私の「前提」にはなかったことです。

理想と現実は違ってしまいましたが、私はコレでヨカッタと思っています。
家族には迷惑を掛けてしまう事になったけど、私は幸せだから。
理想通りの人なんて本当はいないのかもしれません。
自分の希望と違うところがあっても、それでも「この人!」と思える人が
居てくれてよかったな。と思うのです。

いろんな意味で私の考える「結婚の姿」とは違ってしまいましたが、
私も考えた末の結論だし、自分の身の丈に合った最良の選択だと信じています。
コメントでも頂きましたが、

「最後まで添い遂げてみないと分からない」。

その通りだと思います。

結果はまだ出ていないんですよね。

今は色々と複雑な気持ちですが、「理想の結婚」になれるように頑張っていきたいです。

でも、「理想の結婚」ってなんなんでしょ?
その答えを二人で探がしていくという事が大切なのかも知れませんね。
スポンサーサイト
先日健康診断を受けてきました。
血圧(ちょっと低い)以外の項目が「健康」のA判定でした。ヨカッタ。

「で、体脂肪は?」 と興味津々な母。

オイオイ・・・。そこか?

体脂肪率は計っていませんが、別の形で評価されています。

BMIhyo.jpg

22が適正なのか。痩せすぎもいけないって事ね。
ちなみに私は19.5でした。

「へ~ (←残念そう)。あんた、そんなに太ってないんだ~。」

失礼な! そんなに太ってないよ~だ!
実の親に「太っている」って言われるのヘコむんだからやめてよね。

periscopio_cerdo_clon.jpg  なんか、わたしって、太って見えるようです。
  まあ、別に痩せてもないですけど・・・。

  すごく太っている訳でもないが、別に痩せている訳でもない。
  ダイエットした方がいいような気もするが、
  積極的に取り組む気にもなれない。

  でも、ヤッパリ気になりますよね~。女の子だもん。
  (女の子?ズーズーしい?)

そんな私のダイエット成功秘話をご紹介します。

★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

「年頃になれば女の子はみんな痩せるんだ」(by 父)

典型的なO型の父。
私が大学受験に失敗しそうになって泣いていた時にも、
「O型はノウテンキなんだから大丈夫だ!」と慰めてくれました。
父親という物は母親とは違って娘には甘いものなようです・・・。アリガタヤ~

つまりは根拠無しって事ですか?

ねえ、ねえ、お父さん。年頃って一体何時頃?何歳??
と思い続けてはや何年?私には年頃は訪れないみたい・・・(涙)。
(ついでに「人生で3回もてる時期が来る」と言う「時期」も来ないみたい・・・。)

ところが!思わぬ時に「年頃」は訪れたのです。
当時の私の体脂肪率:24%

齢別の体脂肪基準値 30歳未満 :17~24%

う~ん。枠内には入っているけど、ギリギリだな・・・。
少し痩せた方がいいかも知れないな~。体に悪いしねぇ。

そして、あれは一年前の誕生日・・・。めでたく30歳になりました。

齢別の体脂肪基準値 30歳以上 20~27%

一夜にして痩せてる(ほうな)女に~!!!

30代ってすばらしい!
一生に一度しか出来ない簡単(?)ダイエット法でした。
自分勝手に結婚相手に求めることを思いつくままに書いてみましたが、
はっきりと決める理由になったのは前述の①の理由でした。
②・③は結婚相手に求めることと言うよりは、結婚を決めて色々考えてみて、
結果として私はこんな事を望んでいたと言うのが正解です。
でも、結婚を決めるからには他にも色々な要素があったと思います。

当時の事を全部思い出せる訳ではないのですが、こんなことを考えていたような・・・?

条件その④ ある程度家事の出来る人
家は父が家事が何でも出来るため、それが当たり前の事として育ってしまったんです。
大きくなって、普通じゃない事に気が付いたのですが手遅れでした。

条件その⑤ 私の両親も大切にしてくれる人
二人姉妹なので。

条件その⑥ 結婚まで行き着く勢い・流れのある人
やっぱり結婚って「縁」と「勢い」が大切だと思うんですよ。
やっぱりお告げは大切です。

条件その⑦ 結婚をしたいと思っている人
私、本当に結婚したかったもんで・・・(汗)

⑥・⑦特に重要でした。30歳までに結婚したかったので・・・。
出来ませんでしたが(笑)。

「結婚」=「契約」と言う認識が強くて、「愛情」はあまり求めていなかったので、
結婚紹介所に行こうかと計画もしていましたが、行ってみたところで
私の求める条件を満たす人と出会うのは難しかったと思います。
(⑥はクリアしてそうですが。)
自分ではそんなに我が儘を言っているつもりも高望みしているつもりも
無かったのですが、やっぱり我が儘言っていたんですね。
でも、結果として私の望み通りの人が現れた訳だし、
まあ、めでたしめでたし。ですかね?
昨日の続きです。
人それぞれ結婚相手に求めることは違うと思うのですが、
今日の「結婚相手に求めるもの」は私の性格によるところが大きいです。

実は私はなんに関しても自己主張が強い方で、他人に自分の意見を押し付けがち。
白か黒かはっきり決着を付けたい性分で、自分が正しいと思ったら絶対引かない。
いや、引けない・・・(涙)。
ああしなくちゃいけないとか、こうしないと駄目だとか、
いちいち他人の事にまで、口を出さないと気が済まないんです。
人は人なんだからほっておけばいいのに・・・ねぇ?
自分の意見を押し付けたところで、他人は私の思うとおりにはならないし、
自分でも嫌な性格だな~と後悔する事がしばしばなのですが・・・。
後悔して、人間づきあいって難しい・・・と落ち込んでもみたりすることも。

そんな私ですが、彼の事は割りとなんに関しても「どっちでもいい」んです。

例えば、先日記事にしたお酒。
お酒も飲みすぎは体に悪いので減らすに越したことは無いのですが、
やめるにしても減らすにしても、本人の好きにしたらいいんじゃないか?と思う訳です。
彼はタバコも吸うのですが、自分が煙たい時とか、臭いが我慢できない時には
辞めるように頼むこともありますが、基本的には吸っても吸わなくてもどっちでもいい。
「どうでもいい」と言うのとは違うと思うのですが、何をやっていても、何処にいても
「どっちでもいい」んです。「ああして欲しい」とか「こうして欲しい」とか無いんです。

だから一緒にてすごくらく。
「愛しているから」という理由で色々な事を相手に要求してしまいがちですが、
それって言われる方は結構うんざりするし、
自分の要求が通らなかった場合はイライラするのは勿論ですが、
相手の愛情さえも疑っちゃいますよね。結構しんどい。
私も一応お酒を減らせとかタバコは止めろとか言いますが、挨拶程度の感覚です。
私に言われなくたって、「止めた方がいい」とか、「ああした方がいい」とか
大抵自分でも分かっているんです。でも、簡単には出来ない。
分かっていて出来ないことを毎日一緒に居る相方に言われたらしんどいと思うんですよ。
相手のためを思って言っている筈なのにそのせいで嫌な気持ちになるのは馬鹿らしいし、
自分がどうして欲しいかよりも二人で楽しく暮らすことのほうが大切だと思うのです。

結婚して長く暮らすのなら
条件その②

相手に対して変わって欲しいと要求しないで済む相手
がいいかな、と思う訳です。

「どっちでもいい」と言うのは彼に対してだけではなく自分に対しても思うようになりました。
私は色々な事にこだわって自分のやり方や、嗜好を曲げる事が出来ませんでした。
でも、今まで他人だった人と一緒に暮らすんですから
一から十まで、そうそう自分の思い通りという訳にはいきませんよね。
投げやり、とは違うと思うのですが、「別にどっちでもいいや~」と思うことが多くなって、
「くまさんがそうしたいならそうすれば?」と相手に譲る事が多くなった気がします。
自分の人生に対しても、もっと何か出来るんじゃないか?とか思って
色々意固地になってしまっていたところが有った気がしますが、
今は二人が楽しく暮らせれば自分は何処で何をしていてもいいや。と思うようになりました。

条件その③

こだわり無く妥協する事が出来る相手
がいいかな、と思う訳です。

まだもう少し続きます。
私がブログを書き始めたのは今年の2月からなのですが、
もっと前からブログを書いてる方は大勢いらっしゃいます。
最近ちょっと思うところがあって、学生時代から仲良くさせてもらっている
のぶこさんのブログを過去にさかのぼって読んでみました。
付き合いだした頃の私の事もチョコと書いてあったりします。
そうそう、こんな事あったよな~、なんて懐かしい気持ちになりました。
ほんの1年・2年前のことなのに(笑)。

そう言えば、付き合いだした頃、いろんな人に「他人事みたいに話すね」って
よく言われました(笑)。
まさか皆ホントに結婚するなんて思わなかったに違いない。

それもそのはず、もともと「彼の事が大好きなの~」って言う訳でもなかったんです。
好きも嫌いも何もよく知らんわ!って感じでしたし、相手はもういい歳したおじさんだし、
プライベートに問題を抱えているためかどことなくくたびれていたし。

今でも「好き」って言うのとはちょっと違う感じがしています。
パートナーとして信頼しているし、愛情も有るけど、恋愛感情は無いような気がします。
そう言う意味で「お見合い結婚」みたいだと私は思っているのですが。
国際遠距離恋愛なんて大げさなことをしている割には
ドラマチックな盛り上がりは無いんですよね~。

大体、私、なんでくまさんと結婚しようと思ったんだろ?
とちょっと初心に戻ってそこら辺のことを書いて残しておきたくなりました。

************************************
一体どうして、この人!って決めたかって言うと、
「この人にしときなさい」って言うお告げ(と言うか指令?)有ったからなんですが、
いくらなんでも、私が馬鹿でも、それだけでは決められませんよね?

で、何が決め手だったかと言うと、条件が良かったから。
は?何言っての?条件なんて最悪じゃん!と思う方がいらっしゃると思いますが、
まあ、それはほら、人によって求めるものが違いますから(笑)。

実は私、自分の子供が欲しくなかったんです。

こんなこと言うと親に泣かれそうですが・・・。
数年前に婦人科系の病気をした事があって、その時なんて
「このまま、子供の産めない体になったら堂々と自分の子供を産まずに済むな」と
本気で考えたくらいです。
幸い、大した病気でもなかったのでそんな事にはならずに済みましたが。
本気で不妊に悩んでいる人も居るのに不謹慎な話ですが、
その時は本気でそう思いました。

子供自体もそんなに大好きな訳では有りませんが、「自分の子供」が嫌だったんです。
「血が繋がっているなんて理由だけで人一人を責任もって育てるなんて出来ない。」
と思っていたんです。
「他の子もかわいいが、自分の子供はもっとかわいい」と子供好きの人が言っていましたが、
「自分の子」というだけで本当にかわいいと思うことが出来るんだろうか?
幼児虐待なんて言葉を頻繁に聞くようになってますます不振な気持ちが強くなりました。
子供は親を映す鏡、と言います。
自分の嫌なところを子供の中に見てしまったらどうなっちゃうんだろ?
駄目だ。私、虐待しそう・・・。いや、する。必ずしてしまう・・・。
それとは反対に犯罪の若年化が進んでいるし、犯罪まではしなくても、
街で見かける子供は自分勝手でかわいくない子もおおい。
自分の産んだ子だったらなおさら許せないに違いない。
お年寄りに席を譲られて平気な顔して座る子供もムカつくが、
座らせる親にはもっと腹が立つ。半額しか払ってないくせに・・・。
周りの大人も公共の場でギャーギャー騒い走り回って迷惑かけても注意もせずに
「かわいいですね?」って本気か?
社会も子育てに協力するって言うのは、駄目なことは駄目って皆で教えることなんじゃないの?
こんな中でまともな子供を育てる自信なんて持てませんよ・・・。

でも、くまさんに会ってこの人の子供なら安心だな、と思ったんです。
別にいい子が生まれるに違いないとかそんなんじゃなくて、
ただ単に「大丈夫!」って思ったんです。
理由なんて分からないですけど・・・。これぞ、お告げ?

実際、きちんとくまさんと付き合いだして私の予感は正しかったかな?と思ってます。
くまさんだけでなく、くまママもそうなんですが、駄目な事は駄目とはっきり注意します。
しかも感情的にならずにきちんとなぜ駄目か伝えてくれます。
私に対しても「年長者」としてきちんと躾(?)しようとするところがあるので
結構厳しいんですよ(涙)。年功序列。意外と体育会系?
歳が離れているのでアマアマなのかと思ったら大間違い。
「年の功」を黄門さまの印籠のように振りかざしてます(笑)。

実際子供に恵まれるかどうかなんて分かりませんが、やっぱり
条件その①

安心して喜んでその人の子供を産む事が出来る相手
と結婚したいな、と思う訳です。

長くなってしまったので、続くことにします。
お正月にスペインに行ったときのお話です。

スペインで「年明け」といえば「バーゲン」です。
街中に「セール」の文字があふれ、ニュースでも情報が流れます。
今年はムートン皮のコートと長めのブーツが欲しかった私。
スペインに行く前に買おうかな~?と思っていたのですが、
「革製品ならスペインで買わないのはバカでしょう」と、ず~っと我慢してました。
日本で買うより安いだろうし、素敵なデザインのものが見つかるに違いない!
すっごく、すっごく楽しみにしていました。

しかし、このスペインでお買い物計画には、日程と、相方に問題が有ったんです・・・。

12月中にスペインに到着。もう地味にセールは始まっています。

でも、本番は新年が明けて7日から!
シューウィンドウに躍る文字達の誘惑にも負けず、我慢、我慢・・・。

帰国日は8日。スペインで行動出来る最終日、そしてセールの初日、7日。
その一日にに勝負(?)をかける事にしました。

が、くまさんは男の人のご多分に漏れず 買い物と人ごみが嫌い。

嫌がられることは分かっていましたが、毎日セールに行きたい事を訴え続けました。
でも、のらりくらりとかわされて相手にしてもらえません(涙)。

諦め切れない私、7日にもう一度「セールに行きたい!」と主張してみました。

やまも:「セールに行きたいんだけど・・・。」
く ま:「今日も仕事があるし、明日帰るんだからあちこち挨拶に行かなくちゃ!
    それにそれにウンタラカンタラ・・・だから、だめ!」
やまも:「でも、ちょっとだけ~。」
く ま:「ダメ!」
やまも:「絶対?」
く ま:「ダメ!」
    (このやり取りがしばらく続く)
やまも:「じゃあ、一人で行くならいい?」
く ま:「ダメ!」

分かったよ。この頑固者!
スペイン滞在最終日にこれ以上ゴネて、喧嘩して嫌な思いをするのはバカらしいし、
明日からは嫌でも別行動になるのに、わざわざ一人で行動するのもなんだよな~。

諦める事にしました(涙)。

最終日なんだから一旦忘れて楽しく過ごしましょう。

でも、この事は恨み帳に書かせてもらいます!!

私が素直(?)に折れたので、くまさんが妥協案を出してくれました。
「次からセールは必ず連れて行く。2日間。5時間。」
セールの初日と最終日に連れてってくれるそうです。
1日5時間かと思ったら、2日で5時間。1日は2時間半づつですって。

連れて行ってもらえるのは嬉しいけれど・・・何で時間制?
1日5時間も買い物しなくていいけど、2時間半って言うのも微妙?
これって一体どんな計算して出てきた時間なの?

「夏も冬も有るけど?」と聞くと・・・

「じゃあ、夏・冬1日づつ。年間で2日。」

・・・そんなに嫌なのか??!


後日談です。帰国後、電話で・・・
く ま:「次からは毎日でもセールに連れて行く・・・。」
やまも:「あれ?どういう心境の変化?」
く ま:「外出する度に連れて行ってあげれば良かったって、思い出すんだよ~。」
ですって(笑)。フフフ§( ̄ー ̄)§。
「セール」の文字がいたる所に書いてあって見る度に心が痛むんだそうです。

この勝負、引き分け? 
でも、結局コートを買えなかったんだから私の負けか・・・。

ナニハトモアレ!夏のセールが楽しみです♪
(どうせいくの嫌がるんでしょうけど。そして早く帰りたがる・・・。)
スペインの州、じわり独立論 各地で自治強化案
スペインで州の自治権拡大を目指す動きが相次いでいる。
欧州統合で国境の垣根が低くなり、政府の「ありがたみ」が
減っているためとみられるが、国家解体や地域対立の懸念も出ている。


本日の朝日新聞国際欄記事の抜粋です。
紙面をきちんと確認する時間が無かったので、ネットで検索をかけてみました。
「先日国民投票で独立を決めたモンテネグロの結果を受けて、
両州では再び独立論が頭をもたげそうだ。」
と言う事らしい。

独立までは考えていなくても・・・
TKY200605230348.jpeg  ほとんどじゃん・・・。

独立問題なんて対岸の火災と思っていたのに、何の因果か独立したい気満々の
カタルーニャはバルセロナに移住する事になって他人事では無くなってしまいました。


独立問題・・・

今年の3月には「バスク祖国と自由」ETAの恒久停戦宣言が有りましたが・・・。

私としては、難しい問題なので、発言は控えたい。

せっかく国が統一されて(何時の話?)皆が平和に暮せる時代になったのに、
一体なんでこんなに揉めて、テロまでやって独立なんてしたいんだ?
最近は地域文化を残す事の重要性が認められて、昔みたいに無理やり
「日本語話せ~!」とか「民族衣装は着るな~!」とか言われないでしょ?
それじゃあ、ダメなんですかね?とは思いますが。

家の中の事情は外から見ても分からない物。

ここまで独立したいと言うからには何か理由があるのでしょう。
歴史的な背景も文化的な背景もなんとなくしか把握していない私が
口を出せる問題ではないと思うんですよね。実際口出なんて、する方法はないし。
独立するにしてもしないにしても決定に従うしかありません。



紙面のトピックスには次のような記事も掲載されていました。
「カタルーニャ州の学校では授業はカタルーニャ語で行われている」
「驚きだ!」
と言うような事が書いてありました。
何を今更・・・と言う感じもしますが。

カタラン・・・

バルセロナではスペイン語よりもむしろ重要かも?

でも・・・正直、勉強したくない。

どうせ勉強するならドイツ語とかフランス語とか中国語をやりたいよ。
なんだかんだ言って皆スペイン語だって話せるし何とかなるよ。
そう思って、見てみぬフリをして来ましたが、そんな訳には行かないかも?
以前語学学校に通う話になった時に、「カタランも勉強しなくちゃね♪」
と冗談のようにくまさんが言いました。

が、全然冗談じゃ済まないんじゃん!

そういうくまさんだって、聞いて意味を理解する事は出来て、
読めば分かるらしいが、自分で話す事は出来ないらしい。
でも、学校がカタランを採用しているって事は、
今は良くても、子供が出来たら絶対必要って事です。

どうしたもんでしょうかね?

とは言っても、スペイン語を先にもう少し勉強したいし、
カタランをやるにしても日本で出来る事なんて限られているし、
まだ子供だって居る訳でもないので、どちらにしてもスペインに行ってからの
話になってしまうんでしょうけど、日本語教育の問題もある私達としては
真剣に考えなければならない問題ですよね。


それにしても日本のメディアでこんな風に報道されるなんて・・・。
ちょっとびっくりしました。
今までウスウス感づいていたのに知らん振りして、見て見ない様にして来た問題が
いきなりクローズアップされてしまった感じです。
日本の新聞にまで掲載されてしまうともう逃げられない気がする・・・。
もう少し忘れていたかったのに・・・。

というか、私がどうのこうのと言うよりも記事を真剣な顔をして読んでいた父の姿が・・・。

モンテネグロめ・・・。お前のせいか?
(違うって分かってますよ!逆恨みです。)
vino.jpg  「ドイツ人にとってビールは水のような物だ」
  「フランス人にとってワインは食事の一部だ」
  と聞いた事があります。

  どこかの女優さんの体ではワインが
  血の代わりに流れたりしているらしい・・・。

  じゃあ、スペイン人にとってはどうなんでしょう?

ところで、私達が結婚するにあたってくまママが私に与えた命題は

「くまさんのアルコール摂取量を減らす事」

子供じゃないんだし、どうせ言っても聞かないし、そんな事頼まれても困るんですが・・・。

くまママ:「もういい年なんだし、お酒の飲み過ぎは困るのよ!」   
やまも: 「は、はあ・・・でも・・・その・・・」
くまママ:「やまもだって、困るでしょ?!」
やまも: 「いや・・・別に・・・それほど・・・」
くまママ:「私とあなた、皆の幸せのためよ!!」
やまも: 「は・・はい。・・・分かりました。頑張ります。」

そう、くまさんはお酒が好き。大好き。

朝、散歩に出かけて立ち寄った友達のバルで
ビールのレモンソーダ割り(美味しいのか?)を飲み、
昼、家での食事だろうが外での食事だろうが
ワイン(時にはソーダ水割り)を飲み、
昼間、またもや散歩に出かけて休憩に入ったバルで
ビールをあちらで一杯、こちらで一杯と飲み、
夕方、仕事の始まる前、合間などにチョコチョコと
ジントニック(デモ気が付くと3~4杯?)を飲み、
夜、寝る前に寝酒にウイスキーを飲む。

・・・・・・・・・・・・・・・・・アル中???

くま曰く 「ビールとワインはお酒じゃない」

なるほど~、スペインではマクドナルドのセットでも
ビールをコーラの代わりに選ぶことが出来る(!!)らしいし、
ふつ~うのスーツ姿のサラリーマンがランチを食べながら
ワインを飲む姿もよく見かけます。
くまさんの実家でも食事の時にワインを飲むしね。

ビールもワインも水代わり。確かに。そうかもしれない。

でも、両方アルコール入っているんだからお酒だよ。と私は思うのですが・・・。

くま友M曰く 「ビールは健康にいい。 ゆえに朝から飲んでもいい。」

うん。確かに、お酒は体にいいらしいね。
赤ワインに含まれるポリフェノールには健康効果があるだって。
ビールは髪にもいいんだって。まちゃあきが言ってたよ。あるある~。

でもねえ、飲みすぎはだめだと思うよ。過ぎたるは及ばざるが如し?
朝から飲むのもちょっとどうかな~って感じなんですが・・・。

アルコールは個人によっても分解の能力が違うように、人種によっても違うらしい。
飲酒運転の規定も国によって違ったりするし・・・。
確かに、くまさんは全然酔っ払っている様子もない。

ヨーロッパの人にとってビールとかワインは他のお酒とは別って言うのも分かる。

でも、お酒じゃないって言うのはだまされている気もする。

beer.jpgう~ん。

何処から何処までがお酒なのか・・・?
何をどの位までなら大丈夫なのか・・・?
私は一体彼に対して何を注意すればいいのか・・・?

誰か教えてください。

というか、自分の健康は自分で管理すればいいと思うんですけど・・・。
IMG_0050.jpg  我が街K市のやっているバラ苑に行ってきました。

  以前は某民間企業のやっている小さな遊園地の
  一角の施設だったのですが、不況・少子化の波に
  流されて遊園地は閉園されてしまいました。
  バラ園の部分だけK市で買い上げてバラの花の咲く
  季節だけ限定で開放しています。
  「皆が見に行く訳でもないのに税金の無駄遣いだ!」
  と言う声も多くあるそうですが、そんなのはどんな施設
  にだっていえる事ですよね?
  文句があるなら利用すればいいんジャン?
  (”ジャン”はK市弁)

IMG_0121.jpg  市営な上に期間限定営業なので
  駐車場が狭くあまり車が停められません。
  順番を待つこと1時間弱。
  その間も歩いてくる人が続々と・・・。
  工業都市K市の何処にこんな山があるのか!!??
  有るんです。意外と田舎なんです。
  
  この階段を登って行くと・・・

じゃ~ん!

baraview.jpg
写真三枚ツナギ~。    ↑この辺ちょっとイガンデいますが・・・。

IMG_0069.jpg  イングリッシュガーデンが出現します。
  一万平米を誇る敷地に一千種、二万株のバラが一斉に花開きます。
  (苑内案内板より)

  休日なので沢山の人が見に来ていましたが、
  右も左もお年寄りばかり・・・(失礼?)。
  日本のお年寄りが屯するイングリッシュガーデン。
  ちょっとヘンテコな風景です(非常に失礼?)。

IMG_00701.jpg  IMG_0119.jpg  IMG_0116.jpg
IMG_0075.jpg  IMG_0042.jpg  IMG_0078.jpg

IMG_0087.jpg  紫のバラ!!???
  でも、これブルーなんですよね?私には十分紫ですが・・・。
  本当の「紫のバラ」は一体どんな色なんでしょ??

IMG_0046.jpg スパニッシュ・ビューティー  IMG_0048.jpg ローズ・コジャール
IMG_00551.jpg エディタ・マックファーランド IMG_0054.jpg シンパシー
IMG_00571.jpg ピース          0091.jpg ショット・シルク
IMG_0093.jpg ピエール・ド・ロンサール  IMG_0105.jpg ルバイヤット
IMG_0099.jpg ホワイト・クリスマス         IMG_00651.jpg ロサ・ガリカ・オフィキナリス

各国ロイヤルファミリー縁のバラ。私も名前のバラも作って欲しいです。
IMG_0074.jpg プリンセス・ミチコ IMG_0076.jpg プリンセス・サヤコ
IMG_0086.jpg
  プリンセス・ミチコは有名ですが、
  サヤコもあるんですね。さすがロイヤル!
  ←こちらは、雅子さんの御印、ハマナス。
  そう言えばこれもバラ科。

IMG_0080.jpg  IMG_0082.jpg
左:プリンセス・ウェールズ 右:プリンセス・オブ・ウェールズとありました。
ダイアナ妃のバラですが、オブが付くのと付かないの、どう違うんでしょうか?

IMG_0107.jpg  グレース・ド・モナコ
  この方はロイヤルファミリーと言うのでしょうか?
  いいんですよね?ロイヤルで??


IMG_0062.jpg  IMG_0061.jpg  原種のバラ。香りが強い。


IMG_0103.jpg  日本のバラです。
  フランス・イギリスのバラが多い中、
  意外とあるんでビックリしました。




 
 桜霞

IMG_0067.jpg 新雪     IMG_0084.jpg 天の川
0089.jpg 天津乙女  IMG_0097.jpg 聖火
IMG_0101.jpg 銀嶺     IMG_0110.jpg 金閣


IMG_0117.jpg  30年以上もK市に住んでいて、
  遊園地には何度も来たのにこのバラ苑は初めてでした。
  K市は工業都市のイメージが強く、(実際そうですが(苦笑)。)
  自然が無い!くさい!と近隣市町村の人に疎まれていますが、
  実はちょっと奥に入ると未だに狸が出るような田舎(?)で、
  大きな公園も有るし住みやすい町ですよ~。
  皆遊びに来てね♪
  (え?何?市のPR?あんた何者??)。
 ←エーアー・フランス:スペイン行きの航空会社と同じ名前です
ここしばらく荷造りで忙しくてほかの事に気が廻らず、ちょっと失敗してしまいました。

それは金曜日の深夜の出来事です。急にある事を思い出しました。

電話の日じゃ無かった?!しかも昨日な気がする!!

しかも私が電話する番じゃ無かったっけ?!!


くまさんと私は電話を切るときに次に何時誰が電話をするかを決めるのですが、
今回は木曜日に私が電話をすることになっていました。
でも、なんとなく忙しくて忘れてしまってしたんです。

思い出した数秒後、ピロリロ~ンとメールの着信。

何してますか?木曜日から電話待ってます。
心配してます。メールください。  くま


あちゃ~。でも、このメール・・・木曜日にくれよ・・・。
怒ってるかな~?と恐る恐る電話をすると・・・

くま:「あ!やまも?元気~?」

やまも:「・・・ごめんね・・・」

くま:「ん??ごめん?へ?何?・・・あ!電話!!」

忘れてんじゃん!

くま:「もう僕の事嫌いになったのかと思っちゃったよ~。」

忘れてたじゃん(笑)。

遠距離恋愛ってつながっているのは電話とか手紙とかメールとかの細い糸だけです。
来るはずの電話が来ない、メールが来ないって言うのは大事件。
でも、いちいち疑ったり腹を立てたりしていたら身がもちませんよね。
なるべく「どうかしたかな?」って心配だけして他は忘れることにしています。
連絡が取れたら「なんでも無かったのか。良かったな。」で終わらせる。
じゃないと、どんどん毒が溜まっていきます。
時々実行するのが難しいことも有りますが、いらない事は忘れるって大切だと思います。
(決して、自分を正当化してる訳ではありません!)
荷物出しました!

当日でも取りに来てくれると言うことなので、最寄の郵便局に電話で依頼。
昨晩最終チャックをしたダンボールの封をして父が紐をかけてくれました。

後は集荷を待つばかり♪

トコロがここで大きな落とし穴が・・・。

EMS:国際スピード郵便には 大きさ制限があります。

一応もう一度確認してみるか。

サイズの上限は以下の5種類。国によって変わります。
箱の長さ=A 高さ=B 幅=C 2B+2C=横周 と考えて、
①→A=1.5m   A+2B+2C=3m
②→A=1.05m  A+2B+2C=2m
③→A=1.05m  A+2B+2C=3m
④→A=1.5m   A+2B+2C=2.75m
⑤→A=1.8m   A+2B+2C=3m

私の布団は、A=0.53m B=0.53m C=0.38m
A+2B+2C=2.35m

父:「スペインは②って書いてあるけど?」

ヨーロッパは大丈夫ですよ~。と言う局員の人の言葉を信じて箱詰めしましたが、
ホントダ~!!!よ~~~く料金表を見てみると、スペインは②の区分。

え?じゃあ、A+2B+2C=2m以内??この箱それよりでかいんじゃない??

はい。駄目でした。

小さくしようにも、もうこれ以上は無理。折角梱包したのに・・・。
軽いので飛行機で預かり荷物として持って行くことにしました。

私が何かする時にはこんな事はしょっちゅうなので、またか・・・。って感じで
今更誰も突っ込んでくれません。事前に確認しようよ~、私。
常に行き当りバッタリ。人生も同じ。楽しいのでまあ、いいか。

ちなみにヨーロッパで②区分なのはスペインとマケドニア(旧ユーゴスラビア)だけ。
重量だって、ほとんどのヨーロッパ諸国は30kgまで。
20kg規制がかかっている国はスペイン・アイスランド・ロシア・ポーランド
ウズベキスタン・カザフスタン・トルクメニスタン・リヒテンシュタイン・・・・

naporeon.jpg
  かつてナポレオンは言いました。

  「ピレネーを越えるとアフリカだ。」

  でも、アフリカの国もほとんど①区分ですよ?
  ポルトガルだって①ですよ~?

  不思議の国スペイン。

そんなハプニングもありましたが、3時ごろ無事に出荷いたしました。
橋田壽賀子作のご長寿ドラマのラーメン屋の主人に声と髪型がそっくりの
おじさんが集荷に来てくれました。
重いよ?沢山有るよ??おじさん一人で大丈夫???
大変だけど、沢山出して儲かったし、2階ですがエレベータもスロープも有。
結果的にはいい顧客?(自我自賛) おじさんGOOD JOB?

で、気になるお値段ですが・・・
ダンボール箱4小口とミシン×1小口で 〆て 42,150円也

「荷物を送る」と考えると4万円は高いですが、
「引越しする」なら4万円で済むのなら安いのでは???

私が日本からスペインに持っていくこだわり(?)の品目録です。

これから移住を考えているそこの アナタ!必見よ

・箸&箸置き:自分の分二膳にお客様用パック五膳入り。箸置き五膳分。
前にくまさんが買ってくれたやつは中華風の先の太い物で使いづらかったんです。
日本でもなかなか気に入ったのは売っていないので、持って行く事にしました。
私は長くて少し重めで先の細い箸が好き。
箸置きは普段使ったりしませんが、有った方がいいもんかな?と思いまして。

・菜箸:大・中・小1セット
100円ショップで売っていたので衝動買いしました。
スペインも有りましたよ。でも、安いから・・・

・おわん:大×2 小×5
うどんを食べようと思ったらスープ皿しかなくて困った為。
スペインでは食べるとき「器は持ち上げない」ので、
底が深い物があっても熱くて持てないんです。
向こうの皿は熱伝導率がいい気がしますが、気のせいですかね?
だから皿も重いのか???

・急須:×1つ
ティ-ポットタイプのやつです。
じゃあ、向こうでティーポット買え!と言う意見も有りますが、
日本茶は日本風な物で入れないとなんか雰囲気が出ないので。
気は心?
急須は「ひとつ」「ふたつ」と数えるんでしょうか?

・醤油さし:×1個
くまさん醤油が好きなので。(醤油って好きとか嫌いとか言うものか?)

・包丁×1本
外国の包丁は切れた例がないので。
料理上手でもないんで、特にこだわりがある訳ではありません。

・一畳茣蓙:
私の為と言うより、くまさんの為。
暑がりで夏寝苦しいそうなので、ベッドに敷いたら涼しいかな?と。
愛のある暮しですね~。
(うそ。寝苦しそうにされると自分も寝苦しいから。)

・羽根布団:×1枚
新婚さんですから~

・甚平:×1枚
夏場の寝巻きとして愛用していた品を持って行こうとしたら
母に「捨てなさい(怒)」と言われたので新調しました。
作ろうか?と思いましたが、1,050円で売っていたので買っちゃいました。

・食器用スポンジ:×2個
くまさん宅に有ったのが私の嫌いなタイプのスポンジだったので
一応持って行く事にしました。普通のスポンジです。

・温泉タオル×数枚
新聞屋さんとか温泉宿でもらえるうす~~いタオルです。
髪をふくのにちょうどいいし、雑巾・布巾にもなるし。
かさばらないし。使える奴らです。

・体洗いタオル:×3枚
パイル地のやつです。
泡が立たないと洗った気がしないので・・・。
私は食器でも車でもないので、スポンジやブラシで洗うのはいや。

・便座カバー:×2枚
冬寒いので。
でも、スペインでやっている家を見たことがない!
日本独自の文化なんでしょうか???

・ランドリー袋:×2袋
名前が分からない・・・。帆布で出来た洗濯物を入れる袋です。
大きい丸型の物と小さめの角型の物。
角型は手芸布を入れようと思っています。

・茶色い便所ゾウリ:×2足
単に個人の趣味です。ゴムのぞうり。正式名称不明。
大学の生協とかで売っていて、研究室とかで皆が履いているやつです。
温泉旅館旅館のトイレでもよく見かけます。
最近あんまり売っていませんが、使いやすさは天下一品♪

・文房具:×いろいろ
色紙とか、日本っぽい便箋・一筆箋・ぽち袋・シールなどを少々。
持って行くと人にあげたり出来ていいよ~。
と言う姉のアドバイスに従って準備しました。
文房具箱(小学生みたい)に入れて空きスペースにはペンとかはさみとか。

・裁縫道具:×一式
糸と針と鋏くらいのものですが。
針はスウェーデン刺繍用の針とか和裁の針とか有るので。
後は買い集めた刺繍糸。案外高いので・・・。
タティングのスロットも。

・ノートパソコン:×1台
ヤッパリ日本語キーボードじゃないと困るので。
メビウス君買いました。白くてかわいいので気に入ってます。
って、ただ単に売り場で二番目に安かっただけですが・・・。
(一番安かった物は現品限りで1台しかなくて、父が買いました。)

・パソコンの海外用コード:×1本
変圧器があっても必要だそうです。ACアダプタ~コンセントに繋ぐ部分。
ちなみに、東芝のパソコンは対応しているので必要ないそうですよ。

・ミシン:×1台
ロックカッター付きのが欲しかったので、思い切って購入。

・変圧器:×1台
必需品?パソコンあるし。ミシンもあるし。
重さが5kgも有って、秋葉原で買いましたが、持って帰るのが大変でした。
って、父に持ってもらいましたが・・・。

・招き猫:×1
こちらをご参照ください→Τ04_秩父でお花見です。その4

・バイト先でもらった品々:
こちらをご参照ください→Α07_お別れ会です。

リストを作っていないので漏れがあるかもしれませんが、こんな感じです。
(2・3、今回は送らないものが入っていますが・・・。)

後は衣類と本。あとカバンと靴です。
本が重くなってしまいました。
でも、本は置いていけない!これでも涙を呑んで相当減らしました。
読書家では無いのですが、買って揃えて置いてあるのを眺めるのが好きなんです。
その代わり(?)茶箪笥と電気釜は今回は我慢。
鍋でコメを炊く練習をします・・・(涙)。

こ~んな事言ってた癖に(こちらをご参照ください。→クリック!
こんだけか?と言う感じでしょ?
だ~か~ら、ムッとするんですよ~。
「郷に従う」気満々でしょ?それなのに「我が儘だ」風の事言われるんだから・・・。
ドンだけ悪い事してんのか?って思いますよ。

そんなこんなで結局、一度詰めた物をもう一度荷作りし直して、
B4サイズの段ボール箱が4箱とミシン・布団で計6小口になりました。

なんか増えた・・・。

渡西時にもう一箱くらい持って行けるのでしょうけれど、
余裕があればラーメンとか持って行きたいのでなるべく送ることにしました。
クスリとか化粧品とか入れたら20kgなんてすぐ超えてしまいそうですし。
ミシンはEMSで送ろうと思ったのですが、重いので2万円近くかかります。
両親に「1万7千円で買ったのにおかしいと思わないか?」
と言われ船便に変更することにしました。
布団をEMSで送って、概算で5万円強。

あれ?意外とかかるな?

なんだか見積もりが甘かったようですが、箱を増やして容量が増えたし、

布団はEMSで送りたかったので、まあ、いいか。

「最初の勘定の仕方がおかしかったんだろ?」
と言う父の声は聞こえなかったことにいたします。ワタシオミミハカイノミミ~

ホントは幾らかは次回をお楽しみに!
荷造りがほぼ完了しました♪
全部出して見ないことには全体量が見えてこないので、なんとなく荷物を出て
作業を始めたのですが、箱に詰めたら思いのほか場所を取ってしまいました。
何時までも置いておく場所は無いし、フタを閉めないでいると増える一方なので、
ここらへんで終了してとりあえず送ってしまうことにしました。

で、問題は送る方法です。

大手引越し業者に電話して聞いてみると・・・ドアtoドアで1m3=24万円

ひえ~~~!!!マジ???munk1.jpg

持って行きたいけど、無理そうなので諦めた小さい茶箪笥も
引越し業者に頼めば、持っていけるかな?と期待したんですけど。

・・・コリャダメダ・・・。

大手は諦めて、海外専門の規模の小さそうな業者2社に再度問い合わせました。

A社は1m3=6万円。荷造り・梱包材は自分で手配。との返答。
ま、こんなもんか?でも、1m3ってどんくらい???
作った荷物を計ってみると・・・う~ん、そんなにないかも?
でも、そしたら箪笥も持って行きたいけど・・・自分で梱包出来るのか??

すっかりA社に内定した頃、もう一社から返答のメールが・・・。

>ダンボール10箱以下の場合は、
>郵便局のEMS(国際宅急便)が最も安価となります。

>福岡倉庫海外引越センター


は?そうなの??

急いで郵便局に料金表を貰いに行ってみました。

で、もう一度料金表とにらめっこしてよく考えてみる事に。

箱の内容:
(底がB4×2のみかん箱タイプ)→服×1 服+食器(少々)×1 服+小物+本×1
(底がA4×2のみかん箱タイプ)→靴+かばんの箱×1  本×1

郵便局の船便料金は重さが基準。
私の荷物は上述のように中身はほとんど服で結構軽いんです。一箱、7~8kg。
多めに見積もって10kg=6,750円としても、本は除いて×4で27,000円?

唯一重い本が一杯に入った箱も、計ってみると24kg。意外と大した事無い?
スペインに送ることの出来る最大重量が20kg=10,250円。
重量オーバーなのので箱の構成を変えなければいけませんが、こっちの方がいいんじゃない?

この他に例の「羽毛布団」と「ミシン」が有るのですが、船便で送るのは心配なので
自分たちが渡西する時に一緒に飛行機で持って行こうと思っていたのです。
でも、ういたお金でEMSで送っちゃおう!と言う事にしました。その方がラクだし。
ミシンは通販で買ったので、きちんと梱包されているのでOK。
布団は大きな箱がなくて悩みましたが、箱を二つ組み合わせて何とか梱包出来ました。

そうすると飛行機で持って行く分の重量が減るので船便で送るつもりだった物を
2箱こちらに回す事にして・・・。

じゃあ、実際送るの3箱?

そんなちょっと??いいの???


ずっと実家にいるので大きな家具も電化製品も持っていないし、
食器なんかも基本的には無いので、意外と軽装なんでした(笑)。
じゃあ、この間の記事はナンだったのさ!!??って感じですよね(苦笑)。
私のこだわり(?)の DE JAPO’N の品々は明日ご紹介します。

そんな訳で、結局郵便局発送する事に決定。
週末車でまとめて持って行って送るつもりです。

色々と迷いましたが、福岡倉庫海外引越センターさんのお言葉には目から鱗が落ちました。

福岡倉庫海外引越センターさん。ありがと~う!!

でも、この人たちお客取り逃がしてんだよね・・・?単価の安い客だからいいのか??
私の派遣先の会社はIT関連のメーカーです。
ちょっと前に会社の命令で、営業の皆さんがセキュリティー関係の試験を受けました。
この試験、合格率が40パーセント強という結構難しいものだったんですが、
試験日の2週間前に参考書を渡されて「受けて来い!」と言われて営業さんたちは
全然勉強しない人、一応やって諦めた人、余裕で試験に臨んだ人・・・色々だったようです。

で、先日その試験の結果が出ました。

試験を受けた営業のSさんは外出から戻ってくるなり、「結果がインターネットで
見られるらしんですよ~。」「一緒に見ましょうよ~」って感じで話しかけてきました。

いや、私は受けてないし、関係ないけど?ま、いいか。一緒に見てあげましょ。

Sさんは自信たっぷりな様子でイソイソとWebにアクセス。
受験番号を入力して・・・  合格です! goukakusakura.jpg

ヨカッタですね~。

で、調子乗った(?)私たちはこの後 罪を犯してしまったんです・・・。

やまも:「他の人たちはどうだったんですかねぇ?」
Sさん:「受験番号が分かれば結果は分かりますよ。」
やまも:「会社で申し込んだって事は会社の人の番号は固まっているのでは?」
Sさん:「!確かに!!僕の前はJさんでした。後ろはOさん・・・」

二 人:「見ちゃいましょうか baikinman.jpeg 」

Sさんの番号の前後の番号を入力・・・結果は・・・・Jさん:合格  Oさん:不合格
見なければよかった・・・。 neko14.jpg

違う日に営業の人たちが集まって試験の話になりました。
おかしなもので、自信ありの人→受験番号を控えてある
自信無しの人→受験番号を控えていない と言う傾向が・・・。
受かる自信の無いテストの結果は、見たくない・忘れたいって事なのかも知れませんね。
どうせ、会社から合否の通知が来るのに・・・。悪あがき?

ところで、自分では結果を見る気が無いOさんの結果を知っている私たち。
・・・とっても居心地悪かったです。neko14.jpg

悪い事をするとバチが当たるって事ですね。
もう十分懲りたので、みなさんこんな私を責めないでぇ~。

そろそろ荷造りを始めました。
スペインへ荷物を送るためには、やっぱり結構お金が掛かりますね。
服とか、靴とか、カバンとか身の周りの物と、
スペインにはきっと無いだろうな、と思う物、
スペインにも有るだろうけど、やっぱり日本の物の方が使いやすい物、
アレもコレもと思いついて、段々収集がつかなくなってきちゃいました(笑)。

仕方が無い事とは分かっているんですけど、イライラしちゃうことが多いです。
荷造りも面倒だし、お金も掛かって頭がいたし。
でも、イライラの原因は他にも有るんですよ・・・。

例えば・・・スペインで住む家は全室床が板張りです。
二人で住むには広いのですが、台所、サロン(?)、広めの部屋2つ、
小さい部屋1つにバストイレという構成です。
ほとんどの部屋を使わないせいも有るのでしょうが、埃が凄いんです。
でも、家に置いてあるホウキがどうも使い勝手が悪い。
古くて痛んでいるとかではなくて、素材と構造上の問題な気がします。
それで、何の気なしに、「ホウキも持って行きたいよ」と言うと
「郷に入っては郷にしたがえ」「ホウキがなければ雑巾掛けしたらいいだろう」
とか言われました。
・・・。neko14.jpg

旦那の世話だって、家事だって、仕事だってしなくちゃいけない。
(そもそもその仕事が無いかも知れないけど・・・。)

出来るのか?雑巾がけなんて??
あんたならやれるのか???
neko9.jpg

家事なんてやったこと無い私が日本の「箒神」様に助けを求めてなぜ悪い!!
って言うか、言っただけジャン・・・。neko5.jpg
持ってけない事ぐらい分かってるよ(涙)。

ホウキの事は一例ですが、時々こんな風に言われるんですよね~。
悪気は無いのは分かっているし、本当のことだとも思うけど、
ヤッパリ・・・
ムッとしまいます。 シュギョウガタリマセンネ・・・ takuhatu.jpg

スペインではスペインナリの生活をしなくてはしけない事なんて百も承知です。
私だって、昔グァテマラに留学した時はスーツケース一つの荷物で半年暮しました。
部屋の床は雑巾がけしましたし、洗濯は当然洗濯板。ジーンズしか持っていなくて、
御呼ばれに着ていく物が無くて安い布を買ってスカートを作った事だってあります。

でも、今回私は「お金がない不自由も醍醐味!の学生貧乏旅行」をする訳でも
「生活費削ってナンボ、それも体験だね!の遊学生活」をする訳でもありません。

初の独立生活なんだから、新婚なんだからアレもコレも欲しいのは当然なのでは?
歯ブラシが合わないとか、ちょうどいい大きさのタオルが無いとか、
些細な事ほど積もり積もって結局大きなストレスになる物です。
何か悪い事をしている訳でもないのに、ちょっとくらいのこと・・・だからって、
「我慢」ばっかりしなくてはいけないなんて事ないですよね?

tennsi.jpg   現地で買えばいい。

   正論です。

でも、今日、このお店で見たこのゴミ箱!絶対新居に置きた~い!
って事あるじゃないですか。
(いや、流石にホントにゴミ箱輸送したりしませんけどね(苦笑)。)

しかも、当面私は無職の身。
働く事も出来ない状態で、そんなに気軽に物が買える訳ないです。
それにくまさんは自分はほとんど買い物をしません。
物に全く執着が無くて、本当に物を持たない人。
ほとんど工事中の家に、ベッドとTV、冷蔵庫しかない
(洗濯機すらない!)状態で一年以上暮せる人なんです。
ちょっとした小物を置きたいのも、TVに素敵な布を掛けてみたいのも、
オシャレなお皿が欲しいのも、可愛いカップでお茶が飲みたいのも私だけ。
実際お金が有るとか、無いとかじゃなくて・・・。
今は私も働いていて、毎月お給料がもらえるのであまり神経質にならずにすみますが、
スペインで何時から働けるのかも分からないにその時お金が有ったからって
使う気にならないと思うんですよね・・・。

生活するのに本当に必要な物なんてホンの少しです。
寝るところと、なべが一つに皿とコップが二つもあれば生活できます。
それで生活すればいいじゃない。
私もそう思います。
でも・・・。やっぱり少しだけ夢も見たいんですよね。

だからって、やっぱり日本からナンでもカンでも持ってはいけません。
私だって分かってます。
でも、人に言われると・・・。
「お前は国際結婚なんて自分勝手なことするんだから、生活が不便なのは当然。
我慢するのが当たり前。我侭言うな」って聞こえちゃうんですよね。
そんな事で我慢しなくてももっと色々不便な事あるし、つらい目にもあうんだから、
心配しなくても大丈夫だよ~。って感じですよね。

あれ?コレって、被害妄想?neko12.jpg
私がかけたパーマに電話で「パーマかけるなんて・・・」不満そうだったくまさん。

はあ。気に入らなかったのね~。予想はしてたよ。
いいじゃん。別に。気にしないもんね~。
どうせ7月に再開するまでには伸びちゃうよ。(またかけるけど。)


パーマの話をしてから2日位して、こんなメールが来ました。
「パーマをかけてもかわいいよ。でも、ちょっと見慣れなかったんだよ・・・。」

何だって急にこんなおべんちゃら言い出したんだ???

ん? この人、もしかして 反省してる??

私は別に不満を言われて反論した訳でも無かったのですが・・・。


くまさんはちょっとそういう所が有って、頑固で人の言うことなんて聞かないくせに

「ん~・・・。そうだね~。そうかもしれないね~。」

と言う感じで聞き流して好きにさせておくと後で一人で勝手に反省して

最終的には謝ってきます(笑)。
なんだか面白い・・・。プププ。kenken2.jpg



・・・・と言う感じで、くまさんを語ってみました。


「待てば海路の日和あり」をご存知ない方はいないと思いますが、ご参考の為に・・・・・

images.jpg  「辛抱強く待っていれば、必ず航海に良い天候になる。
  人生も同じ。今は辛くても、我慢して今を乗り切れば
  きっといい流れがやってくる!」
  「待てば甘露の日和あり」の転じた語とも言われる。
  「甘露」は中国の伝説で天が降らせると言う甘い露のこと。

kairo2.jpgスペイン語では、

Con paciencia se gana el cielo.

と言うそうですが、「甘露の日和あり」により近い感じですね。

でも、中国起源のことわざなんですね~。やっぱり?
私は子供の頃「カイロ(地名)の日和」と勘違いしていたので、
未だにそのイメージが抜けませんが・・・(苦笑)。


なんとかバトン?がまわって来ました。
このバトンの名前の希釈を皆さんしているので私も一つ。
ナントカカントカ、バトン?のような物としてやってますよって事???
どうでしょ??

回す3人を最初に書いておく
前回バトンがまわって来た時にも宣言しようと思ったのですが、

わたくし、バトンはつなぎません。  うわ~・・・嫌なやつ・・・。

でも、まわってくるバトンはお受けいたします。
自分が答えるだけでつながない。箱根駅伝で言えば「大ブレーキ」ってやつです。

しかし!「伝統のたすきをつなげない涙の繰上げスタート」って感じで
「私が白いたすきバトンをつなぐわ!」と言う方大歓迎です。
↓↓↓コメントください。

と言うわけで、最後の
回す3人の他己紹介を簡単にお願いします もなしで。

お名前は?
やまも です。高校生の時に呼ばれていたあだ名。
「一字しか略していない」とに突っ込まれつつも気に入っているので、普及キャンペーン実施中。

おいくつですか?
乙女に歳を聞くなんて・・・、タタミの上では死ねないよ。あんた。
せいぜい夜道には気をつけるのね。電車乗るときはホームの端は歩かない方がいいわよ。

ご職業は?
派遣会社員。業種は、イラストレーターオペレータ?そんなの有る?

ご趣味は?
乗馬と社交ダンス。と答えることにしています。
お嬢様っぽいでしょ?でも、実態はどっちも違うんですよ~。フフフ~。

只今、どちらも活動休止中。踊りたい・・・。

好きな異性のタイプは?
特にタイプとかないです。

「う・・・、この人は!!!」と衝撃(?)が走るかどうか。
背が高いとか、カッコいいとかは無関係。
蛇ににらまれたカエルのように「この人には逆らえない」ってなります。
芸能人で言うなら、山本太郎。(←この例えじゃ何も分からん・・・。)

特技は?
綱渡り。空中ブランコ。一輪車。猛獣使い。

なんて、出来たらいいですよね~。木下大サーカスに入れますね。

資格何か持ってますか?
普通自動車運転免許。水色です。

悩みが何かありますか?
日本からスペインに電気釜を持っていくかどうか?

お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?
★好きな食べ物 乾き物のおつまみ。

★嫌いな食べ物 なす。

バトンを回してくれた人の印象
おとなし~い感じの人。だと思っていましたが、最近新たな一面が暴露されつつありますね。
ま、出会った場所が出会った場所なので、そんな普通の人な訳はないと
ちょっと考えれば分かったはずなんですが、長いことだまされて(?)ましたよ~。

貴方が愛するトーレンスへ一言!
元気で。とにかく長生きするように!
またニンジン持って行くから、きちんと皆の言う事を聞いていい子にしているように!
Asikagaschool_6-1.jpg  先日フラワーパークに行ったときに
  足利学校にも行ってきました。
  足利学校とは日本最古の大学と言わています。
  孔子の教えに基づく「儒学」を中心に
  生徒たちは自主学習で学んだそうです。
  「自分自身が納得したら卒業」だったので、
  1日で卒業する人もいたとか。

  どんな学校だったんですかね?

杏壇:孔子が学問を教えた壇。周囲に杏(あんず)が植えてあった。
    転じて、学問をする所。学問所。講堂。

Asikagaschool_10.jpg  これは 「宥座の器」(ゆうざのうつわ)

  講師の説いた"中庸"の思想を
  学ぶためのものです。
  
  釣り下がっている器に水を入れていきます。
  何も入っていないときは傾いています。
  入れていくうちに段々まっすぐになってきます。
  八分目まで来ると水平に。
  八分目を超えるとまた傾いて水がこぼれてしまいます。

  何事も腹八分目。
  ほどほどが大切と言うことです。

そんな日本でも超有名人の孔先生ですが、その生涯は謎に包まれていています。
何せ先生が生きていたのは、紀元前552~479年。
そんな人の生涯が詳細に分かったら怖いですよねぇ。

実は孔先生の事を身近に感じている私。
何でかと言うと、こんな↓↓↓本を読んでいたからです。

roukouniari_1.jpg  強い呪術の能力を持ちながら、出世の野心なく、
  貧しい人々の住む陋巷に住み続けた顔回。
  孔子の最愛の弟子である彼は師に迫る様々な魑魅魍魎や
  政敵と戦うサイコ・ソルジャーだった…
  呪術の暗闘、政敵との闘争、  影で孔子を護る巫儒の一族。
  論語に語られた逸話や人物を操りつつ、
  大胆な発想で謎に包まれた孔子の生涯を描く壮大な歴史長編
  (amazonレビューより)

後ろの男の顔最高・・・。サイキックって・・・クスリ。

roukouniari_5.jpg  全13巻。少し前に文庫版が完結しました。
  私は文庫版が出始めた頃読み始め、新刊が出まで待てずに
  結局買うのをやめて図書館で単行本を借りて読みました。
  読者としては最低?

  こんな表紙が13巻分。 楽しめます(笑)。

  ←段々デビルマン(アニメでなくて漫画の方)の
  最後の方みたいに・・・(汗)。


孔子本人はそんなに出番が無いのですが、彼の生涯とか、思想が物語を動かしていて、
生い立ちの秘密が物語の鍵になっています。

ますが、基本的にはサイキック孔子伝。口では言い表せないテイストをもっています。
どんなテイストかと聞かれると・・・

まあ、この表紙見てくださいよ。って感じです。

オススメかと言うと微妙ですが・・・。私はツボでした・・・。

Asikagaschool_2-1.jpg ←足利学校孔子像  roukouniari_2.jpg ←どうらやこれが孔子らしい

どちらがいい男だろうか・・・??
GW中にパーマをかけました。
美容院に行くのは何年ぶりでしょう(涙)。(←オオゲサ?)
私はいつも、貧乏になると一番最初に散髪代を削る事になるのですが、
しばらく貧乏から脱却できず、もう長い事美容院に行っていなかったんです。
本来は短い方が好きなのですが、短くするとこまめに切りに行かねばならず、
「今月も無理・・・」「今月もダメ・・・」と言っているうちにハヤイクトシツキ・・・?
自分で切ったりもしたのですが、ずるずる伸びて結構な長さになってしまいました。

短くしようかな。とも思ったのですが、またここまで伸ばすのは大変だし、
くまさんが切ったら嫌がるだろうし、ということで、
しばらくはこのままロングヘアー人生を楽しむことにしました。
で、いまどきのお嬢さんたちがやっている
her_yomaki.gif←こんな髪やら her_chusini.gif←こんな頭やら

しようと思ってUピンなる物を買ってみたのですが、
・・・うまく出来ない・・・。neko5.jpg

髪の毛が直毛過ぎてピンに絡まないし、ピンが髪の元に戻ろうとする力に負けてしまいます。

私が 不器用なのか・・・?neko14.jpg

と寂しい気持ちでいたのですが、母が「パーマをかけたらいいじゃない?」
というので、物は試しと思ってかけてみました。

結果は・・・ 大正解でした。 

銀座の高級クラブのママかと見紛うばかりの「夜会巻き」が出切る様になりました(笑)。
ただし、「夜会巻き」だけしか出来ませんが・・・。
もう少し他のアレンジヘアーっちゅうやつも出切る様になりたいもんですが、
それにはもう少し修行が必要なようです。イマ風への道は険しいです・・・(涙)。

それでも、会社の人が「え~!一本のピンで留まっているの~?」とか言ってくれます。

うふふ~。驚いているわね~。

そうなんですよ~。凄いでしょ~。

これ、ピン一本で留まっているんですよ~。



一方、くまさんは私が送った「パーマかけました」の写真を見て
「前の直毛の方が日本人らしくて可愛かったのに・・・」と不満そうでしたが・・・。
切ったらもっと不満なくせに・・・。この保守派め・・・

でも、そんな事はどうでもいいんです。
この人の言う事いちいち聞いていたら一生同じ髪型で過ごさなくてはなりません。
日本人にだって天然パーマの人は沢山いるし、
(ちなみに家では4人中2人が天然パーマ。私が直毛なのはたまたまです。)
人工パーマをかける権利だって認められいるのよ~だ!!

髪が簡単にまとまって朝ラクチンだし、仕事中も鬱陶しくないし、
買ったピンが無駄にならなくて済んだし(←ここ重要。結構高かった  )。

あ~。パーマかけてよかった。neko19.jpg
fuji_14-3.jpg

あしかがフラワーパーク、「ふじのはな物語」です。
別に何かお芝居が行われるとか言うわけではないのですが・・・。

色ごとに、うす紅藤、むらさき藤、長藤、八重の藤、白藤と順に咲いていって、
大藤棚四面と庭木仕立ての藤、白藤・きばな藤のトンネル、そしてスクリーン仕立て、
池に映る水鏡効果の夜の藤などなど1ヶ月以上にわたって楽しめるそうです。

fuji_19.jpg fuji_18.jpg fuji_10.jpg

園内はいたるところ藤の花だらけ。
大きいもの、小さいもの。紫のもの、白いもの・・・。いい香りが充満しています。
一番最初に咲くうす紅藤はもう終わってしまっていましたが、紫の藤は満開でした。

fuji_17.jpg fuji_7.jpg fuji_13.jpg

fuji_16.jpg fuji_1.jpg fuji_3.jpg 

fuji_11.jpg fuji_15.jpg←見づらいですがうす紅藤です。

fuji_4.jpg  これは八重黒龍藤。
  野田藤系の黒龍藤の突然変異なんですって。
 
  香りが強くポプリの材料に使われるそうです。
  本当にいい香り。
 
  八重の藤なんてはじめて見ました。

fuji_5.jpg  花がぶどうの房のように見えます。
  美味しそう・・・。

fuji_6.jpg  藤のスクリーン。
  手前が池になっていて水面に映る藤の花が綺麗。
  なはずなんですが、天気が悪かったため
  水面への映りはイマイチ。
  藤棚とはまた違った感じで面白い感じ。

fuji_8.jpg  こんな立派な藤棚が3つありました。
  そのうち一本は曇りのためかライトアップ用の
  電燈が点いていて光のあたった所が
  ちょっと幻想的な感じで素敵でした。
  他の二本は隣同士。
  一房一房が1mはありそうな藤が二本もそろうと
  かなりの迫力でした。

fuji_12.jpg fuji_9.jpg  藤の花のシャワーみたい。


fuji_2.jpg  三番手に咲く白藤。
  80mの花のトンネルなのですが、まだ早いのか遅いのか???
  チラシで見たような迫力は有りませんでした。残念。
  上の方はもう枯れてしまっていますが、下の方はまだ蕾でした。
  父曰く「上から順に咲くんだからいいんだ」そうです。
  「一度には咲かないの」ってホントですかね???

「ふじの花物語」の最後を飾るのは、日本では栽培が難しいというきばな藤。

fuji_20.jpg  きばな藤は日本での別名です。
  正式名称はボッシー(キングサリ属)。
  ヨーロッパではガーデニングにも使われる
  結構有名な花のようです。
  5月から咲き始めて下旬までが見ごろなので、
  まだほとんど咲いていませんでした。
  咲いていないどころかツルの伸びもイマイチ。
  もう5月なのに、間に合うのか??!!

  頑張れ!!きばな藤!!!


家の近所にも藤棚がありますし、それはそれで綺麗なんですが、
やっぱりお金を出して見る物は一味違いますね。
立派な房が七五三のときに髪に付けてもらった髪飾りみたいでした。
flowerpark_1.jpg  あしかがフラワーパークにふじの花を見に行ってきました。
  私鉄JR各社から臨時特別列車が出るほどの必見スポット(?)。
  チラシによると「ふじの花物語」と言うらしい。
  樹齢130年の藤やら、栽培が難しいと言われているきばな藤
  色で言うなら、うす紅、むらさき、白。長藤、八重の藤、白藤。
  とにかく凄いふじが見られるらしい。
  楽しみ。楽しみ。期待は高まります。
  
  私たちは”足利藤まつり2号”(帰りは4号)に乗って、
  上野駅から出発です。

藤まつり号はGW期間中、往路・復路各2本の臨時列車です。
全席指定なのですが、切符を取りに行ってくれた母の話では「7日以外は満席で取れなかった」とのこと。
当日も、アナウンスによると「本日満席」。日に往復2本とはいえ結構な人気です。

flowerpark_3.jpg東京ドーム七つ分と言う広い敷地。
駐車場も広いのですが、その広い駐車場に観光バスが
いっぱい止まっていました。勿論普通車も満杯状態。
  
このフラワーパークなんと、入園料 時価 です。
  
時期によって800円~1,300円の入園料。
HPによると当日の7:00に決定されるそうです。
(花があまり咲いていない時は安いらしい。良心的??)
GWだし、メインの藤が見ごろと言う事で、当日は
最高額の1,300円でした。

天気予報は「雨」。
当日は今にも振り出しそうな曇り空。
でも、フラワーパークにいる間は雨に降られる事なく見てまわる事が出来ました。ヨカッタヨカッタ

flowerpark_6.jpg  flowerpark_2.jpg

flowerpark_4.jpg  flowerpark_5.jpg

園内はとても広いのですが、凄い人出で歩くのが大変。
花が植わっている所は歩けませんから、広いよう様でも通路は案外狭いんです。
休憩所、トイレは沢山配置されているので、混雑はしていますが意外と不便はありませんでした。
  
flower_1.jpg  フラワーパークのメインはやっぱり藤の花。
  園内のいたる所に大きい木、小さい木
  白色、薄紅色、紫色・・・と沢山植えられていました。

  でも、藤だけではなくて園内は花でいっぱい。
  やっぱり春ですね~。
  色とりどりの色んな花を楽しむ事が出来ました。

flower_15.jpg  カンガルーポー。
  ハエモドルム科ですって。どんな??
  細い毛に覆われた筒状の花が、カンガルーの前足に
  似ているので、この名前になったそうです。
  色合いがちょっと微妙な感じ・・・。

flower_14.jpgこのお花、なんとなく着物の柄に有りそう。
ちょっと和風な感じがしますが、
不思議の国のアリスに出てくるトランプ(ハート)とか
サーカスのピエロのズボンも連想しちゃいました。
やっぱり洋風???

flower_13.jpg flower_2.jpg flower_11.jpg

flower_17.jpg flower_8.jpg flower_3.jpg

flower_10.jpg flower_9.jpg flower_7.jpg flower_4.jpg

flowerpark_7.jpg  花壇も色とりどりで綺麗。

  flower_16.jpg


flower_5.jpg  つつじが沢山咲いていました。

  flower_12.jpg

flower_6.jpg  少し盛りは過ぎている感じでしたが、まだまだ綺麗。
  色とりどりのつつじが小山の様になって
  咲き誇る姿は圧巻でした。
  つつじもいろんな色があるんですね。
  街路樹によく使われているので身近な花だ
  と思っていましたが、こんな色もあるのね~、
  なんて、意外と知らないものですね。

このフラワーパーク藤だけかと思ったら「8つの花の季節」と銘打って時期ごとに
バラやスイレン、紫陽花など見ることが出来るそうですよ。

で、肝心の藤の花については写真が多くなりすぎますので、また明日(笑)。
突然ですが・・・
新婚さんと言えば、羽毛布団です。

スペインにもあるのかもしれませんが、以前の職場でスペインから来た人たちが
「日本の物がいい」と言って買って帰っていたので、日本から持って行こうと思っていました。

で、両親と「とりあえず見に行こう」と行ってみました。
結論 : 羽毛布団は高い。neko3.jpg

umouhutonn.jpg  びくっりしました。
  地元のふつ~の布団屋さんに行ってみたのですが、
  ダブルサイズ用の物で売り場で一番高いものは

  69万円!!!
  
  ひ~~え~~。マジですか???!!

安いものでも6万はします。3万くらいで買えると思っていたのに・・・。

私、世間知らずでした・・・(涙)。


結局、「お祝い」(?)と言うことで両親が”もう少しお手頃な値段(??)”
(それでも十分高い)のものを買ってくれました。
スペインに行くのは7月なので、当面必要ありませんが、
ふかふかの羽毛布団  早く寝てみたいです。

お父さん、お母さん どうもありがとう~!!

結婚式で着物を着たいと思っているのですが、それが原因で母と喧嘩になりました。
着る、着ると騒いではいるものの着付けの仕方なんて全く分かりません。
「いい加減に着るくらいならみっともないので着ないほうがいい。」と言うのが
母の意見でしたが、私が強引に押し切る形で一応着物は着ることに落ち着い
ていたのですが、その後、ず~っとほったらかしの状態になっていました。
で、お休みになったから練習でもするか~、という話から始まって、
話がコジレにコジレて終いには違う方向に進んでいき、結局は
「あんたがスペインに行って寂しい親の気持ちも考えろ!」という事に・・・。

両親は私がくまさんと結婚したいと言った時も、
スペインで暮らすことにしたと言った時も、特に反対はしませんでした。
私なりにきちんと説明したつもりでしたし、きちんと話をして
納得してもらったと勝手に思っていましたが、反対意見や文句を言わなかった分、
両親の心の中には溜まった物が有ったのでしょう。
私も両親が寂しいだろうなとか心配だろうなとか分かってはいましたが、
考えると自分も寂しいし、不安になってしまうので考えないようにしていました。

両親の不安は見たことも無い人と結婚すること、結婚自体に実感がわかないのに、
どんどん日にちばかりが経っていくし、準備するにしてもどうしていいのか分からない。
という事からも来ているようでした。
くまさんは常に「なんでもお父さんとお母さんにきちんと話をして相談しなさい。」
と言っていたのですが、上手くそうする事が出来ませんでした。
くまさんが側にいてくれたらそんな事にはならないのにな・・・。
と思うのですが、その事も上手く伝えられません。

と言うか、私だって実感わかないし、どうしていいのか分からないんですもん・・・。
自分勝手な意見ですが、正直言って、親の事まで考えるゆとりが有りませんでした。
親も兄弟も親戚も友達もいない所に行って一番不安なのは私だよ!って感じでした。
でも、それじゃあ、駄目なんですよね。きちんと話をしないと・・・。

母は私が日本に両親を置いて行く事も、知らない土地で暮らすことも
なんとも思っていないと思っていたようでした。
二人の生活を考えればスペインで暮らしたほうがいいと言うだけで、
そんなに大喜びでスペインに行くのではないのですが・・・。
大切なものは色々沢山ありますが、全部を選ぶ事は出来ません。
出来ればなるべく多くを選んで、みんなが納得の行く選択をしたいのですが、
今回はそういう訳には行きませんでした。
くまさんを選ぶことによって結果他ものは全部切り捨てた形になってしまいました。
でも、私はこのまま日本でのつながりを切り捨てるつもりはないし、
出来る限りつながっていく努力をしていくつもりです。
それはスペインのくまさんの両親や兄弟、友達に対しても同じことです。
私たちが結婚することによって、大事な物が減るのではなく、
増えるようになればいいなと思っています。
なので、私は日本を離れて暮らす事を悲観的に考えないようにしているのですが、
それがのん気そうにしているように見えてしまったのかもしれませんね(苦笑)。

「そんなに簡単に納得してもらえるものなのか??いいのか???」と
張本人の私がびっくりするほどあっさりと結婚・渡西を認めてもらってしまったので
きちんと話をしたつもりでもお互いに言い足りないこと、聞き足りないこと・・・
お腹の中に少なからずシコリが有ったようです。
今回喧嘩と言う形でしたが、少しでも話をする事が出来て良かったと思います。
shubu.jpg  Hoy el di'a 5 de Mayo es la fiesta para los nin~os.
  Se llama "TNGO NO SEKKU".
  EN la casa de los nin~os se adrona unas flores
  de "SHOBU" y armadura de "SAMURAI".
  Y puede ban~arse en el ban~o con "SHOBU".

kashiwamochi.jpg  Comemos "KASHIWAMOCHI".
  Es un tipo de dulce con oja de "KASHIWA".
  Esnte dulce tiene sentido de "Pro'spero de la Familia".

Algnos pueblos hacen fiesta de "KOINOBORI".

koinobori2.jpg  Izan unas banderas imitadas unaas carpas para
  desear buena salud y buena suerte para
  los nin~os.
  El origen de estas banderas es de un hecho
  histo'rico chino.Se creen nua carpa canbiara' un
  doragon cunado sube una catarata.
  Este bandera tanbien pueden izar cada familia,
  pero estos di'as no hay espacio para ponerlo.
  El pueblo agrupa unos banderas que no se
  pueden poner en la casa o ya no necesitan
  y izan juntos.

koinbori3.jpg  koinobori1.jpg


PIC_01901-2.jpg  Algunos tine dibujo de nin~o.
  No se ve bien・・・
★★☆☆☆


河川:相模川水系相模川    ダム湖名:津久井湖   管理:神奈川県    
型 式:重力式コンクリート   着工年:1960年      完成年:1964年   
堤 高:75m    頂 長:260m    堤体積:362千m3
堤流域面積:1201.3Km2     湛水面積:247ha
総貯水容量:62300千m3   有効貯水容量:54700千m3


4月29日の訪問です。ちょっとUPが遅くなってしまいました・・・。

PIC_0202.jpg  「ダム展望台」なるものがあります。
  国道沿いに入り口がありますが、ちょっとマニア向け?
  城山の名のとおり、ちょっと城址風の展望台です。
  石垣になっていて芝生が植えてあります。
  ダムの隣が高校なので、部活動をする掛け声など聞こえて
  のどかな気分で昼寝が出来ます。
  半日くらいのんびり出来るかな?(多分私だけ。)
  ←展望台階段の途中から撮影。

PIC_0201.jpg  ダム堤頂は国道413号線が通っているという
  ちょっと珍しいダムです。
  ダム湖側には歩道があるのですが、
  狭いし交通量も多い上に飛ばす車が多いので、
  歩いて渡るのは相当怖いです。
  でも、地元の高校生グループはふざけながら
  通っていました。
  若さなのか?慣れなのか??

PIC_0199.jpg  ダム湖の両脇には公園があります。
  津久井城山公園。
  津久井城跡である城山を中心として「水の苑地」
  「花の苑地」「根小屋地区」の3つの区域が点在しています。
  まだ整備中の地区がほとんどですが、将来的には
  98.3ヘクタールの広大な公園になるそうです。

PIC_0200.jpg  写真は↑「水の苑地区」からダム堤体を望んだもの。
  「水の苑」にはスワンボートなんかもあります。
  「花の苑」「根小屋地区」はダム湖の反対側。
  根小屋地区は津久井城の城跡です。
  石垣が残っていて風情がありましたが、
  山だし、広いし城址を見て廻るのは大変そうです。

私は展望台がお気に入りなので、本当ならもっと高い評価でもいいのですが、
公園がダムとまったく関係ないこと(城山城址公園だから)、
ダムの資料館が一般の人はちょっと入れないだろうなという雰囲気なこと
ダム自体は老舗(?)ダムでいい感じなのですが、いまいち盛り上がりに欠けること
などから★二つの評価になりました。
世間様はゴールデンウィーク。その名のとおり、黄金週間。
皆様、海へ山へとお出かけで、車も電車も大混雑だそうです。

でも、私、3・4・5・6日と何の予定もありません(涙)。
7日は両親と出かける予定なのですが、天気が悪そう 〃;_;〃グスン

で、暇なんで久しぶりにパンを焼いてみました。

PIC_0205.jpg  アーモンドパン。

  以前通っていたパン教室で一番最初に
  教わった思い出(?)のパンです。

  なかにアーモンドパウダーが入っている
  訳ではなく、単にアーモンドスライスが
  トッピングされているだけです。

粉砂糖は、ヨーグルトに付いて来る顆粒状の砂糖をすりつぶして作ったのですが、

上出来でした 
粉砂糖をかけると、上手に出来ているように見えますね。

出来上がったパンは例によって家では消化し切れないので、
元バイト先にもって行って食べてもらうことにしましたが、
家の分として3欠片ほど取ったら、食い差しみたいになってしいました・・・。

ま、いいか(笑)。味は変わらないし。(その味の方が問題か!?)
hakone-thumb.jpg7月にくまさんが日本に来るので、小旅行を計画しました。
行き先は箱根。
ホテルを予約しました。
ホテルグリーンプラザ箱根。
新宿からの一泊二食、送迎バス付きで¥14,800
芦ノ湖に近くて眺めもよさそうだし、
お部屋も温泉もいい感じ。

私としては「お買い得」なハズだったんですが・・・。

やまも : 「旅行のホテルの予約をしたよ。」
く ま : 「いくらだったの?」
やまも : 「う~んと、・・・ケイサンチュウ・・・○○○○ユーロ。」
く ま : 「ええええ~!!??そんなに高いの???!!!」
やまも : 「へ?送迎とご飯が付いてだよ?」
く ま : 「高い・・・。」
やまも : 「日本だったらこのくらいするよ~。」

(「高い!」「いやいや日本ではこのくらいだ」が10分くらい続く。)

く ま : 「じゃあ、普段泊まるところは??」
やまも : 「○○ユーロくらい?」
く ま : 「・・・・・???」

く ま : 「・・・、ねえ、なんかおかしいと思わないの?」

やまも : 「え?ん?ん?・・・モウイチドケイサンチュウ・・・!!!!」

私が最初に言った値段は1,000ユーロ。(14万円)
でも、本当は100ユーロ。(1万4千円)(1ユーロ=140円計算)

一桁間違ってました。 えへ 

どうも「日本の物価はべらぼうに高い」という先入観があったようです。
スペイン人の彼からしたら何でも高いと言われると勝手に思い込んでいたので、
彼がおかしいと言ってもなかなか気が付きませんでした。
そういわれれば、彼の住むバルセロナは、そんなに物価違わないんですよね~。
夏に旅行に行った時のホテル代が朝食つきで20ユーロだったので、
その感覚でいたのでした。
でも、そこは山奥だったからな。

「1,000ユーロなんて飛行機代と同じだよ?

心臓飛び出るかと思ったよ・・・。」

スペインでも驚くと心臓が飛び出るんですねぇ(笑)。


日本はどんな恐ろしい国なんだ?と思ったらしい。
間違いに気が付かずに「そのくらい出すよ。」と言った私に対しては
「そんなお金持ちの彼女だったら、いいよね~」と言っていました。
ごめん・・・。14万のホテル代は出せないや・・・ 

sandogasa2.gif  両親にこの話をしたら、まあ、呆れられました。当然。
  母 : 「一泊14万円のなんてどんなご馳走が出るんだろうね~。」
  全く・・・。泊まってみたいものです。

  自分の間違いに気が付かずに「お金の心配ばっかりしてヤナ感じ~。」
  とか思ってしまった私・・・。ごめんよ。
images2.jpg  Huevo : タマゴ
  Frito : 他動詞:揚げる・フライにする〔frei'r〕の過去分詞

  Huevo Frito : 目玉焼き

スペインで目玉焼きを作ろうとしていた時の1コマです。

く ま : 「油、少なくない?」
やまも : 「そんなことないよ?じゃあ、どのくらい入れるの??」
く ま : 「このくらい。」
やまも : 「!!!2cmはあるじゃん!そんなに入れないよ~。」
く ま : 「だって、Huevo Frito(揚げたタマゴ)だよ?」
やまも : 「そうだよ?Huevo Frito(目玉焼き)だよ?」
く ま : 「だって、Frito(揚げるん)だよ?」
やまも : 「だから、Huevo Frito(目玉焼き)でしょ?」

やまも : 「ん?Huevo Frito(タマゴ揚げ)??」

なんで、Frito なのかと不思議に思っていたが・・・。

名は体を現す。
そうか。 揚げるのか。  neko14.jpgアブラトリスギダヨ・・・

その後、半熟に仕上げるために水を入れたら、すごくびっくりされて
あう人ごとに、「やまもは目玉焼き作るのに水を入れる!」といい回っていました。

トコロ変われば作り方変わる。

最終的には同じものが出来上がるんだから不思議です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。