FROMやまも@Barcelona 2007年03月

FROMやまも@Barcelona

@BARCELONAな役に立つこと立たない事、面白い事、面白くない事をお届けいたします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです。やまもです。日本に帰って来てます。
結構とっくの昔に戻ってきてはいたのですが、実は色々(いや、そんなにないけど)
アクシデント(と言うのか??)がありまして、潜んでおりました(苦笑)。

070331002.jpg半年過ごして、やっと快適に過ごせるようになり、
「我が家」と言う実感がようやく沸いてきたバルセロナの
ピソを後にして、帰ってきた日本は・・・・。

思ったよりも変わってませんでした☆

まあ、半年だからそんもんか・・・(汗)。
もっと、プチカルチャーショックの連続!みたいなのを
期待していたので、ちょっとがっかり???

ふるさととはありがたいものでございます。

そうは言っても、そんなの今だけ。
これから仕事を探したりし始めたら、半年のブランクは
効いてくるんだろうな~・・・とちょっと怖い私です。

ともあれ、@JAPONになりましたが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

いよいよ帰国するので、ブログは一時閉店します。
「明日帰国」って訳ではないのですが、残された滞在期間をくまさんとのんびりすごす為、
PCは封印する事にいたします。
(って、壊れないようにパッキングして、スーツケースに入れたいだけ。)

今度お会いする時には、FROMやまも@JAPONとして新装開店いたします。
(別に引っ越したりはしません。)
やまもの新たな活躍(???)にご期待くださいマセ。

それでは皆様、また会う日まで、ごきげんよう♪
!ADIOS!
荷造りしてみたら、スーツケースの半分がお土産、半分はほぼ新聞紙だった。!Σ( ̄ロ ̄lll)

去年の9月に一時帰国した時にもそうだったけど、スペイン→日本は必要な荷物がない。
実家にも服などあるし、無くてもどうせ買うなら服は日本で買いたいので問題ないのです。
消費経済の申し子みたいな発言ですが、私御用達のユ☆◎ロの服を西日間を何往復も
させるほうが、燃料の無駄というものでしょう・・・。
また持って戻る事を考えれば、不足品は日本で手ごろな物を買って、着倒すのが良作。
今回はいつ帰れるのか未定の長期滞在なので、長く使うと思うし。

じゃあ、小さいスーツケースで行けば?とも思うのですが、そんなの持ってないんです(爆)。
でも、帰りは日本から食材とか、本とか、残してあるけど本当は持って来たい荷物で
入りきらないほど一杯になるので大きいスーツケースが必要な事も事実なのですよ。
さらに、今回はパソコンも持って帰るので、機内持ち込み用の小さいスーツケースも用意。
これも当然中身は・・・ほとんど新聞紙(汗)。

日本はごみも有料化の時代だっていうのに、わざわざ外国からごみを持ち込む私・・・。
しかも、ひとつは小さいとは言え、スーツケース×2つになったら押して帰れないので、
成田から大きいほうは宅急便で送る予定です。

嗚呼・・・。勿体無い・・・~(>_<。)\。中は新聞紙なのに・・・(+_ q ))。

誰か迎えに来てくれればいいのに・・・。トチイサクカイテオク
07032001.jpgもう直ぐ帰国。

帰国すれば親兄弟にも親戚にも友達にも
会えるので、楽しみな反面、正直なところ
やっぱり寂しいです。
日本の家族も私の家族ですが、くまさんも
今や立派な私の家族。
家族と別れて住むのは寂しいし、心配です。
それに、「一時帰国」とは言っていますが、
正直何時戻って来られるのかは不明。
「半年」と言うのはあくまでも目安なのです。
そんなこんなでちょっと、複雑な気分です。


<・)))><< ・・・ <・)))><<・・・

3月の始めに帰国便の手配をして、eチケットを受信していたのですが、
家にプリンタが無いので内容を確認だけして今までほおって置いたのですが、
今日やっとプリントアウトしに行って来ました。

そしたら、アクセス出来ないんですけど・・・。
何で??

1週間以内にプリントアウトしなさいとか書いてなかったんだけど、
直ぐしないと駄目だったんでしょうか?
でも、直ぐしてもなくしちゃうことだってあるし、出発日まではアクセスが
出来るようにしておいてもらわないと困るんですけど・・・。
このチケット会社、昨年7月にくまさんの来日便を手配した時もネットトラブルがあったので、
またそうなのかも知れないけれど・・・。

と思って、もう一度見てみたら、アクセスできました。

何なんだ?トラブルの多いサイトだな。
折角、ロクトリオまで行ったのに無駄足だった上、また行くのか・・・。はあ。
私ももうやめればいいのに、いつもここで買うのがいけないのか?

もしかして、帰れないかも?!と心配しちゃいましたが、杞憂だったようです。
帰りたくない気持ちもあるので、よかった・よかった・・・なのかは微妙なところなのですが。
帰りたくないような気もするが、「帰れない」となるとそれはそれで困るんですよね。
トラブルはいや~~~。

日本までちゃんと無事に帰れますように・・・。
日本への帰国まで1週間を切りました。

段々、準備も佳境(?)に入ってまいりました。

とは言っても、実は帰国の荷物は特に準備する物は無いのです。
また戻ってくる予定ですし、日本では実家のお世話になるので服とか最低限のものは有りますし。

じゃあ、何の準備が大変かって・・・・。それは・・・ 冷凍庫のナカミ です。

家の冷凍庫のナカミ、何が入っているかと言うと・・・・。

①ご飯
うちでは電気釜が無いのでご飯は鍋で炊くのですが、炊いた後の保温が出来ません。
なので、その時食べない分はおにぎりにして冷凍。
小腹が空いた時・体調が悪い時(おかゆに変身する)・あんまり料理をする気がしない時などに
私はコレが有ると、ものすごく便利♪なのですが・・・・

②漬物
日本で買って来て「勿体無いからケチって食べよう」と、大事に大事に冷凍して
少しづつ食べていたのに・・・。

③買った冷凍食品
中国食材店で買った、シュウマイやら春巻き。
レンジでチンするなり、油で揚げるなりするだけなのですが・・・。

④ストック食
ハンバーグとかコロッケとか、作るのにちょっと手間がかかるものや、
常備されていると便利そうな肉味噌などはまとめて作って冷凍しているのです。
解凍するだけでOKな物もあれば、少し手間を加えないといけない物もあり・・・。

⑤ストック食材
ブロッコリーなど、食べきるには大きすぎ+頻繁には食べないと言う食材は一度ゆでて、冷凍。
椎茸などの普段購入が難しい(と思っていただけでしたが)食材もまとめて買って冷凍。
つまり、それだけあっても食べられないのです・・・。


冷凍庫のナカミ!!一言で言うと・・・冷凍しておくとやまもが便利な物。


そう!それはズバリ、くまさんが扱いに困る物 なのです。

好き嫌いが無く、日本(風)食も大好きな彼ですが!料理だってそこそこ好きな彼ですが!!
だからといって、なんでもかんでも使いこなせる訳では無く・・・。
くまさんは料理が好きなので、色々作ってくれますが、作る物は“スペイン料理"。
私が作ると日本風になるので、使う食材も少しづつですが違うのです。
普段買い物する時も、「やまもが使う食材」「くまさんが使う食材」と分けて買っている位なのです。
私が私流に作って冷凍したハンバーグなんて、実際どうして良いのやら分からないはず・・・。

しかも、一人で作って食べるのは不経済なので、夜は職場の賄を食べる事にしたらしい。

全部使い切って帰国する予定だったのですが、なんだか間に合いそうにありません。
ハンバーグだけでも4食分あるんですけど・・・。今日の夕飯はハンバーグに決定だな★

半年位して戻って来てみたら、同じ物が同じ様に入っていたらどうしよう・・・。
MRECADONAとはスペインにある大手(?)スーパーマーケットです。

      Mercadona__147929.gif

MRECADONAまでは歩いて10分弱と近いのですが、ちょっと方角的に不便な位置。
店舗的にはMRECADONAが一番大きいのですが、スーパーマーケットは他に2件有るし、
その他にも八百屋・酒屋・パン屋など生活必需品は徒歩5分圏内で揃ってしまうのです。
しかも、近所の八百屋さんは大根(カブに近いが)・白菜・椎茸を常備している!
そんなこんなで、いつもはワザワザ行かないのですが、今日は久しぶりに行ってみる事に。
大した理由は無くただ単に、「日本へのお土産を買おう」→「大きい店の方が色々ありそうだ!」
と言う単純な考えの結果なのですが。

いつもはなぜかコミコミで人を掻き分けて進まないといけないのですが、今日は空いてました。
折角来たから野菜とかも買って帰ろうかと思いましたが、持って帰るのが重いので断念。
初志貫徹?当初の目的通りお土産のお菓子とかスープの素などを適当に選んで
ポイポイ籠に入れて、レジへ。

何気な~くレジに並んで会計を済まそうとして、担当の人を見てみると・・・。

ん?なんか他の人と違う??

よく見ると(見なくても)妊婦さん。もう直ぐ生まれるのでしょうか?お腹もかなり大きめ。

いやいや、違います。妊婦さんなのはいいんです。

じゃあ、何が違うかって? そう、違うのは彼女の制服。

他の人の制服は白地にMRECADONAカラー(?)のオレンジと緑の細い線の入った
しっかりしたYシャツタイプの縦ストライプ模様のシャツ。
シャツの裾はズボンにきっちり入れるのがルールのようです。
寒い人(?)はその上にオレンジのフリースを着ています。
彼女が着ているのは同じ縦ストライプ模様ですが胸の下で絞れるようになっていて、
シャツの裾をズボンに入れなくても良いようなデザインになっています。
他の人のシャツがピリッとした感じなのに比べて、ずいぶんかわいらしい印象に。

沢山の女性従業員の中で彼女だけが着ている所をみると・・・

もしかしてコレって、妊婦さん用ユニフォーム?

自分がその立場になった事が無いので、妊婦さん用ユニフォームは嬉しいのか
はたまた単なる大きなお世話なのか真相は分からないのですが。
「妊娠女性の産休に入るタイミング」だとか、「大きなお腹で立ち仕事をしないといけない
会社ってひどい」とか、「もっと他の仕事の担当にしてあげれば良いのに」とか、
難しいことは置いておいて、皆と同じ制服を着るのは窮屈だろうし、

なるほどそういう配慮も必要だよな~、と思いました。
隣町(?)の I'Hospitalet de Llobregat で FERIA LATINOAMERICANA が
開催されるというので行ってみました。
やまもは若かりし頃、中南米でスペイン語を勉強し、その後南米を少し旅した事があるので、
LATINOAMERICA びいきなのです。

l'Hospitalet de Llobregat は Espulugues とはLlobregat 仲間。(←どんな仲間?)
くまさん曰く、「ヨーロッパで最も大きな町のひとつ」。(いつもそんなこと言うけど、ホントかな~?)
確かに、わが町 Espulugues と比べると、道も広いし、お店も沢山あるし、大きなショッピング
センターもあって、なんだか垢抜けている気がします。

070318001.jpg会場は La Farga 。
ここは昔は製鉄工場だったそうで、今でも
工場だった建物が残っています。
工場と言えどもナカナカ素敵な建物です。
現在は中身をリフォームして、学校として
使用されているそうです。

何を隠そうくまさんはまだ工場だった時代に
ここでコンサート(?)をしたことがあるそうだ。
でも、誰に言っても「こんな所で有り得ない」
と信じてくれないらしい。
「カラスコも来たのに・・・。」と一寸ご不満気味。

私は信じるけどさ~・・・。
ここに限らず、何処に行っても「ここで働いた事がある」というのでちょっと鬱陶しいビックリします。

070318002.jpg  この建物は駅舎だったそうです。
  上部の細工をよく見てみると・・・蜂だ!

070318003.jpg






  よく出来てるけど、
  なぜに蜂??

La Farga はショッピングセンター+映画館の建物と、展示会会場に分かれています。
ショッピングセンターを通り抜けて、展示会会場へ。
いや~~。流石! Hospitalet。うちの近所(?)のエロスキーとは大違い。
(いや、このエロスキーすら実は隣町のCornellaに有るのですが。)
でも、残念ながら今日は日曜日だったので、お店はお休み・・・。
未だに日曜に休むと言う商売っ気の無さが理解できません。他の曜日に休めばいいのにね。

070318005.jpg  会場到着♪
  早めに来たのですが・・・。おやおや?
  結構にぎわってますね。

070318004.jpg








でも、この車の写真は・・・?
FERIA LATINOAMERICANA ?
なんだか思っていたのと雰囲気が違う?
腑に落ちないまま入場料5ユーロ/人を払い
会場内へ・・・。

ハテサテ一体どんなFERIAなんでしょ??

早速中に入ってみましょう。

070318006.jpg  ああ・・・。やっぱり?
  どうやら車の展示会らしい??
  あっちの方に有名な車の会社なんてあったけ?
  日本の中古車ならよく見かけたけど・・・??
  と、不思議に思うのは当たり前(?)。
  展示されているのは普通にフォードとかでした。

  全然 LATINOAMERICA じゃ無い!!

  でも、じゃあ、何で FERIA LATINOAMERICANA 
  とか言うのさ~!!
  看板に偽り有り、じゃない?コレって(怒)。
  
  うちは車を買う予定無いんですけど・・・。

二人とも昼間暇なのをいい事に、「祭り」と聞けばふらふらと何処にでも出かけて行きますが、
実は「お金を払って」まで見に行くと言う事はあんまり無いんです。
大蔵大臣のくまさんがしっかりお財布を管理しているからなんですけど・・・。
今回は私がラテンアメリカ好きなので「帰国も近いし」、と気を使ってくれたらしく、
それに加えてくまさんが昔ベネズエラで働いていた事があって、自分も興味が有ったので、
「お金を出してもいいよ。」と言う事になったのですが・・・。

コレは失敗だったかも???

070318007.jpg・・・・普通(?)にベットとか売っているし・・・。
どうやら中南米から来た移民の人達に車やら、
ベットやら、ピソやらを紹介するの為の
展示会らしいです。
「パスポートだけでピソ紹介します」とか、
「困った時の移民専門の弁護士です」とか
そんなんばっかり。

ところで・・・・、
パスポートだけでピソって契約できるんだ。
こうやって違法滞在できるは訳だ・・・。
でも、政府も協力してるFERIAなのに
そんなんでいいの?

フォルクローレ的なものを想像していたので、がっかり・・・(涙)。

でも、折角大枚5ユーロ払ったし、しっかり見て、各ブースで配っている粗品でも貰うとしますか。

と、開き直って(?)観てみると、意外と面白い物も。

070318013.jpg
  舞台メイクの学校(多分)のブースです。
  LATINOAMERICA風舞台メイク???
  そんなの有る??

  よく観ると少しですが、ちゃんと中南米の
  国の人(企業??)が出展している
  ブースもあって、そこで民族衣装を着る人が
  メイクしてもらったりしてました。

そして、コレを展示して一体どうしようと言うのでしょうか???
スペイン軍のブース。ちなみに警察のブースもありました。
何を宣伝したいのか?目的が一寸分かりませんが・・・。

070318008.jpg車に乗れます♪わ~い♪♪

    070318009.jpg

いや・・・乗れるだけなんですが(汗)。

車高が高いので乗り降りするだけで大変。
軍隊の人は体力がいりますね~。

070318012.jpg  よく観るとちゃんと LATINOAMERICA っぽい物もあるようです。
  軍の車にもも乗れたし、だんだん楽しくなってきました♪
  奥の方には食べる物も売っている気配がするし、
  お昼にはダンスのショーがあるそうです。  
  あんまり用は無いですが、中南米への旅行のブースや、
  なぜかある銀行のブースなどをヒヤカして時間をつぶす事にしましょ。


  そんな訳で・・・
  写真を整理する気力が尽きたので、明日に続きます・・・(汗)
昨日TVで観た「主婦に嬉しい目からうろこの節約情報」みたいなコーナーの
男性レポーター(R)と女性司会者(P)の会話です。

R:「今日は、台所の節約術をご紹介いたします♪」
 ====ここで、ちょっと黒くなったバナナが登場====
R:「観てください。こちらのバナナ。一寸黒くなっちゃってますよ~。どうしましょうか?」

P:「え?食べますけど?」(それが何か?とでも言いたげ。)

R:「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(涙)。」

Rとしては、番組の進行上、当然、彼女に「捨てちゃうかも・・・」という言葉を期待していたらしく、
段取りが狂って一瞬無言。その後ヘドモドしながら、「柔らかくなってしまってますし・・・」
「もう美味しくないですよね・・・」などと、その場を取り繕い、結局、
「古くなったバナナはスライスして冷凍すると・・・ホラ♪美味しい♪♪」
という結論にもって行きました。頼みの司会者の協力が得られず、やや、無理やりでしたが。
レポーターの男性の様子も笑っちゃいましたが、女性司会者が最後まで状況が分かっていない
様子だった事にもっと笑っちゃいました。

「だって、そのまま食べればいいのに~?」

なんで、ワザワザ冷凍するのか分からない、って顔してました。

登場したバナナがまだ十分食べられそうだった事も影響してると思うんですが、
あんまり古いバナナはいくら冷凍しても、もう食べられないだろうし・・・。
「やわらかい方がすき」って言う人もいるし、「果物は腐りかけが美味い」なんて言う話も。

でもさ、TVなんだからさ、流れに従って、協力しようよ~。

って言うより、なんで事前に打ち合わせしないの???
引き続き、お土産購入中です。
お土産・・・って言うよりもただ単に普段は買えない小物が買えて楽しいから買っちゃう
って言う状態に近くなってきていますが☆
私、くだらない(お土産だって言ってるのに失礼な!!)物を買うのが大好きなんです。
迷惑なことに、それを人にあげる(押し付ける?)のがさらにスキ♪キヒヒヒ(`∇´)σσσσ)

お土産の基準は、貰っても負担にならない程度の金額(のように見える)のもので、
貰ったときは一瞬嬉しいけど実はその後は使い道がない物
、です。
要はその場のウケ狙い?探すのは大変だけど、無責任に買えるので楽しいです♪

070315002.jpgで、買ってみました。
エッグチョコ。キャプツババージョン。
この年になるとだんだん男性の友人とは
疎遠になってしまう物ですし、タダでさえ
サッカー好きの友達も居ないので、
実はあげる人が居ないのですが・・・。
こんな機会でもないと買えないので、
折角だから買っちゃいました。3つも☆
・・・・・・・買うな?

誰か欲しい人いますか???

キャプテン翼はスペインでも、人気らしいです。ただしお名前は、「オリベル・イ・ベンジー」。
オリベルが翼クンのことです。じゃあ、ベンジーは誰なんだろうか?

この漫画、第二主人公的キャラって実はいないですよね?
永遠のパートナー・岬君は父親が流離の画家で放浪生活なので、ナカナカ登場しないし、
ライバルの小次郎君は学校が違うのでコンスタントに登場しない、
「アネゴ」と呼ばれていた(名前忘れた)子は女の子だからベンジーはおかしい。
強いて言うなら、連載開始からずっと翼君と同じ学校で同じチームの石崎君が
一番レギュラーとしての地位が固まっているけど・・・。
彼は必ず二人は同じ顔と言う登場人物の見分けの難しい状態の中、一人坊主頭なので
必ず見分けがつくと言う利点もあるし、最初は「いいやつだがサッカーは上手くない」、という
設定だったと思うけどいつの間にかちゃっかり全日本代表にも選ばれてるし。
三枚目キャラでタイトルに名前を載せるには一寸役不足(?)という気もしますが、
意外と彼がベンジーなのでは・・・?

正解は、若林君でした。
まあね。彼はお金持ちだし(関係ある?)。自宅に自主練用のゴールあるしね。
でも、お金持ちなだけに早い時期にサッカー留学しちゃって出番はあんまり無かったような・・・。
しかも、なんだか若いのに怪我に泣かされているって設定で、「天才ゴールキーパー」とか
言うワリには活躍してない気が・・・。
って、私の感想はどうでもいい???

ほんでも、流石にベンジー。ちゃんとチョコにも顔写真(?)入ってます。

070315001.jpg  前にちょっと書いた「前回帰国の時に買おう
  と思ったが売り切れていたボールペン」

  近所の文房具屋さんにありました。

  唐辛子、3色です。
  なんだか、日本でも買えそうですが、
  それもそのはず、よく見たらドイツ製・・・。
  でも、気にしない!かわいいから。
  流通事情のいい現在、何処の国製かなんて
  気にしていたら、お土産は買えません!!!
  磁石付なので冷蔵庫にくっつけられます。

その他調子に乗って、愉快な携帯ストラップとかを「誰にあげる」という計画も無く好き勝手に
買ってしまったので、もうそろそろ終わりにしないと・・・。
自分で言うのもなんなんですが、私結構ガンバテいると思うんですよ。(自画自賛)
この年で、マッタク知らない土地で人生一からスタート。しかも(?)新婚。
旦那は離婚問題は抱えてるは、そのせいで精神的に不安定だわ、家に洗濯機は無いわ・・・
のトホホなスタートでしたが、時には落ち込んじゃうけど、明るく元気に過ごしてきました。
我ながら、健気・・・。(自画自賛)
しかも、結局は問題解決せずに帰国しないといけないことになっちゃったし(苦笑)。

でも、やっぱり、私ってちょっとトンチンカンというか、やっぱりよく分かってなかったんです。

昨日の記事を書いてから突然気が付いたのですが、

私ってどうやら 結婚=ゴール だと思っていたようです。

他人から見たらどうやってもそうは見えなかったでしょうが、私って結婚願望がものすごく強くて、
25歳になるまでは「25歳までに絶対結婚」って思っていたし
(でも出来なくて凹んで大変だった。誕生日が来たら嘘のように元気になったが。)
30歳になるまでは「30歳までに絶対結婚」って思っていた。(でも、出来なかったけど(苦笑)。)

自分で自分の食い扶持を一生稼ぐ自信も無く・・・。
一人で明るく楽しく生きて行くわ~んと言う気概も無く・・・。
みんなどんどん結婚するのに私は彼氏すらいない・・・、誰にも愛されないのね(涙)。

今思えば、チャンチャラ可笑しいのですが、なんだか不安で自分だけ欠陥人間みたいな気がして。

お姫様と王子様は何時までも幸せに暮らしましたとさ。

って、結婚すれば万事OK何の悩みもなくなると思っていたようです。

結婚しても人生それで終わりな訳がない事は頭ではじゅ~~~ぶんに分かってましたが、
気持ちの上での理解が足りなかったような気がします。

が、当然のことながら実際の結婚生活は今までの日々の延長上にしかなく、
山あり谷ありが当たり前。問題は減るどころか増えるばかり・・・。
まあ、普通はもう少しスムーズに結婚生活が始められるもんだと思うのですが(苦笑)。


そう思えば今回の一連の書類問題は天が与えた必要な試練、だったのかもしれんのう・・・。
隣の芝生は青いとよく申しますが、マッタクその通りです。

スペインに来てから約半年・・・。結局何もせずに日本に帰るようなものですが、
それでもこちらでの生活を通して分かった事があります。
それは、まあ、そんなことはスペイン汲んだりまで来てみなくても分かる事なのですが・・・。

それは、何事も自分次第 だという事。

「結婚手続き」以外の目標を持たないままスペインにやってきて、
手続きしている間に何か見つかるだろう、とのんきに考えていましたが、
その肝心の手続き自体が一向に進められず(いや、始められず)手持ち無沙汰な状態に。

海外に住んでるからって、基本的な生活は実は日本と変わり無いのです。
ご飯食べて、寝て、起きて・・・の繰り返し。
強いて違う所を探せば、隣近所がみんなスペイン人な事くらいでしょうか?
今更、海外に来たからって、何か人生を変えてくれるような素敵な宝石なんて
落ちてないって事くらいちゃんと分かっていましたが、いざ実際に生活を始めてみると
認識が甘かったな・・・とつくづく感じました。
新婚(?)と環境の違いに浮かれている間に時間が経って、そのうちナントカなるさ~、
くらいに考えてしまっていたのですが。

ちゃんと自分のやりたい事とか目標とかは自分で決めないといけなかったんです。

その「やりたい事」がナカナカ見つからず、ただぼんやり暮らしていると、なんと言うか・・・
ついつい不満ばっかりになっちゃうんですよね。人と比べて妙な対抗意識を燃やしたり。
人は人・自分は自分と思っても、人の様子が垣間見れちゃうとつい意識せずにはいられない。
例えば、語学についてだって他の人がブログなんかで「勉強順調です」とか書いてると、
気になって仕方ない(苦笑)。人それぞれ状況もレベルも違うので比べても仕方ないのに・・・。
例えば、スペインに着たばっかりで「毎日新しい事を習ってます。通じるってだけで楽しい」って人と、一通り勉強して学校も行ってない私と比べても意味は無いんですが、比べちゃうんですよね。
私、今日何か新しい事学んだかな?って、不安になる始末・・・。
人が「仕事頑張ってます」と聞けば、私も働きたくなっちゃうし、「旅行に行きます」と言えば、
旅行に行きたい、「犬がかわいい」と言えば犬が欲しい。
アホ臭いな~・・・、と思うんですが、こんな事を考えちゃうって言うのは、要は暇なんですよね。
自分自身も精神的に辛かったし、状況を変えられないストレスを他の所にぶつけて
くまさんにもかなり八つ当たりしてしまいました。

とは言っても、言い訳させてもらえば、今までは何かやりたいとか言っても、
書類・ビザの関係で現実的に何かを始めるのは無理だったのですが・・・。
・・・・・・・まあ、いい訳ですね(苦笑)。

でも、書類とかビザとかの問題が無くても、日本で何かを始めるよりもやっぱり大変です。
勉強したい事が有っても、気軽に始められる環境が無かったり・・・。
それでなくても、この年で何か新しい事を見つけて始めるって大変ですが、
自分がやってみたことと、出来る事との摺り寄せがナカナカ上手くいきません。

まあ、それを差し引いても、この半年間の私は不甲斐なかったのですが・・・。

遠距離の時には「一人でも充実した生活を!」と思って色んな事を頑張っていたはずなのに、
こちらに来てから、くまさんに依存して頼ってばっかりだった気がします。
「私のためにもっと楽しい事用意してよ!」みたいな・・・?

しかし!! 結婚したからってそれだけで生きていける訳じゃなし。
自分の人生の生きがい(大げさ)くらいは自分でナントカしないとね!

幸い今回、半年とはいえ滞在し、しっかりシュミレーションが出来たので、
どんな事ならやれそうか、興味が持てそうか、etc・・・がなんとなく分かったような気がします。
ちょっと始めて見ようかな?と思う事も出来ました。
離婚云々の書類の問題はくまさんにしっかり頑張って片付けてもらうとして、
私は私で、日本に帰って自分の準備をしっかりしないと!
今度スペインに来る時にはもっとしっかり「自分」を決めて来たいと思います。
寝てました。  一日中寝てました。

春になって暖かくなって来たから眠いのは仕方ない(本当か!)とはいえ、
もう直ぐ日本に帰るし、色々準備(?)もしなければならないのに、ほぼ一日寝てました。
そんな暇があったら、お土産買ったり、荷物を片付けたり、家の掃除したり、
今月まで料金を払わなければならないジムに行ったりすればいいのに・・・。

今日は、くまさんの仕事が休みだったので、パパ・ママの家に行くはずだったのですが、
先方の都合でキャンセル。
しかし、同僚が原付バイクをくれる、と言うので取りに行く為に車が必要で、
(くれると言うバイク、修理が必要で、そのままでは動かないそうです。)
結局くまパパに来てもらったのです。
それがまた結構早い時間に「今から行くぞ~」と電話があったので、
急いで支度をして外で待っていたら、そんな時に限ってナカナカ来ない。
春とはいえ、朝はまだ肌寒いので、震えつつ30分ほど待っていたら、到着したのですが、
バイクを乗せる為に後ろの座席をはずしたので、「やまもは乗れないよ?」ですって!!

じゃあ、寝とけばよかった・・・。

一人お留守番になったので、ふて寝もかねて二度寝したら、起きたのが、1時!!
くまさんが何度も電話をくれたようなのですが、全部無視して寝てました。
その後ご飯を食べて、くまさんは昼寝すると言うので、私は寝るつもりは無かったのですが、
ついつい、一緒に寝てしまいました(涙)。
4時ごろから寝始めて、起きたら9時!!
隣を見るとくまさんはもうとっくに起きて一人で暇だったらしく、いつものバルに行っちゃってました。

そんなに寝たのにまだ眠たい・・・。

土曜日の夜から、くまさんの帰りが遅かったり、朝いつもより早起きしなければならなかったり、
いつもの生活ペースが乱れてしまったのが原因かと思われるのですが・・・。
朝早く起きた反動が、昼寝・夜に持ち込まれて、その分(?)いつもより寝ているのです。
年を取ると体が付いていかないって事かな~・・・。

違いますよね? これは、やっぱり、春だから♪ですよね??

スペインに来てからかなりゆったり・のんびり生活ですっかり甘やかされて、
グウタラがしっかり染み付いてしまいました。
日本に戻るのが一寸心配です。
今日は前に予告(?)したように地元Espuluguesで、トレス・トンと言う馬車のパレードに
行ってきたので、その事を書くつもりだったのですが・・・。
昨日の、レアルマドリード対バルセロナ戦で悔しい(?)思いをしたので、愚痴ることにします。

サッカーに興味なしの私たちは、「どっちが勝ったんだろうね~?」なんてのんきな事を言いつつ、
バルへ行くと、お友達のJuanが、「やまも、僕らは39ユーロを1分にして失ったよ・・・(涙)。」

?どういうこと?スロットですっちゃったのか?と思ったら、昨日のレアルVSバルサ戦のこと。
彼も私もレアル:3-2バルサでかけていたんです。
当然彼は試合を観戦していて、予想道理の結果にTVの前で一人、「やった!!当たった!!」と
ほくそえんでいたら、ロストタイム1分で・・・バルサがゴ~~~~~ル!!!
一瞬にしてパア・・・(涙)。

一人3ユーロでかけて、今回は26人の応募があったので、3×26=78ユーロ
二人が当たれば山分けだったので、78ユーロ÷2=39ユーロ。と言う訳。
一瞬の夢でした。
・・・・・って、試合を観戦していない私はその夢さえ見て無いけど☆

070311001.jpg  結局今回のトトカルチョは当たった人がいなくて、
  バルの主人のアントニオの取り分に。

          0703110012.jpg

  “ピーナッツ(タダでつまめる)とスクリーン代として
  使わせていただきます。ご親切にありがとう♪”
  で、終わり。チャンチャン。

興味が無いと言いつつ、かけておいて試合すら見ない癖に、「当たりそうだった」と聞くと、
悔しいんだから、人間なんて勝手な物です。
しかも、残り1分・・・く~~~~!!!
日頃から渋滞などで迷惑をかけられているので反バルサなのですが、こんな事があると・・・

おのれ!バルサめ。ますます憎い・・・。

元々サッカーが嫌いなのも、点がナカナカ入らなくて飽きてしまう、接触の様子が怖い、
サポーターのマナーが悪い、選手が長髪・ダボパンで清潔感が無い・・・の他に、
家がベルディK崎のホームグラウンドの近くで迷惑だった、と言うのが一番の理由。
Jリーグ開幕当初は地元側も受け入れ態勢が出来ていなくて、交通網が大混乱!
地元の住民が家に帰れないって事がよく有りました。
その後、東京ベルディとして生まれ変わり引っ越してくれましたが、いなくなったかと思ったら、
K崎フロンターレ、一部リーグ昇格・・・。またか!
バルセロナに引っ越してきたかと思ったら、またサッカー場の近く・・・またか!
まあ、今回は私の方が勝手に後から来たんだから仕方ないんですが・・・。

    

070311003.jpgお客が来ない腹いせ(?)に入り口に置かれた
アントニオのバルのパパ・ノエル。

シーズン中は雨にも負けず風にも負けず、子供の
いたずらにも負けずに、頑張って歌って踊って
いましたが、あまりの過酷な労働条件に体を壊し
(壊れた)引退・・・・、したかと思ったら、
クリスマスが終わって、掃除のおじさんとして
再就職したようです。
あら?この間はほうきを持ってたんですけどね?

掃除のおじさんfromメキシコだよって言ってるのに、
子供たちは「パパ・ノエルだ~!」と大騒ぎでしたが。

壊れちゃって、動かなくなってしまっているんですが、
動いていた事を知っている子の反応が面白い。
自分が手本(?)に踊って見せたり、「歌え~!」と
駄々をこねたり、「電池が無いんだよね」と電池を買
ってくれと言う子がいたりします。
帰国が決まったので、ぼちぼちお土産を買い集めています。
「そんな~、やまもも大変なんだから無理しなくていいのよ~。」って、私も思いますが(爆)
まあ、人付き合いと言うものはそんな訳にも行かず・・・(笑)。
人間“義理と人情”は欠いたらいけないものですので。
とか言いながら、自分が買い物をするのが好きなだけと言う説も捨てがたいのですが。

そうは言っても、そうそう高いものは買えませんので、「え?私に?!」と思った方もご期待無く。
自分でも帰国後に誰と誰と誰に会うのか分からないので、お土産自体誰くらい必要なのか
皆目検討が付かないので、なるべく数を仕入れて行こうかな・・・と思いまして、
値段よりも数で勝負!なのでございます。

私の現実のお友達♪
この記事を見て、じゃあ、私にはきっとコレをくれるのね!なんて予測してみても面白いかもよ。
そしてそれは、きっと多分・・・正解です(爆)。

070310011.jpg“スペインらしさ”と言う視点はまるで
感じられませんが、季節柄ウサギと
タマゴです。中はチョコレート。
張り子なのですが、意外にしっかり
丈夫に出来てます。
でも、今写真をよく見てみたら白い
子の目が取れかかっているよ(汗)!
ちゃんと後でこっそりはっときます。

ウサギはリボンがついてる子と付いて
ない子がいますが、そこら辺に
スペインらしさを感じていただきたい
と思います。

スペイン銘菓(?)チュッパチャプスの携帯ストラップを近所のスーパーで売っていたので、
コレもお土産に加えよう、と勇んで買いに行ったのですが、売り切れてました。
この間まで有ったのに・・・。全然売れてそうに無かったのに・・・。
前回帰国の時にもお土産にと目を付けていたボールペンが数日目を放した隙に売り切れてました。
やはり見たら直ぐに買わないと・・・!!

そして、ブタ。貯金が出来ます。
素焼きのブタの貯金箱をよく見かけるのですが、特産品なのでしょうか?

070310022.jpg  バルサのロゴ入り。
  しかし、オフィシャルグッズでない事は確実。
  
        070310033.jpg

バルセロナでは何にでもバルサのロゴが入っています。
バルサ冷蔵庫なんて物まで見かけた事があります。買う人いるのかな??

バルサと言えば、本日は“クラシコ”と言う試合だそうです。
私は全然意味が分かっていなくて、お友達の「今日は“クラシコ”です。」と言う記事に、
のんきに「スペインではバルサ対レアルの試合ですよ~。」とかコメント付けて
いらない恥をかいてしまいました。
日本でも話題になるような大きな試合だったんですね(苦笑)。
道理で、近所のバルでトトカルチョが行われるはずだ。
私もレアル:3-2:バルサでかけたので、今回の試合は一寸興味があるのですが・・・。
でも、観ない(笑)。

そこまでサッカーオンチな私ですが、カンプ・ノウがくまさんの通勤バスのルートにかかるので、
試合情報は小まめにチェックはしています。
まあ、ワザワザチェックなんてしなくても耳に入ってきますけど(苦笑)。
道路工事の影響で、カンプ・ノウ周辺をワザワザ回り道して2回も通過するので、も~う大変です。
帰宅時に渋滞に巻き込まれ、ひどい目にあうので、収まるまで時間をつぶして帰ってきます。
私は実は夕飯を作らなくていいので助かってます。
でも、うっかり出かけちゃうと自分も戻って来られなくなっちゃうんですけど★
今日も電話で、「同僚と一杯やりながら時間をつぶすので夕飯いらないよ~」、との事でした。
ところで、私は何食べよ??
物は大切にしましょう。とは言いますが・・・。

ここスペインでは本当に物を大切にします。
いや、それはどう見ても壊れてますが?と言う物もまだ使えればあまり気にせず使うし、
ゴミ捨て場に捨ててある物も誰かが拾って再利用してくれ(?)ます。
もちろん、壊れても修理して使える物は何でも修理します。

070310002.jpgこちらくまさんのパソコン。
写真に撮ってみたら、意外と新しく見えちゃいましたが、

相当の年期入ってます。

何年前かは知りませんが、娘が欲しいと言うので購入した
そうです。ちなみに、娘さんは17歳ですので、17年以上
は経っていないはず。
くまさん自身は使い方が分からないので、離婚と同時に
収納スペースのある実家に預け、誰も電源さえ入れない
ままに2年ほど経ちました。
しかし、前々から使ってみたい、と言う野望は持って
いたようで、私がスペインに来た時に、「教えてくれ」
と久しぶりに電源を入れてみたら・・・・・当然のごとく、

電源、入りませんでした。

見るからに古いし、電源だって入らないし、初心者なら尚更新しい物を買った方がいいのでは?
と思って、そう言ってみたのですが、「修理に出す」と言ってマッタク聞く耳持たず。
最近は安くなってきているとは言え、一式買えば相当の出費です。買いたくない気持ちは分かる。
・・・・と言うか、勿体無いから買うな。我慢しろ(笑)!
でも、コレに関してはもう部品も無いだろうし、買ったほうが安い気がする・・・。
どうせ断られるに決まってるさ~、断られなくても相当お金がかかるに違いないさ~、と
一寸意地悪な事を考えつつお店に持って行くと・・・

95ユーロで直っちゃいましたよ!!!

070310001.jpg  びっくりです。
  直った事がまず驚きですが、値段も安い!
  しかも、アンチウイルスソフト付き。

  こんなパソコン、日本だったら絶対に、
  「新しく買った方が安いです。」って言われ
  るに決まってます。
  電源が入ってみてますますびっくり。
  Windows98だし、画面の使用範囲が狭し、
  なんか、文字が異様に大きいし。
  こんなパソコン久しぶりに見た!!

でも、ちゃんと直したはずなのに、時々ちゃんと立ち上がらなかったのですが・・・(苦笑)。

で、このパソコンなのですが、直したのは2006年の夏の事。それから一度も使ってない!
最初は一寸いじってみてましたが、「後で」とか「明日にしよう」とか言ううちに時が流れ・・・。

何だよ~!結局使わないんじゃん!!

私には、「使わない物を買うのは贅沢である」と言い、ドライヤー買わせてくれない癖に!!!
腹の立つことに、ソファは買い渋った癖にイソイソとパソコンラックまで購入したんですよ~!!!

使わない事に腹は立ちますが、私としては古くて気難しくなった電化製品を相手にするのは
嫌なので、正直触りたくない。そして、教えろと言われる方が面倒。
それでず~~~っと、黙っていたのですが・・・。

最近急に私の帰国が決まったので、「コレは一寸メールの一つも出来るようにならんとイカン。」
と思ったようで、また教えてくれと言い出したのです。
もうず~~~と忘れてればいいのに・・・。
「ダブルクリックって何?」レベルのくまさんにメールの出し方を教えるのはもう大変。
実家の65才を過ぎた父方がまだ話が通じます。
私は元々人に物を教えるのが苦手なので、正直辛い・・・。

しかも、このパソコン。数ヶ月ほおって置かれてさらにツムジを曲げているらしく、
3回に1回くらいしか正常に立ち上がらない・・・!!!
電源を入れるだけで20~30分かかるんです。

ムキ~~!!イイカゲンにしろ~!!(`m´#)

電源を入れるだけで半ギレ状態なのに、その後待っているのは・・・
「メールアドレスって何?」と聞く、くまさん。

素人の素朴な疑問って言うのは実は妙に確信を付いているので、返って始末が悪い。
自分で使う分には不自由は無いが、会社で操作を覚えただけで、
ちゃんと勉強とかした訳ではない私には正直答えられない事の方が多いのです。
何で電源が入らないの?とかプログラムモードって何?とか、クリーンナップしてるのを見て、
何やってるの?とか、イチイチイチイチ・・・・
聞くべき事と(今は)聞かなくてもいい事の区別がまだ出来ないのでしょうし、
本人としては頑張って覚えようと思っての事なのですが・・・

私だって、知らんのじゃ~~!!! と言いたいです。


自分でもちょっと心が狭いかな?と思うけど、身内同士教えるのって、百害あって一利なし。
そもそも、今までもメール無しでやってきたんだし、私はあんまり必要性を感じないのです。
だからって、自分で勉強してくれよ~・・・と思うのはやっぱり・・・・・だめですかね?
でも、せめてちゃんと電源の入るパソコン買っておくれ~。
u-2a.gif  スペインにはいわゆる“公衆トイレ”といわれる物が無いです。
  ガイドブックなどによると、「バルで気軽に借りる事が出来ます」
  と、いかにも、心配後無用!大丈夫♪的なことが書いてあります。
  でも、私が思うに、何も飲み食いしないのにトイレだけ借りる事の出来る
  日本人は少ないと思うし、借りる事が出来てもバルのトイレを使うって、
  かなり勇気と度胸が必要で、ハードルが高いと思うんですけど・・・。

多くのバルでは女性用トイレには鍵がかかっているので、こっそり無断借用する事が出来ません。
タムロするオヤジたちをかきわけて、カウンターに近寄り、みんなが飲み食いしているのを横目に
無愛想なカマレロにトイレの鍵を借りる・・・。結構勇気が要ります。
男性用には鍵がかかっていないので、コレも立派な男女差別だと思うのですが・・・。
フェミニスト団体はまずこの問題に取り組んで欲しいと願ているのは私だけ?

かなりの精神力を使って借用までたどり着いても、決して油断は出来ません。
スペインだけでなく日本以外の国は何処でもそうだと思うのですが・・・

まず、便座が無い。そして、汚い。

買った時は有ったはずの便座は一体何処に行くのかいつも不思議に思います。
「盗まれる」と言う話も聞きますが、便座だけ盗んで一体どうするんでしょう?飾るの??
盗まれる前に自衛ではずした便座も同様。何処に保管しておくんでしょう???
あの汚さもなぞです。トイレットペーパーが散乱していたり、便座がびちゃびちゃだったり。
どうすればそこまで汚す事が出来るのか・・・なぞです。それとも・・・嫌がらせ??

折角、綺麗で清潔なトイレを求めて中に入っても、店自体は綺麗でおしゃれな感じなのに、
トイレは・・・・絶句。と言う所も多いです。

しかし、便座が無いのは我慢し、汚いのは自分で掃除すればいい話なので、
まあそこまで大問題!と言うわけでも無いかもしれません。実際、私は気にならなくなりました。

が、このハードルを越えても、まだまだスペイントイレ借用道のケワシイ修行は続きます。

電気が何処にあるのか分からない。

こういう所、ホントに多いです。
スペインは電気代が高いので、人の居ない部屋はこまめに電気を消す。が常識なのですが、
知らないひとんち(いや、バル)のトイレの電気はナカナカ見つからず・・・。
ああ、やっとトイレまでたどり着いた!と思って一度安心してしまった後の落胆は・・・辛いです。

無事に用を足し終わっても、まだまだ油断は出来ません。

流し方が分からない。

日本でも時々おしゃれすぎてどうやって流していいのか分からず困ってしまう事が有りますが。
前に水を流すボタンが玄関チャイムのボタンだった事がありました。
コレを押してしまったら、警備のおじさんが駆けつけて来ちゃうかも?と思いましたが、
それ以外に考えられるボタンが無い。
3分ほどヒトリ便器を見つめながら考えましたが、来てしまったら来てしまったでしかない、と
勇気を出して、プッシュ!・・・・・・・普通に水が流れました。
それにトイレットペーパーを流していいのかどうか分からない事も多いので、それも困ります。

6ヶ月間強、スペインで修行を積んで、もう一寸の事では驚かない自信を持っていたのですが・・・

私は甘かった・・・。 今日、とあるレストランで衝撃的なことが!!!

内鍵が付いていなかったんです!!!

例によって勝手に使用できないように外から掛ける鍵は付いているのですが、
中に入ってから掛ける鍵が無い!!
ドアの下の方に隙間が広く取ってあって、中に誰か居るかどうかは確認できるようには
なっていたのですが・・・。お・お・落ち着かない!!!
確認せずに開けちゃう人も居るかもしれないし、どきどきしちゃってとてもじゃないけど、
トイレどころじゃないんですが・・・。
以前、鍵は付いているものの、その鍵が鍵のように見えず、しかも分かり辛い所についていて
困った、言う事もありましたが、マッタク付いていないのは初めてです。
個人宅トイレだって内から掛けられる鍵が付いているのに、公共施設のトイレに鍵が
付いてないなんて!!・・・想像した事も無かったです。あ~、驚いた。

スペイントイレ借用道、免許皆伝までの道のりは遠い。まだまだ修行が足りませんでした。
近くで友達と会う約束があったので行ったのですが、待ち合わせの時間よりもかなり早く
ついてしまったので、もうしばらくは姿を見る事も無いだろうあの建物を見てきました。

考えてみると、こんな近くでシゲシゲと見るのは、なんと、10年ぶり!!
昔、まだ学生だった頃に姉と旅行で来たとき以来です。
バルセロナに住んでいるので、姿をマッタク見かけないと言う事は無いのですが、
「前に一度見た事があるし・・・」と思って、遠めに見るだけで満足しちゃっていたのです。

「なんなら中に入って見学をしようかな?」と思ったのですが・・・入場料8ユーロ。

え???お金かかるの???

むか~~し来たときは払ったような・・・?払わなかったような・・・?
しかし、ここはれっきとした観光地。タダって事もないでしょう・・・。
しかもこの建物は工事資金のために、お金はいくらあっても足りない状態。
この入場料金が工事資金になっていると何かで聞いた事があったような。
言われてみれば、払うに決まってるじゃん!何言ってんの??と言う感じですが・・・(汗)。

8ユーロは少々痛い出費なので、今回は柵の外から外観を眺めるだけにしました。
どうせ、こちらに住む事になっって日本から誰か来たら、必ず行く事になるでしょうから、
そのときまでのお楽しみ♪と言う事にしておきます。


そんな訳で、外から見ただけなのですが・・・

10年前と比べると、なんだか雰囲気が違うような・・・。うろ覚えですが・・・。
あんな扉は無かったような?あそこには像は無かったような??

そう!着々と工事は進んでいたのです!!

0703005000.jpgもう、完成させる気無いのかと思ってましたよ。
工事はしている振りだけしてるのかと思ってました。


・・・・サグラダファミリア。


意外とはかどってて

びっくりしました!


遠い将来、いつかはちゃんと完成しそうです(笑)。

※写真が無いので絵葉書です。
070305001.jpg070305003.jpg  書類の事で腐っていたので、
  外に出る気にもなれず、
  家でぐうたらしていましたが、
  ぐうたらにも限度があるようで、
  手持ち無沙汰になってしまい
  結局、仕方ない(?)から、
  タティングレース作っていました。

と言っても、やはり心に迷いがあると、いいものは出来ないと言うか、なんと言うか・・・。
どれも中途半端???途中でほったらかして次を始めちゃったり・・・。
でも、単純作業は脳内からナントカって物質が出て、気持ちを落ち着けるにいいそうです。
実際、効果がありました。

070305002.jpg  唯一ちゃんと出来上がったのが、くまさんの
  職場の友達に馬の置物と交換を条件に頼ま
  れたチョウチョ型のレースだったんですが、
  ぼんやりしていて写真を撮り忘れました☆
  
  ←コレは食器棚用に思っているエッジング。

くまママ曰く、「おばあちゃんがやっているのを見た事があるわ!」
タティングレースは昔ヨーロッパで流行っていたそうですが、・・・・・・・おばあちゃんか・・・。

070227201.jpg  腐る一寸前に作ったのがこちら。
  カーネーションのドイリー。
  思いのほか良くできた(自画自賛)ので、お友達のところに
  お嫁に出す事にしました。
  送られてきた人は拒否権は有りませんので、アシカラズ。
  受け取ってテレビの上にでも敷いてください。

エッジングはやってもやっても、終わりが来ない気がしますが、ドイリーは一周すれば
違う模様に入れるし、どんどん出来上がっていく様子が実感できるので気持ちが楽です。
ただ、止め時が難しくて、あと少し・・・、と言いつつ夜中まで止められない・・・(汗)。

070227001.jpg  カーネーションのドイリー、参考文献はこちら。


4529041700.jpg   やさしくタティングレース
   藤重 すみ【著】

   ISBN:
   9784529041706
   88p 26×21cm
   日本ヴォーグ社
   (2005-10-11出版)
私はバルセロナ郊外に住んでいるせいか、沢山居るはずの観光客にあまり遭遇しません。
バルセロナ市街をブラブラしていてもあまり見かけないので、「ここは本当に観光地か?」と
疑うほど。本当は観光地じゃないのかも知れませんね~~(笑)。
外国人観光客にもあまり会いませんが、日本人の団体ツアーのご一行とはまだ一度も
出会ったことがありませんでした。
それが、昨日、初めて!!私のよく出没するとあるレストランで一緒になったのです!!
関西系のおばちゃんばっかり、20人ほど。

失礼ながら・・・・・怖かったです~~~!!!

おばちゃん集団は何処の国でも怖いですが、言葉が全部分かっちゃう分、十倍怖い。

「席が狭くて座れな~い」と譲り合い(?)結局は見た目一番太った人が着席。
・・・座れるじゃん(笑)!
「この料理は食べられないの~!(嫌いだそうです)」と周りに訴えつつも、完食。
・・・食べられるじゃん(笑)!
そして、レストラン中に響き渡るおばちゃん笑い。

私はすごく近くに座っていたのですが、目が釘付け!
怖いもの見たさと言うか、なんと言うか・・・。
別に誰に迷惑を掛けているわけでもないし、嫌な感じでも無いのですが、
おばちゃんパワーの炸裂を久しぶりに見て、ちょっとびっくりしちゃったのです。
ああ~、日本のおばちゃんって、こうだよね~、と望郷の念に駆られました。

スペインに居ると、スペイン人の押しの強さに負けちゃっても、「日本人はおとなしいから・・・」
と自分の中で言い返えせない事に変な言い訳をしてましたが、そうなんですよ~、
世界的(?)に見たら、日本のおばちゃんだって全然負けてはいないのです。むしろ強者???

私だって立派なおばちゃん予備軍!(もう一軍入りも間近??)
私も早く立派なおばちゃんになろう!とこっそり誓った夜でした。

20070304174657.jpg  ←いつも見習わないとな~、と思って見る木。
  昔、NHKで放送された永平寺・宮崎奕保禅師
  の言葉を思い出して、私も頑張ろう!という
  気になります。

   
  これだけのことをしたら これだけの報酬が

  もらえるということもない

  時が来たならば ちゃんと花が咲き

  そして黙って 褒められても 褒められんでも

  すべきことをして 黙って去っていく

  そういうのが 実行であり 教えであり 真理だ

なんか、写真と記事の内容が合ってないようですが、おばちゃんの何事にも動じない(?)
自分を信じて突き進んでいく姿って、どこか悟りに近い物を感じるんですよね・・・。


やまもです。
数日落ち込んだら、行くところまで行ったようで、なんか一気にどうでもよくなってしまいました。
ご心配をおかけした皆さんには、「はやっ!」と思われるかも知れませんが、意外とあっさり
復活しちゃいました。
以前一緒にフラメンコ見物に行ったフランシスコの彼女(何度聞いても名前が聞き取れない(汗))
がわざわざ会いに来てくれて、話を聞いてもらったり、聞いたりしているうちにちっちゃい事(?)
で悩んでいる自分がおかしくなって来ちゃいました。
事実、私なんかより、彼女の状況の方がかなり厳しいのです。
私は書類さえ揃えば結婚できるわけだし、結婚すれば居住権も働く権利も手に入るのです。
家も有り、くまさんと言う後見人(?)も居て、義家族にも快く受け入れてもらっている私なんて、
移民としては「何の問題も無い人」と言ってもいいくらい。
移民として外国に居る以上、このくらいのトラブルは当たり前!と思えるようになりました。

20070303171325.jpg
数日ぶりに外に出てみれば、辺りはもうすっかり
春真っ盛りで、公園にはかわいいピンクの花が
咲いていました。
そういえば、今日はひな祭り。
梅、とは思えませんが、やっぱりこの時期に
こんな花を見ると気持ちが華やぎますね~。
何の花なんでしょうかね?
くまさんは花の名前とか全然知らなくて、
マッタク頼りになりません(苦笑)。

三月末に日本に帰ることになるのですが、
そうするとお花見に間に合うな・・・ニヤリ。などと
不謹慎(?)な事を考える余裕も出ました(笑)。
4月は四季の中でもいい季節なので、偶然とは
言え、戻るのがこの時期でよかったと思います。
傷心で帰国するのに、ジメジメした梅雨だったり、
さむ~~~い冬真っ盛りだったりするより、
断然いいに決まってます!
・・・・・よね?

こっちに来てから、「この先どうしよう?」と「結婚」以外の自分のやりたい事を探していたのですが、
実は最近、やってみよう、と思う事が見つかったのです。
が、こちらで探した学校はレベルが高すぎて、マッタク未体験者の今の私では到底無理。
じゃあ、もっとお手軽なスクールを・・・と思っても、意外と無いんですよ。
じゃあ、いい機会だから日本で基礎部分を勉強しておくのもいいかも、と思っています。
でも、そんなにお金も無いし、期間も未定なので、そうそう上手くいくかどうかは分かりませんが。

トニカク、なんだか分かりませんが急に元気が出ちゃいました。
色々ご心配をおかけしましたが、私は自分で思っていた以上に図太かったらしいです。
元気に残りのスペイン生活を楽しむ事にいたします。

もう直ぐ帰国しますんで、あんまりいじめないで、仲良くしてやってくださいね。
7月末にスペインに来てから今まで、なるべく毎日楽しく暮らすようにしていましたが、
それを実行するのは正直大変でした。
昔、病気をした時に、「鬱になっちゃうかもしれないホルモン剤を投与するけど、
アナタのんきそうだから大丈夫でしょう」とお医者さんに嫌な太鼓判を押されるほど、
オキラクな感じで生きていますが、そんな私でも大変でした。

結婚手続きしようにも出来ず、かと言って、何か他の事をするにしても、観光ビザしかないので
当然、観光客以上の行動は出来ません。でも、観光客じゃないんです。
何時帰国する事になるのかも分からない状態だったので、何を始めるにも中途半端。
「書類が揃えばなんでも出きる」とは言うものの・・・・・それって、何時???
くまさんは仕事が有るのでそうそう私のお相手ばっかりしている訳にもいかないし、
お金だって無尽蔵にある訳じゃないし。
今までスペインに遊びに来ていた時にはあくまでも“ホリデー”なので、お互いに身も心も
余裕があったけれど、今は“生活”。楽しい事ばっかりじゃありません。
交際期間中は「めったに会えなんだから」と多少の贅沢も我侭も許されましたが、
一緒に暮らし始めたらそんな事は言ってられません。
今あるのは本当にただ、ただ現実。結婚とは現実なのですね。当たり前ですが。
毎日仕事してれば疲れるし、愚痴だってあるだろうし。
私だって、家に居るだけとは言え、だからこそ余計に溜まるストレスもあります。
社会からヒトリ取り残された不安、何時終わるとも知れない先の読めない生活、などなど・・・。
そもそも最初から「離婚問題」というかなりヘビーな問題を抱えている訳ですし・・・。

くまさんは離婚調停中の心傷(?)と、物事がうまく進まないストレスから
不眠症気味だし、ストレスが溜まり過ぎると痙攣を起こしたりするし・・・。
挙句の果てには夢遊病が出る始末。

でも、だからって命までとられる訳じゃなし。
幸か不幸か1日は24時間も有って、24時間と言う時間はウジウジ・グズグズ
言い続けるには長すぎるのです。
幸いブログをやっていて、「こんな事書いたら面白いかな?」と本当だったら
見過ごしてしまいそうな小さなことも「面白い」と思って見ることが出来るようになりました。
探せば楽しい事は色々とあるもんなんだなと気が付くことが出来ました。

何時までもたっても友達も出来ず、どうしたものかと思っていましたが、それでも、
私が帰ると言えば「諦めずに頑張れ!」とわざわざ励ましの電話をくれるような人や、
「じゃあ、仕事を探してやる」と言ってくれる人が居たりして、意外とこちらの世界に
受け入れてもらっていたんだなと、嬉しくなりました。
私のスペイン生活も無意味じゃなかったんだな~。と思う今日この頃なのです。

一番底まで行き着いたようで、ナントカ元気が出てきました!
ここ2・3日、ず~~~っと家から一歩も外に出ず、家でクサクサ・ウジウジしてましたが、
いくら若いからといって(苦笑)、人生の無駄遣いはいけません。
人間何時死ぬのかなんて誰にも分からないんですから。
死んでしまえば持っていけるのはネタだけ。
今は辛い事でも、あの世ではきっと「すっごく面白いネタ」。
「あんな事もあったよね~。」と笑い飛ばせる事でしょう。
(ぼけて忘れちゃうからそれすら持って行けないという説もありますが。)
実際、5・6年前にあった本当に洒落になら無かった辛くて仕方なかった出来事も
いまや私のネタ話。まだ死んでないですけどね。

明日は明日の風が吹く!!明日から、しっかり頑張ろう!!

※書くだけ書いて、書きっぱなしと言うのも何なんですが、もう少しそっとしておいてくださいね。


やまも頑張って!と思った人はワンクリックお願いします。 e_01.gif
なんてふざけている場合では全然無いのですが・・・。
しつこく(と言っても2回だけ・・・)弁護士に電話をして、書類が今どういう状態にあるのか
確認してもらったところ・・・書類は元奥さんのところに届いていました。
手元に届いてないって、言ってなかったか???
つまり、以前に問い合わせをした時にはきちんと確認をとってなかったと言う事ですよね?

そして、書類は届いていましたが、元奥さんの方で書類を止めているようです。
弁護士の話を信じるのならば、曰く「元奥さんは慰謝料等の請求を申し入れているので、
また別の系統の役所に書類を回す必要がある」そうです。
人の離婚問題に色々言う筋合いは私にはありませんが、1年以上調停して、散々傷つけあって、
双方合意に達したはずなのに、なぜ今更慰謝料の話が出るんでしょうか?
もうそういう話は決着が付いたからこそのSeparacionなのではなかったのでしょうか?
まだ揉める余地のある法律って何なんでしょう?誰のためにもならないと思うんですが・・・。
弁護士によると過去に同様のケースを扱ったときには和解(?)までに3ヶ月かかったそうです。

なんかもう、あきれて物が言えないと言うか・・・。
今までの経緯からして、法律にその余地があるのなら、元奥さんのこの行動は予測の範疇
だったと思うのですが、そこを上手く双方が納得いくように調整するのが弁護士の仕事では?
それを当の弁護士が私が調べろ調べろ、とせっつくまで知りもしなかったって・・・。

でも、ここはスペイン。
日本人の私からしたら無責任極まりない弁護士もこちらでは普通なようです。
それどころか、彼は「有能」なんだそうです。

肝心のくまさんは、と言うと結局のところ何も出来無いのです。
まあ、何も出来ないのは私も同じなのでお互い様ですがね。
以前に調停で「元奥さん・娘とは一切直接かかわらずべからず」と言い渡されているので、
何をするにも仲介人を通す必要があるのです。
だから(?)弁護士に頼んでいるのに、その弁護士がコレじゃあ・・・。
しかも、この弁護士、くまママの30年来の知り合いとかで、変えることも不可能。
そもそも、コレが普通なので、私以外の人たちは「信用できない」とは思っていないし。
それでなくても、チャンスがあればゴネて裁判、上手くいけば儲かる、と思っている
人たちだっているんですから、弁護士にはしっかりしてもらいたいのに。
もちろん、元奥さんがその手の人かどうかは私は知りませんし、そんな事は微塵も考えない
いい人たちだって一杯います。
でも、私がこちらに来てから、ゴネ裁判の被害あったこと(実際はくまさんですが)は事実です。

まあ、結局のところ、オキラクなスペイン人を信じて任せてきた私の怠慢、と言うことです。
「今日出来る事も明日やる」と言う国ですから。私がもっとしっかり考える必要があったのです。

でも、もう終わった事は終わった事。
この場合、まず離婚、そして結婚。が本来の順序だったはず。
何処でどう狂ったかのかは分かりませんが、順序が狂ったのなら、修正する必要がある訳です。
日本に一度帰って本来の道に戻すほかはなさそうです。
どの面下げて、帰国するのか?と思いましたが、それもまた致し方ない事。
自分でしたことは自分で責任を取らねばなりません。

それに。毎日グチグチ言っていていても仕方のない事。
早く気持ちを切り替えて残りの日々を観光でもしてすごした方がいいに決まってます。
くまさんとの関係も段々険悪になってくるし、ウジウジしててもいい事は無いのです。

・・・・・・とは言っても浮上するにはもう少し時間が必要そうですが・・・。


※流石にちょっと煮詰まっていて、コメントをいただいてもお返事できる状態ではないので、
コメントは受け付けない設定にさせて頂きました。


やまも頑張って!と思った人はワンクリックお願いします。 e_01.gif
なんてふざけている場合では全然無いのですが・・・。
どうするもこうするも、もう一度日本に戻るしかないのですが、それから先はどうするの?
という事がナカナカ決められず、悩んでいました。

昔はよく(?)観光ビザが切れる前に第三国に一度出国すれば大丈夫、なんていう噂も
有ったようですが、国際的にテロ対策などで出入国審査が厳しくなっている今、アメリカほど
ではないにしても、スペインだって例外では有りません。
そのワリには移民局に行って相談しても、「日本のパスポートなら大丈夫だよ~」なんて、
のんきな事を言われたりしますが・・・。
スペインはシェンゲン条約加盟国なので、加盟国でない日本国民の私は、
「スペイン国内の滞在が90日以下の場合にビザは必要なし。ただし、シェンゲン条約に基づき、
加盟国であるスペインは外国人の観光での滞在期間を6ヶ月間で90日に制限している。」
に基づいて、今一度帰国すると、6ヶ月たたないと観光ビザでの入国はできません。

※シェンゲン条約とは1990年6月にEU内5カ国で調印され、1997年10月に 実施された
  加盟国内国境の通行自由化と手続き簡素化を目的とした共通滞在協定です。

移民関係の弁護士さんに相談したところ、オプションは3つ。
①不法で居座る→エンパドルナミエントしてもらい3年たてば労働ビザがもらえるようになる。
②労働ビザを申告する→受け入れ先の企業が決まってもビザがおりるまでに9ヶ月必要。
③学生ビザを申告する→学校を探し、書類が揃えば、2~3ヶ月あればビザがおりる。

当然、③の学生ビザが一番現実味が高いです。
準備にかかる期間も短くて済むし、お金さえ有れば大体の問題がクリアできますから。

でもねえ~・・・。なんか、おかしくないですか?
私は「スペインで結婚します」って言って、色んな人に散々迷惑かけて、スペインに来たんです。
それでも「やまもが幸せになれるのなら・・・」と多くの人が祝福し、応援して送り出してくれました。
日本の家族も友達も私の結婚式を楽しみにしているのに??!!

それを、今更“学生ビザ”???

ここで学生ビザなんて取ってスペインに居座ったら、私を応援してくれて、
お祝いまで包んでくれた人たちになんと顔向けすればいいのやら・・・。

今現在でも十分嘘つき状態ですが、さらに嘘を重ねる訳には行きません。
くまさんは悪気が有った訳でも私を騙した訳でも無いようですが、原因があって結果がある以上
「仕方ない」では済まないのです。
ここ、スペインでは済んじゃう事な様ですが、私は断じて済ますつもりはありません。
日本に帰っても、私に面と向かって誰も何か言ったりしないでしょう。きっと。
でも、私は自分で吐いた言葉を違えるのが嫌なのです。
私がこれ以上、嘘つきにならないで済むようにせめて自分の中だけでも筋を通そうと思います。

日本に帰国する。今後、結婚以外の目的でスペイン再入国はしない。

自分が結婚したいからって、(済んだ事とはいえ)他人の離婚を心待ちにするのも浅ましいし、
かと言って、スペインに居る以上、離婚は早々に成立してもらう必要がある。
二つ相容れない感情を整理するためには何かを諦める必要があるのです。
日本での生活を諦めてスペインに来たように・・・。

私をスペインまで導いた運命があるのなら、日本に帰るのもまた運命。
これから先またスペインに来ることが出来るのか、くまさんと無事に結婚する事が出来るのか?
今、私に出来る事は流れに身を任せる事のほか何も無いようです。

※流石にちょっと煮詰まっていて、コメントをいただいてもお返事できる状態ではないので、
コメントは受け付けない設定にさせて頂きました。


やまも頑張って!と思った人はワンクリックお願いします。 e_01.gif
なんてふざけている場合では全然無いのですが・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。