FROMやまも@Barcelona 2007年08月

FROMやまも@Barcelona

@BARCELONAな役に立つこと立たない事、面白い事、面白くない事をお届けいたします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
070825010.jpg

テッィシュケースです。
道で配っている宣伝テッィシュもこうしてしまえばちょっと高級?

よく見ると色違い。
色変えも一つはアンティークもう一つはブラックなんですが・・・
う~~ん。あんまり違いが分からない・・・。

久しぶりに会う学生時代の友人二人に貰ってもらう予定。
二人とも既婚なので、「なにか家庭的なものを・・・」と思ってこうなりました。

スポンサーサイト
東京競馬場の花火を見に行ってきました。

0708261954.jpgお祭り好きのやまもは花火が大好き。
実は今年は、立川(昭和記念公園)、川崎
(多摩川)に続いてもう三回目です。
スペインでは花火大会がないので、今のうちに
もう一つくらいは行っておきたい・・・。

東京競馬場の花火はあんまり広く宣伝されて
いないので、わりと空いています。
と言うより地元の人しかない??
帰りの南武線も普通に空いていました。

JRAが主催(だと思う)らしく、やることが派手!
とにかく、派手なことが印象的です。

何しろ花火をあげる・あげる・あげる・あげる

あげる・あげるあげる!!


あげまくる~~!!

花火はコース(コーナー付近)を使ってあげるのですが、お客にはスタンドと芝コース、
コース内の広場が開放されます。

かなり近くであげるので音が衝撃波として伝わってきます。火の粉も飛んできます。
帰る頃には顔が黒くなってます。(うそ。でも、ちょっと黒い粒がつく。)
そして、花火がでかい!!!
元々大きい尺の花火なのか、それとも近くで見ているからなのか・・・。
花火がでかいのです。

開催時間は30分と短めですが、とにかく30分間あげ続けます。
あげ続けると言っても、スターマインと言う訳ではなく、「時間が無いから早くしろ~!!」
「とにかくあげろー!!」「さっさとしろ~!!」・・・みたいな感じ?
なぜ、コレとソレを一緒にあげるのか・・・謎?
仕掛け花火も一緒に上がりすぎて猫なんだか、犬なんだか、ハートなんだか・・・
・・・分かりません。

最後はコースも使って花火が火柱の様にあがり続け、煙で真っ白・・・。
花火なんか霞んで見えなくなっても、「コレでもか!!」とあがり続けました。
辺りはすっかり火薬の匂いが・・・。

海外旅行から帰るとき、空港であまった外貨でボールペンを買いあさるような雰囲気です。
「残しても仕方ないから、全部使っちまえ~!」って事でしょうか?

ワビ・サビとか風情だとか言ったものはあまり感じませんが、気持ちがスカ~~っとしました。

不況に強いギャ○ブ△業界・・・流石!!持ってますねぇ(笑)。
ソレもコレも、毎週毎週みなさんがJRA預金にお金を積み立ててくださるおかげ?
キヒヒヒ(`∇´)σσσσ)
とあるサイトで「恋人から貰った正直嬉しくないプレゼント」というランキングがありました。

第一位 手編みのセーター(手編みの手袋・マフラー・帽子など)

第二位 歌・詩    第三位 下着

                              

先日私の携帯電話に謎の着信がありました。
電話に出ると、受話器の向こうから・・・・・

♪♪ポロロ~~ン♪♪ペロロ~~~ン♪♪

なんだこれ?

呼びかけても返答なし。むむむ・・・怪しい。
ふと気がつくと留守番電話にも同じように

♪♪ポロロ~~ン♪♪ペロロ~~~ン♪♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・コレは奴に違いない!

犯人は言わずと知れたくまさんです。

何なの?一体何の嫌がらせ??!!
でも、まあ、好意的に取れば「新しいファルセータが出来たからやまもにも聞かせよう!」
と言う愛情かもしれない・・・。

ちなみにワタクシ、やまも。
好感度を気にしてあんまり今まで言った事がないのですが、

音楽が好きじゃありません。

好きじゃないって言うか・・・別に嫌いって訳でもないですが、
進んで聞きたくもないと言うか・・・。
有っても無くてもいいかな~・・・いや、むしろ無くてもいいかな~・・。
くらい???
自ら望んで音楽を聴くのは車の運転をする時くらい。
ソレも眠気防止用に大声で一緒に歌える曲のみ。
CMとかTV、商店街で流れる流行歌はいいけど、駅等に居る
ストリートミュージシャンは上手い・下手に関係なく許せないと言うタイプです。
希望していない人間に公共の場で無理に音楽を聞かせるのは押し付けだと思うんですよね~。
聞きたくない人だっているわけですよ・・・。

そんな私の未来の旦那様は音楽家ってんだから世の中間違っているよね。

別に私が言った訳では決して無いのに、世間ではやまもは
「流石くまさんの奥さん音楽好き」みたいな評価になってます。
肯定はしませんが、否定もしません(好感度は大事なので)。
幸いこの秘密はまだばれていない・・・。お墓まで抱えていきますよ・・・。
くまさんは流石にウスウス気がついている様子ですがね(苦笑)。

そんな私が「貰ってうれしくないプレゼント」と言われたら・・・  と答えることでしょう。

まあ、どうせ携帯の電源を切るのを忘れてポケットに突っ込んで
そのまま仕事してんだろ・・・きっと。
何度も着信しているし、留守電にも入っちゃってるし、
このままでは私も鬱陶しいし、電話代ももったいないので、教えてあげました。

で、こんな事があってからしばらくしてふと気がついたことが・・・

先日のくまさんの誕生にリクエストに答えてバースデーカードを送ったのですが、
そのカード、自分の声を録音することが出来るものだったんです。

さて、私は何と言う言葉を入れて送ったでしょう??

            

はい・・・・歌っちゃいました。♪ハッピーバースデー・トゥー・ユー♪

オイオイ、「正直貰ってうれしくないプレゼント」をする気の聞かない奴って、もしかして・・・

私のことか???!!!
070823001.jpg

先日ユザ○ヤで買った“5枚買ったら半額ガラス”で作ってみました。
変形八角形の小物入れ(?)です。

ガラスカットとハンダゴテの修行のために日々頑張っています!

コレは今の職場でお世話になっている人にプレゼントしました。
その人今週一杯で他の部署に移動なはずだったんですけど・・・
来週以降も同じところで働いてそうです。
急いで作る必要なかったな☆
日本でのん気にすき放題に暮らしているやまもですが、全く心配事が無い訳ではありません。

ワタクシ、やまもの心配事・・・・・ソレは・・・・・・・


スペインに残してきた日本米。

実はスペインを出る数ヶ月前、田舎の親戚のおばさんが送ってくれたんです。

コメ10キロ。

食品はNGだという事を知らずに、私も実家の両親も知らぬ間に送ってしまい、
届くのか?と心配していたのですが、な~~~~んの問題もなくあっさり届きました。
よく食べ物が入っていたために受け取れず、日本に送り返されたなんて話も聞くのに・・・。
皆さん箱や梱包にも気を使い色々苦労して荷物のやり取りをしているのに・・・。
ソレはふつ~~~に届きました。ジャガイモの箱に入って。
但し書きにはしっかりと「Rice 10kg」とかかれておりました。

で、その10キロのコメを帰国までに食べきれず、人にあげようにも、
スペイン人にはあげても別にうれしくもないだろうから仕方ないし、
日本人の知り合いには食べ物はどうかな・・・と気後れしてしまいあげられず・・・。
ほとんど食べずに残してきたのです。

コメの味は保存が命。だって年に一回しか(二回取れるところもあるけど)
取れないんだから、年中美味しく食べるにはしっかり保存する必要があるんです。
一応冷蔵庫には入れるようには言いましたが、どうなっちゃんだろ・・・?
折角の日本のおコメぇ。

3pun001.jpgや:「おコメさ~、ちゃんと冷蔵庫に入れてある?」
く:「入れてあるよ!」
や:「虫とかわいてない?大丈夫?」
く:「わいてないよ~。」
や:「ちゃんと見たの?」
く:「だって、食べてるもん。」
や:「!!??」
く:「昨日も食べたんだよ~。

  お寿司にして♪

届いた証拠の写真がこちらです。→

教えた覚えは全くないのに、知らぬ間に勝手に
覗き見て覚えて巻けるようになったらしい。
この食に対する飽くなき追求心(爆)。
頭が下がります。

でも、酢を入れるの忘れちゃったんだって。
プププ(~∇~)σσσσ)
じゃあ、お寿司じゃないジャン。

それにしても酢も入れずよく巻けたな・・・。


美味しそう と思ったらワンクリックお願いします♪ e_01.gif
0708240101.jpg  またもやちょっと日にちが前後するのですが・・・。
  夏休み満喫編その②です。
  例の従姉妹親子と行ってまいりました!
 
  横浜動物園

  別名・・・ズーラシア!!

  日本ではここでしか見ることの出来ない珍オカピで
  有名な動物園です。
  (でも、オカピは上野動物園にもいるらしい。)
  
  そう!!実はず~っと 行ってみたかったんです。

  私が!

070824002.jpg当日は金曜日。
まだお盆前だし、平日だし・・・
でも、混んでいると嫌なので、ここでもTDLで
成功した“開園前に並べ!”作戦です。

皆で頑張って早起き(?)して駐車場の開く
8:30に間に合うように家を出発。
幸い交通渋滞に巻き込まれることもなく、
無事に一時間ほどで到着。

そして・・・

早く行った甲斐があって・・・駐車場がら空きでした\( ̄゜ ̄)

なんと!3番目に到着。かなり張り切っている人達です・・・(汗)。

でも、夏休みとはいえ平日な為か、それとも皆もっと遠くで遊んでいるのか・・・
その後も車はその後も増えることなく、この日は半分も埋まってなかったです。
こんなことならもう少しゆっくり来れば良かったよ・・・(_´ω`)
※駐車場は1,500台入りますが、土日は並ぶようですよ~。ご注意あれ。

よこはま動物園ズーラシアは「生命の共生・自然との調和」をメインテーマに、
世界の気候帯・地域別に、動物、植物、人の文化を織り交ぜながら、
世界の環境を演出し、地域特有の雰囲気を体感できます。
現在の面積は40.2ヘクタール、全面開園すると約53.3ヘクタールの広大な動物園です。

070824003.jpg  「種の保存」を行っていくことを一つの目標として
  いるので珍しい動物が多いことでも有名です。

  今流行り(?)の動物達を身近に見られる展示と、
  動物の飼育スペースだけでなく、園全体が各
  ゾーンごとのテーマに有った造りになっています。
  ちょっとした建物や置物が雰囲気を出していて
  面白かったです。
  小さい子が遊べる遊具やポニーに乗ったり出来る
  場所があるので、子連れには最高!




  ←定番のぞう。
  私たちが立ち去った直ぐ後に飼育員さんとの
  パフォーマンスがあった・・・見逃した!!


070824004.jpgマレーバク。
今までちゃんと見たことなかったけど、
意外とでかい。意外とかわいい。
暑いらしくずっとプールにもぐって
いました。
ぶくぶく・・・ともぐって、時々息継ぎに
出てきます。
かばじゃないんですよ?
ちょっとハバカリに出てきたところを
パチリ。
ホントに見事なツートンカラーなんで
驚きました。

070824005.jpg  トラ。
  なんとかトラ。(忘れた。)
  近くまで来ると迫力。顔でかい・・・。
  この写真、ズームは使用していません。
  このトラはウロウロしてたけど、もう一種類いた
  トラはダレて伸びてました。


070824006.jpg














レッサーパンダ。
かわいい。かわいすぎてヤラセっぽいくらい。
パンダの端くれ(?)なので、やっぱり笹を食べるん
ですねぇ~。

泳いでいるの何だか分かりますか?

070824007.jpg  070824008.jpg  070824009.jpg

かわうそで~す。今回私が一番かわいいと思ったのはやつらです。
川をすいすい泳いだり、仲間とじゃれたり喧嘩したり、淵にもぐったり・・・楽しそう♪
生まれ変わるならかわうそがいいな~・・・。(夏場限定。)


070824010.jpg070824011.jpg ペンギン。
 涼しそう。
 
 泳ぐの早い! 


070824012.jpg  この白いもの・・・白熊です。

  相当だれていますね~。
  でかいし、毛むくじゃらだし・・・。
  あんた、そりゃ暑いって!

  この後は人目に付かない所に
  隠れて(?)心置きなく
  さらにグウタラしてました。

  折角だから、泳いでいるところ
  が見たかったな~。


0708240161.jpg07082401s31.jpg 園内はベビーブーム???
 赤ちゃんが一杯いました。

 タマタマ出てきたカンガルー
 の赤ちゃんと遭遇!!
 うわ~~。かわいい!!
 まだ小さいので、触ること
 は出来ませんが、
 一緒に写真を撮ることが
 出来ました♪

0708240141.jpg0708240153s.jpg 日本に居ながらにして
  カンガルーの赤ちゃんと
  写真が撮れるなんて!


  アカイノシシ・ヤブイヌ・
  キンシコウの親子も。
  元気に大きくおなり。


070824017.jpg  いや~、この日は本当に暑かったです。
  もうヘロヘロになりました。
  その時の私の様子を表すと←こんな感じ?
  
  暑さでぐったりの私を尻目に子供達はあちらでも
  こちらでもはしゃぎまわっておりました。
  世のお父さん・お母さんって大変ですね~。
  しまもその後運転して帰るんですから・・・。
  死ぬかと思いました。
  その時の私の様子を表すと←こんな感じ?


070824018.jpg






ちなみにコレがオカピです。→

オカピ:偶蹄目 キリン科
学名:Okapia johnstoni
分布地:コンゴ民主共和国東部
大きさ:体長2m 体重210~250kg
生息数:12,000~13,000頭

1901年にイギリスの探検家ハリー・ジョンストン卿
によって発見された。
雌のほうが雄よりもやや体が大きく、雄には皮膚で
覆われた2本の短い角がある。

やめればいいのに、また行ってきました。 ユザ○ヤ。

0708001.jpg  そしてまたもやこの大買い物。
  でかい紙袋が二つ。
  持って帰るだけでも一苦労(苦笑)。
  そんだけ買ってどうすんの?一体??
  何モンだよ?私??
  
  自分でも思わず突っ込みの入ってしまう
  この買いっぷり・・・。すごい。
  金額にして約3万円
  ・・・・・・・お金もないくせに~!!
  
  ものすごくハンドメイドが御好きな様です。

で、気になるその袋の中は・・・・・・

でかい袋その一のナカミはタオル地の布。
くまさんの誕生日プレゼントとしてバスローブを作ってあげる予定です。
ま、誕生日はとっくに終わってんですけどね。

今度10月にまたもや私を迎えに日本に来るので、その時に使えるようにと思いまして。
何を隠そうくまさんは普段着がバスローブ。
家に居るときはほとんどコレ。寝るときもコレ。

なので、奮発しましたよ~!!
一番見栄えが良くて手触りがいいのをチョイス。
お店の人が「高いわよ~」と言うくらい。
あまりのお値段にビビッて一度は棚に戻しかけたのですが、あきらめきれず、泣く泣く購入。
既製品を買ったほうが安いかも?

0708002.jpgそれにしてもすごい量・・・。
なんか、塊になっていますよ~。
ベットの上に置いておいたら親が、
「あの布団どうしたの?」だって(笑)。
確かに布団くらいはある・・・。

何しろ着る人のガタイがでかいから布も沢山
いるのです。
身長160センチで痩せ型とかだったらもっと
少なくて済むのに。
何しろ、身長180センチ(近く。詳しくは知らん)
オナカ出てる型だもんで・・・。

おばさんが見かねて「10センチサービスしてあげるわよ」とかなり多めに切ってくれました。
それでも、友の会会員割引分を引いても結構なお値段でした。

もう一つの袋のナカミは、クロスステッチのキットが二つ。
コレが意外と高い。糸付だから仕方ないのか・・・。刺繍糸って高いですよね~。
だからって安いのを買うと仕上がりが全然違うし。
出来上がったらスペインの家に飾る予定なので、ちょっと奮発していいの買っちゃいました。

後は刺し子の糸。
コレでテーブルセンターを作るのです。
何しろ家は家は有れども装飾用品が全然ないので、作ったもの何処でも置き放題。
作り甲斐がありますよ~(苦笑)。
装飾品に興味のないくまさんは私が色々物を買おうとすると文句を言うのですが、
手芸の材料は“趣味の費用”として認めてくれるので、自分で作ることにしたんです。

で、さらに ガラス×5枚。だって、5枚買ったら半額だったんだもん。
ガラスは何に使うかって言うとぉ~~~~~~~~今後をお楽しみ♪です。
それにしても、コレは重かったよ・・・。
本日花火大会でございました。
世田谷区とK市(この伏字意味あんの?)合同で行われていたのですが、
ここ数年、世田谷区側は中止になっていたのですが、今年は久しぶりに合同開催です。

DSC_0306.jpg“合同”と言っても会場は別々。
私の目から見ると、日にちを一緒にしただけで
別に合同企画があるわけでもないです。
でも、やっぱり、2箇所から花火が上がるのは壮観だし、
それぞれ見栄(?)もあるだろうから競い合って、
豪華になるんじゃないかと・・・。

実際今年は豪華でした。
子供の頃から毎年行ってますが、所詮は一地方都市
という感じが否めなかったのですが、今年は違う!
出店も沢山出てるし、アナウンスもある!
人でも例年よりも多い気がする!

我が家からはブラブラ歩いて20分ほどで
メイン会場に着くという、超御近所で開催されるので、
毎年見に行きます。
去年はスペインにいたので、見逃しましたが・・・。

夕方から来て場所取り!という人も多い中、やまも家は近所の気軽さ?から、
最初の花火があがるころ会場に到着。
例年、早く来た人に嫌な顔をされながら隙間に割り込むのがやまも家流です。(最低だ・・・。)

K市側のメイン会場から見ると世田谷側の花火はやや小さめですが、十分楽しめます。
「向こうの方が豪華だ!」とか「いやいや、こっちも負けてない!」とか
勝手に見比べて、張り合うのが楽しいのです。
おしゃれ・高級・かっこいい・・・三拍子揃った世田谷を相手に張り合っても仕方ないんですが・・・。
おそらく日本で住みたくない町ランキング上位に入るであろうK市ですが、
市民はK市大好き♪なのであくまでも身びいきなのです。

  DSC_0372.jpg       DSC_0393.jpg


今まで最後の締めは「ナイアガラの滝」という仕掛け花火だったのですが、
今年は名曲「威風堂々」にあわせてコンピューターで管理して打ち上げるというすごい花火。
約5分くらい花火あげっ放し。スターマインの連続です!すごかったです!!

「ナイアガラの滝」もそれはそれでよかったのですが、川原に設置した仕掛けが簾の様に
流れるというもので、見える人は一握り。
今まで放送なんかもなくて、「何時終わったの?」「もう帰ってもいいの?」って感じだったんです。
こっちの方が景気がいいし、誰もがラストだと分かるし、〆にふさわしい。

そういえば、小学校低学年の頃、夏休みの宿題に黒い画用紙を渡されて
「花火を書いて来い」と言うのが有りました。
昔はなんとも思いませんでしたが、今思うと・・・絶対見に行くって限らないのに・・・。
見に行くの前提で出ている宿題ですが、そんな宿題が出るほど
地域に根付いた花火大会ってことですかね?
ちょっと日にちが前後するんですが・・・。

先週、夏休みを利用して従姉妹が子供連れでやってきました。
滞在期間約1週間、思い切り遊んで夏を満喫して帰って行きました。
私は仕事の都合であまり参加出来なかったのですが、それでも一緒に夏を満喫しちゃいました。
毎年夏休みはしっかり休んで遊んでますが、ソレとはちょっと違うんですよね~。
上手く言えませんが。
海だとか山だとか遊園地だとか動物園だとか・・・って、大人同士ではあんまり行かないけれど、
そういう所ほど“夏休み”って感じがすると思いませんか?
遊びまわって真っ黒になって・・・夏を満喫したな~っと数年ぶりに感じました。

で、行ってまいりました! 東京ディズニーランド!!!

070818001.jpg



















  最近はシンデレラ城、
  中に入れないんですね。
  実は私は昔、ミステリーツアーに
  参加して勇者のメダルを貰った
  ことがあります。

子供の行きたいところと言えば必ず上位に名前の挙がるこの超人気観光スポットTDL。
でも、正直って「行きたい!」「連れて行け!」とか言ってる張本人の子供って意外と
どんな所だか分かってないですよねぇ~。
「なんかよく分からないけど、お友達とかが楽しいって言うから私も行きたい!」みたいな感じ?
この間会った3歳くらいの子は「行きたい!行きたい!今から行く!!」と夕方4時ごろ言い出し、
「遠いんだよ?」と言われると、「遠いって生協くらい?」とか言ってるし・・・。
子供って遠い近い、大きい小さいの感覚も大人と違うみたいですね(笑)。

で、従姉妹の娘ちゃんも案の定よく分かってない様子。
「何がみたいの?」「どれに乗りたい?」と聞いても・・・ ????? って感じ。
それでも、「“リロ&スティッチのランチショー”が観たい」と言うのでそれに焦点を絞ることに。

ところで今を去ることカレコレ1年前、やまもは友達に連れられて“愛地球博”へ行ったのですが、
そこで学んだ教訓が一つ。

どうせ並ばなければならないのなら開園前に並ぶべし

昔、同じ従姉妹とゴールデンウィークにノコノコ11時ごろ行ったら、並ぶどころの騒ぎじゃなくて
入れなかったと言う嫌な二の鉄を踏まないためにも早起きして開園前に並ぶべし!
リロ&スティッチのショーも人気が有るらしく、ネットで情報収集したところ
1時間前には並ぶように書いてあったので・・・。
ショーは開園と同時に予約開始。
土地勘もなく、なんだか状況も理解していない様子の他の人達は捨て置いて、
私一人でレストランまで走ると言う作戦を立て・・・準備は万端???
数限りある鑑賞権を得るためにやまも頑張ります!

070818002.jpgで、走りましたよ~。
会社に遅刻しそうでもこんなには走れません。
普段の運動不足は何処へやら?
私、意外とやるじゃん!!

見事鑑賞権を獲得しました!!

やりたい事の希望がこのショーのみだった
ので、実は意外に小心者なやまもは、
予約が出来るかどうか心配で心配で
前日は緊張で寝られず・・・。
よ・よ・良かった~・・・。

1時間前に並んでかなり早い方だと思っていたのですが、敵もさるもの(柿食うもの?)

ギリギリでした。

3回のショーのうち2回は満員。かろうじて滑り込みでセーフ!
私の後ろにも沢山並んでいたのですが・・・。気の毒に。

でもねえ、このショー・・・ すごく良かったです~!!

お値段¥2,900(大人料金。でも、9歳以上はもう大人)と入場料に加えてこの追加料金は
ちょっときつい気がするのですが、このお値段、出す価値あります!有って余りあります。
リロ&スティッチに加えてミッキーたちも参加するハワイアンショーなのですが、
このくそ暑い中、冷房の効いたスペースで後ろに待っている人を気にせずに
ゆっくり食事をしてのんびり飲み物飲んで・・・。(飲み物は飲み放題♪)

しかも!!ミッキーたちが席まで来てくれる!!!

本来なら見つけることも難しく、炎天下の中待ちに待ってのミッキーとの撮影も

座っていれば、 向こうの方から来てくれる!!

070818003.jpg  実はショー自体はあんまり長くなくて、
  ほとんどがミッキーたちとのふれ合いTIME。
  各席を余さず回ってくれるのです。
  小さい子供はステージの上でキャストたちと
  一緒に踊れます。

  どうせ何処で食べても飯代はかかるんだし、
  予約に並ぶと言っても予約するだけなので、
  そんなに時間もかからない。
  食事もまあまあ美味しかったですし・・・。

  おすすめで~~す。

早起きして朝から走って並んでかなりのヒットポイントを消耗しましたが、
先にメインイベントを確保したおかげで後はラクラク
ファストパス(コレも皆は留守番させて私が走りました!)の利用+すいてる所を選んで
アトラクションも満喫し、お土産もしこたま買いました!
昼のパレードもタマタマすごくいい位置で見学することが出来・・・。
頑張った(?)甲斐があって、今まで行った中でもかなりの充実した内容でした♪

070818004.jpgところで・・・実は私、ミニーマウスの良さが今まで全然
分からなかったのですが・・・。
実物を見てすっかり虜になっちゃいました。
だって、絵で見るとただのケバいねずみなんだもん。

しぐさがかわいい~。

一つ一つの動作が女の子らしくて可愛らしいんです。
立ち姿一つおろそかにはされていない!!
いや~、中に入っている人只者じゃないねぇ!

流石は世界のねずみ王国のドン、ミッキーマウスが
惚れた女なだけは有るのう。
友達の安産祈願に「戌の背守り」を作ってみました。

070814001.jpgなんで犬かって言うと、「犬は多産であり安産の象徴と
されているだけでなく、この世と来世を往復する動物と
考えられ、よく吠えて家を守るため邪気を祓う意味が
あるといわれている。」からです。

背守りと言っても、着物がある訳じゃないのですが・・・。
だから正確には「背守り」じゃなくて「押し絵」みたいな
物なんですが、「背守り」って所に意味があるので、
ここは「背守り」って事で言い張る事にいたしましょう。
ともかく、着物から作るには少々時間が無かったので、
コレで勘弁してちょ。

張子犬をモチーフ(?)にしてみたんですが・・・。
猫じゃないよ。兎じゃないよ。うなぎ犬でもないのよ~。

070814002.jpg  結構軽い気持ちで始めたのですが、小さいので苦労しました。
  本当は目の辺りとかもっとこった作りになるはずだったのですが、
  コレが誠意一杯いでした。
  でも、なんかよくよく見ると味のある顔でしょ?

  素人作品なんで大分いびつですが、こういうのは
  「祈願して」「手で作る」って事に意味があるのです。
  
  しっかり邪気を祓っていいお産になるよう協力してちょいだいねん。

正直言ってこんなもの欲しいかどうかは怪しいところですが、
私が出来ることと言えばこのくらいなで、まあ、自己満足ですかね?

そのうちお届けにあがりますので、待っててちょ♪
(だから、別にいらないって・・・?(汗)。)
iwate005.jpg三陸の旅、続きです。
今回初めて東北にやって来たのですが、いや~~。

海が綺麗でしたね~。

コバルトブルーの海を見るには南国リゾートにでも
行かないといけないのか、と思ってましたが、
そんなことないんですね~。
実は台風が抜けたばかりでその影響もあって
天気が悪く、曇りがちだったのですが、
時々出た晴れ間の下で見る海は
さんご礁こそないですが、海が本当に綺麗でした。

それに、リアス式海岸。
社会科でその存在は習いましたが、ホントにこんなに
ギザギザしてるんだ~、と感動!!
海からのやませ(コレも社会で習ったが今回初目撃)
が岸壁に上っていく様子とか、実際に見るとこれか!
と納得です。課外学習の重要性を感じましたね。
(私にはもう必要ない気もしますが。)

海と言えば、南国!又は日本海!!と思っていましたが、すっかり東北ファンになっちゃいました。
荒れ気味なのにやや無理やり出してもらったサッパ船で荒波にもまれ、海の怖さを思い知り、
泣きそうになったりしましたが(苦笑)。

iwate004.jpg  くまさんも乗せてやりたかったなぁ~。
  怖がりだから。キヒヒヒ(`∇´)σσσσ)

  綺麗な海を見て、美味しい魚介を食べて・・・。
  日本人に生まれてよかったねぇ~。

  魚介も3食続くと「肉が食べたい・・・」とか言っちゃう、
  やまも+やまも父のことはほおっておいてください。

なんだか色々勉強したな~と思いつつ、三陸海岸を後にして日本物語の里、遠野へ。

時間的にあんまり余裕がなかったので、河童に会うことはかないませんでしたが、
ちょっぴり不思議の里を体験し最後に向かったのは・・・

でんでら野。別名:姥捨て山です。

iwate006.jpgなんいも無いと言えば何にもない
山間の原っぱなのですが・・・。

その昔、貧しい山間の村では老人は
60歳になると食い扶持を減らすため
にでんでら野へ捨てられました。
昼間は農作業を手伝い、夜は少しの
食料を貰い粗末な山小屋で暮らした
そうです。

す・捨てた癖に昼間はちゃっかり
働かせるって・・・・。
ひどい・・・。

でも、前回をお読みのカタはお気づきかもしれませんが、今回の旅行は 還暦のお祝い

コレが最後の地って・・・私たちもひどくない??!!

(でも、行き先を選んだのはお祝いされる本人でした。)
iwate003.jpgなんだかずいぶん前の話なのですが、7月に三陸に行ってきました。

親の還暦のお祝い、と言うことでタマタマ(?)日本に戻って来ていた
私も含めての家族旅行となった訳です。
私もスペインに行っちゃうし、コレが最後の家族旅行ですかね~。
な~んて、一年ほど前にも、「コレが最後の家族旅行」とか同じような
事を言って家族で旅行した覚えがあるのですが・・・(汗)。
そう、やまも一家は旅行好きなのです。
何かにかこつけて旅行に行きたいだけなのですよ~。ふふふ。

ワタクシ、仙台よりも北に行くのは初めて。
東北とは一体どんな所なのかしら~。楽しみ~♪

iwate001.jpg  まずは八戸の蕪島神社。
  ウミネコの繁殖地として有名です。
  国指定天然記念物。
  ウミネコの繁殖地は断崖絶壁など、人を寄せ付けない
  場所にある事が多く、こんなに間近に繁殖を観察が
  できる場所は珍しいそうです。

  ・・・と、聞くと見るとでは大違い。

コレが結構恐ろしい場所だったのです・・・。

iwate002.jpgよ~く見ると、茶色いのと白いのがいますが、
茶色いのは子供なんだそうです。
親のように白くなるためには3年はかかるそうです。
そう言われてみれば、まだ幼い感じの茶色と、
もうすでにかなりフテブテしい奴らが・・・。

まずは車の中から覗いてみるだけなんですが・・・

な、なんかさ、こんだけいるとさ・・・・

こ・こ・怖くないかい??

そして、案の定・・・・・・・・・・・・ ドカ~~~ン!!

ぎょ??!!なになに??!! もしかして・・・・狙撃された?!!私たち?!

って、そんな訳ありますかいな。要人でもあるまいし。

そう、 鳥の糞でした。

いきなり車の後部に糞が落ちてきたのです★ 
鳥の糞と一口に言っても、デカイ鳥の糞はデカイのです。
こんな物が頭に直撃したら骨が折れるかもしれない・・・って位の威力がありました。
流石は国の天然記念物・・・。侮れん。
敵(?)の早速の先制パンチに恐れをなし、ここで母と姉は戦線を離脱。
残る精鋭部隊(??)で設置された傘を片手に神社参拝に参拝しました。

階段も境内も・・・鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥

鳥だらけ、糞だらけ。
こいつら結構目つきが悪いから怖いんですよ~。こっち見ないで・・・!!!
しかも、相手は天然記念物様。私たち=下々の物が手出しを出来るお方ではないのでした・・・。

「数が多すぎて怖くないですか?糞もすごいし・・・。」と失礼を承知で神主さんに直撃してみると、
神 主:「いや、ウミネコ有っての神社ですから。ウミネコのおかげで沢山参拝に来てくれるんだし。
     それに一時の事ですからね。糞も雨で流されますし。」
年中じゃないんだ・・・。(人事ながら)良かった・・・。
しかし、先週台風が来て大雨降ったばっかりなのに、このすごい糞なんだ・・・。

やまも:「でも、泣き声もすごいですよね・・・。夜は静かになるんですか?」
神 主:「夜もうるさいですよ~。でも、ウミネコあっての神社ですから。」

流石に神職を与る身・・・。心が広いです。

でもね、神主さん。
そのウミネコに恐れをなして車を下りずに帰った人たちを3組ほど私は見ましたよ?

共存するって難しいことだな、って感じた旅でした。
ちなみにやまも家では「自然(特に鳥)は遠くで見守ろう」と言う結論に達したのでした。

・・・・・つづく
もう八月っすね・・・。
なんだか長いようであっという間な日本での日々です。

ブログを書く気になれず7月はほぼ放置状態(汗)。
それなりに書こうかな~、と思うような出来事が起こっているのですが、
いざとなるとパソコンに向かう気力がわかず・・・、という繰り返しです。

さて、ワタクシやまもは皆さんもご存知のように7月中に誕生日を迎え、
またまた一つ年をとりました。
この年になって、今更「誕生日超めでたい!」とも、「年をとりたくな~い!」とも
思いませんので、淡々とまた一段おばちゃんへの階段を登った訳です。

そんな、私が最近ショックを受けた恐ろしいお話を一つ・・・。
皆さん、準備は良いですか?コレ読んだら涼しくなっちゃいますよ~。

年はとっても、気持ちは20代の頃とマッタク変わっていないし、
おばちゃん、なんて言っても、まだまだ若いモンには負けないし(?)、
話題にだってついていけるも~~ん。とか思っていたのですが・・・。

先日とある知り合いAさん(男性:24歳)が結婚した時の会話です。

B「24歳で結婚って結構早いよね~。」
A「いや~。そうでもないですよ?奥さんが年上なんで。」
B「へ~。いくつ?」
A「今年29歳なんですよ。」
B「ふ~~ん。結構年上だね~。」

年上の女房は金のわらじを履いてでも探せ、と申します。
Aさんも私は奥様を存じ上げませんが、様子から察するに大変お幸せな様子。

「奥さんが29歳なら早くもないですよね~。」とか、「30歳前には結婚したいでしょうしね。」
とか言ういらんお世話的なお決まりの会話が続く訳です。
世間の口ってうるさいよな・・・。(30歳過ぎても結婚してない人の僻み)

Aさん自身がしっかりとした人だからなのかも知れませんが、普段は全く違和感なく話をし、
私のほうがチョッピリおねえさん、とくらいしか感じていなかったので、
自分のことは棚に上げて彼を基準に「5歳年上か~、結構離れてるな~。」とか
のん気に思っちゃっていたのですが、

が! よ~~く考えてみると(みなくても?)・・・・・・・・・・・

・・・・・その結構年上の奥様よりも、 

年上なんですけど、わたし。 (ソレもかなり(汗))

オンナジ仲間~♪くらいに思っていたのに、24歳の人とは
そんなに歳の差があったたとは・・・。
怖い・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。