FROMやまも@Barcelona 2008年01月

FROMやまも@Barcelona

@BARCELONAな役に立つこと立たない事、面白い事、面白くない事をお届けいたします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この世にはモテル男とモテナイ男がいるらしい。

悲しいけれど、それが現実らしいです。
ここ数日、“モテナイ男の哀愁”を目の当りにしてしまいました。

先日から遊びに来ている友人の子供。
友人家族にもくまファミリーにも小さな子供が居ないので、それはも~~~~う、モテモテ。
おじさん達、かまいたくって、かまって欲しくて仕方がありません。

080201002.jpg  でもね~、なぜか好かれるTito(おじさん)と
  好かれないTitoが居るんですよね~。
  それは一緒に居る時間の長さ・血縁の深さ
  とは、あんまり関係が無いようで・・・。

  今のところ一番人気なのは友人の
  お姉さんの旦那様。
  彼が来るとおお喜びで飛んで行きます。
  そしてべったりくっついて離れない(笑)。
  相当好かれています。

  次は友人の兄。  
  この二人は確実に好かれています。

  続いては、好かれているかどうかは
  分かりませんが、くまパパ&くま弟。
  まあ、この二人は数時間一緒に過ごした
  だけなので、なんとも言えませんが、
  かなり興味は持ってもらってました。

そして、ここからはもしかしたら、ちょっと嫌われてるのかも・・・。

と言う所で登場するのが・・・くまさん。
段々なれてきたみたいですが、「怖い」と言って近寄ってもらえません(苦笑)。

最後に・・・一番人気が無いのが・・・・実の父親。
いや、ホントの父親なんで勿論嫌われてはいませんが・・・。
状況によってはかなり嫌がられてる??!!
ちなみに、お姉さんの旦那様が来るとパパには見向きもしません(泣)。


子供が大好きなのに、くまさん、モテずにちょっと寂しい・・・。
まあ、大体くまさんって顔が怖いんですよ。
くまさんは私のブログでこそ「くまさん」なんて、可愛らしい呼び名で呼ばれていますが、
結構悪人顔をしているんですよね~。
両親兄弟はモロにスペイン人顔(しかも善良系)なのに、なぜかアラブ系の顔だし。
(アラブの人が悪人顔とは言ってません。アラブ系の悪人顔と言うことです。)
夜にタクシー待ちしていると、悪い人と間違えられて(?)乗車拒否されるらしい。


でも、そういう個人的な背景は置いておいて子供との接し方を冷静に見てみると、
モテル男にはちゃんと共通点があるんですよ。

それは、しつこくしないこと。

080201001.jpg大体子供なんてしつこく同じ遊びをしたがるモンですが。
それでもやっぱり引き際はあるようで、
そこをキッチリ見極めて次の遊びに誘導するのが
上手なんです。

そして子供が興味が無いようならかまわない。
そうすると、向こうからよってくる(笑)。
猫と一緒???
追われると逃げたくなり、引かれると追いたくなる
と言う心理は恋愛と同じと言えるでしょう。

そう!
モテナイ男達はどうやらしつこくしすぎらしいのです。
ふざけてキャーキャー言ってる時に、
「喜んで」悲鳴を上げているのか
「ホントに嫌で」上げているのか分からないようで、
「オイオイ、嫌がっているんだからもう止めなよ。」
と傍から見てるこっちは思うのに、
何時までも止めなかったり。
お菓子とか遊びとか「嫌だ」と言っても、
「好きに違いない」と言う勝手な思い込みで何度も
しつこく勧めたり。

兎に角なんでもかんでもDEMASIADOなんですよね。

でもふと気がつくと、それって私も日々嫌だな~、って感じてることなんですよ!
小さくっても女は女。同じなんですね。


モテル男の条件とは、引き際をわきまえている事?

昔読んだ4コマ漫画によると「モテル男は子供のときから違う」らしいがどうなんだろ?
誰か男の子のお母さん情報ください。


モテル女になりたいやまもを応援ください!  e_01.gif
スポンサーサイト
くまさんのお友達一家が休暇で遊びに来ています。
くまさんにとっては実の兄弟よりも絆が深いそのお友達は、年に1回家族で里帰りしてきます。
両親同士も友達で家族ぐるみでお付き合いのある人たちなのですが、くまさんと友人は特に仲が
良いのです。

080129001.jpg今日は皆でくまパパ&ママの山の家へ
遊びに行ってきました。

お友達一家には小さい子がいるので、
くまママ&パパも大喜び。

前に「孫なんてもういらない」みたな事を
言っていたので、子供が嫌いなのかと
思っていたら、やっぱり小さい子供は
かわいいようです。

そもそも「孫は不要」と言うのは私の
勘違いで、息子三人の母のくまママは、
「産むなら絶対男の子」が持論で、
「女の子は面倒(?)なのでやめろ」と言う
ことだったらしいです。

そもそも、どっちが生まれるかなんて、
そんなの自分で決められないし、面倒か
どうかはその子の個性ではないのかと
思うのですが・・・。
大体、くまさんだって十分面倒・・・(汗)。

そんな事言っている癖に、お友達の子供女の子にも関わらず、もうメロメロになってましたけどね。
可愛らしさにコロリとやられちゃってました。
マッタク・・・。口ほどにも無い(ちょっと違う?)。

どちらにしても、タダ私たち二人が遊びに行っても、イマイチ盛り上がりにかけるのですが、
子供がいると一緒にウサギを探したり、犬を見たりして、ワアワア言ってなんか楽しそうでした。

お義母さんは“絶対男の子がいい!”派ですが、私は実は女の子の方がいいかな~、と
思っています。
と言うのも、家はすごい(?)女系家族で、家も姉妹だし、イトコは14人中12人が女。
男の子って身近にいたことが無いので、未知の存在・・・なんですよね。

まあ、今すぐ子供をつくる予定もないし、くまさんは「もう少し先」、と思っているようですが、
私の周りではなんだか出産ラッシュで、考えなくてもいいことまでつい考えちゃいます。

080129002.jpg  自分の歳のことや、くまさんの歳のこと
  勿論お互いの両親のことも考えて、
  出来るものなら子供は早く欲しいと
  思っていますが、私たちの生活が
  本当に落ち着くまでにはもう少し
  かかりそうだし、くまさんは出産前に
  私に一度働きに出て欲しいらしいです。
  金銭的なことも大きいですが、
  一度は働いて社会をよく見て来い!
  と言うことらしいです。
  
  私にしても、「欲しいかな~?」とは
  思うもののそれって、「子供がいれば
  馴染み安い」と言う下心があるからで・・・。
  そんな風に思って「欲しい」って言うのは、
  なんか間違っているんだろうし、
  そんな風に思っているうちはやっぱりまだ
  早いってことなんだろうし。

  まあ、くまさんなんて何時おじいちゃんに
  なってもおかしくない歳なんですから、
  そんなにモタモタしている余裕もないん
  ですが・・・。

こればっかりは、100%自分たちの思い通りになる訳でもないので。

神様のイ・ウ・ト・オ・リ♪ ってことですね。


その時が来るまでは頑張ってトイレ掃除でもすることにします。  e_01.gif
折角お休みなので、ダダをこねてシッチェスに連れて行ってもらいました。

  080124003.jpg

なんでシッチェスなのかと言うと・・・海が見たかったからです!!
ビーチでのんびり日向ぼっこ♪を夢見て出発したのですが・・・。
そうは問屋が卸しませんでした★

  080124002.jpg

バルセロナからは電車で20分ほどのところなのに、「行く!!」「行かない!!」と散々もめて
大喧嘩の果てに行くことに。

080124004.jpg「シッチェスなんてつまんない!」と超しぶしぶ
だったくせにくまさんも相当楽しんでました。
やっぱり海はいいよね。

猫だって思わず海辺でお昼寝するさ!

それにしても、なんでいつもちょっと
出かけようとすると喧嘩になるんだろ?
南極に連れて行けとか北極熊が見たいとか
言っている訳でも無いのに我がまま者扱い。
シッチェスなんて通勤圏だよ?!
私の何が問題なのか・・・?

色々面白いものがあったので書きたいことは一杯ですが、インターネットばっかりしてると
取り残されたくまさんがうるさいので、詳しいことはまた後日。
(今は寝た隙を見計らって更新中。でももう私も眠い・・・。)
チッ。早く休暇が終わればいいのに・・・。
インターネットくらい好きに見たい。ブログも書きたい。


で、 一体なにがお得情報なのかと言うと、
  

今なら!

バルセロナ~シッチェス間、電車料金無料!

なんですよ~。

正確に何時までなのか、ちょっとよく分かりませんが、なんでタダなのか聞いたところ、
「AVEの線路工事のためにご迷惑をおかけしているので・・・」とのことだったので、
工事している間はタダだと思われます。

まあ、タダって言っても元々片道2.5ユーロほどのものですが。
でも、ちょっと得した気分になれるでしょ?

080124001.jpg  天気が良くて温かいので
  泳いでいる人も。

  海辺を走る恋人達。

  浜辺と見ると走りたくなる
  のは森田健作だけでは
  ないらしい。
  
  捕まえてごらんなさい
  ウフフフフフ~

  とかなんとか言ってんで
  しょうか?
  いやはや青春ですね。
  ウフフフフフ~。

クリックしてごらんなさ~い。ウフフフフフ~。  e_01.gif
くまさんの職場のお友達が遊びに来てくれました。
「日本食が食べたい!」と言うお友達を招いての昼食会です。

何も無くて寂しいばっかりだった我家も、色々飾りも増えてきて、まだ足りない物も多いですが、
我ながら段々いい感じに仕上がってきているので、そろそろ自慢したいところだったんですよ。
シメシメ。
今まで“ちょっと覗きに”来た人は何人かいましたが、本格的に(?)遊びに来るのは初めて。
これは頑張っておもてなしせねば!!!

ところが、くまさんの組んだ日程に問題が・・・。

本当は金曜日に自宅に戻って日曜日に来て貰うはずだったのですが、
くまさんの勘違いで自宅に戻るのが土曜日に。
スペインでは土曜の午後から日曜日はお店が閉まるので、買い物が出来ません。
日本の食材は事前にセントロに買いに行って用意して有ったのですが、
その外の物は買出しが必要です。

でも、山の家に滞在するために冷蔵庫は空っぽ。野菜も肉も何も無い!

結局、先方の都合で月曜日に延期になったのですが、事態はあんまり改善されてない。

だって、家には食べるものがナイんですもん!

土曜の午前中に戻っては来ましたが、いつもの八百屋は閉まってしまっていました!
ここの八百屋はなぜか大根・白菜・しいたけを常備しているのです。
大手スーパーで買える物だけ買いましたが、「日本のものを!」と希望してるお友達の
期待に応えるためには材料が足りない・・・。

昼の食事に間に合わせるために朝一で買い物に行って、大急ぎで準備して・・・。

頑張りましたが、家の掃除の仕上げ(前日に綺麗にしても床が汚れる)も出来無かったし、
台所も汚いまま・・・。
お客様が来るまでには完璧に用意して余裕を持ってお迎えする予定だったのに・・・。

うう・・・。駄目な私・・・。

温かい物は温かく、冷たい物は冷たくサビースするって難しいですね。
私も一緒に食卓に付くとなるとタイミングを見計らってコンロフル回転で準備。
我が家のコンロの数には限りがあるし、大体鍋が足りないし(笑)。
台所は戦場と化しました。


その癖・・・
私が散々計算しつくし適温になるように苦労して食卓に料理を出したと思ったら・・・!!!!

やっぱり、白ワインが欲しいからちょっと買ってくるね♪


って、買いに行っちゃたよ~!!!!



マジで?! あ・あ・ありえない!!!!

ものすごく気を使って配膳してもやつら猫舌なので、あんまりありがたがってもらえない。
こんな肩透かしはしょっちゅうです。あったかいうちに食べてよ~。

当日はあまりにゴタゴタしすぎて、すご~~~く頑張ったのに写真を撮る暇がありませんでした。
でも、頑張ったの。私。

せめてメニューだけでもご紹介させていただきます。

       08012300333.gif

         ※料理の区分名と区分方法はテキトウです。・・・カッコつけたかったのよ~ん。

頑張ったでしょ??!!

今回は頑張って茶碗蒸しにも挑戦!
でも、これすごく不安。
実は前に一度挑戦して大失敗してそれ以来一度も作ってないんです。
それなのにぶっつけ本番ってどうよ?って感じでしたが、練習している材料が無く・・・(涙)。

ぶっつけ本番!!失敗は許されない!


080123002.jpgってな訳でネットで「失敗しない茶碗蒸し」を調べ、
研究しました。
ポイントは出汁とタマゴの配分と蒸し方にあり!らしい。

タマゴと出汁の配分に注意して人数分を用意。
でも、ふと気が付くと・・・。

家には蒸し器が無い!

前回は普通の鍋でやったのですが、
火加減がドウノコウノの前に、
出し入れに苦労するばっかりで蒸気が上手く回らなくて
上手く行かなかったんですよね~。

で、先日購入した蒸篭でやってみました。

小さいものを買ったので、一人前づつ2段で一度に2人前しか出来ませんが、これは快適。
ちょくちょく覗くのも覗きやすいし、出し入れも簡単♪
お客様は2名だったので、私たちの分とあわせて2回に分けました。

と言う訳で、結局は我流になっちゃいましたけど、蒸篭のおかげで上手く行きました!!
フルフル・プルプルの茶碗蒸しが出来上がり~♪茶碗蒸し大好き♪
これからは気軽に作れます。


ところで・・・

私がニホンジンなのをいい事に、みんな「寿司が食べたい!」とリクエストをしてくるのですが、
寿司って言うのはホントは握りのことですよね・・・。私は巻き寿司しか出来ませんが★
今のところ誰もその点には気が付いていないので、黙っていることにします。


クリックしてね♪  e_01.gif
   080122007.jpg

山から帰ってきました♪
私たちの住む家からは車で30分ほどだし、くまパパ&ママは病院に行ったり用事をしたりで、
滞在中もバルセロナまで下りてきていましたが、私たちはドップリ山生活を堪能(?)してきました。

私の山生活の楽しみといえば・・・ウサギ観察。

もっと暇をもてあまして、本を読んだり編み物したりするかと思ったんですが、
ウサギの観察ばっかりしてました。

生まれたというウサギ×10羽、もう少し小さいかと思っていたんですが、
もう既にかなり大きくなっていました。

      080122001.jpg

こいつらはウサギ小屋で飼われています。
普段は奥の方に隠れていますが、えさをあげるとゾロゾロ出てきます。

      080122002.jpg

飼われている、と言っても人間にまったく気を許していないので、私がちょっと動いただけで、
大急ぎで隠れてしまいます。
写真を撮ろうとコソリと動くだけで気配を察してダダダ~っと皆が逃げちゃうので、
まるでだるまさんが転んだ状態。
誰がえさをあげたと思っているんだ!!

     080122003.jpg

一枚の葉っぱを皆で奪い合うように食べるのがかわいい♪
同じ親から生まれたのに、色んな毛色の子が居ます。私はパンダ目の子がお気に入り。

一方、こちらは大きなウサギ達。
果樹園スペースで放し飼いにされています。
ウサギ小屋もあるのですが、枯れ葉や土などを積んである山に穴を掘って暮らしています。

     080122004.jpg

えさをあげると出てきます。
直ぐに逃げちゃうけど、どうやって捕まえるんでしょうか・・・?現場に立ち会いたいです。

     080122005.jpg

朝と夕方は自主的に出てきてのんびり日向ぼっこです。
う~~ん。のん気な暮らしだ。
とは言っても、こいつら食用なんですよ~(苦笑)。

そして、毎日の観察の甲斐あって、衝撃のスクープ写真を撮ることに成功!

     080122006.jpg

手前の方に見える小さい黒い塊!こうさぎです!!!
パパもママも知らないうちに勝手に繁殖してました。
ウサギの子供が一羽な訳はないので、もっと居るはずなんですが・・・。
皆で暇さえあれば見張っていましたが、後にも先にも出てきたのはこの時だけ。幻か??!!

くま実家は畑も果樹園もあるひろ~~~い敷地にありますが、
家だって170m2はあろうかというひろ~~~い家ですが、

なんと、巨大な2LKなんですよ~!!

ひろ~~い居間兼食堂とこれまたひろ~~~いキッチン。
後はくま両親の寝室とくま弟の部屋。

くま兄は同じ村内の車で5分ほどのところに住んでいるし、この家を建てた当時、弟は
家から見えるくらい近所に住んでいたので、この間取りでも問題なかったのですが・・・。

家は広いのに私たちの寝るところが無い(笑)。

日本だったら起こらない問題ですよね~。広いのに寝るとこないって、ヘンなの。

布団を敷いて・・・と言う訳にも行かないので、私たちはソファで寝ることに。
ソファが二つあってよかったよ。
まあ、私は何処でも寝れるのでマッタク問題は無いのですが(笑)。
別に床なら床でも大丈夫だし。

それは兎も角、くま一家はみんな良くしてくれるし、
私はズーズーしく何処でもくつろげるので楽しい生活でした。

私は暇さえあればウサギの観察か昼寝をして居るという極楽生活。
あんまりにも私がグウグウとよく寝るので、
くま弟が「やまもはソファに座ったら5秒で寝る!」とびっくりしてました。

夫の実家でここまでグウタラして許されるのかしら??!!とちょっと不安になっちゃいましたが、
いい事にしておきます。


お久しぶりにクリックよろしくです。  e_01.gif

世を儚んで山にこもることにいたしました。

080114001.jpg  はい。うそです。
  
  くまさんがお休みになったので、山の方に住んでいる
  くまパパ&ママの家に行くのです。

  本当はもう少し早く行くつもりだったのですが、
  色んな都合がかみ合わなくて、
  明日から3日間ほどの滞在になります。
  
  はっきり言って、そこは本当の山なので
  山以外何も無く、ちょっと退屈ですが、
  なかなか進まない読みかけの本とレース編みに
  励む予定です。

  山ならでは(?)の楽しみもあるし、
  久しぶりにくま家族とゆっくり対面できるので
  楽しみです。

くまファミリーはスペイン人の癖に結構冷めていて、クリスマスもReyesも何にもなし。
くま兄弟とは今回スペインに来てから一度も会ってないので、
この機会に会えると思っていたので、なんか寂しかったんですが・・・。

くまさん曰く「家はそういう習慣(=クリスマスを祝う)無いから・・・。」

って、ホントに??!!
  
嫌われてんのか?!と思いきや、そうでも無いらしく、
くまさん曰く「自ら電話をするなんて滅多と無い」と言うパパから電話が来たりします。
  
別に不満ってことは無いですが、なんか、想像していたのと違うと言うか、
巷で言われる“国際結婚”とは違うお付き合いです。


そして、これが一番楽しみなのですが、

ウサギが10羽も生まれたというのです!!!

でも、やつら食用なんだよね・・・(汗)。
  

本当はこの機会にくまパパに車を借りて行きたい所が有ったのですが、

なんとびっくりなことにくまさんは 免停中 だったのでした!!!

車がないので、運転しないから気が付かなかったよ!!!

何でも2年も前に貰い事故した際に飲酒運転がばれて免停になったそうですが、
私はもうとっくに済んでいるのかと思ったら、最近免許停止になったそうで、
今から2年はモーターの付いているものは運転できないそうです。

2年も前の罪で今更免停って・・・。
別にいいけど、“鉄は熱いうちに打て!”って諺はスペインには無いのでしょうか?
相変わらずのんびりした国です。
まあ、くまさんには海よりも深く自分の罪を反省してもらいましょう。


それでは皆様御機嫌よう。行ってきます。


相変わらずクリックしているのは私だけ?な気もしますが・・・。
良かったら、ポチとお一つ押してやってください。            e_01.gif
それは、私のお姑さん=くまママの突然の一言で始まりました。

「カーテン、付けることにしたから♪」

くまママはいつも突然な人なのですが、この間突然テーブルを買ってきたかと思ったら、
これまた突然にそんなこと言われてちょっとびっくり。

スペインでは窓にはシャッターが付いているので、カーテンは“日差しを遮るもの”では無く
“部屋を装飾するもの”の意味合いが強く、付いていない家も多いんです。
くまママはシンプルが好きなようであんまりゴテゴテ部屋を飾るのが好きではないので、
自分の住む家にも付いていないので、この一家は付け無い派なんだと思っていたし、
ここに住みだしてもうだいぶ経つのに今までそんな話は一度も出たことが無いので
何で今更?って感じがするんですけど・・・。

私たちは“くまママが老後に住もうと購入した”家に住んでいるので、
家の装飾・内装などの大きな計画はくまママが決めます。
なので、家具なんかは全部くまママが好きなように選んで買ってきます。
私たちはその中で自分達の欲しい物を付け足していく・・・と言うスタンス。
この歳で、お義母様におんぶに抱っこって感じでちょっと情けない気がするのですが。

まあ、そんなこんなでくまママの鶴の一声でカーテンが付くことになったのです。

日本と違って最初からカーテンレールは付いていないので、業者の人が取り付けに来てくれます。
結構大変なのかな?と思いきや、さささささ~っと1時間ちょっとで終了。
今まで「工事」といえば必ずトラブルが付きものだったので、心配したのですが
何事も無く無事終了。

  装着前                            装着後
  080112001.jpg   080112004.jpg

  私たちの寝室です。

どうでしょ??


あ~~~~ら!!不思議!!!


天井が高くなった気がする!!!!

080112010.jpg  食堂兼居間はこんな感じ。
  シンプルだけど、ドロンワークが効いてます。

     080112002.jpg

私たちの住むピソはわりと天井は高い方だと思うのですが、
窓の上にはシャッターを仕舞うスペースが必要なので、窓が小さかったんですよね。
部屋がすっきり広く見えるようになりました。

080112008.jpg  客間のカーテンは綺麗なレース。
  なかなか凝った模様です。
  
      080112009.jpg

この部屋は日が入らないのでちょっと暗い雰囲気だったのですが、温かい感じになりました。

たかがカーテン。されどカーテン。
家は壁が白すぎなのに、穴を開けたくないので絵の一枚もかかってなくて、
そのせいかちょっと殺風景でがらんとした感じだったのですが、
なんだか家らしくなったいうか、温かみが出たというか・・・。
たった布一枚のことなのに、こんなに部屋の雰囲気が変わるのかと驚きました。

080112006.jpgここの部屋は外に面していてるので
日差しが映えて涼しげ。

080112007.jpg

新しく作ったのは食堂兼居間のカーテンだけで他はくまママが持っていたものだそうです。
だからバラバラなんだけど、それぞれの部屋に合うように選んでくれたので気になりません。

080112003.jpgでも大きさが合わない物があったので、
長さを仕立て直してもらったそうです。
で、幅が合わないものは・・・。

上部についている紐を巾着袋を締めるように
引っ張ってギャザーを調節できます!!

賢い!!

カーテンは窓に合わせてあつらえるものだと
思っていたので、目から鱗でした。
今までこんなの見たことなかったけど、
日本にもあるのかしら?

正直今まで無くても困らなかったし、付けたら洗濯とか面倒からいらないよ~!って
思っていましたが、付けてもらって大正解♪

家が見違えるようにステキになりました。

くまママありがとう♪


ランキングに参加中。クリックしてね⇒  e_01.gif
080111001.jpg  バルセロナにあるガラスの専門学校に
  見学(?)に行ってきました。

  ステンドグラスだけではなく、フュージングなど
  ガラス工芸全版の学校で、
  よその国からも留学生が来ると言う位だから、
  ほぼ初心者のやまもとしては
  これはものすごく敷居が高いのでは?と
  かなりドキドキ・ワクワク・・・
  緊張しながらの訪問だったのですが・・・。


  結果としては、あんまり期待できないかな~って
  感じでした。

学校としては設備も整っているし、条件をクリアすれば学費も安いし申し分ないのですが、
期待していたものとは違った・・・と言うか、世の中そんなに甘くなかった・・・と言うか・・・。
伝統工芸を受け継ぐ職人養成学校的なものを想像していたのですが、なんだか少し違うようで、
どちらかといえば個性的なアーティストを育てよう!と言う趣旨の学校みたいです。
特に、ステンドグラスに関してはハッキリ言って「需要」が無いらしく、
“絵付け”と“修復”の勉強がしたかったのに、“修復”に関してはもうコースが無いそうです。

日本で“就職(?)活動用”に作ったパネル2枚を持って見せたところ、
「コレだけ出来るなら、来てもあんまり意味が無いかも・・・」って言われてしまったし・・・。
将来的にも、「雇ってくれるような所は無い。自分で工房を開くしかないね~。」ってことだし。

う~~~ん。折角一生の仕事(大げさ)にしようと思ったのに・・・前途多難です。

私はこれを趣味にするつもりは全然無くて、「仕事にしたい!」としか思っていないんですよね。
大体、ステンドなんて趣味でやるには金はかかるし、作っても飾る所なんてそんなに無いし、
場所だって色々危険なので何処ででも出来るわけではないし。

話は遡って、そもそもなんで「ステンドグラスを仕事に」なんて思ったかと言うと、
タダ単に「普通に働く自信が無かった」だけなんです。

「スペインで働く」と口で言うのは簡単(でもないか?)かも知れませんが、
いざ本当に働くとなると、最初は簡単な仕事から・・・と言ったところで、
日本でもやったことが無い掃除の仕事が出来るとも思えないし(掃除が好きじゃないし)、
お店やバルに勤めるのだってお客さんとの会話や商品知識など意外と高等な西語が必要。
事務仕事だって、そう簡単にいい仕事が落ちている訳でもないし、
大体日本に居れば今まで働いてきた“経験”と“知識”で楽に働けるのに、
この歳になって「電話に出るのもドキドキします。」とか言う新入社員みたいになるのは
プライドが許さないと言うか・・・。

そんなのワガママだ!甘えてる!!みんなそうやって頑張っているんだ!!!
と言うご意見はごもっともですが・・・。そんなことは重々分かってはいるんですが・・・。

イヤなものはイヤなんですよ~。

いやいや、歳をとると段々ワガママになってのう・・・。

そんな時にタマタマ、スペインで料理の仕事をしている人と知り合う機会があったのですが、
その人にちょっと刺激を受けてしまったのです。
「料理」と言う一つのテーマを通じて知識も広まるし、それとともに世界も広がり、
自信たっぷりにキラキラしているその人がうらやましいな~、って。
日本に居るときは、「仕事なんてお金をもらえれば何でもいい」と思っていたし、
変わった事はしたくないと言うか、普通の事務仕事を普通にしていた方が楽だと思っていたし、
趣味として色んなことに挑戦するのはいいと思っていましたが、
それを仕事にする気なんてサラサラ無かったんです。そんな気力も勇気も無かったし。

最初の職場で夢破れてから、仕事は仕事、モチロン職場の人とも仲良くしますが、
自分の世界は別に有ると思っていたんですよね。
でも、こんな異国の地に来たら、そんな事を言っていたら何時までたっても
自分の居場所なんてものは見つからないんじゃないか?と。
スペインでは趣味で習い事をするのは一般的ではないみたいだし、家にはそんな余裕も無い。

じゃあ、趣味じゃなければいいじゃないの?

        

いずれ仕事にするって事にすればいいじゃん!!

どうせだったら、ヨーロッパっぽいことがいいよね~。
色々作ったりするのが好きだから、そういう仕事もいいんじゃない??
でも、わたし、手先は器用だけど、オリジナリティは無いんだよね・・・。
と考えていた時に、昔読んだ小説を思い出したのです。
“壁画修復師”と言う題名で、日本人男性がフランスで壁画を修復しながら色んな人と出会う話。
「昔の姿に修復する」って、自分ではデザインもしなくていいし、独創性とか必要ないんじゃない?
コレって私にむいてそう。でも、絵はかけないし・・・何か無いか??
そんな時、タマタマ目に入ったのがステンドグラス。
何処の教会にも入っているし、町のあちこちで見かけます。

コレだけ数あれば、結構壊れるんじゃないの?

と言う訳でなんだか商売になりそうな気がしたんですよね。

ガラスの輝きが好き、とか、キリスト教文化に魅せられて、とか、そんなんはマッタクナシ。

自分でもちょっとテキトウすぎるかな?と思うところもありますが。

でも、日本で実際始めてみたら、すごく奥の深い世界で面白いし、作業も楽しいし、
いい選択だったのではないかと思っていたのですが・・・。


甘かった・・・。肝心の仕事が無い!!


ここで問題なのは、私に自分で工房を開く気もサラサラ無いってことなんですよね~。
あくまでも、人に使われたいの。

そんな訳でこの学校には就職先を紹介してくれそうとか、何か情報を持ってそうとか、
かなり期待をしていたのですが・・・。
やっぱり結局は自分でなんとかする他にないようです。

でも、実際街にはステンドグラスが沢山ある訳だから、誰かが作っている訳ですよ。
その誰かは一人でやっているかも知れないが、助手が欲しいと思っているかもしれない。
出来上がりの規模が大きくなったらとても一人じゃ出来ないだろうし、施工業者が居ても
おかしくないと思うんだけどな~。
どんな形にしろその世界と関わっていれば情報は手に入るし、
チャンスもいづれはめぐってくるというもの!
とりあえずは、学校に通ってみてそれから考えることにします。

ただし、スペインの住民としての書類が揃ってからの話になるので、
実際に通得えるようになるのはまだ先です。
しかも、定員があると言うので、もしかしたらあぶれてしまうかも・・・。
逆に定員が揃わないとクラスが開講されないので、その可能性も捨てきれないのですが・・・。


どうなる事やらまったく分からないやまももステンドグラス職人への道。
かなり前途多難と言うより、無理・・・と言うか、もう諦めろ??みたいな感じです・・・。

でもね、頑張るよ。

そのうち夢をかなえてやる~~~!!!・・・そのうちね。

折角スペインくんだりまでやってきたんですから、自分の好きな事をさせて頂きます!!!

くまさんだって、ギタリスト(あ!言っちゃった★)なんだから、
私がステンドグラス職人で何が悪いか!!

まあ、それまでの間はやっぱり普通に働かないといけないんだから、
最初の目的は果たせてないんだけどね・・・。

じゃあ、そのまま普通に働きゃいいじゃん!って感じですが、
ここまで来るのに結構お金もかけたし、意地になっちゃっているんですよ。

実は色々事情があって、日本で二つ教室に通っていたのですが、その両方ともの教室で

「半年後にスペインで仕事にしたいので、ナントカしてください。」

と言う、今思えば無知・無謀以外の何物でもないお願いを笑うことなく聞き入れてもらい、
出来る限り協力してもらいました。
どちらの教室の先生も、色々親身なって相談に乗ってくれて、技術的な事だけでなく、
人間的にも教わることが多くて、とても尊敬できました。

自画自賛、って言う訳ではなく、先生達に教わった技術や知識はどこでも通用する物だと思うし、
つたないながらも「コレだけの事が出来ます。」と胸をはって言うことが出来るだけの物を
授けてもらったと思っています。
私もかなり無理して頑張ったし。
たった半年(結果的には8ヶ月くらいに伸びたけど)の間に一体何が出来るのだろうか?
と自分でも半信半疑でしたが、思っていた以上の成果を得ることが出来たと思うんです。

080111002.jpgそれもこれも「スペインで仕事にする!」って思ってから。
趣味じゃあ、こんなに頑張れませんでした。
もっとのん気にやりましたよ・・・。

せっかくここまでやったのに、

無駄にしたくない!

って言うのが正直な気持ちです。

やっぱり無駄(?)になって趣味で終わっちゃうかもしれないけれど・・・。
お先真っ暗~って感じで凹んじゃうけど・・・。
何をどうしていいのやらまったくわかんないけど・・・。

兎に角出来るとこまで頑張るよ!


ランキングに参加してます。清き一票を! e_01.gif
     080107001.jpg

明日からくまさん、冬休みです。
皆が仕事に戻る頃・・・くまさんは、お休み。

今年は職場の改装工事の都合で1月末までの約3週間の長いお休みです。
普段はあんまりお休みが無いので、くまさんは久しぶりにゆっくり出来ます。
とは言っても、家の片付けとか、書類のこととか、その他諸々用事もあるので、
ぱ~っとバカンスに♪は出かけることは出来ませんが・・・(涙)。

* *  **  **  ***  * ***  **  **  * * 

あんまり大きな声では言えませんが、正直、3週間はちょっと長いな~、って感じです。
元々、くまさんは労働時間が短い職種だし、仕事は夜なので、
昼間はべったり一緒に居るのですが、
私も独身時代が長くて好き放題に生きてきたので、新婚(?)とは言え、
いつもいつも一緒に居ると、ちょっと息が詰まっちゃうんですよね。

でも、他に誰かと遊ぶ予定もないし、一人で行って楽しい所も無い。
くまさんは、ちょっとそこらのバルで友達とおしゃべりしたりして、息抜きできるけど、
私にしてみれば、おじさん相手じゃ話題も違うし、息抜きにならない。
みんな本当に良くしてくれるけど、あくまでもアウェーなので、うっかり変なこと言えないし。
変な事って言っても、まあ、それ程のスペイン語力も無いけどねぇ・・・(爆)。

そもそも、スペイン語に関しては、昼間いつも一緒に居るから、
何時までたっても私の語学能力が伸びないって言うのもあるんです。
例えば、前に行っていた語学学校にしてみても、一緒に見に行って、一緒に手続きして・・・。
くまさんにしてみれば、自分は時間もあるし、心配だから付いてきてくれるんですが、
一人でやった方が、勉強にはなるんですよねぇ。
でも、私としても複雑で、そんなにいちいち「自分が!自分が!!」って言うほどには、
スペイン語が出来ない訳でもない。
留学とか旅行とか色々やってきたので、「自分で言ってみたい!」ってガツガツ何にでも
食らいつきたいって、気持ちはもう無いんですよ。
そんなんじゃ駄目ジャン!!とも思いますが折角の好意を無視して、
「一人でやりたいから付いてこないで!!」って言うほど、若くも無いと言うか・・・。
年は関係ないですかね?

でも、これまた罰当たりな話ですが、今まで何でも自由気ままに一人でやってきたので、
あんまり世話を焼かれるのもコレがまた疲れるんですよ(苦笑)。
くまさんはくまさんなりに、一生懸命私のスペイン生活をサポートしてくれるけど、
もう子供じゃないんだから、そうそう思い通りにも行かないと言うか・・・。
「○×のバルの人はみんないい人たちだから、午後一人でも話をしに行きなよ!」
とか言われても、くまさんの存在無しに、定年したおじいちゃん達と共通の話題なんてないし(爆)。

スペイン語に関しては、まあ別に生活するのに不便は無いし、TVなどの聞き取りに関しても
最近少しずつ「お!流石に長く居るとちょっとは違うわい」と思うようなこともあるので、
このまま気長に地道に改善していくしか無いのですが、
人間関係に関してはもう少し社交的にならないといけないかな~、と反省しています。

でもねぇ、この年になると出会いの機会も少ないし、段々好みもうるさくなってくるし、
周りはもうグループ出来ちゃってるし・・・。
やっぱり友達ってキッカケが無いと難しいと思うんですよねぇ。
入学とかクラス替えとか、部活が一緒だとか。
時期ハズレの編入生ってキット今の私みたいな感じですかね?
でも、学生さんは毎日学校で顔を合わせる人が居るし、部活入れば仲間に入れてもらえるし・・・。
おばちゃんは辛いよ。
だからやっぱり働くとか何か習い事をするとか、何らかのキッカケを
待つしかないんじゃないかと思うんです。
きちんと結婚して書類が整って、働いたり何か勉強したり出来るようになるまで
こっちも待機って状態です。
それまでは、バルのおじちゃんたちともっと仲良くなれるように頑張ります(苦笑)。

なんだか、話がものすごく横道にそれてしまいましたが・・・。

ともかく、明日からくまさんは冬休み。
毎日朝から晩まで家に居ます。(正確には家にじゃなくて近所のバルだけど。)
基本なんでも一緒にしたがるので、結構行動が制限されちゃうんですよね。
気分で動くのを嫌うので、気ままな私は我慢を強いられることも多い。
でも、向こうも我慢しているからコレはオアイコですが。

普段は午前中は買い物したり散歩したり掃除したり・・・一緒に行動して、午後は昼寝して
夕方以降はやまも⇒自由時間、くまさん⇒仕事って感じで生活しているのですが、
くまさんがお休みになると、やまもの自由時間がなくなるって事なんですよね。
普段一生懸命働いてくれているんだから、たまの休みはゆっくりして欲しいですよ!
好きなことして欲しいですよ!!
でもね。私の自由時間も大切な訳です。

モチロン、やりたいことをやりたいように好きにやっていいのですが、
やっぱり一人で過ごす時のように好き放題って訳にはいかないのです。
くまさんはなぜか(と言うか、スペイン人男性にありがちですが)、直ぐにバルに行こうって言うし。
私はバルに行ってもジュースじゃそんなに間が持たないし、それよりも、
家で色々やりたいことがある訳ですよ。
でも、二人で家に居たらいたで問題が無い訳ではない。

特にちょっとうっとおしいのが、私が一人でインターネットを観ていると
あれこれ聞いてくること。
一人になっちゃう気がするのか、根掘り葉掘り聞いてきます。
でも、何度説明しても何度も同じこと聞くんです。
覚える気が無いなら聞くな!

あんまり長時間(1時間くらい?)になると嫌がるし。
何でって、自分が分からない世界だから?
でもね、普段スペイン語のみで生活しているので、ネットは私の数少ない娯楽なんですよ。
日常スペイン語に囲まれて、脳が緊張しているので、日本語に触れたくなるんですよ。
日本語で読んだり書いたりするのは、いいストレス解消になるんです。
でも、私が観ているページが日本語だから余計に疎外感があるらしいです(苦笑)。
何度説明しても私がブログを書いているって事も分かって貰えないし(涙)。
でも、ブログってUPするのに結構時間がかかりますよね?
明日からはブログもあんまり書けないな・・・。

まあ、実生活の方が大切なんだから仕方が無いけど・・・。
海外生活でブログは大切なの生き抜きなのに~!!!!

* *  **  **  ***  * ***  **  **  * * 

くまさんがお休みなのはうれしいけれど、それだけでも無い様な複雑な気持ちです。
旅行とかするならともかく、何処に行く訳でもなく、今の私たちの状態で
3週間の休暇はちょっと長いかな~・・・???


「亭主元気で留守がいい♪」とはこの事か?!  e_01.gif

080106005.jpg  今日はLos Reyesがやってくる日です。

  最近はパパ・ノエルの存在に
  脅かされつつありますが、
  ここスペインではReyes達も
  未だに健在です。

ニュースで「パパ・ノエルかReyesか?!」なんて論議をされちゃったりしてますが、
子供にしてみりゃ、プレゼントを持ってきてくれるなら、パパ・ノエルだろうがバーバパパだろうが、
バカボンのパパだろうが何でもいいんです。
なんとなくパパ・ノエルの方が子供達には人気が有りそうな気がするのはのは、
タダ単に、こちらの方が早く来るからなんじゃないかと思うのですが・・・。

 *   * **   ***   *   ***   **  *   *

バルセロナで港に着く王様達を観に行こうか、とも思ったのですが、
くまさんは仕事に行っちゃうし、連れて行く子供が居る訳でもないし、
一人で何万人ものライバルを掻き分けて見物に行くのも大変なので、
やっぱり地元のパレードで我慢することにしました。

去年見た時はくまさんも仕事がお休みだったし、日本からくまさんの友人一家が来ていて、
皆でわいわい言いながらだったので、楽しかったのですが、今年は一人ぼっち。

ちょっと・・・・・・・・・・・・いや、かなり寂しい。

大体、子供向けのイベントなので、子供がいないとイマイチ盛り上がらないのです。

そんな私の気分のせいか、ハタマタ本当に去年の方がすごかったのか?
今年はちょっと地味な気が・・・。

ここ数日、体調が悪いし、なんかくまさんとも言い合いになっちゃうし、
なんとな~く、寂しい気分のやまもでしたが、
楽しいはずのReyesも寂しさ再認識・・・みたいになっちゃいました。
写真も上手く撮れないし、マスマス悲しくなっちゃいますよ~。

080106001.jpg  080106002.jpg

080106003.jpg  三人の王様。
  よく見ると、三人の王様それぞれの特性ごとに
  山車の雰囲気が違います。
  御付の人たちもそれぞれ個性があるようです。

  <メルキオール Melchior>
    ⇒黄金-王権の象徴、青年の姿の賢者
  <バルタザール Balthasar>
    ⇒乳香-神性の象徴、壮年の姿の賢者
  <カスパール Casper>
    ⇒没薬-将来の受難である死の象徴、
     老人の姿の賢者
  
  山車自体は去年と同じものですが、
  去年は気がつきませんでした。

  因みに、メルキオールとガスパールは白人
  バルタザールは黒人の王様だそうです。

「東方の三博士」とか言って、この人たちヒガシの方から来たくせに、
メンバーの中に東洋人が居ないのはなぜなんだろ?

でも、今年のバルセロナの王様は“オリエンテ”から来たそうですよ。

080106041.jpg最後はカルボン(石炭)。
(石炭の形(?)をした石のようなお菓子。)
いい子にはおもちゃ、悪い子には石炭なんだそうです。
くまさん曰く、「石炭は煙が出るから最後なんだよ。」
そうなんだ~。

そう言えば、山手111番館の展示のときに、
「イタリアでは魔女が悪い子には墨を持ってくる」
と教えてもらいました。
墨と石炭。なるほど。
スペインとイタリアは近い・・・。


コレで長かったクリスマスも、もう終わり。
そろそろクリスマスツリーも片付けないといけませんね。


応援してちょ♪  e_01.gif
2008年のカレンダーを貰いました。
自治体で毎年くれるやつなんですが、今年のはかわいかったので、ご紹介します。

私たちの住むEspuluguesの元名産:タイルのカレンダーです。

    080103001.jpg

今はもう見る影も無いのですが、Espuluguesは昔は、タイルの産地として有名で、
グエル公園などガウディの建築でも使われたそうです。
古いタイル釜の跡も残っていて、一番古いものはローマ時代にまで遡れるらしい。
タイル収集をしていた人のコレクションを基にタイル博物館、なんて物まであるんです。

080103003.jpg月ごとに一枚タイルの写真。
絵付けタイルってかわいいですよね。
こうやってパッチワークみたいに並んでも
いい感じ♪

昨年は地元の観光スポットの写真で、
観光スポットだなんて、そんな有るんだか
無いんだか分からない物を載せられても・・・
と正直イマイチな感じでしたが。

いや、Espuluguesにだって、結構見所は
あるんですよ?!!

そのうちご紹介することがあると思いますので、お楽しみに♪

080103002.jpg  1月はこんな感じ。

  なにやら説明書きも付いていますが、
  カタランなのでよく分かりません。

  カタランなんて一地方言語、と思って
  甘く見ていましたが、
  ここカタルーニャでは必須です。
  役所のお便りから街の看板まで全部
  カタランなので、話すのはともかく
  読めないと何かと不便なのです。
  もう少しスペイン語に似ているのかと
  思ったら、全然似てないし・・・(汗)。

書類が全部片付いて落ち着いたらカタランを勉強しよう、と思う今日この頃。

でも、思うだけで終わりそう、とも思う今日この頃なのです・・・。



クリックお願いします♪  e_01.gif
バルセロナは今日も雨です。
この街は晴天が似合うし、普段も晴れていることが多いので、
雨が降るとなんだか気がめいります。
別に雨が嫌いって訳でも無いんですが・・・。むしろ好きな方なのに。

が、スペインはかなり深刻な水不足に陥っているので、
雨が降るのはありがたいことなのです。
私の大好きなお風呂に気兼ねなく入るためにはお水が沢山無くっちゃね!

タダでさえ雨で気分が落ち込みがちなのに、ワタクシやまも、

顔面の痛みに悩まされています。

左の鼻の奥の方から眼球の裏にかけてと、左の上奥歯の辺りが痛いんです。

原因は昨年末にひいた風邪にありそうなのですが・・・真意のほどは分かりません。
分からないけど・・・、おそらく鼻のかみすぎ、なんだと思うんです。
昨日辺りから大分収まりましたが、それはもうひどい鼻水だったんです。

あんまりかみ過ぎるのも良くないけれど、かまないと喉の方に下がってまた辛いので、
頻繁にかむことになるのですが・・・

キッチンペーパー1本分をかみ切りました!!!

(トイレットペーパーでは間に合わないほどだったんです(涙)。)

も~~~~う、脳みそまで出てるのか?と心配になるほどかみました。

その結果、顔が痛いんだと思うんですけど・・・。

そんな事ってあるのかな??

ここで密かに一番心配なのは・・・虫歯。
鼻のかみ過ぎで歯が痛いなんておかしい気がするし・・・。
でも、水がしみたりはしないんですよね~。
歯自体が痛いのか、歯では無い部分が痛いのか、
顔半面のあちこちが痛いので、イマイチ特定が出来ない状態です。

本心としては、今回はどうやら虫歯では無いみたい。・・・と、思いたい。
と言うか、思うことにしました。
スペインで歯医者に行く勇気は・・・・・・・・・・まだ、無いです。
日本できちんと治療して来たハズなのに~!!!
まあ、そのうちイヤでも行かなくちゃ行けなくなるんでしょうけど・・・(涙)。
顔面の痛みが治まるまでもう少し様子を見たいと思います。

ここ数日ずっとこんな調子で顔が痛くて、なんだか食欲もないし、やる気も出ないし・・・。
些細なことにもイライラしてしまい勝ち。
詰まらない事に引っ掛って、くまさんにまたもや八つ当たり・・・(苦笑)。
困ったものです。

そもそも、12月のクリスマスから1月のLos Reyesにかけてスペインでは
大型バケーションの時期なので何事も停滞しがち。
あれも!これも!!と思って張り切ってスペインに来ても何も出来ない。
焦っても仕方が無いのは重々承知ですが、やっぱり、来たからには色々始めたいのに。
セッカチな私はイライラしやすい時期なのです。
前回、渡西した時は8月のバケーションシーズンで同じ状況だったので、
年末年始の渡西はいやだな~、と思っていたのですが・・・。
予想的中。

タダでさえ物事が停滞してウジウジしちゃうのに、顔までウジウジ痛いんですよ・・・。

トホホ。

しかも外では雨がウジウジ降っているし・・・。
どうせなら夏のトルメンタみたいなのが来てくれればサッパリするのに。

しかし、そこは恵みの雨です。
気分を切り替えて、お風呂に入って美味しいお茶でも入れてリラックスしてみますかね~。


最近ちょっと愚痴っぽい?  
応援クリックお願いします。  e_01.gif
スペインで、年が開けたらやってくるもの・・・それは!

Los Reyes Magosです。

今年も、Los Reyesたちを迎える催しが開催されました。

教会通りにノロシ(風のモニュメント)が上がり、特設会場にはテントが並びます。
テント=小屋の中には・・・モチロン!居ました!!三人の王様たち。

080102003.jpg 080102001.jpg 080102002.jpg

去年この催しがあった時には、「ま~だ、クリスマスだよ~。」と
なんだか、季節はずれな感じを受けたのですが、今年は

「あ!年が開けたのね!!」 と逆に季節感を感じました。

日本には日本の季節の行事があるように、スペインにはスペインのそれがちゃんとあって、
日本と同じようにとは行きませんが、やっぱり季節はめぐって行くんですね。
色んな行事を通してこうやって、段々スペインでも季節を感じることが出来るようになるんですね。
私はまだ1年の行事を全部見てませんが、春には春の、夏には夏の、秋には秋の、冬には冬の
スペインの風物詩を少しずつ覚えていけたらいな、と思います。


夕方から夜にかけてが本番なんですが、あいにく初日の今日は雨模様。
それでも、沢山の親子連れが来ていました。
昨年同様、“昔のスペイン(カタルーニャ?)”を体験できます。

080102005.jpg  080102006.jpg

080102007.jpg  080102013.jpg

080102008.jpgこちらは王様達のお付(?)の人。
男の人が半ズボンなのがなんか、かわいい。

子供達を案内したり、一緒に写真を撮ってくれたり
とっても親切。
私も、5日のパレードの時に使う蛍光の棒と
ユーロディズニーランドが当たるかもしれない!?
抽選券を貰いました。
「いい子にしてたら、当たるかもよ!」だって。
当たったらいいな~。(大人気ない・・・。)

(左上)金物屋さん?小さい笛を作ってくれます。

(右上)子供達に毛糸でボンボンを作るやり方を
    教えてくれます。

(左下)「この中で子供達が遊ぶんだよ!」

(右下)ピレネーから来た(と言う設定)職人さん。
    子供もお手伝い。

出店だってありますよ~。

080102009.jpg  ガリシア地方のパン屋さん。

  昼間、まだ準備中に通りかかった
  ので覗いてみたら、食いしん坊の
  くまさんはやっぱり我慢できなくて
  買っちゃいました。
  ガリシア地方は食べ物が美味しい
  ことで有名なんだそうです。
  
  私の顔以上の大きさがある
  でっかいパンは1週間はもつそう。
  ホントかな???
  スペインのパンって直ぐに
  硬くなるからな~。


080102004.jpgパンの他に、でっかいパイみたいなのも買いました。
色々種類がありましたが、私たちはちょっと欲張って
ツナと肉、貝柱の3種類を購入。
1/4サイズから切り売りしてくれます。
私はツナが一番美味しかったです。
くまさんは「そう?」って感じだったくせに、
実は切り分けた時に勘違いしてツナを取っていなくて、
後でオヤツにつまんだ時に飛んできて、
「ツナ、美味しいよ~!!!」ですって。
だから言ったじゃないの。


080102010.jpg  オリーブとピクルスを売るお店。
  白ブロッコリーと赤いたまねぎ
  を漬けた物を買いました。
  まだ食べていませんが、かなり
  すっぱそうです。

  他にも、チーズのお店やお菓子の
  お店が並びます。
  いやいや、
  食べ物以外のお店もありますよ。

080102014.jpg




私はクレープ屋さんでつまみ食い。
日本のクレープとは色とい風味といい何かがちょこっと違う感じ
だけど何が入っているんだろ?
こっちのクレープはジャムでもチョコでもなんでもたっぷり塗って
くれます。
開いた状態で塗って、畳んでまた塗る・・・。
あんまり甘いのは苦手なので、私は途中でストップをかけて
量を減らしてもらいました。


そんなに大規模な催しではありませんが、本物のポニー(乗れるのと乗れないの)も来るし、
子供達は色んな体験が出来る楽しい催しなのです。

こんなものも買いました!

080102011.jpg  今年はねずみ年なので。
  くまさんの中で干支が流行って(?)いるらしく、
  「ねずみの年なんだよね!?」と年末から
  五月蠅かったんです。
  
  沢山種類があって、どの子もかわいかったので、
  全部欲しかったのですがそうもいかないので、
  二人が気に入った物を購入しようと二つづつ選択。
  林檎の子が2票を獲得しました。

「じゃあ、コレを!」と言って一つだけ買うつもりだったのに、結局くまさんは
自分が気に入ったもう一つ(蓄音機)も買っちゃいました。
いつもは、私に「無駄遣いばっかりする!」とか言う癖に!!!
私が気に入ったもう一つは我慢です(泣)。

でも、後でこっそり買いに行っちゃうかも♪  チュ~♪♪ e_01.gif

新年になりました!
が、相変わらず、年が明けてもクリスマスムードが漂うスペインでは
あんまりお正月の感じはしませんが。
大体、年をまたいでの一大イベント=クリスマスの日にち設定がおかしいんですよ・・・。

今日は、1日。
大晦日はくまさんの職場にくっついて行って、そこで年をこし、戻ったのは夜中。
(まあ、普段働いている時も同じ時間割ですが。)
寝たのが遅かったので、当然起きるのも遅くなっちゃいましたが、
今年一番最初の散歩に出かけることにしました。

gyuさんのブログで時々紹介されていて、前から興味のあった、オレネタ城址公園。
地図で場所を確認して、「ここに行きたいの。」とくまさんに相談すると
「あ~!!分かった、分かった!!任せといて!!」と安請け合いされましたが・・・。
大丈夫なのかな????

マリアクリスティーナの辺りから、山に向かって登っていけばいいはずなんですが・・・。
家からいきなり現地に向けて歩くのは無理そうなので、途中まではトラムで行くことに。
マリアクリスティーナ駅の一つ手前で降りて、
山に真っ直ぐ続いていそうな道を選んで登っていきました。

途中で見えてきたのは・・・

ご存知! ガウディのドランゴンの家(グエル別邸)

080101001.jpg


今年も元気に吠えています。

いっつも門が閉まっていますが、一度くらい中に入ってみたいよね~。
と、柵越しに覗いてみると・・・。

んんんん?

なんか、人がウロウロしているんですけど???

もしかして、どっかから中に入れるの??
コレは、探すしかないでしょう。
と、ぐるりと周りを1周してみても、中に入れそうな入り口はない。

仕方が無いので、門についている呼び鈴を勇気を出して押してみることにしました。
くま「やめようよ~う。」
やまも「いや!私は押す!!押すだけだったらタダだもん!!!」
“聞くは一時の恥じ、聞かぬは一生の恥じ”ですからね~。
私はいざとなれば「ワタシニホンジンナンニモワッカリマセ~ン」って顔すればいいんだし。
押すのは押すけど、質問はくまさんにさせるつもりだし。

思い切って呼び鈴を押してみることはみたのですが・・・返答はなし。
っていうか、鳴っている感じがしません。壊れてるのか?
う~~ん。諦めるしかないのか?ざんね~ん・・・。
と、立ち去りかけたところに、ちょうどよく近づく人影が・・・!!!

ちょっと!おっさん!おっさん!!そこのおっさ~~ん!!

080101002.jpg  「私らも入れろ~!!」と言うオーラを出しつつ、
  どうやって入ったのか、詰め寄ったところ、
  中に入って聞いてきてくれました。

  どうやら、このおっさん訪問客で、
  ここの人ではなかったらしい・・・。
  ごめんね。怖がらせて。
  
  門の直ぐ裏(脇?)が出入り口で、
  中にはちゃんと、人が居るらしい。

  それもそのはず、
  
  在バルセロナ日本総領事館で貰った
  “ガウディを訪ねて:ルート案内書”に寄ると、
  「現在はバルセロナ建築学校付属王立ガウディ
  研究所本部。」で、研究室、図書館、博物館が
  あるらしい。

月曜日から金曜日の9:00~14:00で入館できると書いてあるけど、
いつも門が閉まっているし、人気はないし・・・入れるとは思えなかったんですけど。
でも、この本、2002年度版だからな。

080101003.jpg  080101004.jpg


080101005.jpg中は、書籍で一杯。流石は研究所!!
ちょっといい雰囲気です。
賢そうな気分に浸れます。
古いものが大好きなくまさんは大喜び。
かなり興奮してました。


で、結局一般公開はしているのかしていないのか?

聞いてみましたが、回答があまりにも
早口だった為によく分かりませんでした(爆)。

後で、くまさんに聞けばいいや~、と甘えて
確認しなかった私が一番悪いんですが、
くまさんも・・・「よく分かんなかった」ですと!!
役立たず!!!

「ホームページがあるから見て!」と言って、
メモを渡されたので、それで確認しようと
思ったのですが・・・。
例によって文字の判別が不能(爆)。
解読が出来ませんでした。すいません。
もう少しチャレンジしてみますんで、解読できたらお知らせします。

積極的に公開している様では全然ないのですが、モデルニスモの本とかに混ざって、
マウスパッドとか、イヤリングみたいな物まで地味に販売されているので、
まったくやる気が無い訳でも無いらしい。

建物の2階部分へは老朽化が進んでいるので上がれませんし、
公開されている他のガウディ建築に比べ、
特に何かすごいものが見られる、って訳でもありませんが、
普段はあんまり入ることの無いところに入ることが出来て、新年早々得した気分でした。

     080101006.jpg



ところで、肝心のオレネタ城址公園は・・・?

080101007.jpgドラゴンの門からさらに登って行きました。

もう疲れたよ~。休みたいよ~。と言う頃に
どうやらくまさんが目的としていたらしい
場所に到着。

ここだよ、ここだよ~♪と
くまさんは言いいますが・・・。
ここはどう見ても教会・・・(汗)。
だって、モナステリオって書いてあるもん!!

城址って言ったら、城の跡のことでしょ??

ココは前に、「行ってみたら?」って、
近所のバルの人が教えてくれたところジャン!!!

     080101008.jpg






  完全にくまさんの勘違い。
  絶対に間違ってますが、ココはココでいい感じ。

  アーチをくぐるとちょっとした別世界です。
  中世のヨーロッパに居るみたい。

  博物館があって、今日は閉まってました。
  モナステリオ内の見学日もあるそうです。

なんだか、車が沢山止まっているし、人が一杯居るな~、思ったらミサをやってました。
新年早々、神聖な気持ちになったような、ならないような・・・なってないです。すいません。

   080101009.jpg

やっぱり、初詣に行ってたこ焼きとアンズ飴を食べないと、神聖な気持ちにはなれませんね。

080101010.jpg結局目的の公園は見つかりませんでした(涙)。
何度違うって言っても、くまさんは頑固に
「ココだ!」って言い張るし。
だから、城じゃないでしょ??
ココは教会でしょ??

でも、この辺りは立派なお屋敷が多くて、
ステキな建物が多いので、
タダぶらぶらするだけでも十分楽しめそうです。
コンベントの見学日にあわせてまた来ようっと!


ただしちょっと困ったことが・・・。

そでは、お屋敷街なので、バルが無い!!こと。

30分ごとに休憩したくなっちゃうくまさんを普段は
あきれて見ていたのですが、
いつの間にかすっかり習慣づいちゃって私まで
「休みた~い。なんか飲みた~い。」と言う始末。
習慣って怖い・・・。
私たちの散歩にバルは必須です。


今年もいい事ありますように♪  e_01.gif

kingasinnen.gif


2008年が皆様にとって良い年でありますように。
モチロン私にもいい事ありますように。

今年もよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。