FROMやまも@Barcelona 2006年08月

FROMやまも@Barcelona

@BARCELONAな役に立つこと立たない事、面白い事、面白くない事をお届けいたします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  モモです。モモと言うよりスモモでしょうか?
  このモモ、近所のスーパーでいつも「特売」なので、
  よく買います。

  くまさんはノンベエの例に漏れず、自称
  「甘い物が苦手」です。
  その割には、アイスクリームが好きだったりしますが。
  しかも、バニラよりも甘いトゥロンがお気に入り(笑)。

なので、このモモの実は私一人が食べることになります。
皮をむいて美味しく食べて、残った芯は捨てましょ~♪としたら・・・

「種は残しておいて!食べるから」
は?今なんと?? 食べるから?! 何処を????neko17.jpg


tane.jpgtane2.jpg  ハンマーで叩き割ると中から小さな種が!!

  知らなかった・・・。

  この内側にある小さい種が
  ホントの種だったんですね~。

  乾燥させて食べるとアーモンドと同じような
  味がするそうです。
 
私がご相伴したときは乾ききっていなくて、苦いだけでした。もう食べないも~ん!!

でも、この種の中の種は取り出すのがちょっと大変。力加減が難しい。
殻が固いのでハンマーで割るのですが、中の種も一緒に割れてしまうんです。
小さいので、粉々になってしまって結局食べる所は残らない・・・。

「また失敗した~~~(涙)」と、言っているのを観ると、
「アーモンド買えばいいじゃん・・・」と思ってしまいますが(苦笑)。

スポンサーサイト
月曜日。語学学校では今日から新しいコースが始まります。
各自の都合で入学・休学・退学する事が出来るのであくまでも便宜上ですが、
兎に角新学期(?)の始まりです。

学期の始まりに欠かせないのが 自己紹介
クラスのメンバーは先週とほとんど変動していませんが、兎に角自己紹介です。

「ドコソコから来たナニガシです。○×歳です。」ってな感じの簡単な紹介なのですが・・・

なんでみんな歳を言うんだ??!

仕方ないので私も「日本から来たやまもです。31歳です。」と言うことに・・・。

言った瞬間、クラスに衝撃が・・・。

「ええ~??!」ヒソヒソヒソ・・・
・・・二十歳くらいかと思ったよ・・いや、22だろ?・・18くらいにしか見えないよ・・・

やっぱりな・・・。私はどうも子供に見えるらしいのです。
若く見えるのではなく、あくまで「子供」。
もういい加減いい年なのに、子供扱いされるので、リアクションに困るんですよ(涙)。
日本人は若く見えるとは言え、同じクラスにいる大学生の子は大人扱いなのに、
私のことは「子供なのに一人でスペインまで来て偉いね~」って感じなんですよね。
みんなが「私を頼っていいのよ。」って雰囲気で私を見守っている・・・。

私が一番おねえさんなのに~!! 
段々に家具も増えて家らしくなって来た我が家ですが、
家具の出し入れなどでホコリが凄い・・・。

普段はホウキで履いているのですが、先日ついに登場しました!!

soujiki1.jpg  掃除機が!!

  家にも有ったのか・・・。知らなかった・・・。

  流石に長らく出番がなかったので、内部が汚れ放題。
  吸いが悪いのはスペインだからか?と思ったのは勘違いでした。 
  と言うかそれじゃあ、言いがかり?
  
  床が床なので、掃除機よりもホウキの方がいいのか?
  と思っていましたが、やはり文明の利器!!
  掃除機はきれいになりますね♪

この掃除機、面白いな~と思ったのは・・・

soujiki2.jpgこの掃除機、スタートボタンと、コードの巻取りスイッチが
一枚板なんです!
向かって、左端のイボイボがコードで
右端のイボイボが電源スイッチです。

押し所が悪いとスイッチを入れるつもりがコードが
巻き取られちゃったり、逆に
コードを巻き取るつもりがスイッチが入っちゃったり・・・。

デザイン性を追及しているのか??
機能性を考えれば、手元にスイッチがあった方がいい気がしますが。

コードを刺したままで「ちょっと長いな~?」なんて言って
巻き取ろうとするのは私だけなんでしょうか?
月曜日から学校に通っています。
くまさんの帰宅時間が夜の12時。
ご飯を食べて、寝るのは早くても2時頃言う完璧な夜型生活を送っている私には
朝7時半には起きて学校に行くのはちょっと大変(苦笑)。
朝日が目に沁みます。

私達はバルセロナの郊外に住んでいるので学校までは45分くらい。
トラムに乗って、終点まで行ってそこからは徒歩です。ちょっと速足気味で20分。
朝は涼しいし、運動不足気味の私にはいい散歩になりそうです。

学校はイワユル「語学学校」っていうやつです。
若者達に混ざってスペイン語のお勉強です。
午前中は文法・午後は会話と語彙のクラスがそれぞれ2時間。
長らく「勉学」と言う物から離れて久しい私にはちとツライ・・・。
退屈したり、眠くなったりはしないのですが、2時間集中している事が難しいのです。
1時間過ぎると「お休みはまだかしら~」ってなります(笑)。
大体その頃には、お腹の虫も「何かくれ~」と言って来ます。朝ちゃんと食べたでしょ?!

クラスはヨーロッパ・ブラジル・イスラエル・中国・日本・・・と国際色豊か。
「冷凍食品を誰も食べないから電子レンジは家に無い!」と言うイタリア人とか、
「漢字は8,000は有るけど、全部覚えている!」と言う中国人とか、
「女性は幾つになっても皆美しい!」というブラジルの男の子がいるかと思えば、
ブラジルの女の子は、「美容整形が流行っている!」と言うし・・・。
それぞれの国の「へ~」と言う話が飛び出したりします。

朝の9時半から20分のお休み一回を挟んで昼の1時半までです。
折角バルセロナの市街地に出てきたんだから、
お洒落なカフェ~でお茶の一杯も飲んで帰りたいところですが、
くまさんがお昼を用意して待っているので寄り道出来ず、トンボ返りです(涙)。

夕飯を作ったり、掃除洗濯したりの合間に宿題をしたりします。
本当はお金を払って行く以上、元を取るべく家でもガッツリ勉強して
次の日に疑問点を質問したりしたいのですが、まだ時間配分が上手く出来ません。
学校は午前中だけだし、昼ごはんも作ってもらっているくせに・・・。
日本のみんなは働きながら主婦もしているんだから今更ながら、
ホントに感心しちゃいます。みんなスゴイヨ~!!

学校は楽しいですが、私はもう、社会的にも年齢的にも、家庭環境的にも
若者達に混ざって自分探しをしたり、人生勉強したり、
のんびりバカンスを楽しむ余裕は無いので、正直言って少しあせります。
学校は「イワユル語学学校」なので、遅刻してくる子も多いし、旅行だ何だと休む子も多い。
もちろん、彼らは遊ぶことも勉強なので、それでいいのですが、
(私も逗分長いことそうやって人生勉強させてもらって来ましたし(汗)。)
自分との状況・環境の温度差を感じてちょっと仲間に入り辛かったりします。

「勉強する事が生活の核」の学生で居られるのは、若者だけの特権だと思うんです。
「○×を勉強してます。」と、それが水戸黄門の印籠のように
効力を発揮できるのは若いうちだけです。
勿論、社会人になってからも大学、学校に行って勉強をする人は沢山居ます。
でも、それには何か「責任」が伴ってくるんですよね・・・。
勉強することによって「仕事で成果をあげる」とか、「社会的に役に立つ」とか「転職する」とか。
「それで、勉強してどうするの?」と言う問いに答えが用意されていないといけない。
それが伴わないのは「趣味」であって、「お稽古事」になっちゃうんですよね。
お稽古事だけしていられるのは子供のうちだけです。

今の私の「語学学校」は「基本的生活能力の補強」であって「お稽古事」ですらないですけど。
つまり、子供以下?早く大人になりたい・・・。

「社会人として社会に参加する」って、当たり前の事ですが、今の私には難しいです。
私はただ単に「スペインに居るだけ」ですから。
私の場合は、「きちんと法律婚の書類を整え」て、出来れば「働く」って事だと思います。
手っ取り早いのは、「働く」事だと思うのですが、「働く」という事だけが
「社会に参加する」という事ではないと思うんです。
「スペイン人の男性と結婚している日本人女性」としてどうスペイン社会と関わっていけるのか?
専業主婦でも「町内清掃に参加する」とか「回覧板を廻す」とか、「井戸端会議に参加する」とか。
学生でも「ボランティア活動をする」とか、「地域のお祭りに参加する」とか。
「社会」という物ときちんとつながりを持っているかどうかって事だと思います。
「社会」って何か?「社会人」って何か?難しくてよく分かりませんが、
今の状態では「社会とつながりを持っている」とは言いがたい・・・。

気持ちは焦ります・・・。

この方法でいいのか?この学校でいいのか?今何が出来るのか?したいのか?
悩みはつきませんが、家にいても空からは何も降ってはきません!

私のスペイン語に上達の余地が十分有る(有りすぎる!)のは明白なので、
少しでもスペイン語を上達させて、いい状態で早く社会に復帰
(と言うか、スペイン社会にデビュー?)出来るようにしたいものです。
set.jpg  コルト・イングレスで購入した海苔巻きセットです。

  教えてもらったマリア・クリスティナの方に
  行きたかったのですが、買いに行く!と
  決心したのが前日(金曜)の7時半。
  しかも、プラサ・エスパーニャに居たので、
  出発地点から近いプラサ・カタルーニャ店に
  行きました。

地元で生活しているせいか、日本人に出会わない生活をしていましたが、
いや~~~、やっぱりバルセロナには沢山居るんですね~。
ビックリしました。
同郷の人を見かけて嬉しいものの、ちょっと、どうしていいのか分からなくなってしまいます。

単品で購入しようと思っていましたが、酢はあるけれど、ノリがない!
仕方が無いので、セットを買ってみました。
2人前。のり・コメ・醤油・酢・ワサビ・マキス・がりが入ってお値段9ユーロほど。
マキスが単品で3.5ユーロ、ワサビはチューブ一本丸ごと入っている事を考慮すると
そんなに高くは無いかも。

それにしても、このパッケージ。中国とベトナムとタイを足して3で割ったような感じ?
日本出身です。と言うと、「で?それは中国のどこら辺?」と聞かれる理由も分かります。

norimaki.jpg電気釜が無いので、ご飯は鍋で炊きます。
電気釜を使ってでさえめったに炊いたこと無いのに、
人間やれば出来るものです。
一番最初に炊いたときには真っ黒に焦げ付いて
大変なことになりましたが・・・。
今では臭いで炊けたかどうか分かるようになりました。

ねぎ無しのネギトロ巻きと、かに釜細巻き・太巻き、
シーチキン巻きの四種類です。
2人前のわりにはのり4枚、ご飯も沢山有ったので、
思ったよりも大量に出来ました。

タマゴを焼いて、一緒に購入した乾燥しいたけ、きゅうりを一緒に巻いて・・・。
有り合せのものですが、くまさんもお友達も喜んでくれたので良かったです。

ちなみに、この海苔巻きを巻く技術は留学費用を貯めていた時にバイトをしていた
居酒屋の厨房でで習得しました。
25にもなって大学生の男の子に指導してもらった甲斐がありました。
マッタク、人生何が役に立つか分かりませんね~。
8月19日(土)  くまさん誕生日です。

この日に備えるべく、日本でプレゼント用のシャツを作り、
金曜日のうちにコルト・イングレスに行って海苔巻き作成キッドを購入し
サプライズパーティーならぬサプライズディナーにするつもりだったのですが・・・

つい口を滑らしちゃいました~ヽ( ̄ー ̄ )ノ

ははは・・・ダメジャン。
くまさんは自分の誕生日なんてすっかり忘れてて、
なにげな~く前から話題に上っていたので、
「ねえねえ、何時御寿司作ってくれるの?」って聞いただけなのに。

結局、御寿司(海苔巻きだけど・・・)は友達にも食べさせたいから日曜日に作ってくれ
と言うことになりました。

で、くまさんはと言うと、すっかり忘れていたくせにちゃっかり職場に電話して、
「今日、誕生日で親がお祝いに来た(嘘。来てない。)から休みま~す。」ですって(笑)。

PICHO1.jpg  仕事もサボったことだし、のんびり外食する事に。
  以前から私が気になって仕方なかった
  つり下がりピンチョスを食べに行きました。
  くまさんはホントは違う店が良かったんですが、
  バカシオネスでお休み。
  ぷぷぷ。私は念願がかなって
  つり下がりピンチョスにありつけたので
  ラッキー♪でした。
  だって、なかなか連れて行ってくれないんだもん。
  
  近所をブラブラとのんびり散歩して、
  アイスクリームを食べて、コーヒーを飲んで・・・・
  最近ちょっと忙しかったので
  久しぶりにのんびり出来てよかったです。

  くまさんの誕生日なのに、
  私の好きなものを食べて、
  夕飯の仕度も片付けもしなくて済んで
  得をしたのは私?って言う一日でした。

ちなみに、くまさんの誕生日。お義母さんも忘れてました。
電話をするように言ったら、「向こうからかけてくるはず!」とか言っていたくせに
夜になってもかかってこないのでかけてみたら

「なにかある!とは思ったんだけど、何か思い出せなかった。」んですって。

お義母さん。何か思い出せてすっきり眠る事が出来て良かったね(笑)。
バルセロナと言えば港町。
でも、家の付近はどちらかと言うと山?と言う感じの風情なので、
一体全体海は何処にあるのかしら?と思っていましたが。

実は家の近くからでも・・・

海が見えるのよ~~!!! ちょっとだけど。

UMIDAI2.jpg

ずいぶん長いこと気が付きませんでした(笑)。

くまさん3分クッキング。本日はちょっと番外で、お義母さんの差し入れ編です。

higo.jpg  お義母さんが、山の家で採れたイチジクを
  持って来てくれました。
  電話の予告では「メロン」だったので、
  ちょっと残念。罰当たりな・・・。
  でも、イチジクもいいけれど、やっぱ、メロンでしょう。
  
  小ぶりですが、甘い!とにかく甘い!!
  「甘すぎ」と言ってくまさんは食べてくれません。
  こんなに沢山どうしよう??

salmonera1.jpgサルモネラ 改サルモレホ
(はい。皆さんが思ったように、サルモネラは菌です。(汗))
と言う食べ物を作って来てくれました。

トマト・パンなどを混ぜ合わせてペーストにしたものです。
詳細は不明。今度教えてもらいます。
ツナ・パプリカ・ゆで卵にかけて食べました。

スープなのか?ソースなのか??

謎ですが・・・。美味♪母の味です。

codillo.jpg  こちらは、夫の味。牛の太ももの肉です。

  5枚入りのパックで買ったのですが、
  足の形に段々肉が小さくなってる~!!
  いかにも、肉!!
  始め人間ギャートルズを思い出すのは私だけ??

  塩・コショウ・カレー粉をかけて
  さっと焼いて出来上がり。

salmonera.jpg  肉の影にちらりと見えるのは、妻の味。
  キノコの醤油煮~佃煮風~です。
  二人なので、食材があまりがちなんですよね~。
  で、そのまま「いつか使うよ」と置いておいたら、
  キノコに菌か、カビか分からない白い物が!!
  ”買ったものは使い切る”を目標に、
  冷蔵庫で日持ちするように
  あまった物は何でも一度加熱処理する事に・・・。
  と言っても醤油で煮るだけ。

「またやって」とキノコを買ってきたので、意外と好評だったようです。

美味しそう と思ったらワンクリックお願いします♪ e_01.gif
彼はホルヘ(仮名)。さすらいの写真家だ。
今日もスペイン広場のどこかでベストッショを狙ってカメラを構えているだろう・・・。

jorje1.jpg    jorje2.jpg

と言う訳で、バルセロナにお越しの際は、スペイン広場でホルヘを探してみてください。
私は二人(?)見つけましたが、他にもいるかもしんない。
見付けた人は是非ご一報ください!!
子供は国の宝 と言いますが・・・・。

ここスペインは子供を大切にしているな~。と思います。
子供を大切に、と言うか、育児に協力的?

IKEA2.jpgこちら今をトキメク I KEA の駐車場。

車椅子と言うか親子連れ用の駐車スペースが!!

日本でこんなの見たことない!


IKEA1.jpg
  

  他の駐車スペースよりも広いし、
  入り口に一番近いいい場所だし、言う事なし?

  スペインではベビーカーを押している人を良く
  見かけるし、日本と違ってお店やバスの中でも
  畳まずに子供を乗せたままでいいみたい。

小さな子供連れの人たちには嬉しいサービスかもしれませんね。
でも、車椅子用のスペースよりも入り口に近いのには驚きました・・・。
pen.jpg  何かペンは無いか?と家の中を捜し歩いて、
  やっと見つけたこのボールペン。
  
  う~~ん。赤じゃない方がいいんだけどな~。
  でも、他には見つからないし・・・
  ま、いいか。

  と、書いてみたら・・・

( ̄Д ̄;)  青でした。 ( ̄Д ̄;) ガーン

何で?ちょっと腑に落ちない・・・。

スペインのボールペンって何でみんな青インクなんだろう?(やまも調べ)
8月と言えばスペインでは夏休みの真っ只中。
ドイツもコイツも休んでます。
おかげで家の中が全く片付きません。
あれこれ足りないものがあるけれど、それもあれも欲しいけど・・・

お店が 開いてない~~い!!\(`O´θ/エ~イ キックじゃ!バキッ! ☆/(x_x)

いろんな事が、思うように進まなくてちょっとストレスがたまります。
でも、まあ、ここはスペイン。
人生先は長いし、POCO A POCO。ちょっとづつ行きましょう♪

ところで、くまさんの職場は可愛そうに夏休みは有りません。
でも、やっぱり小さい子供がいたるする人はお休みを取るので、普段よりも人が足りない状態。
遅刻・欠勤は許されません。
でも、くまさんは通常よりも仕事が増えて忙しいのでお疲れ気味です。

そんなこんなで、8月13日 日曜日

シエスタの途中、突然飛び起きたくまさん。

目覚まし止まっているよ!!!

ギャ~~~!!遅刻スレスレ!!!

日曜日なので、バスの時間も普段と違うし、タクシーもすぐにはつかまらないし・・・。
あせりましたが・・・

は~~~。間に合いました★

それにしてもよく起きられたもんだ。と思ったら!

くまさん曰く、「タバコのオカゲで目が覚めたんだよ!」

は?!なんじゃそりゃ!!!

くまさんの夢の話:
実はさ~、夢で職場にいて、休憩の合間にタバコを吸いたいな、と持ったら、無い訳。
で、買おうと思ったら日曜だからみんな休みなの。
で、じゃあ、外に!と思ったら、今度は近くの店は夏休みで、閉まっているし・・・。
「車を借りて急いで買いに行かなくちゃ!!!」とあせって目が覚めたんだよ~。

gr_09fortuna.jpgですって(笑)。
そんなにタバコが吸いたいか??

バカシオネスのご利益じゃ無くて、タバコのご利益なのか?
タバコを辞めさせ隊の私としては、バカシオネスでお店が閉まっていたから!
と思いたいんですけどね。

スペイン広場からモンジュイクの丘の方に登って行くと、
スペイン国王一家がバルセロに滞在する時に使用すると言う王宮が見えてきます。

0434.jpg丘に沿って建てられているので、王宮に辿り着くまでに、
スペイン広場からのアプローチに加えて、
三段に渡る噴水の広場があります。

この王宮、なぜか夜な夜な多くの人でにぎわうのです。
観光バスがワンサカとまり、観光客で黒山の人だかり。
夜だと言うのに一体何事??!!

その訳は・・・

IMG_0420.jpg  当然、この噴水です。

  光と音楽の噴水ショーが
  楽しめるのです。  
  一日、21:30、22:00、22:30の3回。
  9時半にはなにやらナレーションが入ったような??
  入らなかったような??

クラッシクの名曲にのせて水が踊ると言ういかにも夏にピッタリの内容です。
(曲目はスペインともバルセロナとも全く関連性無し。)
所要時間は15分ほど。

スペインでは9時半くらいではまだ明るいので、10時以降の観覧をおススメします。
日本人の姿を見かけないので観光コースに入っていないのかも知れませんが
何より夜は涼しいし、一見の価値ありです。

ただし、当然、スリの多発地帯ですので、ご注意を!!

それでは華麗なる噴水ショーをお楽しみください。
意外といろんな動きが出来るのです。感心。感心。

0454.jpg  I051.jpg  0450.jpg

0452.jpg  0446.jpg  0444.jpg

0442.jpg  0441.jpg  0439.jpg


それにしても、スペインは水不足なのに豪気なことです。

流石は王族! (ちょっと違う?)


追記:後日昼間通ったら、噴水の水、止まってました。
「大丈夫♪何でも有るよ!!」 と太鼓判を押されてやって来たスペインですが・・・

まあ、大体何でも有ります。特にワガママを言わなければ。
でも、やっぱり、ちょっと足りないんですよね~。
多くは無いですがいくつか切実(?)に欲しいものは有ります。
って、コレも無いと生活できない訳では無いので、ワガママなのかも・・・。

無いなら作れば?と思って、先日は「とんかつソース」を作ってみました。
醤油とケチャップで、まあまあ、それらしい物が出来ました。意外といける??

でも、やっぱり作れない物も有るんですよね~。

今、切実に(?)欲しいもの= 生姜  生の現物。
ペーストは有ったんですが、高い・・・。でも買っちゃった。
粉は安いけど、使い勝手が悪そう・・・。でも、買っちゃった。

後は、ごま油、(→この辺は有る所には有るけど高い!)米酢、酒・のり、
(→ここからはワガママ)オイスターソース・コチュジャンですかね。
料理のレパートリーが無いので、上記のものが無いと更に作るものが無い・・・(涙)。

代わりになる物を探してスーパーを彷徨う私・・・。

後は、大根 が欲しかったんですが、昨日見つけました!!
で、嬉しくなって、こんな物を作ってみました。(ホントは煮物にしたかったんですけど★)

じゃ~~ん!! カクテキに水キムチです。

kakuteki.jpg    mizukimuchi.jpg

辛子の種類が違うからか、そんなに辛くなりませんでした(涙)。
カクテキには「アミの塩辛」の変わりに海老を刻んで塩漬けしたもを使用。発酵しません・・・(涙)。
一緒に入れたネギがアクが抜けなくて辛い・・・(涙)。

でも、まあまあの出来栄えです。

日本でだって作った事が無いのに(買ったほうが美味しいもん♪)頑張りましたよ~。
ここ数日ちょっと涼しいので、寒がりなやまもの為にアッタカメニューです。
まだそんなにいろんなレパートリーが登場していなのに、
数回食べた事がある所を見ると、くまさんのご自慢料理らしいです。

garbanzo.jpg  ヒヨコマメのスープ

  【材料】 SOPA de CARDO×1パック
       (市販のヤツ。JAMONでも可。
        勿論作ってもOK。)
       フィデグア用のパスタ×適量
       (何?って言う人は後日をお楽しみに)
       ハム(何でもいいみたい)×適量
       ガルバンソ×適量

【作り方】 鍋で、ハムを炒め、その後SOPAを注ぎます。
      沸騰したらパスタとガルバンソを入れて出来上がり。 あら?簡単 

garbanzo2.jpgスーパーで、固形・液体・鳥・肉・魚・ハム(って豚?)・・・
いろんなスープが販売されています。
日本で言う所のダシ汁なんでしょうかね?

ガルバンソ=ヒヨコマメ(で、いいんですよね(汗)??)
ヒヨコマメのスープって、海外の童話とか、
御伽話によく出て来ますよね?
「どんなだろ?」と、思っていたら、こんなんでした(笑)。

一生口にする事の無い御伽の国の食べ物だと思っていたのに、
まさか、私の日常生活に普通に定番メニューとして登場するなんて!

う~~ん。ファンタジーだ~。


美味しそう と思ったらワンクリックお願いします♪ e_01.gif
くまさんの両親はバルセロナ郊外の山の方に住んでいます。
くまさんの仕事がお休みの時にはたまった洗濯物を持って遊びに行きます。
(我が家には洗濯機が無いので大きいものは洗えないのです(涙)。)

山の家では畑(勝手に生えているようにも見える・・・)で、メロンやらスイカやら
トマトやらきゅうりやらを作っています。

ので、 メロン食べ放題。 O(≧∇≦)O イエイ!!
線の入ってないやつですけど★

そのほか、オリーブを始め、アーモンド、イチジク・ざくろ・松の実などなど何でも生ってます。

スペインに来て色々面白いな~、と思うことは多いですが、街路樹も含めて、
何でもかんでも「実が生っている」のには感心しました。

私が食べた事がある以上、どこかに実るのは当然なのは頭では分かっていますが、
実際目の前に実がなっているのをいると感慨があります。
魚は刺身の状態で泳いでいると思っていた現代っ子みたいな感じ?

060807.jpg  そんなこんなで、これが、山を散策中に見付けたモラです。
  そこら辺に勝手に生えてます。
  私は今まで名前は聞いた事が有るような気がしますが、
  現物を見た事が無くて、加工したものは、3日ほど前に、
  アイスクリームで初めて食べました。
  美味。

  ただでこんなに有るのに、  

  もらって帰らない手は無いでしょう。

0608071.jpg  勝手に生えているだけなので、沢山実がなっていても
  手がとどかなかったり、とげにさされたり・・・。
    
  そうは言ってもそんな苦も無くあっという間に、
  ザルいっぱいになりました。

  コレに砂糖を加えてぐつぐつ煮込んで・・・

0608072.jpgジャム一丁上がり~!!  です。

大量に出来ました。

誰かもらって・・・
puerta33.jpg  ピソの玄関ドアでございます。

  こんな古ぼけた(失礼?)風体なのに、
  
  イッチョマエに オートロック です(笑)。

  鍵の仕組みは玄関ドアと同じです。
  外からは鍵が無いと開きません。

  ん?鍵がないと開かない?

オートロックが付いている様な洒落たマンションになんて
住んだ事が無いので良く分かりませんが、

普通は ナンバーキー なんじゃないの?

私がうっかり鍵をなくしちゃったら、ピソ全体の25世帯、
全部の人が鍵を変えないといけないじゃん!!?
夫婦で住んでいてそれぞれが鍵を所有している場合、25×2=50本?!
家族4人で住んでいて、全員が鍵が必要な場合は25×4=100本??!!

ひえ~~!! な・な・無くさない様にしなくちゃ!!

訪問者は入り口にある呼び鈴で誰かに開けてもらいます。
くまさん及び義両親に「何があっても開けるな!呼び鈴も応答するな!!」
と言いつかっています。
「スペインは日本と違って物騒なんだから!」が、その理由ですが、
その割りに扉の内側にある郵便受けには山のようなダイレクトメールが届いているし、
「郵便やです。」と言えばフリーパス(?)らしいし。
誰が開けてあげているのか分かりませんが、他の住民のヒトは
そんなに危機感は持っていないようです(笑)。
20060808192938.jpg  8月6日(日)。
  くまさんの友人のご招待で、ランブラス通りの
  CULB CAPITOL にフラメンコの公演を
  見に行ってきました。
  くまさんの友人のご招待なのですが、
  当の本人は残念ながらお仕事です。可愛そうに。  

  実はバルセロナに着いてから初めての独り歩き。
  くまさんが心配性な為なのか、
  仕事柄日中時間が有るからなのか?

まるで一卵性夫婦の私達は大抵一緒に行動し、今の所、特にバルセロナ市街に用事も無いので、
私が一人で行動するのは家の近所ばかりだったのです。

ちょと、緊張しつつも無事到着。
ガイドブックを持っていないし、ラブランス通りも10年位前に来たときの記憶が頼り。
「TERTRO(劇場)」だって言うから、それらしい建物を探して迷ってしまいましたが・・・。

20060808193003.jpg公演の内容は「前衛的なフラメンコ(?)」です。
コンテンポラリーダンスにフラメンコの要素を
取り入れているのか、逆なのか???
私には良く分かりませんですが。

難しいことはともかく、楽しめました。
コミカルなダンスあり、前衛的な意味不明なダンスあり
アバニコやカスタネットなどフラメンコの小物を使ったり、
なにやら良く分からない音の出る楽器(?)が登場したり。
フラメンコを観たような気持ちがしますが、
実は違う?みたいな・・・。
フラメンコはちょっと難しいな~、と思っている人には特にお勧めです。

そして!なんといっても、ご招待で、ちゃんとチケットがある!
立場(?)柄なんだかいつも裏口からタダ観をしているという感じで、
怪しい臭いがプンプンしている私ですが、(事実ダダ観だけど許可は取ってます。)
正規ルートで入って観るとゆっくり楽しめますね~(笑)。
puerta11.jpg  こちらは、我等がピソのエレベータ。
  非常ドアでも、物置の扉でもありません。

  さて、ここで問題です。

  この扉は一体全体
  
  どうやって開けるのでしょうか?

pureta22.jpg正解は、 手で開ける。 でした。

むかし、ガウディの設計した家を見に行ったときに、
エレベータの扉を手で開けるのをみて、
「ほえ~。昔はこんなだったのね~。」
なんて思って感心しておりましたが、

何のことは無い、家もそうでした(笑)。

動作中は扉の開閉は出来ません。
階数ボタンを押すと、内側にもう一枚ある扉が自動で
(と言うより勝手に)閉まります。

ボタンは外側には「LL(llamar:呼ぶの略?)」のみ、
エレベーター内には階数ボタンしかありません。

Simple is the best?

最初はちょっと信用できなくて怖かったですが、今はもう慣れました。
家は表記上は「3階」ですが、PBと、ENTRESOLがあるので、実質は「5階」。
エレベータ無しには生活できませんので。

最近見た新聞には、足の悪い(スペインには足の悪い人が多い気がします)お年寄りが、
ピソにエレベータが無い為に8年間も外出できなかった、と言う記事が出ていました。

!Grecias Ascensor!

我が家の玄関ドアです。
  
puerta2.jpg  ドアノブが扉の真ん中に付いているんです。
  防犯中の理由なのか、ただ単にカワイイからなのか?
  ホビットの家みたいで私は気に入っています。
  コレで、扉が丸くて、緑色だったら言うことなし?!
  
  ノブを回しても戸は開きません。
  と言うより、ノブは回らない(笑)。
  鍵を持っていないと、鍵がかかっていなくても開きません。
  ドアは鍵を回して開けます。鍵がノブ代わり?
  じゃあ、ドアノブいらないじゃん!と思いましたが、
  閉めるときには必要なんでした。

puerta1.jpg所変わって、こちらは家の内側です。

普通にノブが付いてます。
私の感覚からすると、外側のノブと内側のノブが
繋がっていないのは変な感じです。

そして、内側にも鍵穴が有ります。
家にいるときは、鍵はこの鍵穴にさしておきます。
そうすると、外側から鍵で開けようとしても開かない。

つまり・・・、
鍵を持っている人も締め出す事が出来る

鍵がかかっていてもいなくても外からは鍵がないと開かない。
外から鍵を閉めてしまうと、中のヒトも鍵を持っていないと開けられない。
日本と全く違うシステムなので、仕組みを理解するまで大変でした(苦笑)。
月曜日はくまさんの仕事がお休みなので、バルセロナ郊外に住んでいる
お義父さん、お義母さんの家へ。

お義父さんたちのお家訪問の何が楽しみって、あなた!

ハモンです。

いつも台所の一角に堂々と専用台座にセットされているハモン。
切るのはお義父さんの仕事です。
私は、周りをウロウロしてつまみ食いに精を出すのですが・・・。

今回行ってみると・・・  ハ・ハ・ハムが・・・無い!!!

(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)

hamu1.jpg  がっかり・・・。


  ところが、台所に、なんだか怪しい袋が・・・。

  (;¬_¬) ぁ ゃι ぃ
  
  何かはみ出ている・・・?

hamu2.jpgこれは!!豚の足だ・・・。
やっぱり。ハムは有りました。
なんか、もうこの家にハムが無い分けない!って感じです(笑)。

今回のハムはくまさんが日本にお土産で持ってこられるように
骨を切ってしまったので、台座にセット出来なかったので、
こんな風に袋に入れたんですって。
勿論、脂分が滴り落ちるので、中でタオルにくるまれています。

hamu3.jpg  私が、「ハム~」「ハム~」とうるさいので、
  一本丸ごと買ってくれたのですが、
  いない間に実家に回収されてしまったそうです(笑)。

  これは前足。
  お土産にしたりみんなで食べたりで、
  もうほとんど残ってないですけど。
  
  くまさん曰く「ハモンは前足の方が美味い」んだそうです。
  実際、くまさんの在日の友人に持っていたところ、
  大感激してましたから、うそではない?!

前か後ろかだけではなくて、豚が普段どちらを下にして寝ているかも味を左右するそうです。
前か後ろか、左か右か、右で寝るか左で寝るか、それが当たりの肉かハズレの肉か・・・。
つまり、「少なくとも16本は買って食べてみないと、ハモンについては語れないね。」
と言うわけです。

1本食べきるのに3ヶ月としても・・・一体何年??

奥が深い・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。