FROMやまも@Barcelona 2006年11月

FROMやまも@Barcelona

@BARCELONAな役に立つこと立たない事、面白い事、面白くない事をお届けいたします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
top_poston.gif  「郵便が来ているよ♪」  と、くまさんがイソイソと持って来てくれたのは、
  ナニヤラ見覚えのあるハガキ。
  
  あらら~・・・私が出したやつが帰って来ちゃったんでした。
  送り先の住所の所を日本語で書いて、
  その下に自分の住所を書いてしまったのがいけなかったらしい。

  もう一度出し直すべく郵便局へ。

「あ~。これじゃあ、分からないわね~。」
あて先の住所は日本語だから本文と区別がつかない。
スペイン語で住所が書いてあるからそちらに届ける物だと思ってしまう。
やっぱり、そう言うことらしい。

でも、ちゃんと郵便局で「日本宛です。」って言って出したし、料金もその分払ったのに。
でっかく、“POR AVION(Air Mail)” “JAPON(日本)”とも書いたのに?

何処に届けるかなんて分かんなくっても、日本に送れって言ってるんだから、
とりあえず日本に送ってくれればいいのに・・・。
住所をローマ字で書かない私が悪いのかも知れないけど、
ローマ字で書くと日本で郵便屋サンが見づらいんじゃないかと思うんですよね。
実際、ポストまで運ぶのは日本人の配達員さんなんだから。

まだ住所を知らせていなかった友人宛に、私の住所をしっかり書いたのに、
上からボールペン(例によって青)でバッテンされました。

そして、窓口のおばちゃん曰く、
いちいち“Air Mail”なんて、書かなくていいわよ。どうせ、みんな飛行機なんだから♪

・・・え?それはそうだけど、そういう意味なの??
日本の郵便局では書いて行かなかった時も“Air Mail”って言うハンコを押してくれたけど?
“Air Mail”って確かに「航空郵便」だけど、「国際郵便」みたいな意味で
使われているのかと思ってたんだけど・・・。
そんな、「スペースが勿体無いでしょ」みたいに言われても・・・。

ちゃんと書いても届けてくれないくせに~(笑)!

それじゃあ、スペインの郵便局では「国際郵便物」と「国内郵便物」を
一体どうやって区別しているんでしょうかねぇ?

スポンサーサイト
tetilla.jpg  Kissチョコでも、スライムでもありません。
  “テティータ”と言うガリシア地方のチーズだそうです。

  TETILLAとはスペイン語で「おっぱい」のこと。
  確かにその名の通りおっぱいっぽい形。
  日本でもバレンタインの時なんかにおっぱい型の
  チョコを売ってたりしますが、それに近い感じ?
  でも、こちらは流石にチーズ!
  色、ツヤ、肌触りなどなどまさにおっぱい♪でした。

スペルがあやふやだったので、電子辞書を引いてみたら、TETILLA=男性の乳首
・・・え???男の人のなの???

え~~、なんかヤだ~~~。

確かにスペイン女性の胸はみんな豊満だから、このチーズはややボリューム負け?
そう言われてみれば、スペインのお父ちゃんたちのおっぱいに近い物があるけれど・・・

スペインのお父ちゃんのおっぱいチーズ。
パッケージには太っちょのおじさんの絵が描いてあったりして・・・★

もう一度ちゃんとした(?)辞書できちんと調べたら、TETA=女性の乳房の(小)って
(私はTETAの(小)はTETITAだと思ってたんですよ・・・おばか。)
ちゃんと書いてありました。

そりゃ、そうだよね~(笑)。

アップで写真を!と思ったら、くまさんがもう食べちゃってる~!!
速すぎだよ!!まったく、油断も隙もない・・・。
毎日退屈だ~!!なんとかしてくれ~!!

と言うやまものワガママをなんとかするべく、活動を開始いたしました。

とは言っても、何をどうすればこの大量にある暇をつぶす事が出来るのかは????

協議の結果、 乗馬クラブに行ってみよう♪ と言うことになりました。

ちょっと聞き込み調査をした所、馬を持っている言う人や、馬に乗っていた事があるという人が
意外と周りに沢山いたので軽い気持ちで乗馬クラブを探し始めたのですが・・・。

はい、大変です(涙)。 乗馬はやっぱりお金持ちの楽しみな事を実感中です。

結果は 車が無いとどうにもならない。

日本でもそうですが、乗馬クラブは辺鄙な所にあるのでまず、到達するのが難しいのです。
一番初めに挑戦した所は、タクシーの運転手さんに行き先を告げた所・・・

あっさりと 乗車拒否。 砂利道だから行きたくないそうです。

今日行ってみた所は、先日の ギターのオジサン の工房のすぐ上にあるのですが、
おじさんと車で行ったときには自宅から20分もかからなかったのに、
バスとタクシーを乗り継いで2時間近くかかりました。
直通が無いので大回りしないといけないし、乗り継ぎは悪いし、時間通り来ないし(怒)!!!
そして当然のごとく、タクシーは砂利道になった時点でおろされました(涙)。

そんなこんなでやっと辿り着いたら、「予約がないと乗せられない」との冷たいお言葉・・・。

果たして何時になったら、本当に馬に乗れるのか?

私は乗馬クラブは馬がいるだけで楽しいし、コレもいい暇つぶし?とも思いますが、
交通事情の悪さには なんとかしてくれ~! と叫びたくなります。
マイカー削減を訴えてる癖に~!
バルセロナ市街へのアクセスはそんなに悪くないのですが、スペインもやっぱり車社会。
アシが無いと行動範囲が限られてきてしまうのです。
手続きがすべて終わって、生活が落ち着いたら スクーター を買ってくれるそうです。
私も働きだして余裕が出来ているハズ!・・・だそうです・・・。
(くまさんの中では当然仕事は有る物となっている・・・(汗)。)

帰りは駅を探して彷徨う事30分以上。
二人だから散歩気分で歩けるけれど、一人だったら絶対に無理!
途中は野中の一本道だし・・・。怖い・・・。
あまりの不便さにブ~たれ気味のやまもでしたが、castelldefels の教会近くで
アイスを買ってもらってあっさり機嫌を直す事に成功。(子供か?!)

ところでこの教会・・・

ESGLÉSIA PARROQUIAL
DE SANTA MARIA DE LA SALUT


iglesia.jpg外見は普通の教会なのですが、中に入ってビックリ!!
壁から天上から一面のフレスコ画です!
柱や梁にも模様が入っていて凄く雰囲気ありました。
教会が苦手な私ですら、二度も入って眺めてしまいました。
日曜日のミサ中にも関わらず、口を開けて、小声で「ホエ~」
とか言っていた怪しい外国人は私です・・・。

旅の疲れが癒されました。

新聞のオマケのLa Gguia de Catalunya 2005 によると・・・
castelldefels と言う街は El delta de Llobregat
の中でも観光の中心だそうで、色々見所がありそうな感じです。
文章がカタランなのでちょっとあやふやですが(汗)。
今度はゆっくり歴史探訪の旅にでも来てみますか・・・。

も~う、こんな国、ホントにイヤになっちゃう!!いい加減にしてよね!!と思っても、
何かの拍子にやっぱりいいじゃ~ん♪と思わせる面白い物やステキな物が登場するんですよね。

全くスペインと言う国は・・・、

アメとムチの使い分けが上手です。



El delta de Llobregat:Llobregatと言う川沿いのデルタ地帯。
この界隈の村はみんな○× de Llobregat と言う名前が付いてます。
聞き取りが難しいので、あんまりテレビは観ないのですが、
やっぱり、何時までも聞き取れないままなのはまずいし、
会話の勉強にもなるし・・・と、レンタルビデオ(いや、VDVですが)を借りています。
テレビでも映画はやっていますが、最初からある程度興味がある内容で無いと
ナカナカ付いていくのが難しいのです。

結婚手続きが終わっていないので、観光ビザしかない私。
パドルナミエントはしてもらいましたが、身分を証明する物が無いのです。
レンタルビデオショップのカードも作れないかな・・・と思ったのですが、そこはスペイン♪
ここのレンタルビデオショップのおじさんはくま兄の元ご近所さんで、
顔なじみ(?)なので、カードが無くても顔パスで貸してくれるのです。
くま一家は引越し好きで、同じ町内でウロチョロと引越しを繰り返しているので、
昔のご近所さんが沢山いるのです。

doradvd.jpgで、最近ハマッている(?)のがコレ。
ドラえもん です。

なんてたって、♪あんなこといいな~
できたらいいな~♪の世界ですから・・・。
接続法の勉強にぴったりなんです♪
のだめちゃんがナントカごろたのビデオを観て
フランス語を習得したときには
「うそだぁ~」と思いましたが、今は信じられます。
アニメは侮れません。

普通の映画は意外と会話って少ないですしね。

この前なんてお店に行くなり、おじさんに

新作でたよ~♪ ドラえもんの♪ 

と言われる始末・・・。もう31歳なのに・・・(苦笑)

私の頭が幼児並みなのもあるのでしょうが、
何よりも状況とニュアンスが良くわかるのです。当たり前といえば当たり前ですが。
同じYO(私)でも「俺」なのか「僕」なのか「俺様」なのか「わたし」なのかで
観ている人の感想は変わってきますから、コレって大切な事ですよね?

長年慣れ親しんだドラちゃんやノビタならこんな時はこう言うはず!
と言うのを知っているのと知らないとでは大違い。
他の映画やアニメも観てみましたが、ドラえもんが一番しっくり来ました。
やはり付き合いが長いから?観ていて「なるほどな~」と学習効果が期待できそうな気配が・・・。

普段はそうではないのですが、テレビなどは「観るぞ!聞くぞ!」と構えてしまい、
どうしても頭の中で、一度日本語に直訳しようとしてしまうのですが、
直訳してみると全然感情が伝わってこなくて面白くないんです。
(ある意味面白いですが・・・。)
英語を習い始めた一番最初のころ、教科書がそうだったので、
私は、訳をつける時に、全部「です・ます」調で訳していました。
外国人は全員いかなる場面でも「です・ます」調で話をするんだ!
なんて礼儀正しい人たちなんだろう!とあほな事を思っていましたが、
うっかりすると、その癖がいまだに出ちゃうんですよ・・・。
全員いやに礼儀正しく他人行儀に話をするドラマ・・・全然面白くな~い!!
ドラちゃんで修行を積んで早く普通にしゃべっているように聞こえるようになりたいものです。

そして、スペイン語がわかると言うもの重要ですが、日本の番組をスペイン語で観ると、
「日本語でこういう感じの時にはスペイン語ではこう」と言う逆引きの効果もありです。

そんな訳でスペイン語の勉強と称しつつ、ノビタの結婚式にホロリと涙しちゃったりする
今日この頃です。・・・・もう、31歳なのに・・・(苦笑)。

ちょっと気が早いですが・・・。 クリスマスツリー飾ってみました。 

navidad01.jpgスペインもヨーロッパの一部なので、さぞかし
クリスマスが盛り上がっているのだろうと
皆さん思っていらっしゃると思いますが、
意外と(?)そんな事ありません。
むしろ日本の方が盛り上がっているのでは?
昨年、年末年始を過ごした体験から言えば、
スペインのクリスマスは私が思っていたよりも、
地味~な感じでした。
くまさんが一人で住んでいたピソは勿論のこと
パパママの家でも特に飾りつけは無し。
「小さい子供でも居ればね~」って感じで・・・。
家族で一緒に食事をする日なので、街は
人気が無くて閑散としているし、旅行雑誌で
観たフランスや、ドイツのキラキラした
クリスマスのイメージとはチト違う・・・。
PAPA NOELより、LOS REYES MAGOS
の方が浸透しているからなんでしょうか?
とは言え、やっぱりクリスマスの香りは
ただよってくるのです。

navidad02.jpg

今まであんまり興味が無かったのですが、
今年は私も張り切って(?)飾ってみました。
ゆっくり時間を掛けて楽しむつもりが、
昨日木を買って来たかと思ったら、
あっと言う間に出来ちゃいました★
くまさんも私もせっかちなのです☆

う~ん♪我ながらナカナカの出来です 
今日は、隣町に住んでいるくまさんの友人に会うというので、
市役所の前で待ち合わせです。
もう待ち合わせ場所に着いたと言うので、急いで探しに向かったのですが、
当のくまさんはなんとも心もとない様子。

う~ん。彼に会うのは 30年ぶりなんだよね~。

え? 30年?? その間一度も会った事がない?!

それって~・・・、ホントに友達なの??!

顔が分からないかもしれない・・・。

結局たまたま役所の前に居たおじさん二人に声をかけ両方ハズレ(苦笑)。

それって~・・・、ホントに友達なの??!

その後向こうが見つけれくれて(向こうは覚えていたのか??)、
無事に再会を果たしたのでした。
くまさんにはこう言う本当か?と思うような10年も連絡を取っていないだとか、
15年も顔を見てないだとか言う友人が結構居るのですが、

よく考えると何か変・・・。

変と言うか、今更ながらに歳の差を感じます。
だって、私の30年ぶりの友達なんていったら、1歳の時の友達ですから(苦笑)。
30年空白があっても、それ以前の付き合いも10年くらいある訳で・・・。

人に歴史あり と言うことでしょうか?


ところで、その30年ぶりの友達なのですが・・・。
くまさんと同時期に同じ師匠についてギターを習い始めた同門の友なんだそうです。
それで、何でまた急に連絡して来たかって言うと、親戚が仕事を辞めてギターを作っていて、
今度いよいよ本格的に売りに出したいから、相談に乗ってくれって事でした。
で、お友達の家で今までに作ったギター6本位を試し挽き。
私には全く付いて行けない木材の話から始まって、色は何色がいいだの、
弦は何処のがいいだの、留め金の角度がどうだの・・・。
三人であ~でもない、こ~でもないとギター論議に花が咲いた訳です。
私はすっかり取り残されて、正直退屈でしたが、
自分の好きな事を思い切り語り合える趣味の仲間っていいですよね~。

そして、このギターのオジサンがまた凄いというか、なんと言うか・・・。
日本でやっている(まだやっているのかな?)人生の楽園と言う番組に是非推薦したい!
こちらでマシアと呼ばれる昔の農家を他の人とシェアして使っているのですが、
普通はなかなか持っていない種類の機械まで全部揃えた凄い工房なのです。
どんくらい初期投資したのか・・・驚きです。
と言うのも、「納得の行くものしか作りたくない」と言う頑固職人派で、一から全部自分で手作り。
ここまで来たら、もう引き返せない!と言った所でしょうか?
いや、だから売りに出すって言っているのか・・・。
「この道で食べて行きたいんだ!」と熱く語るその目は少年のようです。
多分(いや、絶対・・・)儲からないし、なかなか大変な事だとは思うけど、
こんな人生もいいかもね~。と思っちゃいました。
polo01.jpg  バルセロナの誇る(?)高級会員制スポーツクラブ
  (だと思う。)に潜入してみました。
  その名のとおり、王族御用達の乗馬クラブです。
  
  私達(一緒にするな?)庶民には敷居の高い
  このクラブですが、折角バルセロナに居るのだから、
  一度くらいは!と勇気を出して突入です!

polo04.jpgバルセロナの中心からはやや外れるものの、
車があれば10分もかからない距離です。
敷地は東京ドーム1個分かもしかしたら2個分あるかも?
テニス・サッカー・ホッケーなどが楽しめます。
テニスコートだけでも50面くらいあるのでは・・・?

乗馬・ポロ・テニス・・・。
貴族的なにおいのするこれらのスポーツを楽しむのは・・・
やっぱり貴族・・・かどうかは分かりませんが、
まあ、お金持ちには違いありません。

    polo02.jpg    polo03.jpg

100年以上の伝統あるクラブですが、クラブハウスもカフェテラスもピカピカでおしゃれ。  
写真を撮るのが怖いくらいです・・・。SPの人に取り押さえられそうで・・・。

polo08.jpgpolo11.jpg  覆馬場です。
  国際試合も出来る本格派。
  外の花が綺麗に咲いていました。
  オオボクやラチなんかもきちんと
  綺麗に整理整頓されていて、
  凄く手入れが行き届いた感じ。
  流石・・・。

  今日は馬場の試合をやっている
  と言う事でしたが、残念ながら
  もう終わってしまっていました。

polo09.jpg  丸いカラス張りのテラス部分はカフェです。
  カフェと覆馬場はつながっていて、お茶を飲みながら
  競技が観戦できる仕組み。
  おお!優雅ですな~。
  
  右を向いても左を向いても「優雅」と言う言葉が
  本当に良く似合うクラブでした。

polo05.jpg  厩舎はこんな感じです。
  恐れ多くて、中までは潜入できませんでした。

         polo10.jpg

polo07.jpg砂の馬場も有りました。こちらでは障害の練習中。
馬場の脇はテラスになっいて、練習を見学できます。
ご子息の練習風景を見守るお父上。
特にトレーナー人はいないようでしたが、
親子でレッスンしているのかしら?
すてき~!

→→→→→→→→→→→→→→→→→
よ~く見ると、馬も練習を見学中です。

polo12.jpg  そしてポロの練習もしてました!
  イギリスって感じ(意味不明)。
  今度は試合がある時に観に来たいです。

 
  でも、ものすご~く

  敷居が高いんだよな~~。
   gato01.jpg

gato02.jpg  Montjuicの丘にある“La Font del Gat ”(猫の噴水)
  に行ってみました。

  くまさんがMonyjuicの丘で働いているので、
  (と言っても、彼の職業はマタギでもキコリでもありません。)
  しょっちゅう訪れているのですが、実はあんまり見て回った事が
  有りません。
  タダの丘かと思っていたら、色んな公園が有るらしい。
  知っているようで知らないこのMonyjuicの丘。
  コレを機に、頑張って探索してみる事にしました。
  丘だし、足腰が鍛えられて、いい散歩コースになりそうです。

gato05.jpgMonyjuicの丘をパラシオ・レアルの脇から登って行くと、
こんなこじんまりとした可愛いパティオが現れます。
ここが、上の歌で有名な、“La Font del Gat”
一応表示は出ているのですが、かなり分かり辛いです。
私はなかなか発見できずに丘を登ったり、下ったり・・・。
右奥の穴になっている所が噴水です。
噴水と言うよりは水飲み場という感じですが・・・。

この周辺も公園になっていて、散策するにはもってこい。
昔は小さい遊園地が有ったと、くまさんは言ってました。

gato08.jpggato09.jpg 何処が猫の噴水なのかと思ったら、
 よく見ると水の出る口が猫の顔!
 小さいので見落とさないように
 ご注意ください。

 ね・ねこ?だよね?
 ちょっと人間っぽい顔ですが・・・。
  
 猫の横にある、現代風(?)な
 金属製のボタンを押すと、
 口から水が出ます。

gato03.jpg  小さなレストランがあったので、ちょっとお茶でも!と思ったら、
  閉店でした。
  ちょっと中途半端な時間だったので・・・。
  でも、残念そうな顔をしたら、よほど残念そうな顔だったらしく、
  その気は無かったのですが、同情を買う事に成功。
  コーヒーを出してくれました。
  5分ほど後に他のお客さんが来て閉まっているのに
  私がコーヒーを飲んでいるのを見て、
  「どうやって注文したの?」と聞くので返答に困りました☆
  いや・・・情に訴えたんです・・・。とは言えず、
  「ラッキーだったの」と言うことにしておきました。

gato06.jpg食事休憩のようです。
カメラを向けたらポーズをとってくれました。
・・・いや、あなた達を撮ろうとしている訳では・・・(汗)。
でも、結局あんまり写ってない。ゴメンヨ。
隣に併設されている施設のガードマンさんも一緒にお昼。
なんだかのどかでいいですね~。
「NOS VEMOS(またね)」とお別れ。
いいの~?また来ちゃうよ~。暇なんだから(笑)

gato04.jpg  昔聞いた話によると、西洋の猫は尻尾が真っ直ぐで、
  日本の猫は尻尾が巻いているんですって。
  そういえば、スペインの猫はみんな尻尾が真っ直ぐです。
  すらりと長くて先まで自分の意思で動かせる。
  見てるとあきません。

  私も尻尾が欲しいな~。
最近イライラする事が多い毎日です。
だって、だって、暇なんだもん。
暇って言っても、ご飯作ったり、掃除したり、スペイン語の勉強したり・・・
する事なんていくらでも有るじゃん!と、思うでしょう?私もそう思いますよ~。
実際、ご飯は作らないと食べる物は無し、洗濯しないと着る服が無いし、
一日一日はなんだかんだで過ぎていきます。
でも、「今日はコレをやったぞ!」って言う達成感が無いんです。
一日24時間「絶対にコレはしないといけない」と言う事も無いし、
誰かと会ったり、どこかに行ったりする予定も無い。
ついダラダラしちゃって、寝る前になると「今日も何にもしてない・・・」って思うんです。

何か始めたい!!と思っているのですが、なかなかうまくいかなくて・・・。

こちらに来てなかなか自分のお友達が出来ない=愚痴る人が居ない&気分転換が難しい、
と言うのも大きな要因ですが、一番の問題はやっぱり慣れない主婦家業。
自分の現在の境遇との折り合いをつけるのが大変なようです。

日本にいる時には気楽な独身貴族で、何でも自分で一人で決めて
好き勝手にしたい事をしてきましたが、今はそうは行かないの現状です。
何でもくまさんに相談して、二人で検討してするかしないか決めないといけない。
それぞれが「重要だ」と思う事が違ったりして、なかなか歯車がかみ合いません。
相談して話し合うとは言っても、結局大蔵大臣はくまさんなので希望が通らない事もシバシバ。
くまさんの言い分も分かるけど、私の感じている緊急性も分かって欲しい!

くまさんが仕事に行くのは6時過ぎ。
最近はこの時間はもう暗いのでウロウロ散歩をするにしても行く所が無い。
テレビを見ようにも、言葉がちんぷんかんぷんなのに加えて、
笑いのツボがまだ理解出来ていないので見ていても面白くない。
ご飯ばっかり何時間も作っている訳にもいかないし、勉強でもすれば?とは思いつつ
ついついインターネットワールドへ。
「同じようにスペインに来た人が結構居るのね~」なんて眺めていると、
なんだか他の人はみんな上手くやっているみたい・・・。と逆に凹むハメに・・・。
だんだんウツっぽくなってくるし、こんな事ではいか~ん!!とジムにでも行こうと計画したら
今月は出費が多かったのでくまさんストップがかかるし。
「ホントに必要?」とか聞かれちゃうと返答に困ると言うより、「じゃあ、いい」としか言えない。
だって、ジムなんて日本でだって行った事ないのに、わかんないよ~。
ただ、一番お手軽に始められる「何か」だと思っただけで・・・。
試しにビジターで行ってみたら?と言われたものの、
こんなもの頻繁に行かないと結局面倒になって行かなくなるし、
月に5回以上行くようなら入会した方が安いのに、
ビジターで毎回お金を払ってまで行く気はしないんですけど・・・。

今まで好き勝手に生きてきた分、二人でペースを合わせて生きていく事の大変さを実感中です。
しかも私は新しい土地で一から自分の生活を建て直さないといけないのに、
自分の思うように進まない・・・。イライラします。
くまさんに対してもちょっとした事でついイラッとしてしまいます。

他人に対して不満がある時には自分の人生に満足していない場合が多い

と何かで読んだ事がありますが、まさにその通り!
何処に行っても、くまさんのオマケ状態の毎日から抜け出した~い!

主婦見習い3ヶ月ちょっと。物事そんなに急激には変わらない。
我慢我慢。何時かはいい風が吹くのでしょう。

でも、まあ、愚痴りたい事もあるっちゅ~事です・・・。
もうこんな話があったことすら皆さんお忘れでしょうが、そして私も忘れちゃってましたが、
書き残しがあったので、Geronaでの馬の展示会話再びです。

書き残しその①:
EQUUS@Gerona:その1でちらりと出てきた、「タダのテントだよ~」と言う謎のテント。

その正体は!! なんと!

geronaa01.jpg  馬市場だったのです!
  しかも、展示(?)販売中。
  
  ホントに販売しているのを確認した訳ではないので、
  確かではないのですが・・・。
  だって、その場で袋に詰めて売っている訳じゃ
  ないんだもん。(当然だ!)

  右を向いても左を向いても馬だらけ~。
  各牧場ごとの仕切りの中にうじゃうじゃ居ます。

こんなに馬が沢山居る所、生まれて初めて見ましたよ~!    

geronaa02.jpg     geronaa03.jpg


書き残しその②:
geronaa04.jpgかなりマニアックな話ですが・・・スペインのハロー掛け。

車そのものは日本でも見掛けそうなヤツなのですが、
その掛け方が、一味違いました。

日本ではグルリと馬場を一筆書きで回れるように
掛けていたと思うのですが、
(場所によって違うかも。でも馬事公苑でもそうでした。)

geronaa05.jpg  ここでは、長蹄跡を真っ直ぐ掛けて、
  短蹄跡を掛ける時には一度ブラシを持ち上げて
  車を回してバックで戻り、
  再びブラシを下ろして掛けるんです。

  いかに隙間が無いように一筆でいけるかが重要(?)
  とされていたので、ビックリしました。
  (そんなのは私の周りでだけ?)


書き残しその③:
geronaa06.jpg今回一番ビックリしたのがこちら。

う・・・豚みたい。

こんなに切っちゃって(剃っちゃって?)
ハエを追う時にはどうするんでしょう?

でも、こんな姿の子が沢山居たので、こちらでは当たり前の様です。
それとも何か流儀があるんでしょうか?
・・・・聞いてみればよかった★
この尻尾をフリフリする姿はなんだかとっても可笑しかったです。


circo01.jpg  サーカスがやって来ました。

  その名も“CIRCO ACUATICO”
  CIROCO=サーカス ACUATICO=水の、水中の
  
  移動サーカスなのに、“水”なの??
  一体どんな内容なんだろう??
  水族館のアシカショーみたいな感じなのかしら??
  
  かわいいアシカのポスターが貼ってあるけど
  他のポスターも見てみましょう♪

ほ~ら。ここら辺から段々と怪しい感じになって来ましたよ~。

    circo02.jpg         circo03.jpg

サ・サ・サメだ!!ワ・ワ・ワニだ!!(ピラニア版もあったのですが、写真取り忘れ。)
うわ~い♪q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p
コレは某O国魂神社の暗闇祭りの最中に現れる蛇女並みの怪しさです。

circo04.jpgそんな訳で行ってまいりました。
サーカスなんて久しぶり。愉快なイベント大好き。

入場料は一番安い席で大人10ユーロ。子供8ユーロ。
いい席で大人15ユーロ。子供13ユーロ。
Palco(ボックス席)20ユーロ。

う~ん。ちょっと(いや、かなり)高い?
そんなに広くなさそうだし、
とりあえず10ユーロ券を購入しました。


「こういう所で飲み食いすると高いから」とワザワザ事前にバルで飲んで来たのに、
やっぱりポップコーンとクレープビールとジュースを買ってテントの中へ。
野球場とかドライブインでは何か買わずに居られない性分なのです。

circo06.jpgショーの内容は・・・
基本的にはジャグリングショーでした。
日本だったら、対象年齢10歳くらい?って感じですが、
ここはスペイン。皆さん楽しむのが上手。
付き添いの大人の人も音楽に併せて手拍子するなど、
ショーを盛り上げるのに一役買ってくれます。

くまさんは意外と単純なので、ジャグリングも、
ワンワンショーみたいなのにも大喜び。
一緒に居ると楽しい人です。

ところで私は・・・もっと怪しい物を期待していたので、がっかり・・・かと思いきや!

やっぱり怪しかった!

普通のサーカス50パーセント、怪しさ50パーセントと言った所でしょうか。
次はきっと皆さんの町に行くのでしょうから、多くは語れませんが、
カリフォルニアでウン十年ピラニアを研究給した人と同じくサメを研究した人が出てきます。

circo05.jpg  それにしても・・・
  「いい子にしてないとサーカスに売られちゃう!」
  って、きっとこんなサーカス??
  って言う感じのサーカスでした(どんな感じ?)。
  
  ←どうやらこちらのトレーラーで水を運ぶらしい。
  何しろ、ACUATICOなので水は大量に必要なのだ。

久しぶりに彼に会ってしまいました。

なんでも、運送会社を経営しているのに、自分はトラックの運転免許を持っていないので、
バレンシアの合宿教習所まで行ってい1ヶ月間缶詰で免許を取ってきたそうです。
久しぶりの再会に私のハートはドキドキです。

ああ・・・相変わらず変わっていないのね、アナタ・・・

そうよ!私もよ・・・


periscopio_cerdo_clon.jpg  彼の名はトンチュウ。
chuu!.jpg  くまさんの友人の一人。
  明るく、気さくで、気のいいおじさんです。
  よく笑い、よくしゃべる。
  よく飲み、よく食う。
  
  うちのベットをもらいに行くときも
  快く引き受けてくれた彼。

すご~~~くいい人。いい人なんです。でも、会うとドキドキしちゃうんです。
もうしばらく会いたくなかった・・・心の準備も出来てないのに・・・

だって・・・だって・・・今日もアイも変わらず・・・・


何を言っているのかマッタク聞き取れな~い!!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ニュースやドラマはさっぱり聞き取れないし、言葉の意味自体がわかない事は多々あれど、
面と向かって話をされて、ここまで聞き取れないのは彼だけです(涙)
大きな声ではっきり話しすぎ!!オマケに凄い早口。
しかも、話の途中に自分で笑っちゃっうので、何を言っているのか???
前は会うたびに凹んでいたけど、くまさんに相談(愚痴?)したら、

いや~、ぼくも時々聞き取れなんだよね~(苦笑)。

との答えだったので、少しは気が楽になりました。
でも、最初は何を言っているのか時々??だったお義父さんの言う事も段々に
聞き取れるようになったし、頑張ればいけるはず!!
おじさんたちは多かれ少なかれみんな訛っているし、しゃべり方にも癖がある。
ここで挫けては駄目なのよ!!

そんな訳で・・・彼に会うと スペイン語頑張らなくちゃ・・・と思います。

percha.jpgスペインに来て コレはいい!! と思ったのが、これ。

ホントの名前は実は良く分からないのですが、我が家では
「ペルチャ(ハンガー)」と呼ばれております。
くまさんの実家でパパママが使っているのを見て、一目ぼれ。

!!GRAN INVENTO DE ESPAN~A!!
(スペインの偉大な発明だ!!)

と思わず叫んでしまうほどの惚れっぷりだったのですが、
日本の友人には意外と不評(涙)。
何処がいいのか分からないと言われてしまいました(号泣)。

何がいいって?そんなの・・・

服をヒョイッと引っ掛けられる事ですがな~。

いや、ハンガーなんだから当たり前?なんて言わないで~!!
明日も着るし、箪笥にしまうのは面倒だな~。と言う上着を引っ掛ける。
シエスタの為に脱いだ服をちょっと掛けておく。
椅子の背もたれに掛ける代わりにここに掛けるのですよ~。

いいと思うのですが・・・。椅子に上着をすぐ掛けちゃうのは私だけ??

パパママと同じようなのが欲しい!!と探し回ったのですが、同じ物はもう無い。
それもそのはず、パパママのは30年は使っていると言う代物だったのです・・・。
脚が一本だったり、下に靴を置く所がなかったり、小物をしまう所が無かったり・・・。
散々探して、私はアンティークの折りたたみ式を買ってもらったのですが、一つしかない。

因みに、そのお値段:75ユーロ スペインに来て買った物で一二を争う高さ。

同じような物を買う予定でグズグズしているうちに見つけたのが、上の写真の一品です。
まあまあ希望道理の機能を兼ね備え、そのお値段なんと!!

大手(?)スーパーマーケット カプラボ価格  6ユーロ!!

私が実地で調べたこの手のペルチャの標準価格は30~40ユーロなので、かなりの安さです。
値段の割には安っぽくないし、なかなかいいお買い物でした。

くまさんが大喜びで、毎度お馴染みお友達アントニオに自慢した所、
すご~~~く欲しそうだったらしい。
うんうん。だって、GRAN INVENTO ESPAN~OLA だもんね~。
でももう既に購入日から1週間位たっていたので、「もう無いよね・・・きっと。」
とちょっとがっかりの様子。

私、昨日買い物行った時に見かけたけど??

くまさんも一緒にいたはずなのに、猪突猛進型の彼の目には映らなかったらしいです。
で、早速買いに行きました。と言うより、ワザワザ買いに行きました。

アントニオのバルに集まる仲間(?)は西で引越しがあると言えば手伝い、
東で電話が欲しい人が有ればチラシをチェックし持ち寄って、
南でペンキ塗を塗ると言えばハケを持って集合し、
北で箪笥を買ったと言えば車を出す。と言う集まりなのです。(ちょっと大げさ(笑))

売り場にはもう2つ3つしか残っていなくて、OFERTA(安売り)の札 

え~!6ユーでも十分安いのに!! さらに安いの??!!

と・こ・ろ・が・・・そこは流石はスペイン。そうは問屋がおろさないのです。

値札をよ~く見てみると・・・ 8ユーロ ・・・?

私たち6ユーロで買ったのに???

レジで値下げ交渉をしようと思ったのですが、チェーン店のレジ係りにそんな権限はないし、
居るか居ないか分からない責任者を呼ぶとなると面倒だし、時間もかかる
と言うくまさんの意見を採用して不問に付す事に。
8ユーロでも十分安いので、そのまま買ってアントニオにプレゼントしました。
モチロン“OFERUTA”のオチつきで。
もう我慢の限界だ!!

ソファと絨毯を買うって言ったら買うんだ~!!


てな訳で、 我が家にやってきましたよ~ 

じゃ~~ん!!

sofa.jpg        jyutan.jpg


ソファは居間に。絨毯はベットの横のやまもスペースに。
絨毯はそんなに広くありませんが、ごろ~~んと横になって本が読めます。

うれし~!!
これで脚を伸ばして座れます♪ ごろごろ出来ます♪
土足生活の我が家ではごろごろしたり、脚を伸ばして座ったり出来る所が
ベットしかなかったのです。
私はあんまり椅子の生活に慣れていなくて、3ヶ月間ず~~~っと
ソファと絨毯が欲しい!!と言い続けてきたのです。
他にも思うようにいかない事が山ほどあるのに、自宅ぐらい好きなようにしたい!!
ゆっくりのんびり (グウタラダラダラ) 出来るスペースが欲しい!!
私の中では家の中で思うようにくつろげないのですご~~くストレスになってました。

くまさんは「買わない」とは言わないのですが、あまり積極的ではなくて、
優先順位をかなり低ランクに付けられて、後回し、後回しになっていました。

何でこんなに後回しになっちゃうのか??と言うのも・・・
くまさんのお給料は週払いで支払われます。
月払いと週払い。そんなに違いはナインじゃん?何度も給料日があっていいじゃん♪
と思っていましたが・・・確かに何度もお金はもらえますが(笑)月払いと週払いは大違い!!

週払いでもらうと 一度にもらえる額が1/4 なんです。

なので、なかなか思い切って大きな買い物が出来ない。
お金を貯めてから○×を買おう!って言ってお金が貯まった試しはありませんが、
週払いだと、そこから週の食費とアレに払うお金、コレに払うお金・・・と
行き先決定分を引くと幾らも残らない。
その中から、○×の為に幾らか、貯金も少し・・・なんて言っても、
次の給料日が来るまでにアレが無いだのソレが壊れただの、
予想外の出費がどんどん現れる・・・。
しかも、現金払いなので、当然くまさんは現金主義。
ソファ代300ユーロ(カバー×2枚込)と言えどもなかなか残らないのが現状なのです(涙)。
月でもらってもそうだよ~と思うかも知れませんが、一度にもらえる額が少ないと、
買い物に見る夢もスケールが小さくなりがちに・・・。コレ真実デス。
だって、月給にしたら大した事が無いお金でも、週休に直したら・・・
給料の半分??!!(月給だったら1/8)って思うと腰も引けますよ~(苦笑)。

くまさんの稼ぎは決して悪い方ではなくて、十分生活できるだけの物はもらっているのですが、
なにせ、リホームだの、足りない家具の買い足しだのと出費が多いので・・・。

****************************************

紆余曲折色々とありましたが、セントラルヒーティングも直してもらい、
我が家のドタバタもやっとケリがつきそうです。
因みに、このセントラルヒーティング。前回と同じおに~ちゃんが来てくれたのですが・・・

請求されました!! 14ユーロ。

勿論抗議しましたよ!その回答は、「前回この作業の分はもらってない」から。

って、本当か??

でも、私もくまさんもいい加減憔悴しきっていて、
「もういいの。直れば何でも・・・。」って払っちゃいましたけど。
だって、おに~ちゃん「自分には決める権限は無いから事務所に電話してくれ」、
って言うんだもん(一理あり)。もうどうでもいいよ。ってなっちゃいました。

ん?それがテなのか・・・??

スペインでは段々寒くなって来て、は街を歩く人の装いも冬仕度に(ちょっと大げさ)。
それでも暑がりのくまさんは半そでのポロシャツで外をウロウロしていますが・・・(汗)。
昼間太陽が出ている間は暖かいのですが、朝晩は冷え込む事があります。
寒がりの私としては、もうそろそろ暖房が欲しい今日この頃です。

で、早速試してみました♪ 

◆\(・・)/◆  セントラルヒーティング  ◆\(・・)/◆

書いている方も読んでいる方も またか!!neko14.jpgと言う感じですが・・・

つきませ~ん。 ヽ( ̄ー ̄ )ノ 

ツメタ~イ水が流れている気配がする物の全然温まる様子は無し。
「水が温まるまでに時間がかかる」とは言うものの
一晩かかっても温まらないなんて事はぜ~ったいに無いはず。

これは、リホーム工事の時にまたもや何か手違いがあったに違いない・・・
ガス会社の人に聞いてみたところ、信じられない回答が・・・

( ̄▽ ̄)σ チョットオクサ~ンキイテクダサイヨ~ σ( ̄▽ ̄)

つなぐの忘れてたんですって~!!

そそそそそんな事ってあるんですね・・・。プロなのに・・・。
で、今回来てもらった分のお金は請求されるんだろうか・・・???(確認しよう!!)
相次ぐアクシデントに対して、「ここはスペインだから~」仕方ないと思っていましたが、
スペイン人に言っても、皆に笑われる我が家のこの状況もうそろそろ終わりにしたいです。
もう3ヶ月もたつのに未だに家の中の物が揃わない、設備がきちんと整わない・・・(涙)。


一方くまさんは・・・

「なんで毎回毎回、一度で終わらないんだろう??」

「そんなに何度も家に来たいのか??」

「家って人気あるじゃ~ん♪」

とオカシナ三段論法(?)で自分を納得させるのでした。


それにしても・・・ 本格的に寒くなる前に気がついてよかった~。
かなり遅ればせながら・・・と言う感じですが、

ハマってます。SUDOKU

もう皆さんご存知の日本発祥、世界中で大人気のこの遊び。漢字で書くと、数独

日本にいる時には携帯にダウンロードして電車やバスの待ち時間に
ちょっと遊ぶ程度だったんですが、スペインに来たら何せ暇だモンで・・・。
暇は有るけど、自由になるお金が無い。そんな私にぴったりなのが、この数独ちゃんです。
スペインでも人気が有るのか、新聞に毎日掲載させているので、問題にも事欠きません。
しかも、家では新聞をとっていないので、例のアントニオのバルに行ってやる毎日・・・(汗)。

私は未だにEl Periodico誌とLa Vanguardi誌の“DIFICIL(難問)”が
解ける日と解けない日があり、キ~~~!!っとなってしまうこともあるのですが★


が!!上には上が居たもので・・・

samurai.jpgなんと、数独×5。

その名も SAMURAI

ルールは数独と同じなのですが、
重なっている部分は両方の枠を見て
数字を入れないといけないので・・・

も~頭くらくら・・・目が回ります。

ちなみに私は15分くらい粘りましたが、
二箇所しか埋まりませんでした・・・(/。\)

それにしても一体なんで「SAMURAI」なんでしょ?


sudoku.jpg  こんな雑誌の記事まで発見。

  数独@トイレットペパー
  
  トイレットペーパーは薄いので書きづらそうですが。
  問題が切れないように注意して使用しないといけませんね。
  中途半端なところでちぎったら次の人に怒られそう。

  そんなことより・・・
  “トイレに行く時はボールペンを忘れずに”とか書いて有るけど、
  トイレとお風呂・洗面所が一部屋になっているスペインで
  ボールペン持って篭られたらトンでもない事になるのでは・・・?
  
いつもの溜まり場アントニオのバルで知り合ったフランシスコさんのお誘いで、
くまさんの職場でショーを観ながらご飯を食べてきました。
くまさんは仕事なので、フランシスコさんと、その彼女シューさんを私でテーブルを囲むと言う、

なんとも不思議?と言うか、私お邪魔虫?と言うこの状態・・・。

アントニオのバルで「ショーを観たいんだけどヒトツ手配をお願いしたい」と言う人はよくいるけど、
私も誘って一緒に行くと言ったのはこの人だけです。
なんで私まで誘うのかしら?彼女と二人でのんびり行けばいいのに?と思ったのですが、
実は、彼女がモンゴル出身なので、同じアジア系の私と仲良くなれるのでは?
と気を使って誘ってくれたのです。
なかなか、同年代の女性と接触する機会が無いので、ありがたいお誘いでした。

二人は最近付き合いだしたそうで、まだラブラブ 
フランシスコさんも彼女も常にBUEN HUMOR(上機嫌) 
私は自分の事は棚上げで人の好き嫌いが激しいので、仲良くなれるか心配でしたが、
楽しい夜を過ごす事が出来ました。

ショーと食事の後は仕事の終わったくまさんも合流して、夜の街へ。
地元のバルにちょっと一杯(飲めないけど)位の事はあっても、バルセロナでの夜遊びは初体験。
普段はおとなし~く、ちょっと枯れた生活をしているので新鮮でした♪

夜遊びするのにくまさんが やりたい!! と、出だしたのは・・・ ビリヤード

オジサン、そんな趣味があったのね~。
もう、10年くらいやっていないと言う事でしたが、結構上手で驚いちゃいました。
ボールが飛んだり跳ねたり戻って来たりしたらなお良かったんだけどね(笑)。

「AMERICANO(アメリカ式)?ESPAN~OL(スペイン式)?」

ご存知でした??!!ビリヤードのアメリカ式とか、スペイン式とかあるんですって!

日本で通常見かけるやつはアメリカ式?というか、ポケットビリヤードってヤツらしい。
色と番号の付いた15個の玉と1個の白い玉で遊ぶやつ。
現在はナインボールという色玉9個を使ってやるのが主流らしいです。

biyar02.jpgスペイン式はこちら。
キャロムビリヤードと呼ばれているものらしい。

玉は3個で台には穴が無い。
穴に落とすのではなくて、手玉を他の玉に当てるのが目的。

この→入れ物にボールが入っていて、お金を入れると取り出せる。
なぜタイマーが付いているのかは謎。時間制限があるのかしら?
昔の漫画に出てくる(?)時限爆弾みたいです。

勝手に“スペイン式”と称しているのかと思ったけれど、
スペインはビリヤード発祥(と考えられている)地の一つだそうです。

biyar03.jpg  最近はスペインでもあんまり見かけないらしく、
  スペイン式を楽しむのは年配者が多いそうです。
  写真はくまパパママが住む山の村のバルにて撮影しましたが、

  確かに・・・。

  皆さんキャリアがあって、年季が入っているせいか、
  玉が飛ぶは跳ねるは・・・凄く上手でした。
ご存知のように、スペインでは家の中でも靴を履いています。
実際に本当に“靴”を履いているかというと、
我が家の場合は室内ではサンダルに履き替えていますが・・・。

でも、部屋の構造上、玄関と呼べる場所がありません。
その上、我が家の場合は変な位置に暖房が付いているので、
出入り口に靴箱を置くスペースが無いのです(涙)。
よって、靴は寝室に並べて置いてあるのですが・・・。

靴が臭い!! "ε(・ω・)3゛

私は未だに近場で外出する時には便所ぞうりを利用しているので、
靴はめったに履きませんが、くまさんは毎日出勤するのに靴を履きます。
しかも、くまさんは「一つの物を使い倒す」主義なので、いつも同じ靴・・・(苦笑)。

そう。 くまさんの 靴が臭い!!

ははは。失礼だな。私。


zapatos.jpgでも、寝室が臭いのはイヤなので、作ってみました。

消臭袋。

探してみたけど、無いので仕方なく作る事に。
ナカミは箪笥に入れる丸い消臭剤です。

靴にも効くのかな~??

でも、この先私もブーツを履いたりしたらやっぱり臭いだろうし・・・、
靴の置き場を見直したほうが良さそうです。
santos1.jpgsantos2.jpg  11月1日はスペインの祝日。
  Todos Los Santos( 諸聖人の日)。
  Panalletと言うお菓子を食べて、
  お墓参りに行く日だそうです。
  日本のお彼岸みたいな感じ?
  
  ついでに、カタルーニャ州の選挙もありました。
  私は選挙権無いけれど・・・。

皆が「お休みだ~」とのんびりしているにも関わらず、我が家ではピリピリ緊張した雰囲気でした。

と言うのも・・・前日の10月31日
最近職場に困ったやつが入ってきて、くまさんのストレスがピークに達してしまったのです。
やれ、全員揃ってリハーサルをしろだの、倍以上もキャリアのある先輩の演技が気に入らないだの
一番下っ端の新参者の癖に、社長のお気に入りなのを笠に着て、やりたい放題らしいのです。
で、この日もソイツのおかげで仕事が長引き、一触即発状態の職場からへとへとになりながら
やっと家に帰り着いたのですが・・・、
待っていたのは、事のほかよく焼けた自慢のチキンを前に、自信満々のやまもと、

なぜかつながらなくなった電話。

この日どうしても日本の友人Mと話をしたかったくまさん。・・・切れました。

一方、電話がつながらないのは気の毒だけど、折角の自慢のチキンに見向きもされず、
挙句の果てには 「食欲無くなった。もういらない」 なんて言われて、私も・・・

働いていないとはいえ、 夜中の12時まで

ご飯を食べずに待っている人の身にもなれ~!!
 と切れる始末。

そうかと思ったら、ちょっと目を放した隙に 気がついたらもう寝てるし・・・(怒)

次の日、ぐっすり眠ってスッキリサワヤカのくまさん。
一方、未だに納得の行かないやまも。自分だけスッキリしやがって~!!

納得は行かないが、何時までもこだわっていても仕方が無い。

仕事で嫌な事があるのも分かるし、何時まも家が片付かないのでイライラするのも分かる。
でも、違う人間が二人で住んでいる以上、帰ってくるなり説明もなしに不機嫌だったり、
一人で切れて文句を言ったりするのはやめよう。と言う約束をして、とりあえず仲直り。

問題の電話は線を延ばした時に何か問題があったらしく、前に置いてた所でも使用不能。
色々試して、一番もとの基盤に接続すれば使える事が判明しました。
インターネットには一時は接続出来ていたのに何でだろ?不思議です。
今は、そこに繋いでいますが、その場所がすご~く不便な所。
2日になってから、再度JOSEに連絡するも、「4時ごろ行くから」と言う電話を最後に
連絡が取れず・・・。何処にも行かずに待ってたのに・・・(涙)。
現在11月2日の夜8時15分。今日はもう絶対来ないな・・・。

で、もう一つの問題のニューフェイス君。
「一度観に来れば分かるから、観に来い。」というので、久しぶりに観に行ってみました。

感想は・・・ あはは。こりゃ~、みんな怒るだろ~?
業界に、大して見識のない私ですが、くまさんの気持ちは理解できました。ご苦労様です。

で、なんだか色々申し訳なく思ったらしく、帰りにくまさんが晩御飯をご馳走してくれました。

cena03.jpg  焼きネギ初体験♪
  甘くて美味し~い。
  こっちのネギは苦いと思っていたけど、
  こんないいものあるんじゃな~い。はやく教えてよ~!!
  
  サルサ・ロメスコと言うアーモンドベースの赤いソースを
  つけて食べるのですが、私には塩だけの方がいいみたい。

  くまさんの説明では、カタラン語では「カルソッツ」
  「Cebolla(タマネギ)とHAJO(にんにく)の間みたいな感じ」
  
  え?PUERRO(ネギ)でしょ??

と思って辞書を頼りに私なりに分析した所・・・  
PUERROって言うのは恐らく日本で言う所のポロネギ。地中海地方原産。
日本の長ネギよりもずんぐりしていて太い。あんまり甘みが無くて、ちょっと苦い気がする。
多分スペイン語ではCEBOLLETAと呼ばれる物が日本でネギと呼ばれているものに近く、
「カルソッツ」は日本のネギに近い。
ネギもタマネギもユリ科の植物なので、やぱり似ている所がある。
普段食べているネギ(PUERRO)よりも断然甘いので、くまさんはタマネギの仲間だと判断した。
・・・・・と言う事だと思われます。

cena02.jpg  ARROZ CALDOSO (汁の多いご飯←つまりはおじや)
  魚介でダシをとったスープにご飯が入っています。

cena01.jpg  甘味たっぷりでスープがおいし~いい!!
  キノコがたっぷり入っています。
  何のキノコか分かりませんが
  非常に美味い♪

  キノコ好き
  魚介好きにはたまりません。

美味しい物をたらふく食べてピリピリも収まって めでたしめでたし♪です。
実はもう、行っていません。学校に。

8月の末から通い始めて、間に日本に帰国したり、コースの都合上直ぐには戻れなかったりして、
結局、10月20日までの計5週間通いました。
学校自体は楽しいし、もう少し通ってもいいかな?と言う気もするのですが、
何より、金銭的にきついので、一度やめて、もう一度無理の無い勉強方法を探す予定です。

海外でも何度か語学学校に通ったことはあるのですが、学校のシステム上の都合、
私の語学レベルの都合、時期的な都合etc・・・で今までプライベートレッスンばかりで、
「クラス」で勉強した事が無かったので、色々新鮮でした。

そんな訳で今日は学校の思い出話をいくつか・・・。

その一:未来はどっち?
「木の絵を描いてその人の人格を知る」と言う内容のテキストを皆で読んだ時の事です。

「絵が全体にに偏っている人は未来を見据えている人」だと言う一説が。
なんとなく納得行くような行かないような・・・?(テキストはあくまでも例文で信憑性は無し。)

でも何で右なのかしら?

みんあであ~だこ~だ言っているうちに、一人が、確信を持って「未来は右にある!」
何でかと思ったら、文字は左から右に書くからだ。と言うのです。

う~ん?ちょっと納得できないかな???
でも、そういえば、別の時間で「道案内の会話を聞き取ってその内容を地図にする」
と言う内容の授業のときに、私以外の人はスタート地点が紙の左にあって、
右に向かって進んで行く地図を描いていました。
文章をを左から右へ向かって書く人たちは右に向かって進む事が多いと言う結論に・・・。
でも、私は文章を右から左に各民族。じゃあ、私の未来は左側にあるのかしら??


その二:ガチョウがどうしたって?
クラスメイトのご夫人。何か先生に質問して、答えを聞くたびに「オーカー」
「オカ」?「OCA」?スペイン語でOCAと言えば「ガチョウ」の事。
ガチョウがどうしたのさ?!とまでは流石に思いませんでしたが、
一体何の暗号なのかしら?と思っていたら・・・ドイツ語で「OK」の事でした。
ドイツ語のアルファベットの発音では確かに「オーカー」。
でも、なんとなく「OK」は万国共通で「オーケー」と発音するような気がしていたので・・・。
状況判断で分かりそうなもんなのに・・・気が付くまでに丸一週間かかりました(恥)。


その三:該当項目につける印は?
私は、「○」です。当てはまる項目には「○」。そうじゃない時には「×」。
でも、なぜかそれって私だけ。
クラスの皆は、当てはまる項目に「×」をつけて、当てはまらない項目は無印。
答え合わせの時に私一人が逆なので、混乱する事が多々ありました。
意外と小さな所から文化の違いがあるんですね。面白い。


その四:やっぱりこの色?
青と言えば高貴な色の代表。
”PRINCIPE AZUL(プリンシペアスール青色王子?)”と言えば理想の王子様。
王族の血も青いらしいし、日本でもハンカチ王子のハンカチも青色?

でも、だからって、私が青いボールペンで書いた答案を
青いボールペンで添削するのは止めて欲しい。
筆跡が違うとは言え、誰が何を書いたか分からなくなります。
上から書かれると、カブってしまって何が書いてあるのかさっぱり分からないし。

スペインには赤ペンは無いんでしょうか??


その五:BACALAOってなに?
食べ物の名前って、結構厄介です。日本には無い現地特有の物もあるし。
私は、もう何年も「YUCA(女)〔植物〕ユッカ」がなんなのか分かりません。
さて、その厄介な食べ物の単語を復習する授業での出来事です。
自炊している人たちは買い物するときに見聞きするのでそうでもないのですが、
自炊をしない人や、特に男性には少々厄介な分野な様です。
先生が一つ一つ単語の意味を説明したり、絵に書いたり、身振り手振りで現したり。
先生も大変。でも、段々ねた(?)が尽きてきて・・・

生徒A:「CALAMAR(イカ)って何ですか?」
先生:「Muy rico.(とっても美味しい。)」

え?それじゃあ、分からないと思うんですけど??
でも、それ以上説明する気配はマッタク無し。
質問した人以外は意味を分かっているようなので、無理やり次の質問に・・・

生徒A:「じゃあ、BACALAO(タラ)は何ですか?」
先生:「Tambien!!(同じく美味い!!)

マッタク、説明になってませんから(笑)!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。