FROMやまも@Barcelona 2006年06月

FROMやまも@Barcelona

@BARCELONAな役に立つこと立たない事、面白い事、面白くない事をお届けいたします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05-08-12_19.jpg本日お勤め最終日でした。

2005年の1月に派遣社員として働き始めて1年半。
短かったような・・・長かったような・・・。

派遣先の会社は親子や兄弟で働いている人がいるくらいの
アット・ホーム(?)な感じの会社でした。
それ故に起こる問題も有った事は確かですが、
社員の人は皆仲良くしてくれて楽しく働くことが出来ました。
「社員と区別なく働いてもらう」と言う言葉の通り、
派遣なのに自分の意見もドンドン言えて、仕事も任せて貰えて
自分で自分の仕事をコントロールしたい私には働きやすい職場でした。

派遣なのに、何でここまでしないといけないの???と思うことも数々ありましたが・・・★

モチロン、不平や不満も沢山有って、「行きたくな~い」と思う事も有りましたが、

今となっては みんな楽しい思い出。

今日でもう終わり。と思うと寂しいような、もう少し働きたいと思うような、
じゃあ、来週からも行きたいかというと、行きたくないような・・・。いや、行きたくない・・・。

ちょっと、複雑な気持ちです。
スポンサーサイト
S_0010.jpg  初日は温泉に入っておしゃべりしてばっかりだったので、
  二日目はちょっと頑張って観光する事にしました。

  さてさて、何処に行きましょうか?

  え???決めてないの???(゜ー、゜)ヽ(ー_ー) モシモシ

  く( ̄△ ̄)ノマアキニスンナッテ♪

まずは「お釜」です。

前日は「行けるかな??」と思いつつもガスが出てしまったので断念。
出発前に宿のおじさんに聞いてみたら「上は晴れてそうだけどな~」との事なので、
行ってみる事にしました。


okama.jpeg「お釜」とは・・・
蔵王刈田岳・熊野岳・五色岳の3峰に抱かれた円型の火口湖で、
釜状なのでお釜という名前がついています。
湖面はエメラルドグリーンの水をたたえ、
荒々しい火口壁と対比して神秘的な雰囲気をもち、
冬の樹氷とともに蔵王の象徴となっています。


登って行く途中嘘みたいに晴れた所もあったのですが、お釜付近は雲がわいていました。

案外ひょっこり雲が切れるかも?と言う期待の元にとりあえず駐車場にある
お土産屋さんでポスターの写真をチェック。

しっかり記憶して心の目で見るのよ!
いや、このポスター・・・紅葉  してますけど・・・?

S_0026.jpg  ヤッパリ良く見えない・・・。

  が、日頃の行いのいい私たち♪
  雲が晴れて見えましたよ~。
  \(*T▽T*)/ワーイ
  おお!水がたまってる~  凄い凄い♪

  ちょっとだけ
  雲がかかって神秘的☆(ポジティブシンキング?)

良く見えな~いって言った人!それはあなたの心が曇っているからよ!!
目で見るんじゃないの!心で見るのよ!!

「おお!見えた~!!」なんて騒いでいたら、私達の所に一人の女性が近づいて来ました。
なにやらいかにも添乗員風のこの女性。どうかしたのかしら?

「あの~・・・お釜って何処ですか???」

「・・・ここです。」「・・・あそこです。」


お客さんには聞けなかったんでしょうね・・・。流石に。 d ( -"-)__ アウト!
すると先ほどすれ違った団体がこの人のお客さんか?
み~~んな見えたのに自分だけ見えなくて、聞くに聞けず、帰るに帰れず・・・。
雲の切れ間に一瞬見えただけだったので、見逃さなくてよかったですね♪
添乗員さんも大変だ★ご苦労様です。

続きはまた明日♪
6月26・27日で休みを取って仙台へ行ってきました。

仙台へは高速バスで、新宿からなんと!片道: ¥2,900- なんですよ~。

バスとは言え・・・や・や・や・やすぅい~!! neko4.jpg

私の自宅から新宿まででもバスに乗って電車に乗っていくとカチカチカチチ~ン¥540-
たった4倍の値段で仙台まで行けちゃう!距離を考えると凄くお得(?)です。
(この例え微妙・・・。)

私たちは、行きはバスで帰りは新幹線にしたのですが、新幹線も1万円ちょっと。
往復2万円以内で仙台まで行って帰って来れました。 

*************************************

IMG_0005.jpg  到着後現地在住の Y ちゃんに拾ってもらって一路

  秘湯  峩々温泉 へ。

  峩々温泉は「日本秘湯を守る会」に登録されている
  由緒正しい秘湯です。
  蔵王エコーラインを外れて更に山に分け入ると
  濁川の渓流に沿うようにして木造作りの温泉宿が現れます。
  右を見回しても左を見回しても・・・ 

  宿意外何も無い!!

IMG_0001.jpg  温泉に入る意外には何もする事が無いと言う
  「湯治」にぴったりの場所です。
  私たちは「湯治」に来た訳ではありませんが・・・(笑)。
  なんってたって、冬には
  ←こ~んな車が必要なほど雪が積もるんですよ~。
  前方で除雪できるようになっています。

S_0004.jpg  この切り立った岩山が「ガガ」温泉の
  「ガガ」の由来だそうです。

  やはり6月。やはり山。
  ガスが出てしまっていました。
  時々ガスが晴れて綺麗に山が見えますが、
  しばらくするとまたもやがかかって
  正に一寸先も見えないくらい。
  それもまたいい味なんでしょう♪

S_0013.jpg  温泉は宿泊客専用の混浴  露天風呂
  (女性専用時間帯有)と、内湯。
  日帰り入浴者も利用できる露天風呂と内湯。
  の合計4つです。
  こちらの露天風呂は宿泊客用です。
  渓流の直ぐ脇で正面には温泉の名前の由来になった
  "ガガ"がそびえ立ちます。景色最高!開放感抜群!

  ただし、見られ放題です(笑)。

まあ、元々混浴ですし、温泉のお客意外は鹿くらいしか居ませんので・・・。

IMG_0015.jpg内湯は「ぬる湯」と「あつ湯」が有ります。
両方ヒノキ(じゃ無いかも?)風呂。
なぜか浴槽の内側が黒いので、
綺麗な深い海みたいでした。
「ぬる湯」は普通にお風呂として浸かりますが、
「あつ湯」はちょっと面白い「掛け湯専用」の温泉です。
ごろんと横になってお腹にお湯をかけます。
100以上かけると胃腸にいいそうです。


S_0023.jpg  「便秘解消」の為に頑張ってかけました。
  顔にかけるとお肌ツルツルになりますよ~。

  飲む温泉も有ります。

  部屋の冷蔵庫には岩清水が置いてありました。
  風呂上りに飲めば体の中からも綺麗になれそう。

館内は落ち着いた木造。最近建て直しが行われたのか割と新目。まだ木の匂いがします。
部屋は広くて、寝室のほかにコタツ部屋(?)まで有りました。

S_0009.jpg S_0018.jpg S_0019.jpg
露天風呂に通じる回廊の床板は東北本線の枕木を使用しています。エコロジー?
ただ、窓も↓なので、ただの「鉄キチ」かも知れないという疑いは拭いきれませんが・・・。

S_0017.jpg  S_0016-1.jpg

IMG_0007.jpg  フロントには水出しコーヒー。
  明日の朝食後いただけます。
  「水出し」って時間がかかるんですね~。
  手間隙かけただけあって、とても美味しいそうです。
  私はコーヒーを普段飲まないので
  違いが分かりませんでしたが・・・(汗)。
  しかも砂糖もミルクも入れちゃったし★

S_0008.jpgでかいハンコ。
このハンコはだた置いてあるだけのハンコなのですが、
「日本秘湯の会」に入っている温泉宿では
スタンプラリーをやっています。
いっつもおんなじ宿でもよし、
全国津々浦々バラバラの宿に泊まってもよし。
スタンプ10個を集めると白い小皿はもらえませんが、
無料で一泊滞在できます。
ただし、代理店経由やインターネットでの予約は
NGだそうなんでご注意ください。

実は東京都や神奈川県にもある秘湯の湯。皆さんも集めてみたら?
(「神奈川にも秘湯ってあるんだよ。」と父に報告したら
「そりゃあるだろ?秘湯って言うのは不便って事だからな~」ですって。
そんな定義なんですか?)

S_0021.jpg  S_0022.jpg

ご飯も美味しくて、空気もうまい。マイナスイオン放出しまくりの静かな山の中。
誰にも何にも邪魔されず心行くまでおしゃべりに興じたのでした。


旅は二日目に続きます・・・。
masamune.jpg  仙台に行ってきました。

  今帰ってきました。ただいまー! ε=(ノ‥)ノ

  仙台には数ヶ月前にお嫁に行った友人のYちゃんが
  住んでいます。

  Yちゃんはどうしているかな~?
  なれない土地でどうしているんだろ?元気かな?
  旦那様とは上手くやっているかな?仲良くしてるかな?
  色々心配しながらの訪問でしたが・・・・、


何のことは無い。 ( 。・_・。)人(。・_・。 )


アテラレちゃいましたよ。新婚さんに。

いや~。ほんっとに幸せそうでした。
一緒に行った I ちゃんもこの秋に結婚を控えても~う、ラブラブなので、
惚気っぱなしのあてられっ放しの2日間でした。

おしゃべり盛り(?)の女友達三人が揃いも揃って同じような状況で
のろけるんですから、そりゃ大変です。

話しながら寝てました(笑)。{[(-_-)(-_-)(-_-)]} ...zzZZZ ~♪

温泉を満喫して観光を満喫してしゃべり倒して、もうくたくた・・・。

しゃべりすぎでのどが痛い・・・。

旅行のお話は後々書くことにして、
今宵はもう休むことにいたします・・・。モウネテマス(┬┬_┬┬)。o 〇 ○
  飛行機のチケット受け取ってきました。

  正確にはチケット引き換えの為の書類です。
  当日カウンターに持って行くとチケットと取り替えてくれるやつ。
  カラーですらない今さっき印刷した紙がペラ~ンと一枚。

  航空券を買ったときに、何時も思うのですが・・・

コレが、20万円以上のお買い物?有り難味が無さ過ぎる!
すぐになくしちゃいそうだし、うっかり捨てちゃいそうだよ~。
もう少し、ウヤウヤシイものが欲しいデス。高かったんだから!

トコロデ!!

今回追加料金を請求されちゃいました~(涙)!!

原油の高騰を受けて、燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)が値上がりした為です(涙)。
予約を入れて入金してから発券を待つ間に、グ~~ンと価格が高騰しちゃったんです。
うう・・・。入金して直ぐにチケットがもらえればこんな事にはならないのに・・・。
1ヶ月まえからしか発券危難出来ないんだから、無理ですけど★

関係ないけど、飛行機の燃料はガソリンではなくてケロシンと呼ばれているものだそうです。
ストーブで使う灯油に近いらしい。
ジェット燃料というと、高いとか、爆発しやすいと思っているかもしれませんが、
本当のところはガソリンほどではないんですって。

ガソリンだろうが、ケロシンだろうが、値段が上がれば皆が困る!
地球は丸い♪ 世界はヒトツ♪ イッツ・ア・スモールワールド 
対岸の戦争も他人事ではありません。

世界が平和になりますように! みんなの為に!

いや、私の為に!!

IMG_0072.jpg  布買っちゃいました。 (;_; )( ;_;)
  トートバックが欲しくて探してみたのですが、
  イマイチ気に入る物が無く、
  コレはもう自分で作った方がいいかな?
  と思ってしまった訳です。
  コレは裏地にする生地。ブレーメンの音楽隊です。

neko17.jpgでも、わたし、こんな事してていいのかしら??


いや、ダメでしょう。 ( ̄_ ̄|||!

だって、気が付いたら・・・出発まで1ヶ月チョイ???

出発までは1ヶ月あるけれど、くまさんが来るまでにはもう1ヶ月も無い・・・。

どうしよどうしよどうしよどうしよどうしよどうしよ・・・

(@-@)(-@ )(@ )( )( @)( @-)(@-@) (@-@)(-@ )(@ )( )( @)( @-)(@-@)

頭の中を グルグルグルグルグルグルグルグル・・・

何を準備する必要があって、ないのか?何が準備出来ていて、出来ていないのか?

もう一体何がなにやら・・・(涙)。

作らなければならない物、人と会う予定、最終荷造り、持ち物チェック・・・
ドンドン時間は経っていく。ドンドン予定はうまっていく。気が焦るばかり・・・。
血迷って、布なんて買っている場合じゃないんですけど?
でも、このトートバック飛行機に持ち込みたいんだよな・・・(汗)。
荷物は全部持って行くのは無理そう・・・増えたから・・・もう一箱、送らなくちゃ・・・。
書類はホントに向こうで全部手配できるんだろうか?確認した方がいいよな?
免許の書き換えは勿論した方がいいよね?一日で出来るけど、行く暇有るかな?

(@-@)(-@ )(@ )( )( @)( @-)(@-@) (@-@)(-@ )(@ )( )( @)( @-)(@-@) ・・・・

あ~!! どどどどどどど・・・どうしよう?

だんだんなんでこんなに焦っているのかすら分からない状態になってきましたが・・・。

はい。分かっています。結論:やらねばならぬ事はやらねばならぬ。
はい。頑張ります。ヒトツヒトツ片付けていくしかないんですよね?
出来る事からこつこつと。その上で遣り残し・忘れ物が有ったら、向こうで対応するしかない!

でも・・・、あ~!美人有能秘書が欲し~い!!

ドラえもんでもいいや・・・。

先週浴衣を提出して、いよいよ自分の襦袢を!と思っていたのですが、

教室に大量の依頼が来ていたために ついつい仕事をすることに・・・。

昨日は朝から少し体調が悪かったのですが、(←ここ後で重要。)

「やらねばなら~~ん~~~~(m-_-)m」

と言う鉄の意思の元頑張って仕事の帰りに教室に行ったのでした。
重いのに、反物と見本の襦袢を持って・・・!
でも、自分のは地伸ししただけで終了。(;___;)ウルウル

※地伸し:作業中、コテを使ったときに布が縮まないように前もって高温で
      アイロンをかけておく作業。


IMG_0071.jpg  それで、今はこれやってます。

  うそつき半襦袢

  身ごろ部分はシンモツで袖の部分のみが反物です。

  つまり→→→見える部分だけ本物

  (写真は以前私が練習で作ったものです。)

で、ビックリすることに、納期:今月中

何がビックリかって・・・、
お教室は日曜日以外は毎日やっているのですが、夜のクラスは火曜日と木曜日のみ。
そんな訳で私がお教室に行く事が出来るのは火曜日と木曜日の夜と土曜日です。
ところが、今週来週と忙しくて火曜日も木曜日も予定が入ってしまっています。
一回しかない頼みの土曜日も外せない用事があって行く事が出来ません。

という事に、仕事を貰った 帰りの電車で気が付きました・・・。

はい。馬鹿です。(((p(>o<)q))) ギャアアア!!!


ほとんど一人で出来ますが、チェックして貰ってからでないと出来ない箇所も有ります。
袖は他の人が縫ってくれると言うことになってますが、身ごろに付けるのは私の仕事です。
なので、今週中に身ごろを縫って袖を受け取って、くっつけて・・・。

う~~ん。無理?  ( ^ ∇^ )==0)°o°)
neko102.jpg
困った、困った、やまもさん。どうしたかと言うと・・・。


今日、仕事休んじゃいました~!

昨日、体調悪そうだったから、仮病っぽく見えないかな・・・?と思いまして(汗)。
今日朝から頑張ってもう内臓が痛い・・・。でも、何とかメドが立った♪
やれやれ、ひと段落。後はお家でも出来るので帰ってからやろ~♪

頑張った!!私!!偉い!!!

が、帰ろうとした頃に、またもや誤算が・・・!!ヽ(  ̄д ̄;)ノ

「袖もやっちゃいましょう♪その方が早いから♪♪」
neko3.jpg

はい・・・。頑張ります・・・。

頑張りました~!!!

あとは襟をくけて、袖を付けるのみ!(のみ?)なんとか間に合いそうです。
でも、他の事は大丈夫なのだろうか・・・。不安。

実は、私はお教室の先生に「結婚してスペインに行く」事はまだ内緒にしていました。
「次は自分の長襦袢をやります。」と伝えてあったし、
7月に入ってから言えばいいかな・・・と思っていたのです。
でも、教室には仕事が山積みで私にもどんどん仕事がふられそうだったので、
事情を説明してこの「うそつき」でいったん終了、と言うことにしてもらいました。
いつか日本に戻ってきてまた和裁が出来たらいいな~。

・・・・なんて、本番(?)の襦袢残ってますけど? (:: ̄ェ ̄)
大学の後輩の結婚式の2次会に行ってきました。
突然のお誘いだったのでビックリしました。
新郎も新婦も後輩なのですが、思っていた組み合わせではなかったので、二度ビックリ。
私の思っていたお相手は違う後輩の奥様になって登場したので、三度ビックリ。
人間関係が複雑すぎて、訳がわからない状態に・・・。
まるで、二週連続で飛ばしてしまったドラマのよう?

でも、やっぱり後輩とは可愛いものです。

みんな元気で仲良く暮らしておくれ。
 (←オバアチャン?)

会場の入り口に小さな馬の縫いぐるみが飾ってありました。
よく見ると背中にはかつて(今もいるかも)大学にいた馬の名が。
二人の思い出の馬たちなんでしょうね。

帰りにその縫いぐるみ達は希望者に貰われて行くことになったのですが、
後輩の一人が持っていた馬は昔私が乗って競技に出ていた馬でした。
「やまもさんにあげたら?」と新郎が気を使って言ってくれました。

が!

分かってないな~!お前達!!

やまもさんと言ったら、 トーレンスだろ(笑)!!

たとえ競技に出た事が無かろうが(正確にはしょぼい試合に出たことがある)、
一生私の所有馬にする事が出来なかろうが、遠く離れて暮らしていようが、

私の馬はトーレンスです。(勝手に思っているだけですけど)

他の馬がどんなに優れていようが、高級だろうが、見目麗しかろうが、
バンバン障害を飛ぼうが、ズバズバ伸長早足しようが、

(私にとって)トーレンスに勝る馬はいません。

他の馬と何が違うかなんて分かりません。ヤツはむしろ駄目な子なのに。

日本を離れて暮らすにあたって一番つらいことはトーレンスを置いていく事です。
もともと私のものでは無いのでそんな事を言うのはオカシナ事なのですが・・・。

だって、そうなんだから、しょうがないじゃん!

泣きそうになって来たのでもう止めます・・・。

hosinomakiba.jpg  あなたには、戦場を駆けるひづめの音が聞こえますか?

  戦争で記憶をなくし牧場に帰ってきたモミイチは、
  聞こえないはずの軍馬ツキスミのひづめの音を聞く。
  その音をたどっていくと山奥のお花畑に音楽を奏でる
  ジプシーたちがいて…。
  幻想的な名作。
  (amazon.com:レビューより)

  昔映画化もされたらしい。

思えばこの本が私と馬との最初の出会いだったかも知れない・・・。

私にもトーレンスのひづめの音が聞こえてくるといいな。
昨日のイニシャルのモノグラム。
ポーチにするとか言ってましたが、一体全体、どうなったでしょう?

↓こうなりました~!♪o(^0^o)♪o(^-^)o♪(o^0^)o♪

IMG_0068.jpg  茶色の布と組み合わせてみました。
  な~んて、例よって無鉄砲に作業を進めたら、
  布が足りなくなってやむなく継ぎ足した
  と言うのが真相ですが。   
  ミシンで、と思ったのですが、カーブ部分が難しく
  
  キ~!!!ってなったので、
  手縫いにしました。

IMG_0065.jpgやっぱりファスナーをカーブして付けるのは難しい!
段々当初の予定とはずれてきてしまいました。
何とかかんとか取り付けてみると裏側が!

布目が斜めになってる~!!

ま、いっか?仕方ない。

( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _ ウンウン

布目が斜めって事はバイヤスになっているって事で、表と裏とで伸縮が違うって事です。

当然、歪みが出ます。
アイロンをかけてごまかす事にしましたが、う~ん。誤魔化し切れてない!neko14.jpg


当日は中に何か入れてあげることにしましょう。ユガミが分からないようにね♪

  外側の布はくすんだピンクに茶色の組み合わせ。

  もう直ぐ、夏なのに・・・うっとおしい!

  なので、内側は涼しげに、水玉ちゃんです。
  口を閉めちゃったら見えないとは言え、結構印象が変わります。

IMG_0070.jpg  ←今回参照したのはこちらの本。
  お花の図案が沢山出ています。
  見ていると、色々やってみたくなってしまいます。

  でも、今はもうやめよう・・・。
  まずはやらねばならない事を順番にやりましょう。

  
  でも、もっと図案集が欲しいな~。
  パイナップルレースとかもやりたいな~。

それにしても前からウスウス気が付いてましたが、

写真に撮ると上手に見えるよな・・・。( ̄ー ̄; ニヤリ
neko20.jpg  りおんさんからバトンが廻って来ました♪
  最近メッキリ「国際結婚」とも「スペイン」とも縁遠いこのブログですが、    
  初心を思い出して、早速やってみましょ 

旦那(パートナー)バトン

01.パートナー様と初めて会った時の印象は?


(目つきのが悪かったので、) 腹ペコなのか?
しばらく後になってからですが、先輩の猫好きな人に似ているな、と・・・。


02.パートナー様の口癖は?

日本語で:「大丈夫」「ちょっと待って」「危ない」
※これしか知らない割りにいいタイミングで言うので時々ムカつく。
スペイン語で:「Tu' no te preocupes(お前は心配スンナ).」
          「Poco a paco(ちょっとづつ=ゆっくりやろう).」
          「Paciencia(忍耐).」


03.パートナー様の苦手な物は?

待つことと人ごみ。

04.パートナー様の結婚してから変わった点は?

まだ結婚してませんが・・・。

無いですね。 この後豹変するんでしょうか? ( ̄∇ ̄;)σ


05.パートナー様のこれは妻の自分しか知らないだろうという所は?

う~ん。これも無いですね~。
私が知らないことは沢山有るかも知れませんけど。( ̄^ ̄)えっへん


06.パートナー様のここが好き!という点を3つあげてください!

1.我慢強いところ。
2.自分の身の程(何が出来て出来ないか)を知っているところ。
3.意外と過去に苦労して来たところ。


07.パートナー様のここが嫌!という点を3つあげてください!

無いですね。
別に、彼が完璧とか愛があるからとかそんな素敵な理由ではなく、(/-\)いやーん

嫌いなところが分かるほど一緒に過ごしてないからです。

大丈夫なのかしら・・・。

モチロン、その都度その都度「このやろ~!!」と思うことはありますよん。
でも、「ここがキライ!」なんて言うほどのことではないのです。


08.パートナー様のここがかわいいと思うところ

やまもバカ。 直ぐに他人に私の自慢(?)をする。
「やまもは箸が使えるんだよ~。」「ダムが好きなんだよ~。」とか
自慢にならない事を自慢げに言ってまわるのです。


09.パートナー様と今一番したいことは?

散歩したり、一緒に料理したり、普通の生活。

10.次のバトンを渡す5人。

以前宣言したようにバトンはここでキープです。
欲しい人はご自由に持って行ってくださいね♪
IMG_0057.jpg  刺繍してみました。
  でもまだ途中。~~~~~(/ ̄▽)/ フラフラ

  先日、とあるブログですご~く素敵な花の
  モチーフの刺繍が掲載されていて、

  うわ~!私もやりた~い!

  と奇妙な刺繍熱がわいてしまいました。

でも、自分じゃ要らないんですよね~。~(・▽・~)(~・▽・)~

他にする事も一杯あるし、我慢我慢。と思っていたら、ちょうどいい事に
今週末結婚式を挙げる後輩が、いました~

イッヒッヒ~ シメシメ   
こいつに貰ってもらおうじゃないの~。 baikinman.jpeg


結婚 → 苗字が変わる → イニシャルが変わる
ので記念(?)にモノグラムも刺してみました。
と言うよりもこちらがメインに・・・?まあ、そんなもんでしょ。

モノグラム:頭文字など2つ以上の文字を組み合わせて図案化したもの。
欧米では一文字でも文字に何らかの装飾を施したものをモノグラムと総称している。


母の「あんただって微妙なもの貰ったら嫌でしょ?捨てる訳にもいかないし!」
と言う発言は無視!だって後輩だも~んヽ( ̄ー ̄ )ノ
でも、おかーさん。私もそう思うよ・・・。

これはこの後ポーチになる予定。せめて使ってもらえる物を・・・!
(余計にたちが悪い???)

初めてやってみたんですけど、どうですかね?

って、(゜▽゜)\(--;)オイオイ!

こんなの貰わなくちゃいけないなんて 後輩って大変ね~。(他人事?(笑))

IMG_0060.jpg  結局お花のモチーフはちょっとだけ★

  バラのつもりなんですけど・・・
  どう???

IMG_0053.jpg五百円玉貯金をしています。

何時から始めたのかはよく覚えていませんが、
かれこれ半年くらいはやっています。

写真向かって一番右が貯金箱です。
結構でかい・・・。まだ、1/3位です。
一杯にするにはまだまだかかりそうです。

でも、もう直ぐスペインに行くし、ここらで〆る事にするか。

で、昨日の夜 数えてみました。

丑三つ時に・・・イチマァ~イィ・・・ニマァ~イィ・・・サンマァ~イィ・・・

総額:八萬伍百圓也

( ^^)//(  ( )\\(^^ )ドンドン♪( ^^)//(  (^-^)//"" パチパチ

      オメデト☆"8(^-^8 )Ξ( 8^-^)8"☆オメデト

予想以上に貯まっていました。がんばったよな~、私。偉い。偉い。
何に使おっかな~  服買っちゃおっかな~  美味しい物食べちゃおっかな~ 

そうだ。広島 行こう。トーレンスに会いに!

************************************

との、喜びもつかの間・・・

その不幸の手紙は届けられたのです・・・。


IMG_0055.jpg
  市民税納税通知書。

  それは、毎年やってきます。この時期に・・・。

  転職多いし、派遣だし、ええ、ええ、知ってましたよ!!
  市民の義務だしちゃんと払いますよ。払うとも!!
  たとえ「そんなに恩恵受けていませんけど?」と
  思っても払うものはキチンと払うんです。

でもねぇ、すっかり忘れてましたよ~ん。\(-"-)/
は~~。また、出費か。貧乏人は贅沢できないようになっているのね。世の中は。neko7.jpg

予想外の出費にちょっと呆然とする私に親が一言。

「例の五百円貯金が役に立つじゃな~い♪」

ええ、ええ、そうしますよ。そうさせて頂きますとも!

しかも!!! 納付額:八萬伍百圓也

ぴったり同じ額・・・。 ムカ・・・(-_-メ) 知ってたんかい?? K市役所・・・。

やって来ました~!我が家にも  キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

巷で噂の例のヤツですよ。 チョット♪ ヾ(⌒ε⌒*)

バ・ラ・ン・ス・ボ・ー・ル 

前々から欲しいよね~。と思っていたのですが、ホントに使うかどうかも分からないし、
なんだかイマイチ踏ん切りがつかず買い渋っていたのですが・・・、

ついに! 父が買っちゃいました。

私じゃなくて、母でもなくて・・・。我慢できなかったらしい・・・。

遊びに来た姉が一目見るなり、

空気足りないんじゃない? これじゃあ、簡単にバランス取れちゃうじゃん。」

道理で簡単だと思った・・・ |(-_-)|キコエナイ

IMG_0025.jpg
  なんだかイマイチ使い方が分かっていないこの家族。
  結局、最初の10分ほどはキャーキャー言ってましが
      炎炎>ヾ(≧∇≦)〃ヾ(≧∇≦)〃<炎炎

  直ぐに飽きちゃいましたとさ。
  
  ま、そんなもんか?
stechi9.jpg  ブログ管理者はアクセスの履歴をある程度
  見ることが出来るのですが、
  リンクして下さっているブログから飛んで来てくれる方、
  私の残したコメントから覗きに来てくれる方、
  検索エンジンで検索して訪問してくれる方、などなど色々です。
  ありがたいことです。☆m( _ _ )m☆

検索エンジンからいらっしゃる方は本当にいろんな言葉で引っ掛けてくれているので、
履歴を見るのも楽しみです。

で、検索ワードの中で意外に多いのが「スウェーデン刺繍」。
学校の授業でやったりするらしいのですが、この謎の刺繍、実は

ほとんど資料がない・・・ (((p(>o<)q))) ギャアアア!!!
私も高校生の時にあまりの資料の無さに苦労いたしました(涙)。
今のようにインターネットも無かったし・・・。

neko20.jpgそんな訳で今日は 第一回 読者サービス企画 です。
私が作った数少ない作品をご紹介いたします。

その一:私の初作品です。高校の家庭科の授業で作りました。
締め切りに間に合いそうになくて、社会科の時間に内職して仕上げました。

IMG_0026.jpg  TVカバーとして使われています。
  stechi8.jpg

stechi3.jpg stechi2.jpg

糸を抜いて透かしの模様を4本も入れてあるし、耳も房網にしてある。
凝ってますな。(///∇///) 我ながら頑張った!!

その二:袋です。

stechi6.jpg  ちょっと布を切る時に手違いがありまして
  大きさが微妙なのです。
  でも、私のお気に入り。愛用しています。
  口が閉じられるので海外でも使えます。
  後から気が付いたのですが、
  (買う時にに注意しろ?)
  布の目が大きいタイプだったので、
  模様が抜けた感じになってしまい、
  さす時に少し戸惑いました。

目の小さい布の方が模様が詰まって綺麗に仕上がります。

スウェーデン刺繍を綺麗に仕上げるコツはただヒトツ!

糸をケチらない事 だけです。
本来、6本で一組の刺繍糸を一度ほぐして8本組みに組み替える、
この手間を惜しみさえしなければ誰でも簡単に綺麗に刺せます。
(ただし、糸をきちんとほぐさないと意味ないですよん。)
ボリュームが足りないと模様が貧弱になって仕上がりもイマイチになってしまいます。
買ってきた糸を8等分して使うと均等に使い切れます。長さもちょうどいい。

stechi7.jpg同じパターンを三回並べて繰り返しています。
幾何学模様は色々組み合わせるよりもパターンを繰り返して
配色で工夫する方がそれらしい?
配色・・・それは私の最も苦手とするところ・・・。
アンティグアで織物を習っていた時も
「やまもは色のセンスが無い」
と言われ、色を選ばせてもらえなかったほどです。

家にあった糸で間に合わせたので、左右が対象色になっていないです。
コレはコレでいい味なのではないかと自分では思っています。

その三:眼鏡ケースです。
私が適当にあまり布にさして練習した物を母が眼鏡ケースとして加工しました。
母娘のコラボレーション作品です(笑)。

stechi5.jpg  練習作品なので模様がバラバラ・・・。
  配色微妙・・・。  ピンクがショッキングすぎ??
  あまり意味が無いですが・・・
  拡大?  → stechi4.jpg

sisyu_hon.jpgおそらく日本で唯一であろうと思われるスウェーデン刺繍の本。→
ISBN:452903819X日本ヴォーグ社 (2003-06-06出版)
久家 道子【著】
(↑この方が考案したらしい?じゃあ、スウェーデンじゃないのでは?)
[A4 判] NDC分類:594.2   販売価:¥1,470(税込)
私たちが高校生の時は、みんなコレの旧い版を買っていました。
本屋さんで「スウェーデンシシュウノ本クダサイ」と言うと、

「詩集ですか?」と言われちゃう希少本です。
違います。(。_゜)☆\(ー_ー) ヾ(^^ ) オチツイテ

どうせ一種類しかなくて皆同じものを持っていたので、私は買わずに見せてもらいました。
その後ヤッパリ買ってしまいましたけど。( ;; ̄3 ̄) サッサア?

スウェーデン刺繍は一方通行でしか進めないと言うルールがあるので、多少制約はありますが、
仕組みが分かればアレンジも可能です。
Φ02_ちょっぴり抜け駆けです。をご参照ください。)
※実は、布の種類によっては縦横のパターンも出来るそうです。
一筆書きを考えるようにして、じ~っと本のパターンを見ていると色んな可能性が見えてきますよ♪
06-06-11_19-43.jpg  市松人形です。買って貰っちゃいました
  
  昨日宅急便で届きました。
  すご~~く大きな箱が届いて母と一緒に
  恐れおののきながら開けてみたら中から
  紙(緩衝材)→箱→紙→箱→紙・・・
  ロシア名物マトリョーシュカか?

  否、人形は人形でも・・・市松さんでした。

  しかもこんな立派な・・・。感激\(*T▽T*)/ワーイ

学生時代の先輩であるのぶこさんとM恵さんから頂きました。
最近市松人形なんてあんまり売っていないんですね。
しかも時期がちょっとずれている?
探すのが大変だったみたいです。変なものをリクエストしてすいませんでした・・・。

06-06-11_19-411.jpg  でも、超可愛い~!!←ギャル??

  一緒にお嫁に行きます。

  ありがとうございました。
凹凹凹 \(▽⌒\)

命名 ノブエ (お二人のお名前より。)
スペインの我が家で座敷ワラシとなって貰います。
残念ながらケースは持っていけそうに無いので、向こうで代わりを探さないといけませんが。

そしてその夜は・・・新宿でのぶこさんとM恵さんに”壮行会”をやって頂きました。
S氏とY氏も来てくれました。お二人とお会いするのはもう何年ぶりでしょうか?
皆さんサークル(なんていうほど洒落た団体ではないですが)の先輩です。
全員学校はバラバラでしたが、私が2年生の時の4年生幹部グループの方です。
学生時代もお世話になりましたが、卒業してからも可愛がってもらっています。

有り難いことです。 neko16.jpg

皆さん一見真人間に戻って普通の生活を送っているように装っていますが、

やっぱり 足を洗い切れていない感じ??ヽ( ̄▼ ̄*)ノ

何年経っても同じノリでお話できるっていいですよね。

楽しい夜でした。(〃⌒ー⌒〃)∫゛


それにしても、在学中も卒業してからも自大にお友達のいない私・・・。
NK大のお友達(←誰のこと?) やまもとも遊んでね よろしくね
neko101.jpg8月19日はくまさんのお誕生日です。

いい歳してお誕生日もヘッタクレもない気はしますが、
まあ、そこは気は心。
お祝いしましょう♪プレゼントも用意しましょう♪っていう話です。
「仕事用のシャツをあげる」と恒例行事にしようと去年決めたので、
今年も作ることにしました。(まだ二回目だけど・・・)

材料はすでに購入済み。
黒シャツと言う縛りがあるので、いかに個性(?)を出すか!布選びは重要です。

camisa.jpg  とりあえず今日は型紙を準備しました。
  くまさんはでかいのでXLサイズ。
  ご覧の通りスーパーのチラシです。

  本に付いてる型紙って何で重ねて書いてあるんでしょ?
  そのまま切れないじゃん(●`ε´●) ぶー
  チラシは字や絵が描いてあるので、
  トーレースしづらい・・・。

  去年作ったやつは捨ててしまったのですが、
  今年の型紙は大事にとっておくことにします。

型紙だけ切って、 今宵はここまでにいたしとうございます。
本日は終了です(笑)。

こんなペースで終わるのか??
ブログ書いてないでもっと作業をやりなさい!
と言うのも・・・

7月の出発までに作るもの(切迫度順)

①浴衣×1枚
これは半分くらい終わっています。15日までに終わる予定。
でも、襟と袖が残っているんですよね・・・。かなりキツイ・・・。

②長襦袢×1枚
全く全然手をつけていません。!Σ( ̄口 ̄;;以前紹介した反物を買っただけ。
ちょっと、焦ってます。でも、浴衣が終わらないと始められない・・・。

③花嫁さんのベール×1枚
以前紹介したレース頑張り中です。4mほどになりました。
最初の方はヘタッピなので目が荒いんですけど・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

re-su_dai.jpg  見て見て~
  ここまで長くなりました♪
  でも、あと、1mは必要です。
  これをチュールに付けたりしないといけないし、
  まだまだ道のり長し!気は抜けません!

  re-su_up.jpg ここら辺は綺麗

④くまさんのシャツ×1枚
誕生日は8月なので向こうでやってもいいんですが、ミシンが無事に届いているか
分からないので、やって持って行く方が安全かな?と思いまして・・・。

い、忙しい・・・。そのくせ会社は暇で行ってもほぼ座っているだけなのです・・・。
あ~!!もう!!!会社なんて行ってる暇無いじゃん \( ̄ -  ̄ ) ソノクライニシトケ

さてさて、ホントに出来るのでしょうか? neko14.jpg

く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!

ホントに出来るかどうかは、乞うご期待!!(笑)。
bi-zuuma.jpg  学生時代の友人のAちゃんと、Mちゃんが送別会(?)をしてくれました。
  二人とも学校は違いましたが、サークル(なんて言うような
  素敵な団体じゃありませんが)で知り合って苦楽を共にしました。
  自大の友達よりも一緒に過ごした時間が長いかも?
  卒業してからも仲良くしてくれる貴重な友人です。

学生時代も学部も違うし、学校もバラバラ。全然違う者同士の集団でしたが、
卒業してはハヤ○×年(そんなに経ってない!)。今はもっとバランバラン。

Aちゃんは大学卒業後、すっごく頑張って資格を取ってペットシッターをしています。
今月はアメリカに研修に行くそうです。凄いな~。
Mちゃんは海外出張もバンバンこなすキャリアウーマン。
私生活でも昨年結婚して充実した時間を過ごしているようです。

学生時代にはもう一人、今は沖縄で獣医をしているU嬢という仲間がいて4人組でした。
彼女は先月20時間の安産(本人曰く)で男の子を出産。いまや2児の母。
仕事との両立は大変だけど、頑張って豚をさばいておくれ~。

皆それぞれ自分の目標をしっかり持って頑張っています。
私も見習わなくちゃ!

U嬢の出産祝いを三人で選び、その後二人が私にもお祝いを買ってくれました。
IMG_0018.jpg  IMG_0017.jpg

漆塗りのアクセサリーケースです。
「何が欲しい?」と聞かれたので、「裁縫道具を入れる箱」をリクエスト。
「裁縫箱」として売っている物は私には大きすぎなので、針と小鋏と糸が少し入るくらいの
小さい箱を探していました。折角(?)なので、和風な感じで。
が、見つからないので、人に頼む事にしてしまいました。
無理難題を押し付けてごめんね。
Aちゃんは抽象的な私の希望を根気よく聞いてくれました。
結局、ちょうどよさそうな大きさの箱を売っている所をMちゃんが見付けて来てくれて、
三人で一緒に見に行って選びました。

フタを開けると内側にも絵が入っています。可愛い。
しかも、流石(?)漆!!!分かります?下の布の模様が映ってます~!!
写真を撮る時に私の顔は映るし、天井は映るし、家具は映るし・・・大変でした。
鏡のようだ・・・。裁縫箱にするなんて恐れ多い???

IMG_0024.jpg  箱が意外と安かったので、
  他にも買ってもらえる事になりました。
  以前から探していてなかなかいいものが
  無かった湯飲みを買ってもらうことにしました。

  これ本来は焼酎用。
  でも、お湯を入れても大丈夫なそうなので。

雲は私の好み。
魚は私もMちゃんも気に入ったのですが、「メオト」に拘りたかったので、ちょっと迷いました。
元々組になった物は無かったのですが、この二つ、統一性なしなので。
でも、内側の青い魚を見付けて二人とも「ヤッパリこれ~!」。即決です。

「寿」の熨斗をつけてくれました。
いや~、なんか、「寿」なんて、気恥ずかしいですね。(。-_-。)ポッ

最後は中華までご馳走になっちゃいました。
こんなにしてもらったら、向こうの生活が嫌になっても簡単に
ノコノコ帰ってきたり出来ないな~。ちょっとプレッシャー(笑)???

Aちゃん、Mちゃん。

°・:,。★\(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/★,。・:・°


山手イタリア山庭園

06-06-04_16-59.jpg  横浜市山手西洋館①

  外交官の家
  外交官の家明治政府の外交官内田定槌邸として
  渋谷に建てられたものを平成9年に移築したそうです。
  渋谷時代は洋館の母屋の他に、厨房・使用人部屋などの有った
  日本家屋(母屋と続き)や厩舎(!!)、
  馬車小屋などがあったそうです。
  外交官って凄い。

06-06-04_16-50.jpg  こちら玄関。
  内田家の家紋がデザインされています。
  
  玄関脇には”お付の者の部屋”も有りました。
  武家屋敷?

ステンドグラスが綺麗。
06-06-04_16-531.jpg 06-06-04_16-532.jpg 06-06-04_16-51.jpg

06-06-04_16-53.jpg  廊下の奥は素敵なサンルーム。
  う~ん。お金持ちっぽい。
  こんな所でお茶を飲んだり、読書したり・・・
  優雅な生活。いいなあ~。

06-06-04_16-55.jpg  ストーブ。(だと思われる。)
  小さいけれど凝ったつくりで可愛い。
  でも、こんなんで温まるのかしらん??

06-06-04_17-01.jpg  山手イタリア庭園。
  噴水と水路、花壇。凝った造りの庭園です。
  イタリア式庭園って言うのが有るのでしょうか?

  眺めがとてもいい。
  みなとみらい方面が見渡せます。
  ランドマークタワー、分かりますか???

06-06-04_17-02.jpg  横浜市山手西洋館②

  ブラフ18番館
  大正末期にカトリック山手教会の司祭館として
  建てられました。
  平成5年(1993年)に移築復元。
  
  7月までは17:00閉館。
  私たちは17:00頃着いちゃいました。

06-06-04_17-04.jpg  見学はもうダメか?と思いきや、今回の散歩の相棒
  Eちゃんの元同僚の方が偶然働いてたので、
  「急いで見てね!」と言ってもらえました。
  お言葉に甘えて駆け抜けるように見学させて貰いました。
  最後の方網戸閉められちゃいましたけど★

06-06-04_17-041.jpg  山手西洋館は何処も緑を基調とした家の中は
  とっても清々しい。
  軽井沢の高原の家。という感じです。

  その中でもここブラフ18番館は
  こじんまりとして、かわいらしい。
  赤毛のアンの家みたいでした。

元町の駅を出発して途中お茶したりしながら(お茶の時間が長かった(汗)。)
ノンビリ歩いてJR石川町駅でゴールです。
昔は西洋館なんて興味が無かったのですが、私も歳をとったのでしょうか・・・
お家めぐりって楽しい♪と思うようになりました。
山手なのでいい運動にもなるし、オススメですよ。

06-06-04_17-06.jpg  6月17日から各館を花で飾るイベント(?)が
  行われるそうです。
  「プロの人がそれぞれコンセプトを決めてやるのよ♪」
  ですって。オモシロそう。

  横浜山手散歩に出かけるご予定のある方は
  要チェックです。



元町公園

06-06-04_16-09.jpg  横浜市山手西洋館④

  エリスマン邸
  大正15年(1926年)にレーモンドの設計で
  山手127番地に建築。
  絹糸貿易商会支配人エリスマン氏の私邸。
  平成2年に移築復元されました。

06-06-04_16-111.jpg  窓が大きくて気持ちがいいです。
  緑に囲まれて高原の避暑地のよう。
  
  マリンタワーが見えます。
  わ、分かりますか(汗)?
  中央にボンヤ~リ写っているやつです。
  実際はもっとはっきり見えました。
  やはり携帯カメラには限界が・・・(涙)。
  隣のマンションも邪魔ヽ(  ̄д ̄;)ノ オテアゲー

06-06-04_16-26.jpg  窓からなにやら西洋館の遺跡の様な跡が・・・。
  この辺りには今あるよりも沢山の洋館があったのですが、
  震災で無くなってしまったそうです。

  白っぽく見える所はタイルでした。
  バスルームだったんですかね?

06-06-04_16-17.jpg  元町公園の入り口。

  街燈の模様がもみじ。

  大正浪漫って感じですか?
  (↑どんな感じ??)

06-06-04_16-30.jpg  横浜市山手西洋館③

  ベーリック・ホール
  イギリス人貿易商B.R.べりック氏の邸宅として
  昭和5年(1930年)建築。
  モーガン氏設計。

  モーガン氏って言うのは売れっ子設計士だったんでしょうか?

06-06-04_16-23.jpg  室内テラスにも噴水が!
  涼しげです。

  床の白黒のタイルが気に入ってしまいました。
  ちょっと和風?
  大正浪漫って感じですか?(←しつこい)

06-06-04_16-25.jpg  この形の窓スペインでも見かける気が・・・。

  1階がホールになっていて、クラッシクのミニコンサートが
  行われていました。
  私たちが着いた時には終わってましたが・・・。
  (そればっかり┐(-。-;)┌)

  何処の西洋館でも何かしらイベントをやっていましたが、
  やはり市営だから安いんでしょうか?

06-06-04_16-19.jpg  06-06-04_16-29.jpg  06-06-04_16-24.jpg ←渦巻いてます。

元町公園から石川町駅方面への道のりは豪華なお屋敷街です。
凝った造りの家が立ち並んでいます。
大きなお家に一体どんな人たちが住んでいるのでしょ?
市原悦子みたいなお手伝いさんがいて、色々見られちゃうのかも?

06-06-04_16-36.jpg  ツタのびっしり生えた家。
  誰も住んでいる気配がなかったのですが、
  こんな可愛い家が空き家なんてもったいない!

  でも、庭も荒れていないし、
  芝生も手入れが行き届いているし、
  ヤッパリ誰か住んでいるのかも?

教会です。ステンドグラスが綺麗だったんですけど・・・
06-06-04_16-39.jpg 06-06-04_16-40.jpg 写っていない・・・。

06-06-04_16-46.jpg  道端の謎の物体。
  一体何?
  T.A.T?何か面白い語呂合わせを!
  と思ったのですが・・・
  ダメです。ギブアップ!

  意味が分かりません。



外国人墓地周辺

港の見える丘公園を出て、交番の前の道を歩いていくと、外国人墓地に出ます。
地図で見ると遠そうだったのですが、歩いてみると案外近くでした。

06-06-04_15-55.jpg  外国人墓地です。
  寄付金最低200円を払って入ります。
  敷地内には有名な人から無名な人までお墓で一杯です。
  墓だらけ。当たり前?

  日本のものとは形が違って結構面白い。
  同じ十字架でも宗派によって色んな形があるのね~、
  なんてちょっと発見です。

緑に囲まれているし、眺めもいい。ノ~ンビリ出来ます。
でも、オハカ。
日本のオハカと違ってオドロオドロしくないし、さわやかな感じ。
でも、オハカ。
人魂出なさそうだよね~、って土葬なんだからむしろこっちの方が出るんでしょうか?
今でも土葬なのかな?日本では禁止だからヤッパリ焼くのかな?
写真を撮りたいな~と思ったのですが、何か違う物が写ると怖いのでやめました。

外人墓地から元町公園に向けての道沿いには洋館が立ち並びます。

06-06-04_15-57.jpg  06-06-04_15-511.jpg  06-06-04_15-571.jpg

06-06-04_16-001.jpg  外人墓地の周辺はお洒落なレストラン。
  山手十番館では6月17日からビヤガーデンをやっているそうです。
  ビヤガーデンと言えばビルの屋上のオヤジの巣窟って感じですが、
  洋館のお庭でなんてちょっと優雅な感じ?
  一味違うビールが飲めるかも知れませんね。

  ←こちらは教会。
  教会が多いのは土地柄?

06-06-04_16-01.jpg  道端の電話ボックスもレトロな感じです。

  扉には「自動電話機」と書かれていました。
  「自動」??自動なの???
  手動だと思うけど?

06-06-04_16-011.jpg  中の電話機も、もちろんレトロ!
  ロボットの顔みたいで可愛いですよね。

  ホントにかけられるのかな?
  でも、タウンページ置いてあるしな・・・
  よく見ると電話の部分は普通な気もする?
  色が違うけど。
  試してみるのを忘れました。「(≧ロ≦) アイヤー

yamate243.jpg  横浜市山手西洋館⑤

  山手234番館
  昭和2年(1927年)に朝香吉蔵の設計により建築。
  4所帯入れる外国人向けの共同住宅です。
  玄関に入り口が複数あって、234A、234Bとか
  プレートが付いていたので、  「長屋(歳がばれる?)みたい♪」
  とか言っていたらホントにそうでした。
  でも、外人向けだし、長屋じゃなくてアパートかしら?

陶器の展示会(?)をやっていたようですが、着いた時には終わってしまっていました。

06-06-04_16-07.jpg  山手西洋館では全館なぜか靴を脱いでの見学です。
  「やっぱり日本だな~」と思わせられます(笑)。
  西洋館なのに・・・変な感じですが。
  「汚れるからじゃない?」と母は言ってましたが、真相は?
  昔普通に人が住んでいた時はどうしていたんでしょうか??

横浜山手散歩に行ってまいりました。

カメラを持っていなかったので携帯電話で撮影したので写真がイマイチ。
う~~ん。残念。(Ω_Ω)クスン




港の見える丘公園

みなとみらい線 元町・中華街駅⑤番出口を出るとすぐに、
港の見える丘公園の入り口があります。

06-06-04_13-31.jpg  入り口付近は欝蒼とした森なのですが、急な階段を登っていくと、
  頂上付近は見晴らしのいい公園になっています。
  展望テラスがあって、港が一望できます。
  さすがは「港の見える丘公園」。
  港をバックに記念撮影をするドレス姿の花嫁さんがいて
  みんなの注目を浴びていました。
  新郎もいたのですが、出番が無くて手持ち無沙汰な様子。
  やっぱり主役は花嫁なんですね(笑)。


06-06-04_13-19.jpg  横浜市山手西洋館⑥
  (市の地図によると石川町の方から①になっているので)

  イギリス館
  昭和12年(1937年)に英国総領事公邸として建築。
  
  1階が小ホールになっていてなにやらコンサートが
  行われていました。
  正面はバラ園で奥庭は綺麗な芝生でした。
  パームツリーがコロニアル風?(侵略されていないけど★)

06-06-04_13-20.jpg  手前はベンチなのですが・・・。
  なにやら謎の物体として写ってしまっていますね・・・。
  水路が廻らされていて涼しげでした。
  横浜観光シャトルバスのロータリーになっています。
  
  奥は大佛次郎記念館。
  レンガ造りの建物です。

06-06-04_13-30.jpg  大佛次郎記念館の前にありました。
  「お手」をする猫?

yamate111.jpg  横浜市山手西洋館⑤

  山手111番館
  モーガンの設計により大正15年(1926年)
  アメリカ人ラフィン氏の住宅として建築。

  道路側から。こちらが邸内見学の入り口です。
  家の中は、吹き抜けのホールもあって素敵。
  こんな家に住みたいですね~。お手伝いさん付きで★
  パッチワークの作品展示会をやっていました。

06-06-04_13-33.jpg  港の見える丘公園側から。地下1階は喫茶コーナー。
  山の斜面に建てられているので、
  こちら側は地下1階と言う事になるらしい。
  迎えてくれるのは、今流行のと言うより正統派(?)の
  メイド服姿のウエイトレスさんです。
  店内は広くはないですが、元が個人宅なせいでしょうか?
  ノンビリくつろげます。

afternoon.jpg  アフタヌーンテーセット。
  ¥1360也
  この二段になっているお皿。これこれ~!!
  ちょっと贅沢な気分でお茶が飲めすよね。
  素敵なお庭を眺めながらゆったりと紅茶を飲むなんて
  は~~。イギリス人みた~い!(^―^)
  でも話の内容は、会社の愚痴だったりするんですよね・・・(汗)。
携帯電話のストラップを馬物で揃えてみました。
あちらこちらで馬のものは無いか~無いか~、ナマハゲのように探し続けて集めました。

  写真左側の蹄鉄&障害飛越中の馬は
  先日ブログでも紹介した
  プント・ウーノのストラップ。

  右側は通販で購入したウエスタンブーツ
  (リン拍付き)と謎の物体つき蹄鉄。
  この蹄鉄謎の物体が付いているも関わらず、
  (むしろ付いているからか?)評判がいいです。
  ペンダントとして買った物をリフォームしました。
  最初はハートとか他のチャームも付いていましたが、
  取れてしまいました(涙)。

取れた と言えば、私の一番のお気に入りだったメリーゴーランド風馬が
今日取れてしまいました。(T-T)(T-T)(T-T)。
これももともとペンダントヘッドとして購入した物を無理やりストラップとして
くっつけていたのですが、やっぱり強度に問題があったようです。
取れてしまった物は仕方ない。もう一度くっつけよう。でもどうやって?

そしたら、今日別の用事で行った手芸洋品店にこんなものが・・・!

p_marilyn_pi-2.jpg ビーズストラップの手作りキッド~!
  
  可愛いストラップが作れます。 doraemon.gif

ストラップ本体はもう二つ付いていて飽和状態なので、
ナスカンでくっつけるタイプの物にしました。

と言う訳で(?)、やまも ビーズ細工に初挑戦です!

sutrappu.jpg  私はただワイヤーに通すだけ。

  おお!

  あっという間に出来上がり
です。

  本来のセットに付いていたのは
  一番左のエンジェルチャンのみでしたが、
  取れてしまった私の馬と
  現場で衝動買いしたメリーゴーランドの馬も
  くっつけてみました。

かわいく出来て満足満足。( ̄ー ̄)v ブイ!
 ADIOS=「さようなら」 

結構誰でも知っているスペイン語ですが、実は、私とくまさんの間では禁句です。

と言うのは、私が中南米出身だから。
出身といっても生まれも育ちも日本なんですけど(笑)。
中南米で勉強したんです。
「勉強した」なんて言えるほど大した事はしてはいませんが・・・。
長々勉強していたにも関わらず、一大決心して渡ったグァテマラで一から勉強のし直し。
現在形の活用から叩き込まれました。
そんなこんなで、私のスペイン語は中南米で確立されました。
なので、未だにVOSTROSの活用がいえないんです・・・(涙)。
(中南米ではVOSTROSは活用表に登場すらしません。)

中南米のスペイン語と本場スペインのスペイン語は同じようで違う。
いや、ぜんぜん違うのかも?
どっちにしても外国語なので、私にはあまり違いは分からないんですが・・・。
訛りとかイントネーションの違いとかにもあんまり気が付かない方なんですよねぇ。

私の勝手な分類では↓こんな感じです。
カステジャーノ:スペイン・アルゼンチン
エスパニョール:アルゼンチンを除く中南米・メキシコ

違いは沢山あるのでしょうが、意外と気が付かずにくまさんとも会話をしてますが。
特に指摘をされたことも無いですし・・・。
(変なこと言っているよ・・・と思われている事はあるかも知れませんけど★)

そのくせ、ど~しても気になったのが、別れの挨拶「ADIOS」。
ペルーに滞在してた時に「もう会えないかも知れない人に対して使うのよ」
と注意されたので、その印象が抜けず、電話を切るたびに「ADIOS」
と言われて、なんとな~く寂しい気持ちになってしまっていました。
なんだか本当につらい気持ちになるのでお願いしてやめてもらいました。

「そんな意味は無い!」とちょっと腑に落ちない感じのくまさんではありました。
だって、ペルーで言われたんだもん。
結局、電話は「またね♪」で切るようにしてもらいました。
その方が前向きだしね。
最初のうちは「A・・・」まで出かかってましたが(笑)。

こんな話をしたのは付き合いだしてすぐの事。
アレからもう一年以上がたちます。
今では「またね」で切るのが当たり前になりましたが、
こんな話し合いがあったなんてくまさん、もう忘れちゃってるだろうな~。
 エピソード 1
く ま:「今日、TVの料理番組で日本のPlantaを使った料理を放送していたよ♪」
やまも:「へ~、日本の野菜?。なになに?」
く ま:「ん~、○×△★×?」
やまも:「は?」
く ま:「名前が良く聞き取れなかったんだよ~。」

見た目はどんなだったか、どんな風に使ったのか、ナドナドを聞き取り調査したところ、

sansyo7.jpeg  山椒 でした。 

  野菜か?それ?

  Planta=「植物」 Verdura=「野菜」
  野菜と解釈したのは私の意訳だったのですが・・・。
  番組中に一番印象に残った材料が山椒??
  それって一体何の料理?


 エピソード2
く ま:「(くまさんの友人)AはComida Japonesaが好きなんだよ。」
やまも:「へえ。日本食好きなんだ~。」
友人A:「そうなんだよ。一番好きなのはねぇ、これ!デパートで買ったんだ。」

wasabi0.gif出てきた物は ガリ でした。

ちなみにくまさんが好きなComida Japonesaは

わさび です。あと、醤油

なぜ?

Comida=「食べ物」だけどさ・・・。
私の感覚ではIngrediente=「材料」なんだけど?
(ホントは「材料」な訳でも無いですが・・・。正確には薬味。)

スペイン料理で何が好き? → オリーブオイル って答えるのに似ている? 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。