FROMやまも@Barcelona 2006年07月

FROMやまも@Barcelona

@BARCELONAな役に立つこと立たない事、面白い事、面白くない事をお届けいたします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トマトを沢山貰ったので、ガスパッチョに挑戦です。
くまさんも初の試み。大丈夫???

IMG_0378.jpg  【材料】  トマト×3個   
         ピーマン(赤・緑)×半分くらい
         ズッキーニ×好きなだけ
         にんにく×1~2欠片(好きな人はもっと?)
         パン×余っている分(?)全部
         オリーブオイル/酢/塩×適宜

  【作り方】 材料を適当な大きさに刻む
         パンは水につけて柔らかくしておく
         材料をすべてミキサーにかける
         冷蔵庫で冷やして出来上がり。

・・・・・・・・こ・こ・こんな感じ???

meshi0729.jpg本日の昼食はガスパッチョと鶏肉、サラダ(二種類)です。

トマトがホントに山のようにあるので、
毎日トマトばっかり食べてます。

一つ一つの大きさがでかいので、何か作ると
当分の間あります。

サラダ、今日何日目だろ・・・?

美味しそう と思ったらワンクリックお願いします♪ e_01.gif
スポンサーサイト
我が家のシェフはくまさんです。
私はお手伝い係です。
昼間いつも家にいるし、料理も大好き。手を出すと怒られます(笑)。
最初は悪いかな~・・・と思って色々手伝おうとしたのですが、
怒られるだけなので、言われたことだけするようにしています。
くまさん=作る人 やまも=片付ける人 の構図が出来つつあります。

私が日本から持参した包丁にオオヨロビでした。
「欲しかったんだよ~♪」
そうなの?知らなかったよ・・・。

ここは、そんなくまさんのスペイン料理をご紹介するコーナーです。
決して3分では終わりませんが、クッキングと言えば3分なのです(笑)。
暑いです。 バルセロナは暑いです。

最初はそうでもないな。と思っていたのですが、
段々体内に暑さが貯まってきました。

どちらかと言うと、 痛いですけど(笑)。

日本のようにジメジメしていないからか、「残暑」っぽい暑さです。
ふと、秋の訪れを感じてしまうのは私だけ???

そして、 乾いています。

肌がパリパリ。鼻の中もパリパリ。寝て起きると口の中もパリパリ。
口を開けて寝ているからなんですけど・・・(汗)。
バルセロナでこうなら、もっと乾燥していると評判の地域ではどんななんでしょうか???

我が家は、立地条件がいいのか、スペインと言う土地がそうなのか分かりませんが、
家の中はありがたい事にホントに涼しいです。

朝晩は涼しくて寝心地いい。
くまさんが暑がりなので窓を開けて寝ているのですが、私なんぞはちょっと寒いくらい。
当分使うことが無いだろうと思っていた羽毛布団が早くも登場してます(苦笑)。
昼間も風が通るので、窓さえ開いていれば快適なので、よく寝られます(笑)。

私は、もっとぐうたら寝ていたいのですが、くまさんはもう歳だからなのか、
夜の仕事の癖に6時には起床。退屈だからって、私のことも7時には起します(笑)。
そのくせ、シエスタの時には起きないんだから、困ったものです。

まあ、誰しも、 仕事には行きたくない=だから起きられない
という事でしょうか?

natu2.jpg  こんなビラ(?)を貰ってきました。

  カタランなので、読めません(苦笑)。

  話しているのはスペイン語でも、
  表記はカタラン。
  カタランを話す率は地域にもよるそうですが、
  政治的な意図を感じます。

  なぜゆえに、ホタテ貝の形なのかは全く謎です。
  絵柄がちょっとピカソ風???

  @Barcelonaです。
  24日に無事到着。
  到着するなり、送った荷物が5箱届いていたり、
  役所に行ったり、銀行に口座を開いたり・・・。
  バタバタしておりましたが、
  今は、散乱していた荷物も片付いて、
  昨日からはくまさんも仕事に復活。
  段々普通の生活にが出来るようになりました。
  
インターネットをつなげる場所も確保完了。
(我が家に普及するのは夏休み明けの9月になる予定(涙)。)
これからまた、ブログも書いていきますので、皆様、どうぞよろしくお願いいたします。
20060724112047


遠距離恋愛最終日

くまさんと一緒に日本を出発です。
私もいよいよ巣立ちの時です。
(ちょっと遅い気もしますが‥。)

お父さん、お母さん。
今までどうもありがとう。
今までお世話になったいろんな人、友人に感謝!です。

これからは、くまさんと二人で頑張ります。

でも‥‥、
これからもヨロシクネ(^0^)/

20060725070822


くまさん滞在日記 7月23日

くまさんの日本滞在中、何が大変かって言うと、
ビールを飲める喫茶店を探すことです。

探すと意外とないもので、他にも
「列ぶのは嫌」とか「食事はしたくない」とか
いろいろワガママ言うので、
マスマス見付かりません(T_T)
餌を欲しがるヒナのように鳴かれて困っております。(-_-メ

ビール!ビール!って!!!
ナイモノは無いんじゃ~!!

食後はコーヒーと一緒にブランデーを欲しがるし‥‥。
昼間から酒飲むなよな~。

20060723101807


くまさん滞在日記 7月22日

日本在住のくまさんの友達が集まりました。

みんな同じ業界なハズなのになんか見た目バラバラ‥‥?
怪しいオヤジの集会 f^_^;。

くまさんは日本に来るのは二年ぶり。
久しぶりの再会です。

みんな口を揃えて
「若返ったね~w(゜o゜)w。」

‥‥‥‥‥。

ププププッ Ψ(-◇-)Ψ

前に来た時は推定年齢65歳だったもんな~ ( ̄个 ̄)

今は45歳くらい?って、年相応なだけか・・・。
20060722004848


くま滞在日記 7月21日

両親と四人で焼肉を食べに行きました。
お店の前で待ち合わせ。
以前、「スペイン人グループで焼肉を食べに行く時はパンを買って行くそうだ。
くまさん達はいろんな意味で見た目怖いし、怪しいし、
いろんな意味でヤバそうなので許してくれるらしい。」
と話した事があったので、気を効かせてパンを買って来てくれました。

美味しく焼肉を食べて私が一度父母と実家に戻ると言うと、
くま:「残ったパンで夜食にサンドイッチを作るから、
家からハムとチーズをもらって来てm(__)m」
ですと‥‥ (-.-;)

しょっちゅう飲むコーヒー代やビール代は気にならないし、
誰かと食事すると「俺が!俺が!」と出したがるくせに‥‥。

意外とケチ(笑)?

いや、無ければ結局は買うので、
単に食い意地が張っているだけ? (-.-;)

20060722002746


くま滞在日記 7月20日

くま:「よく見掛けるんだけど、これナニ?」
(-.-;) 防炎の証明タグですが?
よく見掛ける?
そう言えば、あちこちについているけど‥‥。
変な所をよく見ているよな~ f^_^;

よく見ていると言えば、
「バルセロナにも出来たらしいけど、見た事ないんだよ~ (*_*)」と、
駐輪場を珍しげに見たり、
「前から気になっていた」とか言って、
黄色い点字ブロックのラインに感心して写真に撮ったり‥‥。

意外な事に興味を持って質問して来るので、気が抜けません。
私も一緒に日本再発見しております o(^-^)o。

20060719194635


くまさん滞在日記 7月19日

トイレから出て来て一言。

くま:「日本のトイレットペーパって柔らかいね(T_T)」

なんで?やらかい方がいいじゃん??

くま:「鼻がかみづらい‥‥。」

くまさんは鼻炎気味。
そう言う事もあるかもね(笑)。

20060718225012


くまさん滞在モブログです。

くまさん到着です。
これを期にモブログに挑戦 

成田からの帰り道、東京駅のエスカレーターで、
くまさんの出ているお腹をからかって、つっついていると‥‥、
隣り合わせに乗っていたオバチャンが、自分のお腹を指して、
「一緒 一緒 」ですって‥‥。

お互い全く言葉の通じないハズのこの二人。
心は、しっかりと、通じ合っていました 

これも国際交流?
隣にいたダンナサマは苦い顔でしたが‥m(__)m
いよいよ明日! くまさん日本に来ちゃいますよ~。

は~。今まで長かったような? 短かったような?
過ぎてしまえばアット言う間だった気がします。

明日の対面に向けてやまも家、みなソワソワしております。

やっぱりパンが食べたいかな?と思って焼こうとしたら、止められました。

「日本の美味しいパンを食べさせてあげなさい。」

だって!!!

失礼しちゃう(怒)!でも、まあ、そうかもね、と思ってしまう私も私ですけど。

thumb.jpg
  くまさんはもう出発したかしら?

  しばらく行方不明になりそうですが、
  皆さん私を忘れないでくださいね。
出発に向けて部屋を掃除していたら、(今頃?とか言わないで・・・。)
ちょっと昔の凄い写真が出てきてビックリ!

20060717003719.jpg  自分でももう忘れていたのですが、
  染髪に失敗してキンシコウみたいになっていた
  時期があったのでした・・・。
  頭ヤンキーな上に太っている・・・。

  軽くやばい?いや、相当やばい!

  25(位だったと思う。)歳でこれはやばいって~!
  ここに目隠しでさえ、載せる勇気がございません。

くまさんに何か写真を見せてあげよ♪と思っていたのですが、
中止にしたことは言うまでもありません。
まあ、他にも出てきたからそれを見せよう・・・。

部屋の掃除なんてしていたら、

まあ、色んな物が出て来ますこと★来ますこと★

懐かしいものが沢山発掘されましたが、涙を飲んで捨てることにしました。
何年も使ってないし、これからも使わないだろうし、仕方ないよね。
でも、ちょっと寂しい・・・(涙)。

hukuro.jpgそんで、懲りずにまだこんな事してます。
偶然存在を知って作りたくなってしまった

ラミネート加工布地のトートバック。

扱いづらい、とは聞いていましたが、
これほどとは!!!
硬くて、すべる。
お店のおじさんは「ミシンに加工生地を縫う用の
付け替え金具が付いている」と言っていたのに、
家のミシンには付いてない!!
間違えてほどこうにも、
一度縫った所は白くなっちゃうし~!!

とりあえず、形にはしました。
中の裏地が外側よりも小さくて浮いているとか、
表の縫い目はツッているのに、
裏はたるんでるとか、
気に入らない点は山ほど有りますが、
防水の大きなトートバックが欲しかっただけ
なので、もうなんでもいいです。

野菜とか買って入れる為の買い物袋として使用する予定です。

若奥様っぽいでしょ?
K_0194.jpg  二日目の宿泊は白浜温泉。

  その名の通り、ホントに 白い浜  です。

  砂がサラサラ。水も凄くきれいでした。
  もう泳いでいる人も居ましたが、
  まだちょっと水が冷たかったかも。

K_0200.jpg三日目は白浜付近の観光スポットを廻ります。

まずは、 三段壁 。

千畳敷の南海岸にそそり立つ高さ50mの断崖です。
台風(!)の影響で、海は大荒れ。
凄い迫力です。

展望デッキのような所から対岸を望む形で観覧します。

「キケン」 って書いてありましたが、岸壁に立ってデッキから父に撮影してもらいました。

K_0198.jpgK_0197.jpg  私、
  ・・・・・・
  ちっちゃ!

K_0201.jpg  私は対岸に一人でいたので全く聞こえず、
  のん気に手とか振ってはしゃいでいましたが、
  デッキでは、他の観光客の人が「危な~い!」
  「落ちる~!」と大騒ぎだったそうです。
  ガイドさんは「絶対やめてください」と怒りぎみ?

  姉曰く「恥ずかしかった」

  すんません。m(。-_-。)m

でも、他の人も入っていたし、ベンチも置いてあったんですけど?

danmen_6.jpg  三段壁の後は 三段壁洞窟 。

K_0206.jpg  平安時代に力を誇った熊野水軍の
  隠し洞窟だったと伝えられる
  白浜の古跡です。
  地上から地下36mの洞窟へは
  高速エレベーターで約14秒。

  洞内には弁天が御祀りされたいます。

K_0203.jpg  K_0208.jpg  K_0223.jpg

K_0209.jpg  入り組んだ洞内を歩いて見学です。
  あちこちで海とつながっています。
  海が大荒れだったので、いつもは外に出ることが出来る
  デッキも「キケン 立ち入り禁止」でした。ちょっと残念。
  でも、その代わり、洞内に流れ込む波は超ダイナミック。
  あちこちで悲鳴があがります。
  幸いびしょぬれになる人はいませんでしたけど。

K_0212.jpgK_0204.jpg  ザブ~ン!!


この後は、千畳敷(ここも波が高くて立ち入り禁止)と南方熊楠記念館を見て、
一路安珍清姫の悲恋物語で有名な道成寺へ。

K_0250.jpg  道成寺は大宝元年(701年)に創建された
  和歌山県最古のお寺です。
  創建には「かみなが姫(藤原宮子)」の伝説が
  関わっています。
  一つのお寺で二つも有名な伝説があるのです。

  蒔き絵を使った和尚さんの説法を聞きます。
  一日6~7回は繰り返すと言うこの説法。
  流石(?)によく練りこまれていて面白かったです。

↓安珍供養の松。
清姫の呪いのためか、真っ直ぐに育たず、捻じ曲がっているそうです。
(後に二人は浄土で救われるのですが。)

K_0249.jpg  恋しい人を思って蛇になった清姫。
  私にはその情熱はイマイチ分かりませんでしたが・・・。

  「妻宝極楽」 
  (極楽は西方にあるというが妻を大事にすることで
   家庭が極楽になる、妻は「宝」となるべく勤めよう。と言う教え)
  の話など、結婚を控えた私には為になるものでした。

この道成寺、和尚さんも「安珍清姫話を説明するお寺みたいに成ってしまいました。」
と言うくらい、そっち方面ばかりで有名ですが、
流石!和歌山県最古の寺。創業1300年の老舗(?)です。

仏像がすばらしい!

極楽浄土を感じる仏像の数々。いくらでも眺めていたい・・・。
ご本尊の千手観音を始め、両脇の月光・日光菩薩。釈迦入来に文殊、普賢像、などなど。
ガンダーラ仏もあって、かなり興味深い。
仏像好きにはたまらない・・・・。

かなりお名残惜しい私をよそに、ここでの滞在時間はごくわずか(涙)。
雨もザーザー降ってきて、引き剥がされるような気持ちで
道成寺を後にしたのでした・・・。

これで二泊三日の家族旅行は無事終了です。
温泉入って、あちこち観光して・・・バス旅行って面白いですね。
家族の親睦も深まった・・・かな???
赤福を(伊勢参りじゃないくせに!)買って帰りました。
K_0183.jpgK_0191.jpg  熊野本宮大社参拝です。

  この旅の真の目的(?)はこの本宮大社での

  正式参拝 に有ります。

  ←行きは参道 →帰りは古道から・・・
  どっちにしても、結局階段なのね・・・(汗)。

K_0187.jpg  なにやら他の活動団体を連想させる垂れ幕付きの
  山門から入場です。
  中に入ると宮司さんが出てきて参拝が始まります。
  みんな並んで恭しく祝詞を聞きます。
  始めは外で、その後は神域の中に入っての参拝です。
  神域とは言っても、社殿の中には入れません。
  鈴門の中に入る事がゆるされます。
  普通は入れない神の領域です。

K_0186.jpg    K_0189.jpg

ここにお祀りされている主祭神は、家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)。
別名を熊野坐大神(くまぬにますおおかみ)、熊野加武呂乃命(くまぬかむろのみこと)。
でも、簡単(?)に言うと「須佐之男命(スサノウノミコト)」の事らしい。

第一殿(西御前): 熊野牟須美大神・事解之男神 (いざないみのみこと): 千手観音
第二殿(中御前): 速玉之男神 (いざなぎのみこと): 薬師如来
第三殿(證証殿): 家都美御子大神 : 阿弥陀如来
第四殿(若宮): 天照大神 : 十一面観音

熊野信仰は神仏融合なので、神でもあり同時に仏でもあります。
第一殿のいざなみのみことは熊野那智大社、
第二殿のいざなぎのみことは熊野速玉神社の主祭神です。

敷地内には社殿が3棟。しかし、第一殿と第二殿は二柱の神様をお祀りしていて、
鈴門が二つ付いています。
中で二つに分かれているそうです。見てみたい・・・。

K_0185.jpg  熊野本宮大社は創建以来、
  熊野川の中洲にあったとされています。
  1889(明治22)年の洪水でほとんど流されて、
  今ある上四社(社殿3棟)が残ったのみだそうです。
  奇しくも主祭神から3棟・・・。
  何処の世界も同じなのね・・・。
  社殿の残った神様たちだけ山の上にお引越しして、
  残った神様たちは中洲に塚が建てられてそこで
  お祀りされているそうです。

K_0192.jpg
中洲には「日本一の大鳥居」があります。
ちょっと前まで奈良のサクラ市の物が一番だった
そうですけど、「日本一の大鳥居饅頭」とか
発売している様子を見ちゃうと、
追い越されたらパンフレットから何から全部
変えないといけないのね・・・
なんて変な想像しちゃいました。
抜かれた時、サクラの人たちは大変だっただろうな~。

旅の二日目はこれでお終い。よく歩いた一日でした。
pegamento.jpg  くまさん来日まで後 3日 です。

  滞在期間が短いので予定がキュ~キュ~な事を予想して、
  くまさんから指令が届きました。
  
  Si puedes comprarme pegamento, por favor.
  (出来たらボンド買っといて。)


  はいよ~。買っときましたよ~。

  先頭の分が足りない!もう1本買えばよかった・・・。

スペインに行くときには毎回頼まれるお土産(?)です。
はっきり言って、どんな土産よりも、これが一番喜ばれます。
荷物を広げると一番に「ペガメントは?」って聞かれます(笑)。
(同業者の)友達にあげたりするので、沢山欲しいんだそうです。
今回は1箱(10ヶ入り)×2を用意しました。
最初にこれを箱買いした時は、釣具屋さんで相当怪しまれました。
欲しい分だけ数がなくて、「電話頂けたらご用意しておきます。」とか言われちゃいました。
今回は入荷したてだったらしく、沢山ありましたが・・・

買い占めちゃいました (。-_-。)ポッ

皆さん、もう段々とくまさんの職業が分かってきちゃいましたね~ 
とか言って、実は彼らが「釣り名人」を使っていることは、その道(どのミチ?)の人も
意外と知らなかったりするんです。
日本でやっている人もパート(?)が違うと知らない事が多いですし・・・。

分かったあなたは  と言えるでしょう。

・ ・・・と言う感じで、くまさんを語ってみました。



「釣り名人」をご存知ない方の為に・・・・・

ref1144662843_200.jpgt_minituri.gif
アロンアルファで有名な東亞合成株式会社の製品です。

スピード接着・強力接着で、竿やトップガイドの補修・補強、
仕掛けづくりなど、釣具の補修・創作に幅広く活躍します。


基本的には釣具ですが、くまさん及びその同業者の間では
「Verde(緑)」と呼ばれ珍重されています。
スペインにも同じようなものが有るけど、
日本のものの方がいいんですって。

一般用アロンアルファより粘度が低い為、
爪に薄く塗り広げたり細かい隙間に浸透させるのに最適。
成分のシアノアクリレートは人体に無害。


メーカーの人はこんな所で人気を博しているなんて知らないんだろうな・・・。
いよいよ、二日目のメインイベント(?)那智の滝です。
今までもチラホラとその姿を垣間見てはいましたが、いよいよ間近で見る事になります。

K_0177.jpg  〔那智の滝〕
  水柱は直下133m、銚子口の幅13m、
  滝壺の深さは10mの日本一の名瀑で、
  銚子口の岩盤に三つの切れ目があって、
  三筋になって落下し 始めるところから、
  「三筋の滝」ともよばれています。
  熊野那智大社別宮飛瀧神社の御神体となっています。


K_0178.jpgまたもや苔むした林の中を那智の滝に向かって進んでいきます。
欝蒼と茂った木々に覆われた参道は雰囲気たっぷり。
神域に入って行きますよ~。と言う感じがします。

ところで、参堂には「一般席」とか「報道席」とか区切って
表示されたいました。
近日中に何かお祭り(?)かなにかある様子?
見られたら良かったのに。残念。

そしてこの旅恒例(?)の石段を降りていくと・・・

ど~ん! 那智の滝です。

K_0179.jpg  10年?20年?もしかしたら100年?の修行も
  思わず吹っ飛ぶと言う噂の衝撃(?)の滝です。
  私には噂(?)のようには見えませんでしたが・・・。

  しかし、でかい。迫力満点です。
  確かに色んな事が馬鹿らしくなってくるかも。

  別料金300円也を払うと小さなお札を頂けて、
  写真の場所より更に滝の近くまで行く事が出来ます。
  何処にあったか未だに分かりませんが、
  更に金300円追加で「死ぬまで生きる」延命水を
  飲むことも出来るそうです。

この日は連日の雨の為に水量が増えていたので、三筋にはなっていませんでした。
でも、そのおかげでガイドさん曰く「滝の迫力が増している」そうでした。
確かに、近づくのが怖いくらいの凄い水しぶきでした。

滝の右手には「那智原始林」と呼ばれる原生林で、国の天然記念物に指定されているそうです。
昔は山全体が原生林でもっと神々しい感じだったそうです。どのくらい昔なんだろ?

日本を旅していると時々「神様っているよな~」となんとなく感じる場所があるのですが、
ここもそんな場所でした。


旅は三日目に続きます。
IMG_0269.jpg  襦袢完成  しました~。

  和裁教室に缶詰(?)状態で一日6~8時間作業して
  頑張りました。
  まるで仕事じゃん!ってくらい、縫って縫って・・・
  絎けて絎けて・・・。

  急いで作った(いや、急がなくてもか?)ので、
  我ながら「いや~、雑だな~。」と思う部分もありましたが、
  まあ、自分のなので。いいかな・・・?駄目かな・・・?

自分の物に対しては先生のチェックも甘い。
験針機にかけて「ピー!!」と鳴って、針が見つからなくても・・・
(結局針は入ってませんでしたが。)
一体何処で付いたのやら・・・?前(!!)オクミに汚れが見つかっても・・・

「まあ、いいでしょ♪」  合言葉は 「自分のですから  」

人の物を作っている時とは大違いのこの緊張感のなさ・・・(苦笑)。
仕事の時は、出来栄えといい、納期といい・・・気が狂いそうですから★
自分の物って気楽~  こんな事なら、仕事しないで自分の物を作ってればよかった。
って、そんなに着物着ないから作っても困るんだけど・・・。

ともあれ完成です。教室の人たちが拍手で祝福(?)してくれました。

よかった。よかった。
これでしばらくゆっくり出来る・・・。
大門坂を登りきったら、もう汗だくです。
そんなに、暑くはなかったのですが、 湿度が高いので、汗がだらだら出ます。
は~。やっとひと段落。語り部さんと分かれて後は各自で参拝です。

K_0148.jpg  と、思ったら!

  じゃあ、ここ登ってくださ~い♪
  K_0149.jpg
  へ?マジ・・・?
  また階段ッすか?

  ええ、ええ登りますよ! 
  ここまで来たからには登りますよ。

  登りますともさ~!

登りきったら熊野那智大社と青岸渡寺です。
神仏が同じ土地に祭られている珍しい形式(?)です。
頂上付近で参道が二手に分かれます。
最終的には上でつながっているので、どちらから登ってもいいのですが、
ガイドさん&語り部さん曰く、「那智大社方面から上がった方がラク」だそうです。

K_0174.jpg  熊野速玉大社・熊野本宮大社とともに熊野三山と呼ばれ、
  古来より多くの人々の信仰を集めた熊野那智大社は、
  那智山青岸渡寺とともに熊野信仰 の中心地として栄華を極め、
  今なお多くの参詣者が訪れています。
  473段の石段を登り、標高約500mに位置する社殿は
  6棟からなり、夫須美神(ふすみのかみ)を御主神として
  それぞれに神様をおまつりして います。


K_0170.jpg  社殿はただいま工事中。
  ここも前日お参りした熊野速玉神社同様
  社殿が新しい・・・。
  う~~ん。ちと、盛り上がりに欠けます。
  古いものがいい!とは一概には言えませんが、
  やっぱり、ねえ・・・。
  
K_0169.jpg  平重盛が植えたという樟の木
  (樹齢約850年)
  県天然記念物指定

  
  この写真、グラマラスに撮れてますね~。
 
K_0165.jpgK_0166.jpg    胎内めぐり(?)出来ます。
    金300円也
    私も生まれてみました。

    ←こっちの洞から入って・・・
          →こっちの洞から出ます。

    これだけ???
    300円は高いな~。


K_0164.jpgK_0161.jpg 如意輪観世音を祀る青岸渡寺は、
 一千日(3年間)の滝篭りをされた
 花山法皇が永延2年(988)に
 御幸され西国33ヶ所観音巡り
 1番札所として定めたとさます。


K_0162.jpgこちらは古くて趣あります。
特に何か豪華な飾りがあったり欄間が凄い!とか
言うこともないのですが私は「結構いいな」
と思いました。
古くて、線香くさくて、いかにも!な、味がありました。

私が個人的に建物として、神社よりもお寺が好き
と言うことも有りますが・・・。

K_0155.jpg  青岸渡寺の本堂後方には三重塔があります。
  「後方」と言うにはだいぶ離れてますが。

  金200円で登れます。
  何処でも個別に金取りマスね~。

K_0154.jpgが! ここ穴場です!!

那智の滝が見渡せます。
私個人的には滝つぼに行った時よりも感動がありました。
霊気すら感じられる!(大袈裟?)

それもそのはず、実は穴場じゃなくて、ポスターなんかでも
お馴染みのスポットなのでした★
そんなのもあるんで気が向いたら行ったら~?」的な案内を
されたので、うちの家族は私以外上に上がりませんでした。

ふ・・・。いいとこ見逃したわね。あなたたち。

次はいよいよ那智の滝♪です。

K_0136.jpgK_0129.jpg  この話、皆さんもう
  お忘れかも知れませんが・・・。

  熊野旅行の続きです。

二日目は熊野古道散策です。 大門坂を登るルートです。

それにしても、熊野古道って、「クマの子道」って聞こえるのは私だけでしょうか・・・?

K_0128.jpg  天気予報では100%雨(T_T) だったのですが、
  幸い降られずにすみました。
  この旅行梅雨真っ盛りの時期だったにも関わらず、
  雨に降られたのは最終日に1回だけ。
  地理的にも豪雨地帯で有名な場所だし、
  実際連日の雨のため、土砂崩れなのどの被害が
  出ている地域もありました。
  (移動途中現場を通りました。)

  う~~む。これはよほどの晴れ女がいたに違いない!
  それとも、私の日ごろの行いの賜物かしらん???

K_0139.jpg苔むした石段は中央が登りやすくなっています。
語り部さんは
「太古の昔からバリヤフリーが考えられていたんだ!」
と自慢げでしたが・・・。
ただ単にみんなが真ん中を通るからいい具合に削れたのでは??

どちらにしても、まるで時間が止まっているかのようなこの古道。
歴史の息吹を感じます。
南方熊楠さんが長年研究したという粘菌の息吹も感じます。

K_0137.jpg K_0140.jpg K_0141.jpg K_0143.jpg

K_0147.jpg  途中で、那智の滝が見える場所があります。
  語り部さん曰く「頑張って登った人に褒美」だそうです。
  車で登った所からも見えましたが・・・(苦笑)。
  でも、やっぱり車で登ったのでは得られない
  感動がありますね♪
  結構遠いのに音も聞こえてきます。
  近くで見たら凄いんだろうな~。

  熊野古道を登りきったその先には、熊野那智大社、
  熊野青岸渡寺があります。

二日目の旅は盛り沢山。まだまだ続きます。
camisa2.jpg  くまシャツ完成しました~♪
       O(≧∇≦)O イエイ!!

  本年度のテーマは 四角?
  四角模様の生地に四角いボタンを付けたと言うだけですが。
  
camisa1.jpg  時間がなかったので、
  どうなる事か・・・?
  と心配をいたしましたが、
  無事に完成したので、
  ほっと一安心です。


縫い目がヨロヨロしていますが、そんなの、気にしないもん♪

素人作品の  って事で、勘弁してもらいましょう。

それにしてもミシンって便利だけど、難しい。
真っ直ぐ縫うだけでも一苦労です。
縫うのは早いが、解くのは大変だし。

もっと精進が必要です。

お星様にお願い☆★☆=

来年はもう少し上手くなってますように。
 
最近くまさんが全く出てこないこのブログ・・・。

ラブラブ国際恋愛ブログ なはずなのにおかしいな?

てな訳で久しぶりにくまさんを語ってみます。

くまさんは完璧に 非携帯&非メール世代 です。
携帯電話は家に固定電話がないので、持っていますが、ほとんど使ってないみたい。
メールに至っては全く未対応です。
かろうじて私と通信できるのはお互いボーダフォンで電話番号でやり取りが出来るから。

そんな、オヤジなくまさんですが、一応頑張ってます。
だって、メールは遠距離恋愛に欠かせない(?)アイテムですもん。

で、頑張ってどんなメールをくれるかって言うと、半月に一回くらい
「Como estas?(元気?)」みたいな一行メールが来ます(笑)。

微妙?

電話で「○×を見せたいからメールで送るね!送れたら・・・。」

基本的に、来ません(笑)。

何かの拍子に上手くいくとこんな写真が届いたりします。

Q:さて、この写真、何を見せたいのでしょうか?

picture051-1.jpg  picture053-1.jpg  picture052-1.jpg

よ~~~~く見ると、馬車が・・・。馬が・・・。
写っているような?写っていないような??

馬好きなやまもの為にわざわざ撮って送ってくれたのです。

でも、どうせここまで来たなら、もう一歩 前に出てくれたらよかったに。

分かった人は「馬好きセンサー」が付いているに違いない。
私もしばらく分からなくて一瞬嫌がらせか?と思っちゃいましたよ。

これって、今流行の アハ体験?

狙ってやっているんだろうか???

・・・・と言う感じで、くまさんを語ってみました。


「アハ体験」をご存知ない方の為に・・・・・

とか言って、調べてみたけど、よく分からなかったです。 ヘ(´o`)ヘ とほほ・・・・

aha03.jpg  「アハ体験」とは、頭の中で何かがひらめいて、
  新しいことを理解したり、思いつくこと。
  英語のaha!(分かった!)という言葉からきている。
  ひらめき、創造性といった脳の働き。
  ソニーコンピュータサイエンス研究所
  茂木健一郎博士が提唱しているらしい。

「何か行動をして嬉しいことがあって、ドーパミンが出ると、その回路が強化される
というのが、『強化学習』と呼ばれるメカニズム。
だから頭をよくしたければ、何か嬉しいと感じなくてはいけない」
んだそうです。
06-07-10_12-23.jpg  役所に書類を持って行ったついでに10円カレーで有名な
  松本楼で一人リッチにお昼を食べました。

06-07-10_11-47.jpg  カレーがキライな私は、
  野菜の冷たいパスタを食べました。
  細麺でちょっと酸味が効いた
  ドレッシングがかかっていました。
  生ハム大好き♪
  マメも好き。
  美味しかったです。

テラス席で小鳥の声を聞きながらのんびりお食事。大きな蝶々も飛んでいます。
一見ヨーロッパのカフェにも負けないこのシュチエーション。

でも、時々混ざるカラスの声・・・。
公園を工事している音や、国政批判のアナウンスカー、
レジャーシートを敷いてお弁当を食べる遠足の子供も遠くに聞こえます。
  
こういう音が混ざっちゃうのが いかにも 日本だよな~。
高校時代からの友人たちが送別会をしてくれました。
このメンバーで集まるのは、2月に Yちゃんの送別会 をしたとき以来。
何人かとは個別に時々会っている子もいるのですが、
2月以来ホントに久しぶりに会うという人も。
子育て中だったり、結婚準備中だったり、旦那様に付いて遠くへ行っていたり・・・
みんなそれぞれ色々な事情で忙しく、みんなで会える機会はなかなかありません。
私もスペインへ行ってしまうし、これからマスマスみんながそろう機会は
減ってしまうと思うけれど、人生の約半分を友人として過ごしてきた大事な仲間です。

みんな、これからも末永くよろしくね。

本日のお題は カニスキ 
銀座でカニスキをご馳走になってしまいました やっぱりカニは美味しいね。

ちょっと季節はずれだったけど、美味しいカニが食べられて大満足。
みんなありがとう!!

IMG_0262.jpg  美味しいカニの後はお祝いまで買って貰いました。

  スプーンとフォークのセットです。
  写真がイマイチ上手く撮れていませんが、
  シンプルなデザインにも関わらず、
  一つ一つが実はとってもコッています。

  ああ、自慢したい~。
  誰かお客さん来ないかなぁ~?

左端のスプーンには小さなハートがくりぬかれています。
フォークは微妙な斜めのラインが気に入ってしまいました。
真ん中のスプーンは「メロンスプーン」。
そんな物がこの世に存在するなんて!!流石メロン???
一番右は「アイスティースプーン」です。メロンに続きそんな存在を知りませんでしたが、
そういえば喫茶店で見た事が有る気もします。
コーヒーが飲めない私は紅茶党なのですが、夏はやっぱりアイスで飲みたい。
こんなの有ったらお店で飲んでる気分が味わえますよね~♪
左から4種類は5本づつ、バターナイフは1本、アイスティースプーンは2本。
と言うセット内容です。セット、とは言っても自分で好きに組み合わせたのですが・・・。

IMG_0261.jpg  そして、ケーキスライサー。
  スライサー?スライスは・・・出来そうにありませんが、そんな名前でした。
  この、ニヤリ・・・と言う表情がなんともカワイイ。
  箱には胴体が書いてあるよ~~!
  
  こんなん買ってもらったら、せっせとケーキを作らないといけませんね~。
  う~ん。出来るかな???
  スペインではガスオーブンなので、ちょっと不安・・・。
  まあ、ぼちぼちがんばるよん。
  乞うご期待?


IMG_0259.jpg今回はカトラリー、デザートセット(?)だったのですが、
実は他の方からディナーセットもいただきました。
こちらは全部2本づつ。二人用のセットです。

これを買ってもらう時、デザインといい、重さといい、
持ち具合といい、一目ぼれでこれを選んだのですが、
私の決断のあまりの早さに買ってくれた人は
「ホントにこれでいいの?」と心配だたみたい・・・。
いいんです~。
持つとにやけてしまうくらい気にってます。

スペインでは当然(?)ナイフとフォークが中心の食生活。
モチロン家に両方山ほどありますが、数や形が揃っていなかったりするし、
「特別ってほどではないけど、ちょっと贅沢な気分で食事したい」時の為に
一揃い欲しかったのです。
ティースプーンやデザートフォークもやっぱり揃ったいい物が欲しい。
でも、全く無い訳じゃないので、いざ買うとなると、自分ではなかなか買えない物だと思います。
持って行くのはちょっと大変だけど、気に入ったステキな物を買ってもらえてホントにうれしいです。

これで、おもてなしいたしますので、みなさん 是非!

スペインのやまも邸に遊びに来てね~♪  neko20.jpg
IMG_0255.jpg  家族でバス旅行に行ってきました。
  7月6・7・8日
  新幹線のぞみ号で行くこだわりの熊野3日間。
  二泊三日の熊野古道を巡る旅です。

  最初の予定では福井県の永平寺に
  行く予定でしたが、5日間くらい出ている
  ツアーのうち私たちの申し込んだもののみが
  なぜか、開催中止。

どうも家の父が嫌われている様子。
以前は福井まで行ったのに雪で御山に上がれなかったと言う事も有りました・・・。
お寺なだけに「来るな」と言うのに行くのも怖いので、行き先を変更したのでした。

名古屋駅で集合し、バスで一路熊野路へ。
  
最初に訪れたのは、熊野三山の一つ 熊野速玉神社。

K_0106.jpg   K_0101.jpg

熊野速玉大神(いざなぎのみこと)・熊野夫須美大神(いざなみのみこと)を主神に、
十二柱の神々をお祀りしています。
2004年7月1日、「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコの世界遺産
(文化遺産)に登録されました。

世界遺産なので、どんなに古い建物なのかと思ったら、意外と新しい。
ガイドさん曰く、熊野は建物がとか、神社が「世界遺産」なのではなくて
自然と神仏が融合した文化そのものが世界遺産なんだそうです。
K_0105.jpg建物の新しさとかは関係がないらしいです。
次の日行った那智大社も新しかった。
でも、やっぱり建物自体が古い方が盛り上がる気がします。
色も派手でない方が歴史的価値が有る気がするし・・・。

鈴門の鈴。小さい鈴が沢山付いているので、
鳴らすとチリチリと独特の音色が聞こえてきます。


熊野速玉神社のナギ   平重盛手植と伝えられ、高さ20m、幹回り6m。

IMG_0100.jpg  天然記念物なので、生えているのを取っては
  いけませんが、落ちている葉っぱを拾って
  財布に入れておくとお金が貯まるそうです。
  ↓こんなお守り売ってます。
  K_0256.jpg
  昔ロードオブザリングの前売りチケット買った時に
  こんなん貰った・・・。
  
K_0107.jpg  神社のお手水の竜。

  この竜って、ちょっと鼻がヘン?

  肩になにか背負ってるし・・・。

  ランドセル???


一日目の観光は熊野速玉神社だけ。その理由はお宿にありました。

K_0118.jpg本日のお宿。 勝浦温泉 ホテル浦島。

洞窟風呂が有名です。
思わず帰るのを忘れてしまうと言う忘帰洞。
洞窟の中に温泉があって、海が見渡せます。
そのほか、内湯、露天を合わせて
合計6つの温泉があります。

K_0123.jpg  宿への交通手段は船です。
  一応陸地と繋がっているようですが、
  原生林に阻まれて陸路からは行けません。
  船に乗り遅れたら「泳いで渡る」しかないそうです。
  でも、泳ぎの達者な人なら渡れるかも?
  と言うくらい近くではあります。

  でも、ヤダナ・・・。
 
K_0110.jpg K_0114.jpg  浦島なだけに亀船。

K_0116.jpg  館内は地図が必要なほど広い。
  万が一地図を持っていなくても、ロビーから伸びる
  各色の道をたどって行くと目的地に着くはず。
  
  温泉を入らずに回るだけでも1時間は掛かるそうです。
  私たちも移動で汗だく・・・。
  温泉に入ってきれいになったのやら、ならなかったのやら?

K_0115.jpg  宿自体は古くて今流行の感じではありません。
  10年(いや、もっと?)昔の大型旅館です。
  今は、建物が広すぎてはっきり言って
  「手入れが行き届いていない」感じ。
  でも、なんか、懐かしい。
  ゲームセンターがあって、お土産屋さんがあって・・・
  子供の頃こんなトコロに行ったよな~。

肝心の、温泉は頑張って全部入りました。
私のお勧めは、忘帰洞よりも小さいですが、より洞窟っぽい、玄武洞、
本館から遠いのであまり人気はないが、海の眺めがいいなぎさ元湯の二つです。

でも、温泉もあんまり入るとかえって 疲れる・・・。

K_0257.jpgスタンプラリーで、スタンプ3つ以上を集めると、粗品がもらえます。

何かは秘密ですが、いやはや・・・マサニ 粗品
3つ集めた時点で貰いに行ったのですが、
あまりの粗品ップリに
「全部集めるともう少しいいもの貰えるんですか?」
って聞いちゃいましたよ★


二日目は熊野古道です。
ito.jpg  糸がなくなりました!

  和裁を始めた時に購入した
  絹糸330mを使い切りました!
  
  いや~。よく縫った。
  左が使い切った糸。
  右が今日購入した新しい糸。
  
  こんなにやせ細って・・・(笑)。


毎日毎日こんなことばっかりしているようですが、ちゃんと渡西の準備もしています。

今まで加入していた日本の保険を解約したり、区役所で年金の手続きをしたり、
必要書類をそろえたり・・・。
必要書類の事などは一度きちんとまとめたいとは思ってるのですが、
自分でも手探り状態(?)なので、きちんと手続きが終了してからにします。
と言うか・・・「今頃そんなことやっているの?」と言われるのが怖い・・・。
でも、勤勉民族日本人万歳!!きっと全部間に合うよ! ・・・多分。

荷物も新たに二つ送りました。
一つは、前回大きさがNGだった羽毛布団。圧縮しました★
もう一つは、お人形のノブエさん。ジャケットなど船便では送りたくない物と一緒。
ノブエさんは、二重に箱に入れました。
二つとも大事なものなのでEMSで送りました。高かった・・・。
無事に着いてくれるといいけど・・・。

暇つぶしに作ったものをボチボチUPして
皆さんに褒めてもらおう(ずーずーしい)と言う企画だったこのカテゴリ。

最近全然、悠々じゃないんですけど・・・?

時間がないので、同時進行中です。

こちらは着物。
IMG_0089.jpg  今日午後から頑張って反物から着物モドキに成長しました。

  着物は洋服を違ってほとんど切りません。
  でも、切るときはドキドキです。失敗は許されない!
  「先生いいですよね?いいですよね?」
  「切りますよ。切っちゃいますよ~。」
  (ノ≧∇≦)ノ ミ ┸┸ うるせ~!サッサと切れ!
  
  身ごろは二枚の布を重ねてたたんで四枚にして、
  四枚まとめてしるしをつけます。
  は~。この作業ホントにイヤ。
  なんだかよく分からないけど、印をつけます。
  着物は真っ直ぐにしか縫わないので、
  ポイントポイントに印をつけるだけです。

ただの二つにたたんだ2枚の布なのに、上げを縫って、背中と脇を縫うと・・・

着物になります。( ^^)Y☆Y(^^ )

まだ、袖も衿もないけど、裾の始末もまだだけど、裏地も付いていないけど・・・
  
一応着れる??

こちらはくまシャツ。
IMG_0091.jpg  襟が出来ました。
  実は、台襟初挑戦。
  いや~、付いてた方がかっこいい
  かも知れないけれど、
  
  もう二度とやりたくないっす。

  台襟と身ごろがくっつきません。
  こんなんどうやってミシンで縫うんだ?
  ミシンを入れるスペースが
  ないんですけど??

結局ミシンでは上手くつける事が出来なかったので諦めて手縫いにしました。
和裁を始めてから手で縫う方がラク。
ちょっと、邪道な気がしますが、時間もないし良しとします。

ミシンがあんまり上手ではないので、ステッチは無しです。
だって、真っ直ぐ縫えないんだもん!( ̄^ ̄)えっへん

ミシンの調子が思わしくなくて、思わず こんばかミシンが~!
と鉄建制裁を入れる場面もありましたが、ただ単にボビンの入れ方が間違っていただけでした。

ミシン君ごめんよ~。

S_0067.jpg  今回の仙台(?)旅行のメインイベントです。

  地底の森ミュージアム。

  旧石器時代を中心としたテーマミュージアムです。
  富沢遺跡から発掘された2万年前の旧石器時代の
  遺跡面を現地で保存し公開するとともに、
  発見された資料などから当時の環境と人類の活動を
  生き生きとよみがえらせる展示をしています。


S_0074.jpg遺跡を発掘された時の状態で保存する為に
特別に作られた展示室です。
基本的には展示はこれだけです。

「よみがえる2万年前のある日」と言う内容の
ビデオ上映(約10分)と、
「よみがえる氷河期の森」と言うテーマの
壁をスクリーンにした映像(右写真)と
通常の遺跡面の公開の繰り返しです。

S_0068.jpg  S_0075.jpg
↑明るい時(通常状態)            ↑暗い時(ちょっと不気味。)

S_0069.jpg S_0070.jpg S_0072.jpg
↑これが太古の森の跡。    ↑焚き火をした跡。       ↑石器を埋めた穴

S_0078.jpg  遺跡面の展示室の上は
  「解き明かされる2万年前」と言う常設展示です。

  2万年前の人たちの暮らしぶりがどうとかと言うよりも、
  どうしてその事実が分かったのか、と言うことが
  詳しく展示されています。

バラバラの石器をもう一度もとの石に組みなおす事で何が分かるのか。
焚き火の周りのどんな様子からどんな事が分かるのか・・・
2万年前を知る為には、小さな事を見逃さず、地道な作業の繰り返し。

でも、考古学って面白いかもと思えます。

↓展示されていた写真はほぼ原寸大でした。
S_0080.jpg  S_0079.jpg
      シカ シカ シカの仲間?            何だこいつ?

大きなシカって書いてありましたけど・・・大きすぎだよ!!!
  
**********************************

帰宅後、親に旅行の写真を見せたところ、

「それで?仙台の写真は?」と言われちゃいました・・・★

微妙に「仙台旅行」にはなりませんでしたが、友人Yちゃんの元気な様子も見られたし、
一杯おしゃべりして、一杯笑って、のんびり温泉に入って、美味しい物食べて
楽しい旅行でありました。

また、遊びに行くからね。今度はくまさんと行けるといいな。
S_0056.jpg  仙台旅行の続きです。
  でも、ここは仙台では無いような気がしますけど★
  
  お釜の後は、材木岩 です。

S_0058.jpg
国の天然記念物。
高さ65m、長さ100mほどの安山岩の柱状節理で、
多角形や5角、6角などのさまざまな結晶をみせ、
材木が連なっているかのように見える。
紅葉の名所でもある。
また東北最大級のロックフィル式ダム、
七ヶ宿ダムも近距離にある。

(ダムの話はまた今度。)

S_0059.jpg  う~ん。写真ではイマイチ迫力が伝わらない・・・。
  かの有名な昇仙峡なんかには負ける感じもしますが、
  現物はやっぱり迫力ありました。
  最初はそうでもないのですが、ある地点よりも先に進むと・・・

  すご~い!!

  ハイビジョン映像みたい!

  ハイビジョンって・・・あんたたち!
  実物を目の前にして、その例えおかしくないかい??
  私たちもギリギリ現代っ子ってことでしょうか(笑)?

特に「これ!」と言う見所は無い感もある上に、釣堀があったり、武家屋敷が移築されていたり、
自然の川が流れているのに、ビオトープチックな公園が併設されていたり・・・

ちょっと節操が無い感じ??

材木岩自体は見る価値はあると思うし、第一、天然記念物だし、
もう少し何とか観光地としてまとめられないものだろうか??

でも、平日だった為か(普段からなのか?)他のお客も少なくて、私たちは十分楽しみました。

旧検断屋敷、木村家
材木岩の手前には、かつて上戸沢地区にあった検断屋敷(旧木村家宅)が復元されており、
江戸時代には宿場町として栄えた集落をしのぶことが出来る。

S_0057.jpg  S_0054.jpg 県指定有形文化財

昔、養蚕に使われたと言う材木岩風穴(氷室)が私たちのお気に入りでした。


もう少し続いちゃいます。
こんな夜中に更新?その訳は・・・!

たった今!完成したからです~!!!

\(^-^)/バンザーイ\(^o^)/バンザーイ\(^-^)/バンザーイ\(^o^)/バンザーイ

be-ru.jpg  ベール完成したよ~!

  軽い気持ちで始めてみたものの結構大変で、
  「もう直ぐ出来るよ~。大丈夫よ~。」とは言っていたものの

  ホントに出来るのか??

  とかなり心配だったのこのベール。
  やっと、やっと出来ました~!!

  うれし~いい   
  うれしさのあまり、こんな時間にも関わらず写真を撮って
  早速UPしちゃいました。

リクエストでは「なるべく長く」と言うことだったのですが、
私が好きに長さを決めちゃいました★
でも、長目にとは言っても、引きずるほど長くは無理だし、引きずらないなら
おのずといい長さが決まってきちゃうんですよね~。
髪型の都合で頭の何処のあたりに付けるのかにもよりますが、
あんまり中途半端に長いのもおかしいので・・・。
色々研究した成果なので、この長さで勘弁してもらいましょう☆
やっぱり素人なので所々雑な仕上がりになっている所も有りますが、
それもご愛嬌って事で・・・。許してね。

こんな所で、言い訳してますが・・・どうでしょう?気に入ってもらえるかな?

でも、無事に出来てよかった~  ホント、肩の荷が下りました。

明日からは、長襦袢とくまさんのシャツの製作に取り掛かります。
会社を辞めても毎日忙しい・・・。
でも、ぼ~っと過ごしていても寂しくなったり余計なことを考えたり・・・。
無駄に過ごしても仕方ないので、色々やる事があった方がいいのかも知れませんね。

明日からも頑張るぞ~ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。